番号 post_id タイトル 発行日 発行月 book_id カテゴリ xml _search_key 検索用テキスト
1 4637 広報ひのかげ 第572号 2013年1月発行 20130115 1月 m19_acv-hinokage_201301_0572_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201301_0572_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第572号 2013年1月発行No.572「成人式」(町民センター)(1月4日撮影)今月号の主な話題●新年のあいさつP2●平成24年の主な出来事P3●平成25年消防始式P4●成人式P5●子どもの広場P9新年のあいさつ町民の皆様、新年あけましておめでとうございます。ご家族おそろいで輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。年頭にあたり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年となりますようお祈り申し上げます。また平素から町政全般に対しまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。昨年を顧みますと、本町にとりましては、町制施行60周年記念行事の締めくくりとして、タイムカプセルを埋設し、30年後の未来に夢を託しました。また、農業技術賞を受賞された方、国際的な食品コンテストで特選に選ばれた方、お米選手権で金賞を受賞された方がいたりと、昨年の世相を表した漢字「金」に似つかわしい年でもありました。その一方では、台風による直接的な災害は比較的無かったものの、町道の崩壊により今も不便を強いられているところもあります。また昨年は、千年に一度と言われた大災害となった東日本大震災の被災地にも職員を派遣したり、災害復興支援事業にも郷土芸能の神楽奉納で参加したりしましたが、被災地が、たくましく、復興に向けて一丸となって努力を続けている姿を見ると、自然災害に強い地域づくりに取り組むことが重要であると再認識をします。そうした中、危機管理能力に富んだ安全安心な町づくりを進めるべく、本町を含む西臼杵三町では、消防の常備化に向けての覚書を締結し、平成27年4月の運用開始に向けてスタートを切ったところです。さらに平成24年4月からは、宮崎大学医学部附属病院において、救命救急センターの開設とあわせて、ドクターヘリの運航が開始されました。本町においても昨年二度、このドクターヘリを要請し、患者さんを搬送しましたが、ドクターヘリの運航により、救命率の向上や後遺症の軽減が図られ、町民の安全・安心なくらしにつながることから、さらに関係機関と連携を密にしながら、町民の生命を守ることが重要であると考えております。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化する中で、本町は人口減少や少子・高齢化の進行、自然災害への対策等の安全な町民生活の確保、基幹産業である農林業をはじめとする産業振興等の諸課題を抱えており、財政事情が極めて厳しい中にあっても、これらの政策課題には的確に対応し、町民総力戦で新しい日之影の創造を図っていく必要があります。このためには、「持続可能な中山間地域づくり」に取り組み、限られた財源の重点的・効率的な配分に努めながら、「集落の活性化」「日常生活の維持・充実」「産業の振興」、更に環境・新エネルギーなど、将来へ向けた課題に的確に対応するため、「新エネルギー導入促進協議会」を設立し、災害に強く環境負荷が小さな地域づくりへの取り組みを重点施策として、町民の福祉の向上を目指して取り組まなければなりません。これまでの諸施策の成果をふまえつつ、町民の皆様とともに手を携え、安全で住みよい心豊かな「日之影町」の創造を図るために全身全霊で取り組んで参りますので、皆様のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。12月27日(木)穂積ツヤ子さん(椎谷)より注連縄が贈られ、役場玄関に飾り新年を迎えました。ありがとうございました。町長津隈一成平成24年主な出来事8月日之影中学校野球部九州大会出場1月甲斐正重・幹章氏宮日新聞農業技術賞受賞(31日)第33回宮崎県消防操法大会積載車の部において第3分団第13部優勝(長谷川地区)町内小学校親子方式給食開始2月竹の原・諸和久線「諸和久橋」共用開始(10日)3月町制施行60周年記念タイムカプセル埋設(28日)9月日之影町議会議員定数条例の一部改正「8名」を可決町立病院X線CT装置購入フラワーパークのぞみ工房(30日)作業棟落成10月農家民泊認定交付式5月消防常備化に向けて3町覚書の締結(24日)11月第14回米・食味分析鑑定コンクール国際大会「都道府県代表お米選手権」の部「金賞受賞」杜若清文さん森林セラピー受入1万5千人達成6月「日之影町観光協会」Facebookページ開設(1日)7月「月の雫(特撰)」国際的な食品コンテスト「2つ星金賞受賞」甲斐鉄也さん(一心園)東日本大震災復興支援宮城県山元町「ふれあい産業祭」に参加平成25年消防始式平成25年日之影町消防始式が1月5日(土)平底癒しの森運動公園で挙行されました。分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、発水試験も行われました。消防団活動に功績のあった個人・団体に対し表彰状が渡されました。「第7部部長」甲斐英樹「第5部部長」森本慎一「第3部部長」興梠秀忠○精績章「第2分団長」榎木常市「第1分団長」飯干真次○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰「第11部班長」富士本浩一郎「第11部班長」菊池寿「第1副分団長」甲斐義浩○勤続章「第3分団長」工藤久則○精績章◎日本消防協会会長表彰(佐藤本部付夫人)佐藤洋子○内助の功◎宮崎県知事感謝状「第17部部長」飯干誉「第13部部長」谷川靖「第10部部長」甲斐耕一郎「第1部部長」甲斐睦雄「機動部部長」佐藤弘明◎宮崎県知事表彰日之影町消防団表彰者「第16部団員」甲斐友師「第11部団員」藤本貴「第3部団員」増田佳広「第3部団員」田中信吾「第1部団員」甲斐紀夫「第18部班長」甲斐真吾「第16部班長」西村正綱「第16部班長」戸田博徳「第13部班長」一水秀樹「第3部班長」岩尾洋一○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰(甲斐第1副分団長夫人)甲斐育子○内助の功◎宮崎県消防協会会長感謝状「第16部団員」甲斐裕也「第16部部長」甲斐寿治○親子団員表彰「第3部団員」甲斐秀之進「本部団員」甲斐恵美里○兄弟団員表彰◎特別表彰「第18部部長」甲斐修治「第16部部長」甲斐寿治「第13部部長」谷川靖「第9部部長」廣島博憲「第13部団員」甲斐次延「第12部団員」米田友己「第10部団員」佐藤尋範「機動部団員」甲斐「第18部班長」飯干成人「第17部班長」橋本直樹「第14部班長」佐保彰彦「第14部班長」永岡栄二「第1部班長」甲斐○団員表彰「第16部班長」西辰生「第4部班長」平川「第4部班長」甲斐「第4部班長」山室「機動部班長」佐藤「第16部部長」甲斐寿治「本部分団長」興梠寿○永年勤続20年表彰「第11部団員」甲斐造「第7部団員」新名「第10部班長」松田博喜「第10部班長」甲斐今朝光「第9部班長」山尾成人「第6部班長」甲佐勝弘「第17部部長」飯干誉○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰孝幸浩欣洋金好男治二一次蔵文(防火水槽土地無償提供)甲斐實(小菅)(防火水槽土地無償提供)谷川郁彦(河内)◎日之影町長感謝状土地無償提供「第18部団員」杉本憲亮「第18部団員」甲斐守「第16部団員」甲斐裕樹「第16部団員」甲斐泰彦「第13部補助員」一水新五「第13部3番員」關春生「第13部2番員」大村強「第13部1番員」工藤巧也「第13部指揮者」佐竹健児操法大会「積載車の部」優勝平成24年度第33回宮崎県消防◎最優秀消防団員「第18部団員」甲斐健太「第18部団員」黒田泰広「第17部団員」鶴留章広「第13部団員」工藤建樹「第12部団員」米田大幸「第12部団員」工藤昌彦「第7部団員」谷川誠「第1部団員」甲斐勝幸「機動部団員」姫野寛彰「第14部班長」井植博志「第7部班長」星本紘志「第6部班長」山本健次◎日之影町消防団長表彰祝!成人おめでとうございます式典の様子第63回日之影町成人式が1月4日(金)町民センターで行われました。今年成人を迎えたのは、平成4年4月2日から平成5年4月1日までに生まれた60名で、式典に出席した57名を代表して髙橋健人さん(高巣野)に津隈町長より成人証書・記念品が手渡されました。新成人誓いのことばを髙見亮子さん(新町)交通安全誓いのことばを三浦良樹さん(鹿川)が述べました。式典終了後の新成人意見発表では、藤原将吾さん(新畑)志賀栞さん(竹の瀬)が、それぞれ新成人としての意見を発表しました。髙橋健人さんました。った様子でどの生徒も熱心に傍聴している姿を目の当たりにし、とても勉強になする様々な議案の質疑・討論が交わされ深そうにメモをとっていました。町に関髙見亮子さんでしたが、学校関係の質疑がでると興味訪れました。最初はやや緊張した面持ち48名が授業の一環として、議会の傍聴に12月6日(木)に日之影中学校3年生三浦良樹さん藤原将吾さん志賀栞さん議会傍聴住民税申告受付を行います2月12日(火)~3月15日(金)※昨年と時間が変更になっていますので、ご注意ください。役場税務課は、平成25年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場によっては午前と午後を分けて行いますので、時間を確認しておいでください。また、以下の事項にご留意ください。1.申告用書類をご用意ください申告に必要な書類は、きちんと用意してください。特に、農業経費は必ずまとめてきてください。まとめてないと受付できません。2.役場での申告も受付けます【午前9時から午後6時まで、前日までに電話予約された方のみ受付】次のような方は早め(2月末まで)に、前日までに電話予約をしたうえで、役場での申告をお願いします。○農業と給与や営業など複数の収入がある方○牛をたくさん飼育されている方○所得税の確定申告が必要な方3.申告相談を受付けます【午前8時半~午後5時15分、相談でどのように申告するかを判断します】2月1日から電話による申告相談を受付けます。申告についてご不明な方は、まず役場税務課(電話87‐3901)へお電話ください。収入が年金だけの方は税務課で整理しますので申告は不要ですが、気になる方は税務課へお電話ください。ょう!に済ませまし申告は、早め平成25年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場末市、高巣野椎谷西深角東深角鹿川中川平底、平底団地一の水、影待徳富、七折中尾、長谷川波瀬松の内、新畑、奥大菅、楠原、谷下、吐の内白仁田、戸の口、諸和久、諸和久下、下鶴、川中、高橋、上高橋赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村舟の尾、新町阿下、椛木稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山追川上、追川中、追川下松の木、鶴の平、長迫、上小原、乙草、上栃の木、栃の木糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、、今竹椎谷営農研修館団七踊りの館鹿川営農研修館中川営農研修館長谷川地区高齢者等活性化センター長谷川地区高齢者等活性化センターさくら館仲組公民館せせらぎの里黎明館黎明館黎明館追川公民館田植え踊り館小川の郷矢形的、大瀬、横迫、後梅山附ふれあいセンター古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅戸川大楠竹の原岩井川中尾、中崎、小崎中村、上下顔西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬楠元、神影上、神影中、神影下、新日之影上、新日之影中、新日之影下中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館予備日中央研修館※お問合わせは、日之影町役場税務課(電話87‐3901、ファクシミリ87‐3911)へお願いします。保健センターからこんにちは新年明けましておめでとうございます。どのような新年を迎えられましたか?ところで、初夢は見ましたか?昔から、新年1月1日か2日の夜に「一富士、二鷹、三茄子」の夢を見ると縁起が良いとされていますが、夢はどのような状態の時に見るのでしょうか?夢を見るのは、睡眠のパターンでいうと睡眠の浅い「レム睡眠」の時とされています。睡眠は、食事や運動とともに健康的な生活を支える大切な要素の1つです。今回はこの「睡眠」について考えてみましょう。睡眠は、浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの状態の「ノンレム睡眠」に分けられます。快適な睡眠のためには、ノンレム睡眠のときにより深く眠り、脳を十分に休息させることが大切です。また、眠りの浅くなったレム睡眠の時に起きると、すっきりとした目覚めになります。(この2つの睡眠は約1時間半周期のリズムであらわれています。)そして、快適な睡眠の基本は、健康に気をつけながら自分にあった生活を送ることといえるでしょう。睡眠には、「体を休める」「けがの修復・成長」「記憶を固定させる」「ストレスの発散」などの大切な役割があります。下記の生活のポイントを参考にして快適な睡眠に心がけましょう。◎快適な睡眠を得る生活のポイント◎1・定期的な運動習慣2・朝食はしっかり・夕食は腹八分目に3・睡眠時間にこだわらない4・夕食後のコーヒーや寝酒を避ける5・毎日、朝日を浴びて体内時計を整える6・昼寝は短くもし、3週間以上の長期にわたって眠れなく不眠に悩んでいるときは放っておかずに相談機関(保健センターなど)や専門医に相談してください。また、総合相談電話「87‐2100」をご利用ください。ひのかげの輪声をかけて下さい。刺激を受けています。この顔を見かけたら気軽にを通してたくさんの人と出会い、色々な事を学び約7年前に故郷に帰り、消防・地域活動・神楽坂本泰雄さん(35歳:徳富)『人とのつながりは大切』と思います。げんもん」をご紹介したい一人でも多くの「ひのかくものです。に友人・知人を紹介してい老若男女を問わずリレー式方が近況を報告しながら、このコーナーは、町内の工藤栄子さん(61歳:星山)『晴耕雨読』ていけたらいいかなぁと思います。の好きな趣味を楽しみ、健康で夫婦仲良く暮らし二人暮らし、六人の孫の成長を楽しみに、お互い三人の子ども達もそれぞれに家庭を持ち、今はりゅうへい日記一緒に仕事をし、仲良くさせて貰っていた追川上の岩本久さんという方が亡くなられました。この報せを聞いたのは、ある集落でのお祭りに参加しているときでした。そっと祭から抜け出し、外の焚き火の近くで密かに泣きました。涙は煙のせいに出来るかな?と思っていたら近くで火にあたっていた子供達に一発でバレてしまいました。「あっ、雪だ」その言葉にフッと我に帰り、空を見上げると、小さく、でも、たしかに、粉雪が舞い降りていました。日之影に来て、初めての雪でした。唐突ですが、私の夢を語りたいと思います。私の夢は、「忘れられないこと」です。出逢った人に忘れられないようにするのは勿論ですが、私が死んだ後、十年、百年、千年、地球上で誰か1人でいい、宮澤隆平という男が生きていたことを忘れないでいてほしいのです。小学6年生の時でした。授業で、石橋湛山という人物の小日本主義という考えを知りました。この考えに感銘を受けた私は、いつかこんな人になりたいと考えました。しかし、数ヶ月後、テストで問われた石橋の名を、私は思い出せませんでした。こんな問題も解らない自分の馬鹿さ加減にも失望しましたが、それよりも偉大な事を成し遂げた人でも忘れられてしまうという、人が生きる事の虚しさが私を支配しました。それから数年は自分勝手に生きていましたが、それでも虚しさは埋まらず、それなら真剣に生きてみようと思い直した訳です。この経験から、私は自分の命を取るに足らないものだと思うようになりました。私の代わりになれる人は沢山いますし、美しい程のめんぱだって作れません。安い命です。でも、だからこそ、命を投げ棄て、人生を全て賭けてでも夢を実現してみせるという覚悟が出来ました。人生を前に「在りし日の久さんと一緒に」進ませるのは、いつも覚悟なのではないかと、私は考えています。久さん。久さんから頂いためんぱは僕の宝です。久さん。頂いためんぱは一生、大切に使い、後世に語り継いでいきます。でも、もしかしたら、ちょっぴり恥ずかしがり屋な久さんのことです。「そんなこと、いいが、いいが」と言ってるかもしれませんね。吹き荒れる風に、この声が掻き消されているだけなんじゃないかと、今も思えてならないのです。御冥福をお祈りします。緑のふるさと協力隊第19期生宮澤隆平すくすく育ってね★春田永遠ちゃん【平成24年1月23日生まれ】(矢形的)純一さん・さゆりさんの長女★甲斐壮馬くん【平成24年2月12日生まれ】(椎谷)達成さん・江美さんの次男●掲載を希望される方(1才前後のお子さんを対象とします)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。「ふるさとめぐり」終了に伴い、今月号より町内小中学校児童生徒の作文等を掲載していきます。「山っていいなぁ」宮水小学5校年佐竹日向子日曜日に、お父さんとおばあちゃんの家の山に行きました。今年も竹の子がたくさん出ていました。私は、竹の子を2本ほりました。山は、とても静かで、すずしくて、落ち着きます。山の道を歩いていると、「ホーホケキョ」という声が聞こえてきました。「ウグイスだな。」と思い、私も「ホーホケキョ」と口笛でこたえました。そしたら、ウグイスが「ホーホケキョ」と返してくれました。「うれしいな、返してくれたのは初めてだ。」と思いました。そして、しばらく歩いてから、休みました。「何か山っていいな。心が落ち着いて、すっきりするから。」とお父さんに向かって言いました。私は、改めて山を大切にして、大事にしていきたいと思いました。「地球を守るために…」宮水小学5校年永畑香乃水土里ネット宮崎の方々が来で、農業用水や森林のおくりものについて、説明をして下さいました。農業用水の話では、宮崎県内の用水路を全部つなぐと、何とその長さは一万二千キロメートル、宮崎県からアメリカのニューヨークまでのキョリと同じで、とてもびっくりしました。田んぼや畑、用水路を大切にして、食料を作る農業のことを、もっとしっかりと考えなくてはいけないと思いました。森林のおくりものについては、木がどんなに大切か、どんなことで役立っているのかを学びました。木は水分をすったりはいたりして、快適な湿度を保ってくれます。それに、木の根っこは土や石をしっかりとだきかかえ、山くずれがおこるのを防いでくれます。私たちに森林は必要不可欠です。最近、地球は温暖化が進んでいます。私たちは二酸化炭素のはい出をできるだけ防ぐためにも、農業用水や森林を守っていく努力をしていくべきだと思います。南九州地区納税貯蓄組合連合会会長賞「税について考えたこと」日之影中学校3年戸髙菜緒最近、ニュースで「増税」という言葉をよく聞きます。私は、「もっと政治家の無駄を省けばいいんだ。」と思っていました。しかし、先日行われた租税教室で、その考えが少し変わりました。そこでは、税をなぜおさめなければいけないのか、また税は、どのように使われているのか、などを教えていただきました。納税は、国民の義務であることや、税が警察や救急車、消防などいざという時に私達を守ってくれる大切なことや、公共施設など、様々なことに使われているのがわかりました。この租税教室を機に、増税について自分の考えを持つようになりました。今、日本は震災の復興にたくさんのお金を必要としています。しかし、予算が足りず、借金をたくさん抱えていると聞きました。このようなニュースを見ると、「増税も仕方ないのでは。」と思うようになりました。実は、今の日本と同じように財政が悪化し、増税によってその危機を脱した人がいます。それは、江戸幕府八代将軍の徳川吉宗です。五代綱吉の頃から続く悪政により貧窮した幕府の財政を、「上げ米の制」によって見事回復させたのです。現代でも、江戸時代のように財政がよくなるかどうかは分かりません。しかし、成功例があるのですから、実行してみる価値はあると思います。確かに、増税は私達の家計に負担がかかります。しかし、財政がよくなれば、好景気となり、10パーセントの税も苦ではなくなるのではないかと思います。このようなことから、私は増税に賛成します。もちろん、無駄は無駄としてしっかり削っていってもらいたいです。その上で、増税をし、増えた分を上手に使って、日本の不景気を救ってもらいたいと思います。これから5年もすれば、私も税を納める立場になります。そのときに、税についての自分の考えが持てるように、これからも税に関心をもって、税について知りたいと思います。そして、納得した上で、きちんと納税の義務を果たしていきたいです。子どもの広場寒風吹きすさぶ冬の日本海江津市松平地区の「川登りの市」の市」にたくさんの感動をいただきました。しいイベントを行っています。松平地区の「川登り過疎・高齢化の進んだ地域でもこのようなずばらしい内容でした。る混声合唱などの出し物もあり創意工夫に満ちた楽のおいしい料理にちんどん屋さん、島根大学生によとができました。小さなお祭りでしたが、たくさんとの対話を楽しみ、いきいきとしている姿を見るこは皆高齢者ばかりでしたが、ヨソから来たお客さんど、地元の手作り料理を販売していました。出店者り、手打ち蕎麦や手作り団子、ぜんざいにおこわな行われた「川登りの市」では、地域住民が中心になントに参加してきました。島根県江津市松平地区でそんな中、高齢化が進む地域で行われているイベはすぐに藪に覆われ、廃れてしまいます。消滅した集落も少なくないそうです。消滅した集落た。山陰地方の中山間地域でも過疎と高齢化が進み、日本海からの風が冷たく、雪も降る厳しい気候でし山口県の中山間地域を回ってきました。山陰地方は昨年12月には1週間ほど日之影町を離れ、島根、年もよろしくお願いします。2013年明けましておめでとうございます。今集落支援員岡田原史山村の風日之影民泊モニターツアー&野の食卓平成24年12月8日(土)・9日(日)の2日間、日之影民泊モニターツアー及び野の食卓が実施されました。この取り組みは、西臼杵3町及び諸塚・椎葉村で組織する。「フォレストピア高千穂郷ツーリズム協会」が中学・高校生を対象とした教育旅行の受入に向けた研究事業として行われたものです。今回は、九州保健福祉大学の協力を得て学生30名が農家民泊認定8世帯に宿泊し、農作業や食事づくりなどの体験を行いました。2日目は「野の食卓」と題して、受入世帯・加工グループ・水源の里の集落の方々等が持ち寄った29品の「一品料理」の紹介、試食を行い、おもてなし料理についての学習を深めました。それぞれの料理は工夫を凝らしたもので地元の食材を活用し、参加者からも大絶賛でした。最後に福岡教育大学の講師森千鶴子先生より先進地の事例紹介のほか、推進にあたっての貴重なアドバイスをいただきました。民泊を終えた学生からは、受入世帯である“日之影のお父さんやお母さん”に対し、「都会ではできない体験ができた」、「また、必ず遊びに来ます!」などの感謝の気持ちが聞かれました。また、受入世帯からは、「泊まってくれて元気をもらった」、「今度は別の季節にきなさい!」などの言葉が学生に届けられました。今後も農家民泊世帯の拡充やモニターツアーの実施を行い、26年以降の本格的な受入れに向けた取り組みを進めていきます。また、民泊認定につきましては地域振興課までお問い合わせ下さい。皆様のご理解ご協力をよろしくお願いします。しめ縄を作りました。最後に記念撮影食卓を囲んでの団らん色々な料理がずらり!「野の食卓」お知らせのページ農業委員会からのお知らせ農地の転用や権利移動は農業委員会の許可が必要です。農地の転用とは、農地を山林や宅地、資材置場等、農地以外の用地に転換することです。また、権利移動とは、農地の売買や賃借、親から子への贈与等があります。このように農地の転用や権利の移動については、農地法等に基づいて農業委員会の許可を受けなければなりません。農業委員会へ届出を出しましょう。農地の効率的な利用や優良農地を守るのは農地を持っているものの基本です。貴重な資源である農地を地域全体で守りましょう。冬のみやざき就職フェア宮崎労働局(ハローワーク)・宮崎県等主催で開催される就職フェアでは、地元での採用を予定している県内約100社の企業担当者から説明を聞くことができます。【日時】平成25年2月22日(金)午後1時~午後4時30分【会場】シーガイヤコンベンションセンター4Fサミットホール【参加対象者】一般求職者・今春学校(中学を除く)卒業予定者。なお、来春以降大学等卒業予定者(中・高生除く)も企業を知る機会として参加できます。※参加費は無料。履歴書不要。◎お問合わせ先宮崎労働局職業安定課ありがとうございました●香典返し(社会福祉協議会12月受付)住所遺族名続柄故人名波瀬鳥飼ハナエさん夫榮市さん一の水一水憲昭さん母シゲノさん日向市甲斐憲一さん父年夫さん阿下甲斐強さん母ツヤコさん●ふるさと応援寄付金(役場総務課受付)日之影町谷川靖様12月の主な行事4日健康ウォーキング(癒しの森運動公園)5日飼えなくなった犬の引取(高千穂保健所/7日まで)有料7日飼えなくなった猫の引取(高千穂保健所)有料10日町民のつどい(宮水小学校体育館)11日建国記念日13日行政相談(保健センター)14日こころとカラダの相談日(保健センター)16日育児学級(保健センター)19日のびのび広場・子どもの予防接種使って実感!ネットで申告「e‐Tax」「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」では、自宅やオフィス、税理事務所などからインターネットを利用して、国税に関する各種手続きができます。詳しくは、e-Taxホームページ(http://www.e-tax.nta.go.jp)をご覧ください。個人の税申告を電子申告で行うと、平成24年分は最高「3千円」の控除があります。ただし電子証明書(住基カード)作成等に千円と、ICカードリーダライタが必要です。興味のある方は、税務課へお問合せください。みなさん電子申告をやってみましょう!(保健センター)飼えなくなった犬の引取(高千穂保健所/21日まで)有料20日障害者就業・生活支援センターによる巡回相談(保健センター)21日特設人権相談・こころのデイケア(保健センター)飼えなくなった猫の引取(高千穂保健所)有料◎お問合わせ先日之影町役場税務課平成25年3月7日から津波警報が変わります24日宮崎地区町人会総会(宮崎市)八戸観音祭(観音滝・八戸本通り公民館)27日乳幼児健診(保健センター)28日巡回診療(見立・仲組)平成25年3月7日より、予想される津波の高さを「巨大」、「高い」という言葉で表現するなど、津波警報が変わります。詳しくは気象庁ホームページをご覧ください。※心配ごと相談6・13日・20・27日(保健センター)◎お問合わせ先:宮崎地方気象台防災業務課人のうごき◎人口男女合計出生転入死亡転出◎世帯数12月の事故・事件○人身事故○死者○負傷者○物損事故郡内で死亡事故が発生しています。自分の運転を過信することなく安全運転に努めましょう!!○事件(刑法犯)金庫破り、器物損壊、車上狙い、出店荒らしなど多数の犯罪が発生しています。鍵掛けで防ぐことが出来た犯罪も半数有ります。今後も鍵掛け運動を継続しましょう!!◆高千穂警察署からのお知らせ今年も犯罪防止に署員一同警戒に目を光らせて行きたいと思います。住民の皆様のご協力をよろしくお願いします。みんなで住みよい日之影町を作りましょう!!編集後記新年あけましておめでとうございます。私の中では、昨年は特にバタバタと毎日が過ぎてしまった1年でした。今年は、「健康」であることに感謝し、一日一日を大切に過ごして行きたいと思っています。2013年も「広報ひのかげ」をよろしくお願いいたします。(S)町の話題お米コンクール金賞受賞「人権の花」運動感謝状贈呈式平成24年11月22日に長野県で開催された、「第14回米・食味分析鑑定コンクール国際大会都道府県代表お米選手権の部」で、波瀬の杜若清文氏が金賞を受賞し、12月7日に町長室で報告会が行われました。当コンクールは、全国有数の産地から出品されており、その中での受賞は、西臼杵地域の米の更なる産地化に向けて期待される結果となりました。12月3日(月)「人権の花」運動に取り組んでいる八戸小学校の児童に対して感謝状と記念品が贈られました。宮崎地方法務局延岡支局より、全校児童の代表6年森山睦美さんに感謝状が贈られたあと、関係者各位より各学年の代表に記念品が渡されました。クリ剪定開始式防犯パトロール出発式12月14日(金)日之影町果樹栽培受託組合(押方重利組合長)クリ剪定班による剪定活動開始式が星山地区で行われました。クリの剪定は危険が伴う重労働ですが、高品質で大玉のクリを生産するためには、毎年欠かせません。約30haのクリ園地で剪定作業を請け負い、3月中旬まで活動が続きます。日之影・八戸駐在所連絡協議会の防犯パトロール出発式が、年末・年始の地域安全運動期間中の12月13日に行われました。日之影・八戸駐在所連絡協議会は、昨年度町から防犯活動団体に委嘱され、木下文生会長のもと15名で夕方の下校時間帯に町内の通学路の防犯パトロールを行っています。日之影のサンタさん延岡税務署長より感謝状!12月23日(日)、恒例となった日之影町青年団による「サンタの宅配」が行われ、サンタクロースに扮した青年団員が、各家庭からお預かりしかプレゼントを子ども達に届けました。サンタクロースの突然の訪問に大喜びする子やビックリして泣き出す子もいましたが、これからも子ども達に夢を届けていきます。日之影中学校(橋本範憲校長)は、租税教育に対し多大な貢献をしているということで、延岡税務署長より感謝状が贈られました。毎年、税に対する作文を全校生徒が応募し、南九州地区や宮崎県、延岡地区の租税関係機関より多くの賞を受賞しています。また、町税務課職員による「租税教室」を行っており、今回その様な取組みが認められての学校賞受賞となりました。
1 4662 広報ひのかげ 第596号 2015年1月発行 20150115 1月 m19_acv-hinokage_201501_0596_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201501_0596_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第596号 2015年1月発行「第65回日之影町成人式」(町民センター1月4日撮影)No.596今月号の主な話題●新年のあいさつP2●平成26年の主な出来事P3●消防始め式P4~5●成人式P6●住民税申告日程P8新年のあいさつ町民の皆様、新年あけましておめでとうございます。皆様には輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。また平素から町政全般にわたりまして、温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、昨年を顧みますと、広島市の大雨災害、御嶽山の噴火、台風の襲来等自然災害の多かった年でした。本町におきましては、2月に記録的な大雪によりハウス等に大きな被害を受けました。台風も数年ぶりに襲来しましたが、幸いにも大きな被害はありませんでした。また、2月に消防団にとって最高の栄誉である「特別表彰まとい」を受章し、まさに本町の誇りであります。安部内閣の打ち出した、アベノミクス効果につきましては、都市部において一部景気回復の兆しはあるものの、本町のような中山間地域においては、その効果はいまだ見られず、依然厳しい一年でもありました。民間の有識者で作る「日本創世会議」の人口減少問題分科会が三十年間で、女性が半分以下に減る自治体を試算し、本町おいても大きく減少するという報道発表がありましたが、人口減少・超高齢化が進んでいる本町の現状を分析し、課題に対し国・県の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」と連携を図り、日之影町の総合戦略を策定していくことを目的に日之影町地域創生本部を設置しました。また、町民の皆様からの意見やアンケートを踏まえ「豊かな自然と人の営みが共生するふるさとづくり」を基本理念に「第五次日之影町長期総合計画」を策定しております。そうした中、危機管理能力に富んだ安心・安全な町づくりを進めるべく、西臼杵三町で設立した「西臼杵消防本部」が4月から運用を開始します。町民の生命・財産を守るため大きな期待が寄せられています。農林業に目を移しますと、昨年開催された、宮崎県畜産共進会高千穂大会で第三類の部門に、本町から代表牛として出場した2頭が、グランドチャンピオンを獲得し、生産農家や関係者とって大きな励みとなり、引き続き肉用牛生産の安定的な発展を願うものです。また、西臼杵三町・諸塚・椎葉村を一つの地域とした「高千穂郷・椎葉山地域」が、世界農業遺産の国内代表に選ばれ、「森林保全が生み出す持続的な農林業と伝統文化」をテーマに、認定を目指しているところでもあります。子育て関係では、未来を担う子どもたちの健やかな成長を願って「日之影町子育て応援基金」を創設しましたので、子育て世代の支援に努めてまいります。高齢者福祉につきましては、地域包括支援センターを中心に、社会福祉協議会等の関係機関と連携して取り組んでまいります。社会資本の整備では、東九州自動車道が宮崎・延岡間が開通したことに伴い、九州中央自動車道の早期完成に向けて、関係機関と連携を深め、中央に対してアピールをしていく必要があります。新しい年を迎え、本町が抱えている諸課題はたくさんありますが、財政事情が極めて厳しい中にあっても、政策課題には的確に対応し、町民の皆様の力を結集し、新しい日之影の創造を図っていく必要があります。そのためには、これまでの諸施策の成果をふまえつつ、町民の皆様とともに手を携え、子どもから高齢者まですべての世代が「日之影町民として誇り」を持てるまちづくりに、取り組んで参りますので、皆様のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びにこの一年が、災害もなく穏やかな年であるとともに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢平成26年主な出来事第34回宮崎県消防操法大会日之影町消防団第3分団第13部(長谷川地区)小型ポンプの部「優勝」1月橋本将憲君(宮水小6年)「内閣総理大臣賞」受賞「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール作文部門2月9月下小原発電所運転開始市町村連携マイクロ水力発電実証実験事業「わがまちいきいきアートプロジェクト」小さな町の大きな美術館開催(鹿川地区)数年ぶりに記録的な大雪10月日之影町地域安全少年隊発足3月日之影町消防団「第66回日本消防協会定例表彰」まとい受章祝賀会日之影町議会議員選挙初議会において新議会構成決定第58回宮崎県畜産共進会高千穂大会グランドチャンピオン賞受賞6月前町長津隈一成氏がご逝去今までの功績を称えられ8月に旭日双光章を受章ご冥福をお祈り申し上げます7月平成26年度旅する美術館「タビビ」日之影展開催日之影町農業委員会選挙8月中山凌君(宮水小6年)第30回全国小学生陸上競技交流大会80メートルハードル第4位12月深角地区と高千穂野方野を結ぶ「神の里トンネル」貫通式深角地区で新設工事が始まる「大平トンネル山トンネル」の安全祈願祭平成27年消防始式平成27年日之影町消防始式が1月5日(月)日之影小グラウンドで挙行されました。分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、役場まで行進し、河川敷駐車場で撥水試験が行われました。また、消防団活動に功績のあった個人に対し表彰状が贈られました。「分団長」甲斐仁志「分団長」杉田和彦○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰平田吉人「第3分団第11部班長」髙見誠一「第1分団第3部班長」瀧川健二「第1分団機動部班長」「団長」佐藤靖則○勤続章「分団長」甲斐義浩○精績章(※県消防大会伝達)◎日本消防協会会長表彰(甲斐義浩第1分団長夫人)甲斐育子○内助の功◎宮崎県知事感謝状「第12部部長」鳥飼清隆「第10部部長」甲斐今朝光「第6部部長」西村久吉「第3部部長」山本英二「機動部部長」佐藤金蔵◎宮崎県知事表彰平成27年消防始式被表彰者名簿(甲斐三夫第3分団副分団長夫人)甲斐久美○内助の功◎宮崎県消防協会会長感謝状「第17部部長」甲斐健正「第16部部長」甲斐清保「第7部部長」森山浩一「第9部部長」津隈直人「第4部部長」甲斐勝仁「第3部部長」山本英二「機動部部長」佐藤金蔵○精績章「第13部団員」戸髙亨二「第11部団員」藤本芳幸「第6部団員」飯干「第10部班長」大村昭広「第10部班長」福川勝志「第9部班長」甲斐「第7部班長」甲斐「第6部班長」津隈「第3部班長」興梠秀忠「副分団長」甲斐○永年勤続20年表彰「第4部団員」古城○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰「第18部団員」飯干勝広「第17部団員」飯干雄介「第13部団員」工藤光弘「第14部班長」山口泰聡「第13部班長」佐藤雅宏「第9部班長」抜屋「第8部班長」松中伸悟「第5部班長」瀧川「第17部部長」甲斐健正「第13部部長」田﨑透「第8部部長」平川「第4部部長」甲斐[勤続15年]西臼杵支部長表彰13名◎宮崎県消防協会直秀政健修修茂雅勝樹史則二治一行大武仁○団員表彰[勤続11年]「第11部班長」政岡和弘「第13部班長」佐竹健児「第14部班長」羽賀文俊「機動部団員」後藤武「第1部団員」髙山智徳「第1部団員」小川鉄平「第3部団員」佐藤芳久「第8部団員」平川晋也「第12部団員」三宮憲悟「第12部団員」富士本憲「第13部団員」髙舘英嗣「第16部団員」山本賢「第18部団員」飯干康弘「第18部団員」梅田一弥◎日之影町長感謝状○退職団員表彰2名[永年勤続15年以上]「班長」押方明弘「団員」甲斐裕介◎日之影町消防団長表彰○団員表彰[勤続8年]「第3部班長」佐藤文昭「第9部班長」佐藤友幸「第14部班長」山口真司「機動部団員」興梠高規「機動部団員」岩本健二「機動部団員」谷川雄司「機動部団員」甲斐明人「第6部団員」髙田周二「第10部団員」甲斐靖徳「第13部団員」坂本泰雄「第18部団員」黒田松吾「第18部団員」丹波聖也◎日之影町消防団長表彰○最優秀消防団員平成26年度第34回宮崎県消防操法大会「小型ポンプの部」優勝「第13部部長」田﨑透「指揮者」戸髙浩二「1番員」坂本善行「2番員」甲斐直人「3番員」坂本泰雄「補助員」奈須龍也◎特別表彰○親子団員表彰「本部付分団長」飯干真次「第1分団機動部団員」飯干和基○兄弟団員表彰「女性団員班長」谷川有美「第3分団第12部団員」谷川慎太郎「第4分団第16部団員」甲斐和茂甲斐諭祝!成人おめでとうございます式典の様子第65回日之影町成人式が1月4日(日)に町民センターで行われました。今年成人を迎えたのは、平成6年4月2日から平成7年4月1日までに生まれた40人で、式典に出席した32人(男性17人/女性15人)を代表して工藤尚樹さん(東宮水)に佐藤町長より成人証書・記念品が手渡されました。新成人誓いのことばを志賀偲さん(竹の瀬)、交通安全誓いのことばを甲斐智樹さん(東深角)が述べました。式典終了後の新成人意見発表では、津隈敬太さん(阿下)飯干真有さん(新日之影下)が、それぞれ新成人としての意見を発表しました。工藤尚樹さん志賀偲さん甲斐智樹さん津隈敬太さん飯干真有さんる俗文化財に指定され3月・大人歌舞伎県無形民崎の原に完成・山村定住住宅3棟、任)議長に山室宗義氏就(梅戸勝恵町長4選・挙執行・町長・町議会議員選ド完成2月・鹿川中学校クラウンン1月・日之影温泉駅オープ平成7年米国で展示会開催・廣島一夫さん竹細工、大人工区一部開通・県道・向山日之影線開催(追川)11月・第17回宮崎県育林祭株式会社」創立10月・「村おこし総合産業5月・天翔大橋起工式3月・鹿川中学校校舎落成平成6年町の話題今から20年前の「若葉のふるさと協力隊」~日之影での山村生活体験~学生や社会人などの若者を日之影に招待し、4泊5日で山村生活体験を行う「若葉のふるさと協力隊事業」(主催:NPO法人地球緑化センター【本部・東京都】)が12月11~15日までの5日間行われました。今回受け入れたのは、農山村に興味・関心を持つ若者6人で、森林セラピーウオーク体験や、大人集落での散策・歌舞伎・神楽保存会との交流、大菅集落での夜神楽準備・見学、樅木尾集落で大豆の脱穀作業などの体験をしました。最終日の報告会では、お世話になった集落の方々も参加され、隊員が5日間日之影で過ごして感じたことなどを歌と踊りも交え報告してくれました。~隊員の感想をご紹介します。~・大菅集落で夜神楽を見たとき地域の中にしっかりと根付いていることが印象的でした。・みんな「生きてる」という感じがかっこよかったです。地元の方々に本当に良くして頂き、帰りたくないと思ってしまうほど濃い5日間でした。・一人が町のことを知り、学び、発信していけば少しでも何か変わると思います。「知る」ということ「伝える」ということをやっていきたいと思います。・都会はもとより、多くの中山間地域で廃れていってしまうような伝統を今もこけからも受け継いでいる素晴らしい町でした。・これからの日本、これからの世界は日之影のような心のふるさとがベースになると改めて感じました。受賞おめでとうございます!!「第48回さんさんクラブ宮崎作品展示会」が県立美術館県民ギャラリーで12月4~6日まで開催され、新町の松井定夫さん(87歳)の太鼓(バチ4本セット)が県知事賞を受賞しました。松井さんの県知事賞受賞は2回目です。また尾村の雨宮サトさん(93歳)もタペストリーで努力賞・高齢者賞を受賞しました。平成26年度小学生人権ポスターコンテスト(延岡人権擁護委員協議会主催)に応募し、人権尊重の大切さをよく表現されていたとして、中山慶香さん(日之影小学校・5年)が奨励賞に選ばれ賞状が贈られました。おもちつき楽しかったね八戸小学校(石川幸弘校長:35人)では、11月30日にPTA主催による餅つき大会があり、おはなしくらぶ「すまいる」による絵本の読み聞かせ(家庭教育学級事業)も一緒に行われました。餅つき大会では、全校児童ひとり一人が「きね」で「石うす」の中の餅を「いち、に、さん」のかけ声で頑張ってついていました。その後はぜんざいとぞう煮を保護者に作ってもらい、全員笑顔でうれしそうに頬ばっていました。グラウンドゴルフでハッスル!!国民健康保険事業の一貫として「健康づくりグラウンドゴルフ大会(主催:日之影町グラウンドゴルフ協会)」が12月3日に平底癒やしの森運動公園で開催されました。会場のあちらこちらでは珍プレー・好プレーに笑いや歓声が飛び交い、寒さを忘れるほどの盛り上がりでした。今後も継続的に活動し、健康づくりを推進しましょう。住民税申告受付を行います申告は、早めに済ませましょう!2月9日(月)~3月13日(金)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください役場税務課では、平成27年度の住民税・国保税の申告受付を、下の日程で実施します。会場と時間を確認していただき、次の事項にご留意ください。◎牛の飼育農家の申告は、2月第2週になります◎収入が年金だけの方は、申告は不要です1・申告用書類をご用意ください~領収証・控除証明など、特に農業経費調べはまとめてないと受付できません2・2月9日から役場の税務課でも申告を受付ます~下記、申告日程で都合の悪い方は、前日までに電話予約してください3・申告相談を受付けます~申告についてご不明な方は、役場税務課(電話87-3901)へお電話ください平成27年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区八戸上地区、四ヶ惣地区、鹿川地区岩井川中尾地区、追川地区、山附地区小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区、仲組地区末市、高巣野椎谷西深角東深角鹿川中川松の内、新畑、奥大菅、楠原、谷下、吐の内赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、諸和久下、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山松の木、鶴の平、長迫、上小原、乙草、上栃の木、栃の木糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹平底、平底団地一の水、影待徳富、七折中尾、長谷川波瀬追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅予備日(申告期間に来られなかった方、前日までに電話予約をお願いします)袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅、戸川西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬、竹の原中村、上下顔岩井川中尾、中崎、小崎大楠神影上、神影中、神影下、新日之影上、新日之影中、新日之影下予備日【牛飼育農家のみ受付】※牛の申告に時間がかかるため、日程を別にしています。(申告期間に来られなかった方、前日までに電話予約をお願いします)中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館椎谷営農研修館団七踊りの館鹿川営農研修館中川営農研修館さくら館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館田植え踊り館小川の郷中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場税務課中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場税務課※お問合せは、日之影町役場税務課(電話87‐3901、ファクシミリ87‐3911)へお願いします保健センターからこんにちは正月太りを撃退!!年末年始は忘年会から始まり、お正月、新年会と美味しいものを食べたり、飲んだりする機会が多かったのではないでしょうか。体重計に乗ってびっくりした方も・・・。正月太りの原因は、食べすぎと、運動不足!増えた体重をそのままにしておくと、余ったエネルギーは脂肪として体の中に貯めこまれます。生活のリズムを通常に戻し正月太りをリセットしましょう!食事編11日3回、規則正しく食事を摂る正月太りの原因は不規則な生活リズムにもあります。1日3回きちんと食べて、まずは規則正しい生活に戻すことから始めましょう。夜遅くまで起きていると、ついお菓子やジュース、お酒に手が伸びてしまいます。食べ過ぎたものは、体脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。2食べ物の種類を選ぶ年末年始の食事は高カロリーのものが多かったのではないでしょうか。肉の代わりに魚や大豆製品、また、野菜(1日350g)を積極的に摂るようにしましょう。また、餅ではなく、白米を選び、さらに玄米などの噛みごたえのあるものに置き換えるとよく噛むことができ、脳の満腹中枢を刺激し、満腹感を得ることができます。丸餅1個(34g)は80kcalもあります。ごはんになおすと、48gで80kcalです。※血糖が高めの方・肥満傾向の方は、餅を食べた時は、ごはんを控えましょう。運動編ごはん48g80Kcal「寒い冬は、ウォーキングするのもめんどうだな」「運動しないといけないと分かっていでもこたつから出たくない」というような方に朗報です!!保健センターには、様々な種類のトレーニングマシンがあります。正月太りを解消するためにも、暖かい室内で、体を動かしてはいかがでしょうか!?ランニングマシン、エアロバイク、各種ダンベル、筋力トレーニングマシン(上半身用、下半身用)、腹筋台、ぶら下がり健康機と色々な機具があります。1月25日は町駅伝大会です。ランニングマシンでペースを守った走りをマスターしましょう。ヒザが痛い方にはエアロバイクがあります。お友達と楽しくおしゃべりしながら運動して、脂肪を燃やそう!トレーニングマシン利用案内【平日】午前9時~午後5時は「無料」【土日祝日】午前9時~午後9時「有料」午後5時~午後9時は「有料」・有料時の利用券は11枚綴り1,020円です。保健センター事務所で御購入下さい。利用方法など、詳しくは、保健センターにお尋ねください。(TEL73‐7521)を忘れずに頑張っています。が辛い毎日です。健康に気を付けながら笑顔最近は仕事で朝が早い日が続き、起きるの甲斐政則さん(42歳:星山)『笑顔貫徹(^o^)』ひのかげの輪とげ思んいもまんす」。をご紹介したい一人でも多くの「ひのかくにも友の人で・す知。人を紹介してい老若男女を問わずリレー式方が近況を報告しながら、このコーナーは、町内の大村謙一郎さん(48歳:大人下中)『2015年は肉体改造を実行』そのうち木彫りで形にしたいですね。にイメージしてなんとなく絵にしています。最近、仕事の合間に神楽面や龍を自分なりセラピーまさひろ明けましておめでとうございます!!!正月も、寒いので実家の北海道には帰らず、大人でお世話になった遠藤です。1年という時の流れは早いなと、協力隊を始めてから思う今日この頃です。日之影に来てから様々な方や素晴らしい技術、知恵に出会ってきましたが、日之影の人達は知恵や技術を大切にしながら生活しているなと思います。12月になってから干し柿を下げている家がたくさんあります。これはきっと冬の食料の少ない時期を生き抜くために考えられた昔からの知恵なのだろうと思います。地トウキビも日之影で初めて食べましたが、身の硬さに驚きました!そして、甘さがない!!全然実家のものとは違いました。ですが、噛んでいくにつれてどんどん甘みがでてきます。しっかり噛んで食べないとダメなので、1本食べただけでも満腹感が得られます。トウキビを食べるだけで満腹感を得られるとはすごいトウキビだなと思います。また、地トウキビは次の年に植えてもまた収穫することができます。実家のトウキビは次の年に植えてもいいものはできません!種を買う必要がないのがいいなと思いました。日本人らしい日本人とはどんな人かを考えた時に、日之影の方のように昔ながらの知恵や技術を生かした生活をしている人こそ、日本人らしい日本人なのではと思います。歌舞伎や神楽もさせて頂きましたが、先祖を大事にすることの大切さ、それを子孫に伝えていくことの難しさといった事をさせてもらうことで学びました。協力隊の期間も少なくなりましたが、少しでも多くの技術や知恵を学び、日本人らしい日本人を目若葉のふるさと協力隊員とパチリ指していきたいと思います。◎問い合わせ先日之影町役場地域振興課緑のふるさと協力隊第21期生遠藤雅大すくすく育ってね★谷川真希斗くん【平成26年6月6日生まれ】(高巣野)哲洋さん・絵美さんの長男★栗原春輝くん【平成26年9月10日生まれ】(福岡県)お母さんが松の内出身奨太さん・春香さんの長男●掲載を希望される方(3才前後のお子さんを対象)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。(保護者が町内出身の方のお子さんも募集しています)【宮水小学校編】「青空は心のお医者さん」四年甲斐瑠亜青空を見ていると、心が落ち着く。おこっていても、「ああ、あれが悪かったんだな。」と落ち着いて考えられる。いやなことがあっても、青空を見ていると、明日はがんばろうという気持ちになれる。だから、私は青空が好き。自分の心を治してくれるお医者さんだと思っている。青空は、私の目標でもある。私は、少しだけでもいやなことをされたら、おこってしまう。でも、広い青空のように、やったことを受けとめて、おこらないようにしたい。ぎゃくに、空か黒くなったら、心は治らない。だから、空には青空が、きれいな青空が、広い青空が、すっきりした青空が似合っている。青空は、きっと自分の心や他人の心もきれいすっきりと治してくれるだろう。今日も明日も、青空は元気をくれて、みんなの心を治していく。きれいにすっきりに。青空はみんなのお医者さんだと思う。「楽しかった集合学習」四年村上千香子10月29日に集合学習がありました。私は、ワクワクドキドキしながら他の小学校の人たちが来るのを待っていました。この集合学習で一番心にのこったことは、伝とう芸能の「大人かぶき」のことでした。私のお姉ちゃんも中学1年生の時にかぶきをやったことがあります。その時、お姉ちゃんは、ひめ役をしました。じゅ業でビデオのえいぞうを見ていたら、その時のことを思い出して、私もお姉ちゃんみたいにやってみたいなと思いました。私がすごなと思ったことは、けしょうや着がえをするのに2時間ぐらい時間を使うということです。私が日本ぶようを習っていたころ、発表会でおけしょうをして出ていました。私の顔をけしょうする時間よりもかなり長いんだなと思いました。かぶきのことをいろいろと知れたので、私もかぶきをやってみたいです。「大切な命」四年田中万葉テレビから、毎日のように命がうばわれているニュースが聞こえてくる。ぎゃくに、そんな中でも小さな命が生まれてくる。地球にとって、私達人間や生き物は、小石のようなものだけど、苦しみながらも、楽しみながらも一日一日をむだにせず生きている。この前は、小学一年生の女の子が殺害されたというニュースがあった。そんな小さくて弱い女の子をなぜ大人は殺したのでしょうか。この世の中は、みんなのもの、じぶん一人のものではない。命は、一人に一つだけのもの。ぜったい、とりもどせない。そうであれば、「命を大切にしろ!」と私は言いたい。「えほん畑」四年甲斐創太「アハハハ。」今日は「えほん畑」の人が来て、本を読んでもらいました。始まると、みんなしずかに聞きました。「落ち葉シャックシャック」で落ち葉のプールや落ち葉のふとんなどが出てきました。次は、たぶん「あくびがでるほどおもしろい話」という本でした。始まりが「かしこいバカな男」と言っで大笑いしました。その本は、話がぎゃくのことになっていました。次は、「ブラックさんとブラウンさん」という話で、指で遊びながらのお話だったので、みんなまねをしました。そこでも大笑いしました。最後は「大きなホットケーキ」でした。作るとき、すべて買わずに手作業で材料を作っていて、すごいなと思いました。最後には大きなホットケーキができました。ぼくもそのホットケーキを食べてみたいです。今日の読み聞かせはとでも楽しかったです。また来年もおもしろい本を読んでほしいです。子どもの広場思っています。活性化を図り、所得増につなげていきたいと農林産物をもっと活用することで、農林業のな方面からPRしていきたい。日之影町産の感してきました。これらの品々をもっと様々日之影町の産物は高い品質をもっていると実で、素晴らしいと高評価をもらっています。の人たちに見て、食べて、感じてもらうことの農林産物。これまで町外、県外のたくさん町内で生産される栗、シイタケ、ゆずなど町でやりたいことが見えてまいりました。きました。そこで近頃、ようやくこの日之影々な集落に出向き、様々な人たちと出会ってろうとしています。これまで、日之影町の様私が日之影町に来てからもうすぐ6年になす。本年もよろしくお願いします。2015年明けましておめでとうございま集落支援員岡田原史山村の風いきますを含めて多くの商品を研究して今後も、こんにゃくの唐揚げをたくさんいただきました。の方々から「美味い!」との声備した約20kgは即完売し、多く当日は、天候にも恵まれ、準品しました。が「こんにゃくの唐揚げ」を出寿ふれあいくらぶ(追川地区)」市町村グルメコーナーには「山で12月7日に開催され、県北9ベント」が日向市駅前交流広場「FM日向開局1周年記念イ〜県北9市コ町ー村ナグールに参メ加〜FM日1向周開年局記念九州グリーンツーリズム2014in宮崎「九州グリーンツーリズム2014in宮崎」が12月3・4日にかけて開催され、本町には、伊佐ツーリズム協会(鹿児島県)、五島列島B&B(長崎県)から合計19人の方々が宿泊されました。高千穂町での分科会終了後、参加者は、各地区に分かれて、ミニトマト収穫や豆腐作り、わら細工作りを体験し、夜は懇親会を開催し、大変賑わいました。地域振興課では、農家民泊受入世帯を募集しています。興味のある方は、まちづくり推進係(TEL87‐3910)までお問い合わせください。中内泰男さん(東宮水)細木栄子さん(中央通り)押方光德さん(椎谷)りです。活動されている方々は次の通として法務局から委嘱を受け日之影町で、人権擁護委員人権擁護委員及び法務局職員◎担当者「総合相談室」日之影保健センター◎相談場所午前10時から午後3時まで2月20日(金)◎日時にお出でください。相談でも、どなたでもお気軽堅く守られますので、どんなます。相談は無料で、秘密はは、「人権相談所」を開設し延岡人権擁護委員協議会で人権相談開設お知らせのページ町民のつどいが開催されます「第31回日之影町民のつどい」を次のとおり開催します。町民の皆様の多数の参加をお願いいたします。【期日】2月8日(日)【時間】午前9時~午後3時まで【場所】宮水小学校体育館◎問い合わせ先役場教育課社会教育係林野火災予防運動を実施します「伝えよう森の大事さ火の怖さ」を統一標語に、1月30日から2月5日にかけて林野火災予防運動を実施いたします。町民の皆様には、下記の事項に重点を置いて、林野火災の防止に努めていただきますようお願いいたします。1枯れ草等のある火災が起きやすい場所では、たき火をしないこと。2たき火の場所を離れるときは完全に消火すること。3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと。4火入れを行う場合は役場(消防)の許可を受けること。募集放送大学で学びませんか放送大学では、平成27年度第1学期(4月入学)の学生を募集しています。放送大学はテレビ等の放送やインターネットを利用して授業を行う通信制の大学です。心理学・福祉・経済・歴史・文学・自然科学など、幅広い分野を学べます。出願期間は3月20日まで。資料を無料で差し上げています。お気軽にお問い合わせ下さい。◎問い合わせ先放送大学宮崎学習センター職業訓練で手に職をつけませんかポリテクセンター延岡では、次のとおり職業訓練受講生を募集しています。手につける職業訓練と一人ひとりに合った就職支援があなたの可能性を広げます。【訓練期間】平成27年4月3日~9月30日(6ヶ月間)【訓練科】テクニカルオペレーション科18名金属加工科18名住宅リフォーム技術科30名電気設備技術科15名ビジネスワーク科18名【募集期間】平成26年1月9日~2月27日【入所資格】求職中の方ありがとうございました●香典返し(社会福祉協議会12月受付)住所遺族名続柄故人名戸川戸髙一紀さん母セツさん阿下津隈榮さん母アキノさん竹の瀬甲斐千穂さん子稔範さん尾村谷川元一さん姉澁谷益子さん追川上髙岡ナミ子さん夫安信さん波瀬齋藤富士子さん義母テツエさん西日之影日髙宗一さん妹みよ子さん●奨学資金寄付(役場教育委員会受付)日之影中学校昭和45年卒業生一同様2月の主な行事2日健康ウォーキング(癒しの森運動公園)8日町民のつどい(宮水小学校体育館)10日行政相談(保健センター)17日のびのび広場・子どもの予防接種(保健センター)18日障害者就業巡回相談(保健センター)19日巡回診療(見立・仲組)こころのデイケア5たばこの火は必ず消すとともに吸い【受講料】無料(ただし、テキスト代(保健センター)殻を投げ捨てないこと。等は必要です。)20日特設人権相談(保健センター)6火遊びはしないこと。【申込方法】最寄りの公共職業安定所21日育児学級(保健センター)(ハローワーク)まで。2月12日~13日の施設見学会にも是非お越し下さい。◎問い合わせ先22日宮崎地区町人会総会(宮崎市)25日乳幼児健診(保健センター)こころとカラダの相談日ポリテクセンター延岡(保健センター)担当:訓練支援係※心配ごと相談4・18日役場農林振興課林政係(保健センター)人のうごき人口男女合計出生転入死亡転出世帯数12月の事故・事件○人身事故○死者○負傷者○物損事故町内で人身事故が発生しました。スピードの出し過ぎに注意しましょう!!○事件(刑法犯)郡内では、窃盗事件、障害事件が発生しています。◆高千穂警察署からお知らせ「警察が銀行口座を教えて」「レターパックで現金送れ」「還付金がある。ATM向かえ」は詐欺。今年も1年特殊詐欺防止、各種犯罪抑止にご協力お願いします。編集後記新年明けましておめでとうございます。今年は未年です。ひつじは群れをなすことから「家族の安泰」「平和」を意味するそうです。このことを意識して、今年も仕事に家事・子育てに(時々女子会も)頑張りたいと思います。2015年も広報「ひのかげ」をよろしくお願いいたします。(S)町の話題防犯パトロールで町を守りますクリ剪定開始式年末・年始の地域安全運動期間中の12月18日に「日之影・八戸駐在所連絡協議会」の防犯パトロール出発式が行われました。また、この日は高千穂警察署より日之影・八戸駐在所連絡協議会へ感謝状の贈呈が行われた後、10月に発足した「日之影地域安全少年隊」の隊員が協議会のメンバーと防犯パトロール車やパトカーに分乗し、防犯活動を行いました。今後も町内の通学路の防犯パトロールを行っていきます。日之影町果樹栽培受託組合(甲斐耕一郎組合長)クリ剪定班による剪定活動開始式が12月15日に星山地区で行われました。「高千穂・ひのかげくり」は品質日本一として大変高い評価を受けています。クリの剪定作業は、重労働で危険を伴いますが、品質と大玉率を向上させるための大切な作業です。町内約30haのクリ園地で剪定作業を請け負い、3月上旬まで活動が続きます。日之影のサンタさん日之影柚子まつりクリスマスの恒例行事となった日之影町青年団による「サンタの宅配」が12月23日に行われ、サンタクロースに扮した青年団員が、各家庭からお預かりしたプレゼントを子ども達に届けました。サンタクロースの突然の訪問に、「サンタさんが来た!」と大喜びしながらはしゃぎまわる子、怖がって近寄らない子など様々でしたが、これからもプレゼントとともに、子ども達に夢を届けていきます。「日之影柚子まつり」(主催:町特産品開発協議会)が県庁前楠並木通りで、12月18・19日の2日間、開催されました。ずらりと並んだテントの下では町の各種農産加工品や新鮮野菜・ダリヤ・スイートピー等の花卉類の販売も行われ、冬至前とあり、鮮やかに色づいた柚子に誘われ、特産品を買い求める多くの方々で賑わいました。大平山トンネル安全祈願祭神の里トンネル貫通式深角地区で新設工事が始まる「大平山トンネル」(国道218号線高千穂日之影道路)の安全祈願祭が12月24日に行われ関係者が出席し工事の安全と早期開通を祈りました。また、高巣野小5・6年生(13人)が、帖佐久史校長と一緒に鍬入れ式を行い、児童代表の工藤真誓君(6年)は「このような経験をさせていただきよい思い出になりました。早くトンネルが開通することを願っています。」とお礼の挨拶をしました。深角と高千穂町野方野を結ぶトンネル「神の里トンネル」(全長1,378メートル)の貫通式が12月24日に行われました。式では内田副知事、佐藤貢町長らが発破ボタンを押し、日之影と高千穂間が貫通し、佐藤日之影町長と内倉高千穂町長とがトンネルの前で握手を交わしました。今後、西臼杵3町の農業・観光などの振興に大きく貢献することの出来るトンネルとして来年7月末に完成予定です。
1 4250 広報ひのかげ 第333号 1993年1月発行 19930120 1月 m19_acv-hinokage_199301_0333_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_199301_0333_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第333号 1993年1月発行広報ひのかげ平成5年新年号No.333謹賀新年正月三が日も穏やかな天気に恵まれ、新春恒例の剣道クラブの寒稽古、日之町影消防団の伝統を飾る消防始め式等無事に終わり、しかも、正月早々に皇太子殿下のご婚約が内定する等、誠に幸先よい幕明けとなりました。町長梅戸勝惠町議会議長梅田稲生明けましておめでとうございます。町民の皆様には輝かしい新春を迎えられたことと思います。さて、昨年も過疎と高齢化からの脱却と都市との所得格差の是正を目標に、懸命の努力を致したところでございますが、町民の皆様もそれぞれの立場で全面的にご努力とご協力を頂きましたことに、深甚の謝意を表するものであります。申し上げるまでもありませんが、昨年はバブル経済の崩壊とその後遺症。佐川急使に端を発した政治不信など、大揺れの誠に重苦しい一年でした一。方、町内では有り難いことに大きな台風や事故なども最小限の被害で食い止めることができました。いよいよ平成五年。区切りのよいしかも酉年でありますいつも申しているように、行政は生きものであり、足踏みは許されません。地方の時代とか国産材の到来だとか叫ばれ、地域の文化や活性化が議論されて久しいが、結果はどうだろうか?昨年から今年にかけ漸く具体的な取り組みを、やたらとニュースなどで見るようになり、つい先日、農政審議会の中間報告の中に中山間地対策が、また、担い手の問題などが諸々の手法で発表されましたが、これを受けて取り組む心構えが必要と存じます。基幹産業の次に来るのは高齢者福祉です。高齢者保健福祉推進十ヵ年戦略に基づく老人福祉計画の策定とその具体的な実践が課題であります。また、人間が快適な空間で自然と共生するには、環境問題は、避けて通れないもので、財政負担など大きくクローズアップすることは確実です。平成五年度では、町民待望の日之影温泉駅の設計と一部着工をはじめ、鹿川中学校校舎、長谷川地区に高齢者等人材活用センターの建設をはじめます。生活の利便性を高めるには、道路の整備が何よりです。町道、国県道、高速交通体系の整備に積極的に取り組み、また、生産基盤となる農道、林道、作業道などの整備促進、将来の担い手となる力のある人づくり、町の産業と文化の掘り起こしに魅力あるイベントの開催、語学と国際感覚を身につける国際交流事業、若者の定住に男性雇用の企業誘致など、諸々の問題を積極的に取り組みます。そしてその目標は、元気のよい、夢と希望に燃えた豊かな日之影町をつくることです。今年は酉年。思う存分羽ばたく年にしたいものです。充分に認識し、農林商工業を促進するために、行政執行部と共に努力してまいりたいと思います。議会の果たす役割と責任を自覚し、町民の皆様のご期待に添うよう決意を新たにいたしております。ここに町民の皆様のご多幸をお祈りするとともに、本年も相変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げまして新年のあいさつといたします。せて実現させたいと思います。鹿川中学校も今年は校舎の改築が行われますし、温泉開発に伴い日ノ影駅までの配管工事と温泉駅の設計、モデル事業による「歌舞伎の館」の建築、県道バイパスエ事に伴う、大迫住宅の建築および高齢者等人材活用センター新築工事は、平成四、五年度継続事業となります。今日の農山村の典型的な過疎化、高齢化の進む中での、厳しい社会情勢、自然環境を外の需要も鈍化し、財政構造も明るい材料のない状況であります。このような中での「活力ある豊かな日之影町」をめざして、産業・交通・文化・社会福祉などの整備充実に積極的に取り組みたいと思います。東九州自動車道、九州横断自動車道延岡線は、実現に向けて引き続き運動を展開しております。西臼杵広域農道についても、郡内全線の採択に積極的に郡民一同、力を合わ昨年は国内外においても激動の年でありました。バブル経済の崩壊による景気の低迷は、国内あらゆる方面に影響をおよぼし、特に農山村においては、過疎化、高齢化と相まって厳しさを増してきております。また、国会議員と暴力団のかかわりや、佐川急便事件など、政界と企業の癒着などが明るみに出て、国民の政治不信は一段と高まっております。我が国の経済情勢も、国内日之影渓谷マラソン大会師走の日之影路で健脚を競うこの大会は、例年『青雲橋ロードレース大会』として町民グラウンドを発着点とする日之影渓谷マラソン大会が十二月十三日町内外から二百六十人余りが参加して行われました。コースで行われていたものですが、道路交通事情などで、日之影バイパス沿線での開催ができなくなり、コースを、県道北方高千穂線(旧国道)に移したもので、名称も『日之影渓谷マラソン大会』としての第一回大会です。種目は、二km親子ジョギングをはじめ、二km、三km、五km、一〇kmの男女別、年代別の合計十六種目です。日之影橋の架け替え工事で二年間大会を休んだのと、コースが変わったためか、参加者は列年よりやや少なめでしたが、参加選手はゴールを目指して、一生懸命走っていました。日之影太鼓”の応援ゴール前の競り合いガンバレ!初春や玉垣にある人の息(花泉)おにぎりのような山から時雨けり(甲クニ子)日之影俳句会推せん句長丁場10kmのスタート。吾味折り返し。平成3年度表1日之影町決算報告歳入4,482,780,101円歳出4,460,049,482円一般会計歳入歳出決算総括グラフ交通安全対策特別交付金利子割交付金分担金及び負担金使用料及び手数料繰越金自動車取得税交付金繰入金財産収入諸収入地方譲与税町税国庫支出金町債消防費議会費災害復旧費衛生費商工費諸支出金教育費総務費土木費歳入歳出平成4年第4回定例町議会は、12月11日から開催され、16件の提出議案が可決されましたが、その中から平成3年度日之影町各会計決算について財政事情をここに、公表いたします。平成3年度日之影町一般会計決算は、歳入総額44億8,278万101円、歳出総額44億6,004万9,482円で前年度にくらべて歳入で2%、歳出で3%増となり、歳入歳出差引残額2,273万619円のうち1,200万円を財政調整基金に繰入れ1,073万619円は翌年度の財源として繰越しました。歳出では、義務的経費が35.1%、投資的経費が37.3%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。県支出金地方交付税歳入歳出差引残額22,730,619円公債費民生費農林水産業費財政調整基金に繰入12,000,000円翌年度へ繰越10,730,619円表2県支出金その他自主財源町税性質別歳入歳出決算諸収入財産収入その他補助費等積立金維持修繕費その他人件費義務的経費扶助費町債歳入物件費歳出公債費国庫支出金地方交付税依存財源災害復旧費投資的経費普通建設事業費一般会計平成3年度末町債現債額町債別件数現債額構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業財源対策債県振興資金公有林整備事業その他1420414102011418114416千円36,683303,71152,798380,760137,845314,66028,3311,942,16978,121207,55954,179213,4701.0%8.11.410.23.78.40.751.82.15.51.45.7計1863,750,286100.0この表は、平成3年度末における町債の借入額です。町債は、道路や学校など公共施設の整備事業を行うために国などから借り入れるものです。平成3年度表3投資的経費の主なもの事業名事業費<普通建設事業>●日之影保育所建設事業リフレッシュふるさと推●進モデル事業●道路新設・改良・舗装事業●間伐促進強化対策事業●林業地域総合整備事業●農村総合整備モデル事業●林業構造改善事業●水と緑のふるさとづくり事業165,86083,379390,03818,605128,922125,08371,16813,000軽自動車税町民税市町村たばこ税町入湯税税固定資産税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く51.5%、ついで町民税が37.4%の順となっており、全体では昨年度より1.6%の減となっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこは町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約40円か町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましよっ。●土砂崩壊防止事業●林道舗装事業●農道整備事業●消防施設整備事業●学校教育施設整備事業●鹿川中学校改築事業<災害復旧事業>●土木災害復旧事業●農業施設災害復旧事業●農地災害復旧事業●林道災害復旧事業33,62152,32417,46612,64531,56535,01791,75123,26227,98934,420※(表6)の図は、平成3年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当たり及び1人当たりの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。世帯数1,886世帯人口6,260人表4特別会計決算表表6一世帯当たりに使われたお金2,364,819円一世帯当たりの納税額住民一人当たりに使われたお金712,468円一人当たりの納税額会計名歳入歳出残高国民健康保険609,792576,41533,377奨学資金7,6635,4562,207老人保健576,695567,7198,976災害復興資金3,81803,818簡易水道75,73475,290444143,973円43.376円町の来ごと(事業費4億1、600万円)れ変わった。替工事が終わり、新しく生ま(東日之影〜西日之影)架け老朽化に伴う「日之影橋」日之影橋完成1月16日日之影保育所開園4月1日大人、宮水、長谷川、3つの保育所を統合して、宮水崎ノ原地区に「日之影保育所」が、オープン。生涯学習モデル町県指定を受ける4月宮崎県の生涯学習モデル町に指定(3年間)され、11講座に160人が受講している。ぎわいをみせている。しかの森)に、ケビン5棟が完成、連日に整備が進んでいる見立英国館周辺(かもケビン村が完成4月末石垣茶屋オープン4月末=石垣の村戸川に、宿泊できる研修集会施設「石垣茶屋」がオープン、真下の田んぼでは『アイガモ農法』を取り入れ、アイガモ料理がいただける。関西町人会発足5月31日関東、宮崎、延岡に続き、関西地区の町人会が発足。約100人刀参加し、盛大に祝った。傾・大崩山系で開かれる。全国高校総体認豆山競技″が、全国高校総8体月登5山日大〜9会日開催平成4年主な出富山県利賀村と友好町村提携8月21日大規模林道ガとりもつ縁で、富山県利賀村(とがむら)と友好町村提携の盟約を結んだ。(8月21日利賀村で、10月30日日之影で)得。(トップと100分の9秒差)陸上選手権大会1、500メートルで、堂々の銀メダルを獲八戸中1年の中崎幸伸君(興地)は、全日本中学校長距離界に新星誕生8月21日問、交流会などで親交を深めた。沖縄県佐敷町の一行万来町。学校訪るため日之影に集団疎開をしていた太平洋戦のさ中、戦火をまぬがれ佐敷町学童疎開者来町9月11日廣島一夫氏「現代の名工」労働大臣認定11月11日八戸在住の廣島一夫氏(77)が「現代の名工」百選に選ばれ、労働大臣から卓越技能章が贈られる。討議した。で開かれ、350人が集い、熱心に日之影町林業振興大会が中央体育館木材需要拡大の強化″を目指して、町林業振興大会開催11月27日二十五年、この間世界、日本は大きく変遷し、日之影町も産業、交通すべての面において目まぐるしく発展しました。この発展は、私達の先祖の営々とした町づくりへの情熱により築かれたものです。雄大な自然にめぐまれた「日之影」は、数々の史跡、民俗芸能など歴史の息づく町でもあります。世の中が急速に移り変わる現在、過去の本町の歴史を後世に伝えることも私たちの責務であるといえます。町史を編さんするには、多くの資料が必要です。みなさんの家庭に残されている歴史を知るうえで貴重な資料〔古文書、写真、新聞、日誌など〕がありましたら、是非ご連絡下さい。連絡先は、企画開発課、町史編さん係までお願いします。町では、「日之影町史(郷土史)」を編さんすることになりました。これは、郷土日之影の生いたち、町の発展のあゆみを記録にまとめ、後世への文化遺産として伝えるため、産業、教育、文化などすべての分野を調査し、一冊の本にまとめるものです。私たちの郷土日之影は、約二万年以前の見立「出羽洞穴」に始まり、幾多の時代を経て明治時代に村制が施行され、七折村、岩井川村となりました。その後、太平洋戦争の復興間もなく昭和二十六年一月一日に、旧七折村・岩井川村が合併し「日の影町」が誕生、その後昭和三十一年に旧岩戸村のうち見立地区が編入合併され、現在の「日之影町」となり。町制を施行して四十一年を迎えました。明治元年から数えると百町史編さん事業にご協力をであったと思われる。この洞穴は、昭和四十年・四十一年にわたり、南九州短期大学の鈴木重治助教授を中心とする一団によって発掘され、少なくとも二万年以前から人が住んでいた形跡が出土した石器によって証明されている。その石器も発掘されて平成元年までは、南九州短期大学に保存されていたが、町当局、町教育委員会の尽力により、その一部を洞穴所在地の日之影町(町民センター)に展示することができたことは誠に結構なことであり、今後も町の貴重な文化財、史跡を物語る資料・器具などが安易に町外に出て行くことを防ぎ、それを後世に残し伝えて行く努力をすることが、私達に課されているつとめでなかろうか。町民センターにお出の節は、是非石器類展示のケースの前に足を運んでもらいたい。向け、間口八メートル・奥行十三メートル・天井の高さ三〜四メートルで巨大な礫岩の積み重なりでできていて、先土器時代、県内最古のものといわれている。洞穴のすぐそばに小川があり、石器を作るのに都合のよい流紋岩が豊富で、これで道具を作り、植物や動物をとって生活していたこの時代の人達にとっては、絶好な生活の場所る出。羽洞穴は、日之影川の上流本谷山の中腹標高九二〇メートルのところにあり、入口を南に日之影町には、古代人が住んでいたといわれる洞穴が、現在のところ二ヵ所ある。それは出羽洞穴と新畑洞穴であ県内最古の出羽洞穴本町には数多くの史跡、文化財があります。日ごろ何気なく見すごす文化財には、人々の営みや歴史が刻まれており、先祖の生活、文化を知る貴重な財産です。郷土の文化財(史跡)…1今月から、これらの文化財等をシリーズで紹介します。執筆は、日之影町文化財専門員、宮崎県文化財保護指導員の小谷育男さん(椎谷=写真)です。一いづるはどうけつ16印鑑する方のみ)(町外居住の被扶養者を有5国民健康保険証医療費支払証明書4生命保険料、損害保険料、証明書等3源泉徴収票または給与支払代金等のわかるもの2作付面積、収穫量及び販売(売り上げ、仕入台帳等)1所得計算上必要な書類持ちください。なお、当日は次の資料をお申告してください。当日都合の悪い方は、役場でをお願いします。どうしても程で実施しますので、ご協力分の所得申告事務を下記の日役場税務課では、平成4年実施されます住民税申告が平成5年度の所得税の確定申告をされた方は、住民税申告の必要はありません。月(曜)日2月16日(火)2月17日(水)2月18日(木)午前午後集落名実施場所実施時間集落名実施場所実施時間梁崎公民館長宅9:30~11上栃の木・乙草上栃の木公民館13:30~15:30長迫・鶴の平鶴の平公民館:309:30~10:30栃の木・松の木松の木公民館13:30~15:00小菅小菅公民館9:30~11平清水平清水公民館13:30~15:00谷下・吐の内谷下公民館:309:30~10:30戸川戸川公民館13:30~15:00中尾(岩井川)中尾公民館9:30~10:30大山大山公民館13:40~15:00大人上、西、東大人公民館9:30~11:30大人下、中・仁田野・大迫住宅大人公民館13:30~15:002月19日(金)糸平・大平・二又2月20日(土)2月24日(水)(木2)月25日2月26日(金)3月1日(月)3月2日(火)3月3日(水)高校通り・竹の瀬・下日之影・日之影営林健康増進センター10:00~12:00役場税務課8:30~12:00鳥屋の平・椎木尾・下小原・今竹健康増進センター13:00~15:00竹の原竹の原公民館9:30~11:30星山星山公民館13:30~15:30八戸上・八戸駅八戸上公民館9:30~11追川上、中、下追川公民館13:30~15:00下鶴・川中・高橋9:30~11白仁田・戸の口・諸和久下鶴公民館下組公民館13:40~15:00上高橋:00・諸和久下上小原上小原公民館9:30~11:00古園古園公民館13:30~15:00末市・高巣野椎谷公民館9:30~11:30椎谷椎谷公民館13:30~15:30西深角西深角公民館9:30~11:30東深角東深角公民館13:30~15:30阿下阿下公民館9:30~11:30舟の尾舟の尾公民館13:30~15:30西宮水・東宮水町民センター10:00~11:30仲畑・仲畑住宅・尾村町民センター13:30~15:30影待影待公民館9:30~10:30水無・奥村・川の詰・煤市仲村・上川上、下・広瀬・赤川・中の詰・藤谷見立連絡所14:00~16:00興地興地公民館9:30~11河内河内公民館13:30~15:003月4日上下顔上下顔公民館:009:30~11椹木椹木公民館13:30~15:00(木)中村中村公民館:009:30~11:00新町新町公民館13:30~15:003月5日平底平底公民館9:30~11一の水一の水公民館13:30~15:30(金)中尾(七折)中尾公民館9:30~11徳富徳富公民館13:30~15:303月6日中崎・楠元・:00役場税務課8:30~12:00(土)神影上、中、下3月8日(月)3月9日長谷川長谷川公民館9:30~10:30波瀬波瀬研修センター13:30~16:00田吹事務連絡員宅9:30~10:30袴谷・袴谷住宅袴谷公民館13:30~15:00横迫横迫公民館9:30~10:30矢形的矢形的公民館13:30~14:30(火)後梅後梅公民館9:30~10:30大瀬大瀬公民館13:30~14:303月10日松の内・新畑新畑公民館9:30~11:奥奥公民館13:30~14:30(水)楠原楠原公民館009:30~11:大菅大菅公民館13:30~15:303月11日00(木)中川中川公民館10:30~11:30鹿川・鹿川営林鹿川公民館13:30~15:003月12日(金)3月15日(月)3月16日(火)駅前通り・稲荷町・中央通り西日之影・湯の元住宅上日之影・東日之影黎明館9:30~11:30役場税務課8:30~12:00新日之影上、中、下役場税務課8:30~12:00本町・東町・八戸営林黎明館13:30~15:30大楠大楠公民館13:30~15:30小崎小崎公民館13:30~15:00ハ~イチャックですAmIStillAmerican?僕はまだアメリカ人かな?冬休みにしばらくの間、帰国しました。日本のたくさんの友達等に「帰国するよ」というと、「いいな」という返事が多いです。確かに楽しみなことですが反面は不安でした。この不安は飛行機が落ちるのではとか、治安の悪いところだからとかで感じる気持ちではありません。心配していたのは、どの程度の逆カルチャーショックを感じるかとのことでした。カルチャーショックというのは、異文化に接する時感じる不安で、逆カルチャーショックは異文化から母国に戻る時に感じる不安です。外国に行かなくても、周りの人間がわからない言葉で話している状態を想像したら、この気持ちをちょっとでもわかると思います。その異文化に接する期間が長くなればなるほど、異文化という気持ちを無くしていきます。それにしても、言葉がわかってきても、違う点でカルチャーショックを感じます例えば、人間関係や価値観はどこの国でも違う筈です。その上、当然なことに、日之影での経験が長くなってくると、アメリカのことより、日本、そして日之影のことを知る状態になります。向こうの情報より日本の情報が何倍も耳に入りますので、帰省したら、友達の見ているテレビ番組、聞いている音楽、流行の店やレストランを全く知らないのです。外国に行くとこんな目に遭うと、心の中で準備しておりますが、母国で自分が外国人という気持ちになると誠に落ち着けなく、せっかくなれてきた日之影に戻りたいと、両親には残念ながら、僕が思いました。不思議かな?今月は、皆は自分のNewYear'sResolutionになった場合に、障害基礎年万が一病気や事故で障害者ました。を英語で書いてみましょうか。NewYearはわかりますよね、新年のことですが、resolution民年金に加入することになり以上の学生の方は、全員が国平成三年四月から、二十歳ら第1号被保険者です学生の皆さんも、20歳かというのは、決心、決意とのことです。Thisyearlwillstopsmoking(今年、たばこをやめます)とか、Thisyearlwillsavemoney(今年、貯金します)など、全部未来形のlwill、比較形の-er,又はmore年金キーワードを使います。下記の例を基にして、今年一年間一緒にがんばりましょう!eatmorevegetables(meat)より多い野菜(肉)を食べますdrinkless(more)alcoholより少ない(多い)酒を飲むexrciseeveryday毎日運動をしますgetanewhobby趣味を増やしますstudylongerより長く勉強しますdrivemorecarefullyより安全運転をします年金一口メモその69必要です)扶養されていない人(届出がさんで収入があってご主人に未満の人、サラリーマンの奥していない二十歳以上六十歳生年金保険や共済組合に加入由業者、学生などで現在、厚自営業者、農林漁業者、自●第一号被保険者ります。保険料が免除される制度があ口に申請し一定の基準に従い、困難な場合は、国民年金の窓いな。お、保険料を納めるのがず加入の手続きをしてくださにも、二十歳になったら、必の老齢基礎年金を受けるため金を、また六十五歳から満額ていますので、赤ちゃんは母乳からも感染するわけです。次回はエイズの予防と検査方法について、エイズのウイルスがどうやってうつるのか詳しくお話しします。三、次の粗大ゴミについては、処理できませんので持ち込みと不燃物集積所には絶対出さないようお願いします。(大型家電品、ユニエーター、電気灯油用温水器農機具、畳、バイク、流し台、自動販売機、事務機、スチール製机、ロッカー、塗料のついた空き缶類等々)※処理場内に持ち込まれたゴミは、機械にかける前に手選別で前処理を行っています!皆様方一人ひとりのご協力で、経費節減、環境保全に役立ちます。ゴミは、規定どおりきちんと出しましょう。衛生組合では、再三のお願いにもかかわらず、規定どおりのゴミが出されておらず、大変迷惑してい主文経費節減、ひいては環境保全のため、きちんと出していただきますようお願いします。二、木、イス、ダンス、ベッドなどは、規定の長さ(五〇〜六〇cm以下に壊して搬出してください。二、塩化ビニール系(特に並スレート)についても、規定以下にされていれば、一般ゴミと一緒に炉で処理できます。※以上のゴミについては、不燃物集積所及び不燃物小屋には絶対に出さないでください。持っていきません。ゴミはきちんと出しましよう衛生組合かられ、全身の皮フに広がる発赤などがあります。しかし、熱が出て体がだるくなり、食欲がなくなり、体重も減ってきた、又、皮フに赤い斑点、グリグリができたなどエイズと似た症状を現わしても、これを見ただけではエイズと区別できないこともあります。エイズウイルスは、血液や精液以外にも膣分泌液や尿や睡液、涙、母乳にも含まれています。非常に弱いウイルスですから、空気中や水の中ではすぐ死んでしまいます。ですから血液や精液の中のように住みやすいところにいるときだけ伝染する力が強いのです。したがってエイズウイルスの主な感染方法は、同性間異性間の性行為と血液を介する場合です。又、母親が感染していれば出産の時、赤ちゃんが産道を通る際に母親の血液から感染を受けますし、母乳の中にもウイルスは含まれてしまい、抵抗力が落ちていく病気です。その結果、健康な時にかからなかった病気、例えばカリニ肺炎、結核、カポジ肉腫(まるで干ブドウのような形をした大小無数のはれものが全身にできる)のような癌にかかってしまいます。そしていったんエイズウイルスに感染すると、現在はその治療法がないため、恐い病気ですが、感染力は大変弱く、予防できる病気です。エイズウイルスが体内に入ったからといってすぐ発病するわけではありません。数か月から十年ほどの潜伏期があり、この時は全く症状がありませんが、その間に体を病気から守る働きをこわし、抵抗力をおとしていきます。典型的な症状は、三八〜四〇度の発熱、首や脇のリンパ節の腫エイズという言葉を最近よく耳にすることと思います。エイズがどのような病気か知っていますか?エイズという病気が誕生したのは十二年前の一九八二年のことです。日本に初めてエイズが上陸したのはそれから四年後の一九八五年です。現在日本での患者は八七九人ですが、最近急激に増えつづけています。エイズとは体を病気から守るはたらきをこわしエイズとは何か?保健婦だより役場8:30~12:00黎明館13:30~16:002月1日(月)健康相談日1月1日現在()は前月比人のうごき今年はトリ年。それにちなんで、今月号の表紙には、アヒル君″たちに登場してもらった▼役場下の五ヶ瀬川には現在、三十羽ほどのアヒルが元気に泳いでおり、子どもたちの人気の的になっている▼「観光浮揚の一助にでもなれば…」と、役場職員の発案で、昨年ヒ十を購入、飼育したのを放流したもの。食欲は、おう盛なもの。エサを投げると、ガアガア鳴きながら、貧るように食らいつく。一度ご覧を。(M)ちょっと一息★奨学資金へ寄付長迫鶴留修二★広報送付お礼束京都陣内益子宮崎市安松シヅカ奈良市森本智子★一般寄付(社協)㈲西臼杵環建リース橋本恵吉新町甲斐久好父筆助追川中山口小夜子夫巴河内谷川ハナミ夫美登長迫鶴留修二母エキ阿下西田辰美母ウメノ★香典返し(社協)住所遺族名続き柄故人名星山新名君子母波須枝糸平坂本フサエ夫城一糸平河野英光叔母トメ追川中甲佐岩四郎義母高尾ミヨノありがとうございましたその姿を見かけることが少なくなりました。昔は農家の庭先などで飼われていて、文字通りの「ニワトリ」でした。しかし、現在では企業の養鶏が中心となり、ゲージでえさや水を与えて飼っていることが多いので。「ハコトリ」などといわれています。今年は酉年。でも、初日に向かって時を告げる鳥の声で目を覚ますというのは、都会人にとっては無理なようです。と縁の深いニワトリですが、最近はもいます。ほかにも、声良鶏や唐丸など、鳴き声自慢がいろいろいます。人間が日本の文献に最初に登場ニワトリするのは『古事記』です。天照大神が天の岩屋にこもったとき、その岩屋から出てもらうために、常世の長鳴島を鳴かせたことが記されています。東南アジアには、ニワトリが太陽を呼び出すいろいろな神話がありますが、日本もそうした流れをくんでいるのでしょう。ニワトリには、卵用や肉用、卵肉兼用、観賞用などの種類があります。日本の観賞用のニワトリの中では、特に長尾鶏が世界的にも有名です。尾が十ニメートルにもなるものもいます。また、鳴き声のよい東天紅は、張りのある声で二十秒近くも鳴き続けるもの(鶏)を思い浮かべる人も多いようですが、ニワトリは人間と最もなじみ深い鳥といえます。ニワトリといえば卵-日本人が一年間に食べる卵の数は、一人当たり三百十一個です(世界鶏卵協議会・一九九一年発表)これはイスラエルに次いで、世界第二位です。二ワトリには、随分お世話になっているわけですね。ニワトリのルーツは、インド、スマトラなどのジャングルに住むヤケイ(野鶏)を改良したものとされています。それが、いまでは世界中のほとんどで飼育されています。五年は酉年です。十二支の動物の中で、ただ一つの鳥類です。単に鳥というと、ニワトリ平成今年は酉年お知らせコーナー
1 4171 広報ひのかげ 第321号 1992年1月発行 19920120 1月 m19_acv-hinokage_199201_0321_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_199201_0321_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第321号 1992年1月発行広報ひのかげ平成4新年号年No.321平成4年1月4日成人式より町長梅戸勝惠正月恒例の諸行事も終わり、しめ飾りも取れ、ようやく、平常に復した今日このごろで町議会議長梅田稲生謹んで新年のお祝辞を申し謹賀新年上げます。町民の皆様におかれましては、輝かしい新春を迎えられましたことと思います。今や世界情勢は、大きく変動を起こしておりますが、我が国の国際的な諸々の問題の山積する中でも、米の自由化など、農山村にとっては最も重大な時期であります。我が国の経済情勢も、国内外の需要が鈍化をし、財政構造も明るい材料のない状況です。しかし、昨今、地球規模で温暖化が騒がれているとおり、冬とは申せ暖かい日が続く毎日です。さて、昨年は湾岸戦争に明け、ソビエト連邦の崩壊に暮れました。特に、普賢岳の噴火や、台風19号により甚大なる被害を受けた大分・熊本の近隣町村の皆さんには、改めてお見舞い申し上げます。幸い、本町はさはどの被害もありませんでした。また、基幹作目であります子牛は、外国牛の輸入によりその真価が認められ、史上最高の50万円を超え、野菜やシイタケの値も高値で推移しました。ただ、木材の価格が低調なのは、残念でなりませんが、今は、じっと我慢のときかと考えます。いよいよ平成4年。行政は生きものであり、停滞は許されません。既に手がけているもの、また、新規に取り組むあります。このような中での「活力ある豊かな日之影町」をめざして、産業・交通・文化・社会福祉などの整備充実促進に積極的に取り組みたいと思います。東九州自動車道、九州横断自動車道延岡線は、実現に向けて引き続き運動を展開しております。また、西臼杵広域農道については一部が採択されましたが、郡内全線の採択に積極的に郡民一同力を合わせて実現させたいと思います。また、懸案でありました鹿川中学校の整備充実については、平成3年度の敷地造成から本年は校舎の改築となり、宮水、大人、長谷川の3保育所を統合した保育所も3月に完成し、4月からの開園をめざし工事が進められております。今日の農山村の典型的な過疎化、高齢化の中での、厳しい社会情勢、自然環境を認識ものなど、限りがありません。大切なことは、その全てが住民福祉に直結することであります。平成3年度事業の目玉として、どこの保育所とくらべても見劣りしない宮水保育所、見立「かもしかの森」の整備で5棟のケビンが、それぞれ3月には完成します。新年度では、鹿川中学校の建設をはじめ、生産基盤である農道・林道・作業道の整備、住環境のための町道・国県道への積極的な取り組み、厳しさの加速する山村で暮らすに足りる力のある人づくり、冷え込み防止と産業の振興に魅力のある各種イベントの打ち込み、目を拓き行動半径を広し、農林商工業を促進するために、行政とともに努力して参りたいと思います。議会の果たすべき役割と責任を自覚し、町民の皆様のご期待に添うよう決意を新たにいたしております。ここに、町民の皆様のご多幸をお祈りするとともに、本年も相変らぬご支援とご協力をお願い申し上げまして、新年のごあいさつといたします。くするための国際交流事業、また、若者定住条件である男性雇用の場の確保に努めるなど、過疎から適疎にむかってのバランスのとれた施策が必要と感じます。目標は、個性豊かで住みよい、しかも、活力と潤いのあるふるさとづくり、そして、どこに行っても日之影という町の名を自信を持って名乗れる町にするために、町民一体となって努力し、何事にも前向きに取り組みたいものです。最後になりますが、町民各位の絶大なるご理解とご協力をお願いし、併せてご健康とご繁栄を祈念致しましてごあいさつといたします。平成4年成人式は1月4日出、町民センターで開かれ、82人(男、女各41人)が大人の仲間入りをしました。式では、代表に成人証書と記念品のめんぱが贈られ、成人を祝いました。式典終了後、4人の新成人者がそれぞれ、はたちを迎えての新たな決意などの意見発表を行いました。1月4日成人おめでとうなくだれしも思うことではないでしょうか。伝統工芸品の指定を機に、ますます精進されることを祈念するとともに、後継者が育つことを祈ります。町教育委員会は、成人式の記念品としてめんぱを贈っています。木のぬくもりを感じながら故郷を思い出してもらおうと、昭和五十四年から続けています。昔の人にはなしみの深いめんぱですが、現在、町内で作製しているのは岩本さんと、佐保博宣さん(煤市)の二人だけ。めんぱづくりの指導者で、宮崎県伝統工芸士の飯干又男さん(長迫)は、体調の都合で現在製作中止の状態です。一個作るのに、かなりの手間がかかり、後継者がいないのが現状です。「後継者が育って欲しい」と願うのは、岩本さんだけでは成人式の記念品に前の手先の器用さから、しっかりした作りのものが出来、三年ほどで県の伝統工芸品に指定されるほどになりました。材料は、容器の底とフタは杉、まわりはネムの木、つなぎの部分は桜の皮を使用。水分を吸収するため、弁当箱として重宝がられています。昔ながらの弁当箱として根強い人気をもつめんぱが、このほど宮崎県伝統工芸品に指定されました。この「めんぱ」を作るのは追川上の岩本久さん(五〇)昭和六十三年、特産品開発移動ゼミナールで、めんぱづくりを習ったのがきっかけ。持ち岩本久さん(追化)受ける県伝統工芸品(事業所)に指定めんぱ成人式の記念品に平成2年度日之影町決算報告表1歳入4,393,230,744円歳出4.331.610.286円一般会計歳入歳出決算総括グラフ寄付金交通安全対策特別交付金利子割交付金繰越金分担金及び負担金使用料及び手数料財産収入自動車取得税交付金諸収入繰入金地方譲与税国庫支出金町町税債消防費議会費災害復旧費商工費諸支出金衛生費教育費総務費公債費平成3年第4回定例町議会は、12月10日から開催され、18件の提出議案が可決されましたが、その中から平成2年度日之影町各会計決算について財政事情をここに、公表いたします。平成2年度日之影町一般会計決算は、歳入総額43億9.323万744円、歳出総額43億3,161万286円で前年度にくらべて歳入で9.2%、歳出で9.8%減となり、歳入歳出差引残額6,162万458円のうち1,500万円を財政調整基金に繰入れ4,662万458円は翌年度の財源として繰越しました。歳出では、義務的経費が34.5%、投資的経費が41.4%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。県支出金地方交付税土木費民生費農林水産業費歳入歳出差引残額61,620,458円財政調整基金に繰入15,000,000円翌年度へ繰越46,620,458円表2自主財源性質別歳入歳出決算諸収入財産収入その他積立金維持修繕費その他県支出金町債国支出金町税その他歳入4,393,230,744円地方交付税災害復旧費その他物件費補助費人件費歳出4,331,610,286公債費円普通建設事業費義務的経費扶助費依存財源一般会計平成2年度末町債現債額町債別件数現債額構成比一般公共事業14千円45,054一般単独事業21328,808公営住宅建設事業義務教育施設事業41656,624392,045辺地対策事業10138,108災害復旧事業20316,342厚生福祉施設整備事業131,497過疎対策事業141,828,976財源対策債20134,849県振興資金11219,114公有林整備事業4351,295その他15157,5731.28.91.510.63.78.60.949.43.65.91.44.3平成2年度表3投資的経費の主なもの事業名事業費<普通建設事業〉●高齢者生活福祉センター建設事業●リフレッシュふるさと推進モデル事業●道路新設・改良・舗装事業●日之影中学校グラウンド等整備事業184,539123,101342,308100,269計1893,700,285100.0この表は、平成2年度末における町債の借入額です。町債は、道路や学校など公共施設の整備事業を行うために国などから借り入れるものです。●林業地域総合整備事業●農村総合整備モデル事業●林業構造改善事業115,12090,90065,813表5軽自動車税表6町民税市町村たばこ税町税275,982,782円入湯税※(表6)の図は、平成2年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当たり及び1人当たりの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。固定資産税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く50.3%、ついで町民税が38.7%の順となっており、全体では昨年度より0.8%の増となっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこは町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約40円か町の収入になります。契煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましよっ。世帯数1,936世帯人口6,602人山村地域総合整備プロジェクト事業●土砂崩壊防止事業●林道舗装事業●農道整備事業●消防施設整備事業<災害復旧事業〉●土木災害復旧事業●農業施設災害復旧事業●農地災害復旧事業●林道災害復旧事業表419,10027,86841,55515,75821,13184,83917,15515,68339,882特別会計決算表会計名歳入歳出残高一世一世帯当たりに帯当住民一人当たりに使われたお金た使われたお金り2,237,402円の納税額142,553円41.803円一人当たりの納税額国民健康保険奨学資金老人保健災害復興資金簡易水道596,8107,840531,62922,826183,170566,0376,772514,23520,000181,16430,7731,06817,3942,8262,006な出来事町長・町議選執行2月3日町長、町議会議員選挙が行われ、現職梅戸勝惠氏が無投票で三選なる。れた。盛大に発足式が開か人余りが参加して、人会が発足。200き続き、延岡地区町関東、宮崎地区に引3月9日延岡地区町人会発足見立中学校閉校3月31日2人の卒業生を最後に、44年間守り続けてきた見立中学校の灯が消え、閉校の止む無きに至った。県営一般農道日之影線(中村~大菅)開通3月27日18年の歳月と、約8億円の経費が投入され、中村~大菅間の県営一般農道日之影線が開通。高齢者生活福祉センター「天神荘」オープン4月23日・サービスセンターは県内初。ー・天神荘」がオープン。居住型ティのための施設「高齢者生活福祉センタ山ツツジ公園の一角に、在宅虚弱老人高齢化社会に対応。宮水・天神人材育成制度設置4月21世紀に対応できる人づくりを基本理念として、「人材育成制度」が設置。「少年少女・一般成人部門」と「産業後継者部門1の2つのコースで、人おこしを始める。期待される。町観光の目玉として大きくス出羽(いずるは)」が完成、施設「リフレッシュ・ハウ修ができる多目的研修集会見立、英国館下に、宿泊研4月26日見立に研修施設完成平成3年町の主九州村おこしカーニバル開催11月3日・4日など視察。崎力さん(上小原)所有のくり園ハウス栽培など取り組んでいる馬第21回全国くり研究大会が開催。生産額宮崎県一を誇る日之影町で全国くり研究大会開催7月25日・26日゛九州はひとつ、、を合言葉に町民グラウンドを主会場に開催。ヘリコプター遊覧、阿波おとりに人気殺到。大人歌舞伎益無形文化財に200年の伝統をもつ県内唯一の農村芸能歌舞伎・大人(おおひと)歌舞伎が、日之影町無形文化財に指定。(日之影神楽に次いで2番目)誘致企業日之影工場完成仮工場で操業をしていた誘致企業「宮崎部品株式会社」日之影工場の本工場が完成。新たにスタート。宮崎部品㈱11月13日子牛平均価格高値更新11月セリ市11月セリ市で子牛平均価格が50万円を超え、史上最高値となる。(畜産農家に朗報)フォレストピア六峰街道全線舗装完成北方町から五ヶ瀬町までの六町村を結ぶ大規模林道「フォレストピア六峰街道」(52キロ)の全線舗装が完成、祝賀パレードが行われた。完成予定。五千六百万円、平成九年度着工される。総事業費二億延長四一〇〇メートル、幅員五回)免農道整備事業小糸線(総小崎、糸平間を結ぶ県営農県営農免農道整備事業小糸線着工11月28日11月8日山口敏雄議員画についてついて一、八戸地区広域水道整備計二、日本陸連理事会の提言に戸高保議員一、六峰街道の安全対策橋本高重議員備促進について一、県道宇納間日之影線の整再利用について本田達弘議員一、小径木加工工場切り屑の平田福徳議員対策について2舗装改良率を引き上げる一金、を永年勤続消尾防形団健員一に議慰員労について1過疎老齢化に伴う清掃管一、道路の整備について一般質問部改正四件(特別職、町職員次のとおりです。載してあります)、町条例の一今回の一般質問者と質問は(決算の概要は別ページに記のとおり議決されました。年度各会計の決算認定は六件続審査とし、残り議案は原案別表のとおりですが、平成二うち請願二件を閉会中の継今回審議されました案件はの外請願陳情五件でした。間の会期で開かれました。件、町道路線の認定一件、そ十二月二十五日までの十六日成三年度各会計の補正予算七は、十二月十日に招集され、きゅうの一部助成の改正)、平平成三年第四回定例町議会の給与改正及び老人のはり、議会報告議案番号件名議案番号件名議案第67号議案第68号老人のはり、きゅう等に要する費用の一部助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について平成2年度日之影町一般会計歳入歳出決算の認定について議安第79号議案第80号町長、助役、収入役給与条例の一部を改正する条例の制定について日之影町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について議案第69号平成2年度日之影町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について議案第81号平成3年度日之影町一般会計補正予算(第5号)議案第70号平成2年度日之影町奨学資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について議案第82号平成3年度日之影町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)議案第71号平成2年度日之影町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について議案第83号平成3年度日之影町国民健康保険病院事業会計補正予算(第2号)議案第72号平成2年度日之影町災害復興資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について議案第84号平成3年度日之影町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)議案第73号平成2年度日之影町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について請願第3号主要地方道日之影宇目線整備促進について議案第74号議案第75号議案第76号議案第77号議案第78号平成3年度日之影町一般会計補正予算(第4号)平成3年度日之影町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)平成3年度日之影町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)日之影町道路線の認定について日之影町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について陳情第5号陳情第6号陳情第7号請願第2号商工業者の育成充実について宮水戸川線道路改良促進について農業者育成強化と経営改善指導強化の充実について寡婦医療費の公費一部助成に関する請願について各常任委員会の所管事項調査報告八~イチャックですアメリカではそんげじゃったけ?IsthathowAmericais?この前クリスマスのため、アメリカの実家で2週間過ごしました。延岡に住んでいる日本人の友達を連れて帰ったので、見慣れているはずのアメリカが友達と一緒にいると、違うように感じて、おもしろい旅になりました。例えば、一番気づいたのは、食べ物の違い、というか、レストランでの注文のしかたでした。友達はもちろん日本のレストランに慣れていて、アメリカのレストランでも量は同じぐらいと思い、ハンバーガーやスープ、パン等まで頼みましたが、もってきたら、量があまり多くて食べ切れませんでした。ハンバーガーやサンドウィッチを注文したら、普通は半分食べて半分は持って帰るようになっています。特にユダヤ料理屋に行ったとき、量にびっくりしました。マクドナルドみたいなところでドライブ・スルーしたとき、Lサイズの飲み物を注文したけど、600~700mlの入っているコップで、私もびっくりしてしまいました。もう一つはアメリカのレストランは、どこもコーヒーは飲み放題になっているので、コーヒーの好きな友達には天国だと思います。私が面白いと思った事はレストランで注文するものには野菜があまりないことです。日本なら何を頼んでも野菜が入っていなくてもタクアンかなんかの漬物がつきますので、いいなと思いました。向こうでいろいろありましたが12月31日の午前中に日之影町に戻ってきたら、「よかったなー」と思いました。両方に慣れていますが落ち着いているきれいな日之影町が住みよいと思います。さて、今月の英語は会話ではないけど、おもしろいとおもいます五九回でした。三百八十七人で出動率八三・当日の出動団員は、団長外年の無事を祈りました。試験、表彰が行われ、今年一通常点検、市中行進、発水更して行われました。ので紹介します。日本人とか中国人の名前と名字は漢字だから意味がわかりやすいと思いますが、英語の名前はどうでしょうか。下にいくつかの英語の名前とその意味を書いてみました。(姓)(発音)(意味)Leeリー野原Campbellキャンベルまがった口Armstrongアームストロング腕の力が強いFraserフレイザー平和(名前)(発音)(意味)Johnジョン神は慈悲深いPaulポール小さいAnnaアンナ優雅Sophiaソフィア知恵Dianaダイアナ光の女神私の正式の名前はカーチス・リチャード・バーチューですが、意味は礼儀正しい・勢力を持っている・徳(美徳)があるになります。態が悪く、急きょ役場前に変日之影小学校グラウンドの状前日来の雨のため、会場の月七日行われました。新春恒例の消防始式は、一役場会周場辺にを開催消防始式を都市部の消費者と契約栽培し、配達などにより販売している。年間百品目、常時二十品目の農産物を栽培しているという。旬の産物を消費者に直接届けることでお互いの信頼関係が深まることにより、生産意欲が湧き、また都市住民の消費の動向がわかるようになったと言われていた。有機農法で一番厄介な雑草は、消費者の応援を得ているという。中には、消費者で有機農二日目のセーターの要る気候とは打って変わって、三日目は半袖での埼玉県小川町の霧里農園の見学となった。経営者の金子美登氏は、消費者と直接提携した自給農場を有機農業で実践することを信念に二十年間続けて、九年前から自分の農場で生産した農産物(米・野菜・卵など)視察報告産業後継者塾法を始めたという人もいるそうで、一日二時間の畑仕事で家族が食べる分は作れるという事である。私も自分の家族の健康と食生活をもう一度考え直さなければいけないなあと思った。国内はもとより海外の研修生、また生産者との交流もあり、アメリカでは一九八五年最終回に「有機農業法」が制定されており、近い将来には外国から有機農業農産物が日本の市場に出回るようになるだろうから、日本も早く対策を、と語られていた。人と人との結びつきを大切に、有機農業に信念と夢をかけてこられた金子夫妻の汗まみれになっていきいきと働く姿に、何とも言いようのない感動を覚え、霧里農場を後にした。そして次の研修地「東京」へと向かった。夕刻東京の宿泊地「中野サンプラザ」へ着き、後は自由行動という事になった。私達は土井先生の案内で原宿、青山、渋谷の夜の探訪としゃれこんだ。研修の最終日四日目も土井先生の案内により東京の話題性のある所を飛び歩いたが、私にとっては手作りのデパート「東急ハンズ」が印象的であった。東急(ンズには、手作りや趣味のありとあらゆる物が揃っており、見学時間の一時間では足りず、九州に一つでもいいからこういう店舗があればなあと思えてならなかった。歩いても歩いても回りきれない東京の広さや大きさに、自分がいかに井の中の蛙であったかと思った。また、若い人達が東京に憧れる気持ちが少しでもわかった様な気がした三。泊四日という家族の協力を得ての研修であったが、全てにおいて考えさせられたり学んだりする事が多く、これからの自分の生き方に大きな道しるべになったと思うと同時に、もっともっと勉強しなければと思った。所得税の確定申告は、二月十六日から三月十六日までとなっています。所得税は、あなた自身が正しく所得や税額を計算して納税をするという申告納税制度をとっています。確定申告は、あなたの昨年一年間の事業や収入の総決算ともいえるものです。事業をしている方はもちろん、サラリーマンの方でも確定申告をしなければならない方は、できるだけ早め正しい確定申告をお早めに有機農業でとれた野菜霧里農園日之影の納税相談は、二月二十四日、二十五日の二日間、役場前中央研修館で実施。前回に引き続き、脳卒中についてお話しします。日ごろから血圧の高い人ほど、脳卒中や心臓病の発作を引き起こす危険が高いといわれています。血圧の正常な人と比べて五〜十倍も高い確率で脳卒中の発作を起こしています。日常生活の中で、危険因子(血圧を上げること)を少しでも除いて脳卒中の予防に努めましょう。1、過度のストレス不安、悲しみ、心配事、緊張などは、自律神経に影響を与え血圧に関係すると言われています「いらいら」「くよくよ」も長く続くとよくありません。あたたかな人間関係を保ち、何でも相談をし、趣味やレクリエーションなどで脳卒中健康づくりの主役はあなたです気分転換をはかりましょう。2、過労農繁期の重労働、無理な残業、深酒などは、高血圧の人には禁物です。睡眠不足もよくありません。日ごろの生活習慣を見直してみましょう。3、用便「用便中」に脳卒中の発作を起こすことも多いようです。便所でいきむと血圧が急上昇し、発作を起こすきっかけとなります。日ごろから繊維成分の多い野菜をたくさんとって、便通がスムーズにいくように心がけましょう。4、食生活のアンバランスよく知られていることですが、塩分の取りすぎは血圧を上昇させます。一日の塩分量は、十グラム以下におさえましょう。また、栄養の偏りもこまったものです。例えば、たん白質や脂肪は血管の弾力性を保つように働いていますので、摂取不足がないようにしなければなりません。肉・魚・乳製品・卵・野菜・海草などバランスのよい食生活を心がけましょう。日常生活の中で注意し、それと合わせて年に一回健康診断を受けていくようにしましょう。毎年、各地区で実施しています基本健康診査は是非受診してください。次回は、健康づくりについてです。保健婦だより●現在、国民年金に加入している。または会社員で会社の年金制度に加入している。●60歳になるまでに保険料納付期間(免除期間含む)が25年以上になる。●過去に国民年金、あるいは厚生年金、共済組合に加入したことがある。あなたは年金を受けられますか?以上の質問にあなたはイエスと答えられますか?ホップ、ステップでそれぞれ少なくとも1つずつの質問にイエスと答えられるようにしましょう。将来の年金は、あなたの現在の心がけ次第で大きく左右されます。満額の年金を受けるには、ジャンプにイエスと答えられなくてはなりません。答えられなかった人は、今からでも間に合うかもしれません。年金についてよく知り、あなたの将来をゆとりあるものにしてください。(福祉課年金係)・40年間(加入可能年数)すべて保険料を納付できる。●カラ期間を含めた加入期間が25年以上になる。税の申告期限は三月三十一日です。※二月二十二日、三月十四日及び三月二十八日は、閉庁土曜日となりますのでご注意ください。に申告をお済ませください。確定申告で、分かりにくい点がありましたら、税務署や税務相談室にお尋ねください。なお、個人事業者の消費健康相談日2月3日ステップホップジャンプ年金一口メモその57人のうごき1月1日現在()は前月比明けましておめでとうございます。昨年一年間、広報ひのかげをご愛読いただきまして、ありがとうございました。今年も一年間、更に皆さまに親しまれる広報紙づくりをしたいと思いますので、よろしくお願いします。穏やかな正月も過ぎ、これから先寒さが厳しくなってきます。風邪などひかれませんよう、気をつけてください▼さて、二月は飲酒運転絶滅月間です、飲んだら絶対に運転しないように。(M)ちょっと一息神奈川県興梠一生東京都尾池成子初日の出天の岩戸はまだ暗く(聖水)晩年の母美しき初鏡(英子)日之影俳句会推せん句平清水甲斐学母スギ★一般寄付(社協)東京都陣内益子㈲西臼杵環境リース日之影処分工場橋本恵吉★奨学資金に寄付新日之影若森ナミ子★広報送付お礼★香典返し(社協)住所遺族名続き柄故人大分県有田覚姉チエ大菅緒方アサ子四男則男東宮水工藤若子夫保西深角吉田國世妻トキエ福岡県山本譲父巻由新日之影若森ナミ子夫守義ありがとうございますンザルを見る機会が多くなりました。観光用に餌づけしたサルが人前に現れたり、開発で山のエサがなくなったために里に出て、ドライバーにエサをねだったりということが、多くなってきているようです。サルを間近に見られるのは楽しいのですが、やはり野生動物と人間は、適当な距離を置いて共存するのが自然ではないでしょうか。サル年を機に、こんなことも考えてみませんか。最近、野生のニホなどになると、サルは笑いもの扱いされています。ところでとおしりの赤い、おなじみのサルです。ニホンザルの南限は鹿児島県の屋久島、北限は青森県の北端の下北半島です。沖縄と北海道にはいません。ニホンザルは、昔から日本人に親しまれてきました。昔話はもちろんですが、古事記や日本書紀にも登場し、道案内をするサルタヒコノカミは、サルであるともいわれ、いまでは道祖神としてまつられています。ことわざにも、サルにまつわるものがいろいろあります。だれでも知っているのは、「サルも木から落ちる」でしょう。これは、サルを木登りのベテランとしているわけですが、一方「サルまね」「サル知恵」体重四十五グラムほどです。また、大きなシッポをもち、木の上で生活する原猿(下等霊長類)のなかには、一見リスに似たものもいます。そのほか、オラウータンやチンパンジーなどのように、ヒトニザル(人似猿)といわれる、高等霊長類もいます。に生息しているのはニホンザルです。顔日本四年は申年です。サルは、桃太郎やサルカニ合戦にも登場するおなじみの動物です。ひとくちにサルといっても、体重や種類など、実にさまざまです。ゴリラなどは大きいものでは、体重約二百キロ以上もあります。一方、マダガスカルにいるミミゲコビトキツネザルは、平成今年は申年お知らせコーナー
1 4092 広報ひのかげ 第309号 1991年1月発行 19910120 1月 m19_acv-hinokage_199101_0309_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_199101_0309_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第309号 1991年1月発行広報ひのかげ平成3年年号No.309日本一の林道橋龍天橋。(長さ260m・高さ100m)しめやかに行われる十二月一日、七十三歳で生涯を閉じた前日之影町長で名誉町民、藤寺盛夫氏の町葬が十二月二十七日、町中央体育館でしめやかに行われました。生前の故人の遺徳を偲しで、町内外から約五百人が参列。葬送曲が静かに流れ、参列者の見守る中、日之影町助役を先導に、位はい、遺骨を手に遺族の方々が入場してきました。式に先立ち、「従六位勲五等双光旭日章」の伝達式が行われました。式では、町長、議長の弔辞に続き、来賓の方々が弔辞を述べられ、生前の功績を讃えました。途中、胸がつまって言葉が途絶え、場内からもすすり泣きが漏れるという場面もありました。弔電が披露される前、舞台に備えられたテレビに在りし日の氏の姿が映し出されると出席者全員涙ながらに見入っているようでした。その後献花が行われ、再び位はい、遺骨を手に退場、式が終了しました。藤寺氏は、昭和四十二年二月に町長就任以来、五十八年まで四期十六年間の氷きにわたって町政の振興発展に大きな功績をおさめられました。この間、地方自治振興功績として、林野庁長官表彰をはじめ、全国町村会長彰を二回、県町村会長表彰など受賞されています。辞任後の六十二年には日之影町名誉町民章が、また、平成元年春の叙勲では、『勲五等双光旭日章』、昨年十二月一日には死亡叙勲、『従六位勲五等双光旭日章』が贈られています。ごめいふくをお祈りいたします。献花をされる遺族。御霊前に位記が捧げられます。前町長名誉町民故藤寺盛夫氏の町葬位牌遺骨を胸に遺族が入場。会葬者に対して遺族から謝辞が述べられました。会場には多くの会葬者が。平成元年度日之影町決算報告歳入4,840,981,104円歳出4,799,693,455円一般会計歳入歳出決算総括グラフ表1寄附金交通安全対策特別交付金利子割交付金繰越金分担金及び負担金使用料及び賃借料自動車取得税交付金財産収入諸収入地方譲与税繰入金町税県支出金町債消防費議会費商工費衛生費諸支出金災害復旧費民生費総務費公債費土木費歳入歳出平成2年第4回定例町議会が12月11日から開催され,平成元年度日之影町一般会計決算などの提出議案が可決されましたので,その中から平成元年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。平成元年度日之影町一般会計決算は,歳入総額4,840,981,104円,歳出総額4,799,693,455円で前年度にくらべて,歳入で18.4%で18.6%の増となっており歳入。歳出差引41,287,649円のうち25,000,000円を財政調整基金に繰入れ16,287,649円は翌年度の財源として繰越しました。歳出では,義務的経費が29.7%、投資的経費が51.1%となっています。この投資的経費の主なものについては,(表3)のとおりです。なお,各特別会計の決算については,(表4)のとおりです。国庫支出金地方交付税農林水産業費教育費歳入歳出差引残額41,287,649円財政調整基金に繰入25,000,000円翌年度への繰越16,287,649円表2性質別歳入歳出決算県支出金その他自主財源町税諸収入財産収入その他その他物件費補助費等積立金維持修繕費その他人件費義務的経費扶助費町債歳入4,840,981,104円地方交付税災害復旧費歳出4,799,693,455円公債費国庫支出金普通建設事業費依存財源投資的経費一般会計表5平成元年度末町債現債額町債別件数現債額構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業財源対策債県振興資金公有林整備事業その他1422417102011322114214千円52,387280,35260,198403,519140,474325,65734,4821,695,495119,612188,17548,673179,4611.5%7.91.711.44.09.21.048.13.45.31.45.1計1903,528,485100.0この表は、平成元年度末における町債の借入額です。町債は、道路や学校など公共施設の整備事業を行うために国などから借り入れるものです。平成元年度表3投資的経費の主なもの事業名事業費普通建設事業・日之影中学校建設事業・道路新設・改良・舗装事業・林業地域総合整備事業・農村総合整備モデル事業・林業構造改善事業・山村地域総合整備プロジェクト事業・土砂崩壊防止事業表6旧法による税軽自動車税町民税市町村たばこ税町税入湯税273,909,150円※(表6)の図は、平成元年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当たりの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。固定資産税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く50.0%、ついで町民税が35.8%の順となっており、全体では昨年度より4.0%の減となっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこは町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約40円か町の収入になります。契煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょっ。世帯数1,953世帯人口6,725人・林道舗装事業・農道整備事業・老人ホームスプリンクラ一設置事業・消防施設整備事業災害復旧事業・土木災害復旧事業・農業施設災害復旧事業・農地災害復旧事業・林道災害復旧事業表4特別会計決算表会計名歳入歳出残高一一世帯当たりに世住民一人当たりに帯使われたお金当使われたお金2,457,600円りの713,709納税額140,250円40,730円一人当たりの納税額国民健康保険奨学資金老人保健災害復興資金簡易水道576,2326,798535,71320,89381,062547,1345,640534,008077,90529,0981,1581,70520,8933,157平成2年な出来事化財ご指定されました(町内で初めて)町内全域に伝わる神楽を″日之影神楽″として町無形文日之影神楽町無形文化財に指定7月31日龍天橋開通宮水と大人を結ぶ日本一の林道橋「龍天橋」が完成。(長さ260m、高さ100m)神影で大火災発生3月10日9月6日神影で人家5棟を焼失する大火事が発生しました。死傷者がなかったことが、不幸中の幸いでした。ジャンボテントを主会場に盛大に開催された。した「九州村おこし博覧会Lが。町民グラウンド名誉町民、前町長藤寺盛夫氏死去に伴う町葬12月27日前町長で名誉町民の藤寺盛夫氏が12月1日死亡。その町葬が町中央体育館で行われました。″九州はひとつ″を合言葉に、九州各県から参加九州村おこし博覧会開催11月2〜4日写真でつづる町の主日之影中学校完成3月24日゛中世ヨーロッパのお城。を思わせるような日之影中学校が大人の台地に完成しました。受賞の佐保紀子さん、共に三年生)(写真左が今回受賞の佐保彩香さん、右が前年二年連続して文部大臣奨励賞を受賞しました。愛鳥週間ポスターコンクールで、見立中学生が見立中学生二年連続文部大臣奨励賞受賞青雲橋下に温泉湧出1月17日平成元年9月に始めた掘削も目標500mに達し、そこから湧き出した水も温泉の規準である25℃をクリフフ。成分検査でも温泉であると判明、見事お墨付きをもらいました。その他の主なできごと春・秋の叙勲で町内から4氏が受章春の叙勲で、馬崎只生さん(大人、勲五等瑞宝章)中谷武生さん(下日之影、勲六等双光旭日章)が、秋の叙勲で高橋修三さん(椎谷、勲五等端宝章)、田中光生さん(戸川、勲五等端宝章)がそれぞれ受章されました。(写真左から馬崎、中谷、高橋、田中の各氏)●日之影地区簡易水道工事着工。●合併処理浄化槽設置事業開始。●村おこし屋゛博多支店。開設。●新槙峰橋ドッキング。●全国綱引き選手権大会に(松の木ママ)出場。●大人地区の小学生、宮水小学校に校区変更。きれいな正月が迎えられました日之影町青少年健全育成町民会議(吉村正喜会長)は、12月16日(家庭の日)に『青少年一日奉仕活動』として、町内一斉に清掃を行いました。工藤君(星山)黒帯とチャンピオンの座を手中に~極真空手~実戦空手にあこがれ、中学三年の夏から始めた工藤憲吾君(星山、延工高二年)が、竹月の昇段試験で合格、県内でも数少ない高校生有段者となりました。また、12月に行われた県の交流試合ではすべて一本勝ち、見事、高校生チャンピオンに輝きました。日本書紀に記されています。済から二頭の羊が贈られたと、九年、推古天皇の時代に、百少ないのでしょう。西暦五九では、なぜ羊に関する諺が臭い感じがしますね。しますが、これはちょっと古ねった山道を「羊腸」と表現くらいのものです。曲がりく「羊の皮を着た狼」「羊頭狗肉」すぐに思いつくところではがあまり多くありません。日本には、羊にまつわわる諺り長いことになります。羊と人間の付き合いは、かな前三千〜四千年ごろですから馬が家畜化されたのが、紀元畜化されたといわれています。羊は紀元前六千年ごろ、家と温かさです。セーターや皮製品の肌ざわりが実感できるのは、ウールのますが、何よりもわたしたちなる」なぞのイメージがあり「おとなしい」「柔順」「群れに平成三年は未年です。羊は、今年は未年寄付を手渡す八戸小生。歳末助け合い運動で社会福祉協議会に寄付八戸小・日之影小゛町の社会福祉に役立ててくださいーと八戸小学校(丸目時久校長・児童79人)と日之影小学校(小池修校長・156人)の児童代表が12日旬日、日之影小生。町長室を訪れ、歳末助け合い運動の一環で集めた寄付金を町長に手渡しました。フォレストピア六峰街道57キロメートルを走破!「宮崎レディース山の会」主催のフォレストピア六峰街道歩こう会が12月16日(日)催され、宮崎市近辺の高校生から七十歳代の50人余りが参加。57キロメートルを見事走破しました。途中、日諸峠では町長自らブタ汁の接待も行いました。小原小学校老人ホームを慰問地域の福祉施設などに直接触れ、お年寄りとの交流の中で社会奉仕の心を育てようと、小原小学校の児童三十人(小野畩信校長)が12月旬日、八戸老人ホームを訪れ、音楽劇などで慰問しました。ものです。いよう、スタートを切りたいを決め、迷える羊″にならなり」といいます。今年の目標さて「一年の計は元旦にあンドなどから輸入しています。ーストラリアやニュージーラいます。外国産が中心で、オ昇で、日本での需要が増えてた羊。毛は、天然繊維の人気上ちが羊を見る機会が増えまし場などの整備が進み、子供た最近では、全国各地で観光牧七百頭ぐらいに過ぎません。道や東北などを中心に、三万し、現在の飼育頭数は、北海も飼育されていました。しか業として、多いときは百万頭した。また、戦後は農家の副めに、羊の飼育が奨励されまその後、軍服などの製造のた飼育振興を試みましたが失敗。明治の初期、政府は緬羊のいます。多くないのだろうといわれてそのため、欧米のように諺がり繁殖しなかったようです。わなかったのでしょう。あま好きなので、日本の気候に合しかし、羊は乾燥した風土がいきたいです。リズの独り言私は去年、クリスマスを初めて日本で迎えました。学校、デパート、街のクリスマス飾りはたくさんあり、買い物をしていた人はプレゼントやパーティーの準備で忙しく見えました。それを見た時にやはり「クリスマスブーム」で、多くの金が使われているなと思いました。しかし何となくヨーロッパと全然違う気がしました。なぜでしょうか。クリスマスツリー、サンタクロース、「メリークリスマス」、色々な飾りがあっても、“Christmasspiritや“Christmasmagic”がないと思いました。プレゼントを買っている人はクリスマスプレゼントの意味がわかっているのでしょうか。クリスマス歌を歌っている人た。このりっぱな校舎は、すごで役立つように税金を納めてからないことがよくありまし私も大人になったら、社会と広くて、どこにいるのか分勉強が、必要だと思いました。初めのうちは、校内を回る時に、税のしくみについての境となりました。税金の大切さが分かると同勉強するのに、すばらしい環ばしいと思います。多く、小鳥たちがいっぱいで、て納めた税金を有効に使って舎により、景色も良く、緑がみんなが、一生けん命働いい私ま達すの。学校は、りっぱな校と思います。達は不自由な生活をしているこわされて、駐車場となってもし、税金がなければ、私老朽化していました。今は、使われているそうです。HAPPYNEWYEAR明けましておめでとうございますは歌の意味がわかっているのでしょうか。なぜプレゼントを交換するのでしょうか。クリスマスの意味を理解するには、哲学、歴史、宗教をよく勉強しなければならないと思います。古事記と日本書紀と同じように、聖書に信じられない不思議なこともありますから、勉強と共に読みながらよく考えて、隠されている意味を探さないと本当の意味を理解出来ないと思います、もちろん私はそんなに勉強しませんでしたし、知識もありませんからクリスマスの意味を全部説明するよりも、クリスマスプレゼントどChristmasspirit”について話したいと思います。“Christmas”には私か、入学する前の学校は、下水道、社会保障、などにも道路、福祉施設、医療関係、体にあつまった税金は、他にお金となるわけです。日本全で、約一億二千万円くらいのChrist”が入っており、キリスト日本の人が、一円出すだけとが少し分かりました。ろんな形で納められているこいる小さな税の「消費税」いす。私達、子供までが納めて様の誕生日の祭りです。キリスト教ではキリスト様の不思議な誕生は神様が人間にくれたプレゼントです。完全な性格のあるキリスト様を模範として、いい生活、いい道徳を習うと地球は住みやすい所になると思われています。神様がつくったキリスト様の命と言うプレゼントをもらった人間が喜んで、お返しとして愛している家族、親戚、友人等にプレゼントをあげるようになりました。このプレゼントは平和、愛、友情を象徴するのです。ですから、クリスマスの時に人が集まって、一緒に賑やかなパーティーをやったり、プレゼントを交換したりします。その賑やかな気分が“Christmas甲斐ルミ子し引かれて納めているそうで日之影中一年税金は、父の給料から毎月さ父におそわりました。我家の税についてとは、「国に治めるお金」と、橋も建設されたそうです。税また、近くにできた大きな”spirit”です。“Spirit”には「雰囲気」と「精神」の二つの意味があります。作文そうです。んど税金によって建てられた税に関するました。この建設費が、ほとく高いお金がかかったと聞きまた、起床、就寝時には必ず着がえ、生活のリズムを整えます。着替えを着る順番に重ねて用意すると、一人でうまく着られることがあります。また、前後を反対に着たりすることもありますが、自尊心を傷つけないようやさしい言葉をかけながら手直ししてあげましょう。次回も、お世話の仕方についてです。くなります。お世話する人が、一方的に片づけてしまったりすると症状が悪化したりすることもありますので、一緒に整理してあげるようにしましょう。衣類は、着慣れた物が一番いいのですが、気候にあわせて調節したりすることができにくくなりますので、お世話する人の気配りが大切となります。そんなとき、国民年金に加入していれば年金が受けられ、あなたの暮らしも助かるはずです。国民年金は、自営業、サラリーマン、家庭の主婦など、日本に住んでいる二十歳以上六十歳未満のすべての人が加入することになっています。学生は、現在、任意加入となっていますが、今年四月一日から強制加入となります。加入の手続きは、役場年金係で行ってください。年金に関するお問い合わせは、役場福祉課国民年金係へ学生も四月から強制加入人生には、いつ、何か起こるか分かりません。ある日、突然事故に遭って障害者になってしまったとき、あなたの今後の生活を保障してくれるものがありますか?いつまでも、両親に頼って生きるわけにはいきません。20歳になつたら国民年金一年生年金一口メモその45日之影俳句会(星本花泉会長)では、俳句に興味をお持ちの方を募っています。また、二人以上で勉強される方には出前指導もします。申し込みは、町民センター87〜2309までどうぞ。おむつカバーと防水シーツ(図2)俳句会員を募集しますトイレの工夫(図1)今回も、具体的なお世話の仕方についてです。3排せつ一般に、老化に伴って尿回数の増加や排尿困難、便秘、下痢、おもらしなどの排せつ障害が起こってきます。本人の排せつのパターンを知って早めにトイレに誘導すボケ老人のお世話の実際2こんにちは保健婦ですることが基本となりますが、足腰が弱っている場合は、トイレに手すりをつけたり、洋式トイレにするなど本人に合った工夫が必要となります。(図1)室内でポータブルトイレを使用する際は、背もたれや柵のある型のものにしたり、力ーテンなどで周囲から見えないように工夫しましょう。また衣類も着脱しやすいものを選ぶとよいでしょう。どうしても、おもらしをしてしまう場合は、オムツの使用も考えましょう。(図2)しかし、オムツの使用は本人のプライドを傷つけ、ボヶ症状の進行に拍車をかけるほか、感染やオムツかぶれを起こすこともありますので、使用する際は本人が納得してからにしましょう。4身のまわりと着替えボヶの症状が進んでくると、身のまわりの整理ができにく町長・町議会議員選挙2月3日(日)投票日棄権のないよう投票しましょうお知らせ伝言板就労・Uターン希望者名簿の作成にご協力を町では、皆さんの現在の就労希望状況と、Uターン就労希望者の実態を把握し、今後の地場企業の育成と企業誘致に役立てるために次のとおりアンケート調査を行います。この調査は、県内市町村が一斉に行うことになっています。皆さんのご理解とご協力をお願いします。住所子供の名前親の名前一の水工藤美咲俊夫おすこやかに橋本嘉久(栃の木)後藤由香(宮崎市)お幸せに(戸籍係十二月屈出分)(敬称略)おめでとうございます実施方法広報新年号と同時に、希望者名簿(県内居住者用・県外居住者用)を各世帯に配布します。Uターン就労希望者については、聞き取りをしたうえで必要事項を記入し、各事務連絡員に提出してください。※この希望者名簿は、職業安定所などで行う求職表とは異なります。実施期間平成三年二月中旬まで※詳しくは、企画財政課統計係へ。★香典返し(社協)住所遺族名続き柄故人乙草甲斐秀信母マン高校通り藤寺ヒサエ夫盛夫東宮水工藤清子夫久吉福岡市山口利光父喜市中村菊池スイ夫重松延岡市金丸武人義母太田セイ新日之影飯干アサエ夫等ありがとうございます仲畑工藤友美知彦鹿川平川高久勝おめでた結婚町教育委員会では、平成三年度日之影町奨学資金の借り受け希望者を募集しています。高校生一万円、大学生一万八千円(いずれも月額)が借り受けられます。ご希望の方は四月十日までに教育委員会にお申し込みを(必要書類など詳しくは教育委員会で)奨学資金申込受付中★一般寄付(社協)東京都陳内益子日聖会★奨学資金へ寄付高校通り藤寺ヒサエ東宮水工藤清子宮崎市佐藤信生日聖会★広報送付お礼宮崎市佐藤信生東京都文京区坂本美展竹の原池田正明いとこ田部ヨシエ宮崎市佐藤信生母鶴恵一粒の小豆も拾ふ農婦かな(富士子)唄になり絵になり富士の眠りけり(花泉)日之影俳句会推せん句ちょっと一息▼皆さん、明けましておめでとうございます。昨年一年間。広報ひのかげ″のご愛読、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。▼昨年も色々ありました。神影の火事、前町長藤寺盛夫氏の死去……と暗い話が続きました。その中にあって、見立中学生が二年連続の文部大臣奨励賞受賞のニュースは、過疎に悩む我が町にとって大変明るい話題です。今年も素晴らしい年となるようお祈りします。(M)町の人口1月1日現在()は前月比
1 4320 広報ひのかげ 第297号 1990年1月発行 19900101 1月 m19_acv-hinokage_199001_0297_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_199001_0297_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第297号 1990年1月発行297No.町広報新年号ひのかげ日之影中学校完成予想図動春町長梅戸勝惠れを大切にして、新年度はまた大きく飛躍致したいものです。また本町の基幹作目も、農協の指導・管理の下で、順調に伸びております。仔牛の如きは、史上最高値であり、更に強気で頼もしい限りであります。その他、普通作、果樹、夏秋野菜、花き等、長雨の被害もございましたが、良好な出来栄えでありました。木材もいよいよ伐期を目前に迎え、森林組合を軸に搬出も増加致しておりますが、価格の点はまだまだ問題を残しているようです。公共事業も国や県のご指導の下で順調に進めております。また、昨年度各種の施設の整備も出来ました。なかでも、廃止寸前の高千穂鉄道も沿線住民の必死の願いを全県的規模でご協力を頂き、四月二十八日大歓声の中に発車出来ました。結果をみて本当に残してよかったと痛感致しております。その外、防災行政無線の開局、日之影中学校改築工事着工、六峰街道開通(五十七キロメートル)農畜産物加工場稼動、電算システム導入、年末に宮崎部品株式会社の誘致等諸々の施設を整備することができました。また、交通網の整備は、行政需要の多い中で最も重要視されております。よって高速道から県道、町道、林道、作業道に至るまで、産業の振興と生活環境の整備のためすべてに優先して取り組む考えであります。学校教育では、巨額の投資を致しました日之影中学校が完成致しますので、未整備校の整備を急がねばなりません。社会教育では、公民館活動、特に青・壮年、婦人部の学習会、益々その必要度の高くなりました国際交流事業。福祉面では、皆さんの健康づくり、高齢者の皆さんにディ・サービスセンターの建設(二年度)商工観光では徹底して地場資源の掘りおこし、90ひむかの祭典と並行して魅力のあるイベントを積極的に取り組み、入り込み客の増大を計る考えであります。また近日中に、日之影の香り高い炭を焼く煙棚引く炭焼村の開村も致します。最後になりましたが、不況に苦明けましておめでとうございます。今年も、旧年に倍しましてお互いに頑張りましょう。よろしくお願い申し上げます。それにしても、実に平和で治安も整然とし、希望あふれる新年を迎えられる日本の素晴らしさに、改めて感謝を申し上げる次第であります。昨今、農山村の抱える課題はどこにも山積致しております。しかし、町民の皆様にはこの障害に屈することなく、懸命に頑張っていただき、その成果は確実に実り、日之影の村おこし哲学として広く注目されるようになりました。こ光風しみながらも新しい感覚で今年も頑張るつもりであります。よろしくお願い致します。皆様のご多幸を祈りながら、年頭のごあいさつと致します。町議会議長梅田稲生謹んで新年のお祝辞を申し上げます。輝かしい新春を迎えられ、町民の皆様のご健康とご多幸を心からお慶び申し上げます。今や我国の経済の動向は、目覚ましい勢いで景気の回復をみておりますが、その反面都会と農山村における格差は大きくなるばかりであります。農山村の典型的な過疎化、高齢化の進む中で、産業・交通・文化・福祉社会等あらゆる面において整備、充実、促進に積極的に取り組み「活力ある豊かな日之影町」をめざして努力して参りたいと思います。昨年は郡民の悲願でありました高千穂鉄道の運行開始、東九州自動車道、九州横断自動車道延岡線も実現へ向けての運動を展開しております。又、県北フォレストピア構想計画も実現への最終的段階になっておりますし、大規模林道龍天橋架設、日之影中学校改築の完成も間近になりました。昨年末には企業も誘致されて操業を開始し、村おこし事業の定着等は明るい兆しがみえてるようであります。住民の経済安定と生活向上を図るための働く場の確保、社会環境づくりに、厳しい中にも着々と進行しているものと確信しているところであります。議会といたしましても、昨年二月に常任委員会構成も新たにし、日之影町の振興策について、調査、研究を重ねているところでありますが、この恵まれた素晴らしい大自然と厳しい農山村をどう生かすかが私達に与えられた大きな課題であります。交通網の整備はもちろん教育・文化・社会福祉の充実、農林産業・観光産業を促進するための諸々の問題を行政とともに頑張って参りたいと思います。今後共、旧に倍しまして議会に対し町民の皆様の深いご理解とご協力をお願い申し上げます。新しい年が皆様にとりまして、素晴らしい年となりますようご祈念申し上げまして年頭のあいさつといたします。昭和63年度日之影町決算報告歳入4,087,492,134円歳出4,046,290,435円一般会計歳入歳出決算総括グラフ単位:千円表1寄附金交通安全対策特別交付金利子割交付金歳入歳出平成元年第4回定例町議会が12月12日から開催され,昭和63年度日之影町一般会計決算などの提出議案が可決されましたので,その中から昭和63年度日之影町使用料及び手数料各会計決算について財政事情を公表いたします。繰越金商工費昭和63年度日之影町一般会計決算は,分担金及び負担金議会費歳入総額4,087,492,134円,歳出総額4,046,290,435円で前年度にくらべて,歳入で財産収入自動車取得税交付金諸収入消防費衛生費災害復旧費19.0%、歳出で19.5%の増となっており歳入,歳出差引41,201,699円のうち25.000,000円を公共施設等整備基金に繰入れ16,201,699円は翌年度の財源として繰越しました。地方譲与税民生費歳出では,義務的経費が33.5%、投資国庫支出金町町税債総務費公債費土木費的経費が37.6%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお,各特別会計の決算については。(表4)のとおりです。県支出金教育費繰入金諸支出金地方交付税農林水産業費歳入歳出差引残額41,201,699円公共施設等整備基金へ繰入25,000,000翌年度への繰越16,201,699円円表2その他国庫支出金自主財源町税性質別歳入歳出決算諸収入分担金及び負担金その他物件費補助費等維持補修費その他義務的経費人件費町債その他県支出金歳入積立金歳出扶助費公債費地方交付税災害復旧費繰入金普通建設事業費依存財源投資的経費一般会計昭和63年度末・町債現債額町債別件数現債額構成北一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業財源対策債県振興資金公有林整備事業その他昭和63年度表3投資的経費の主なもの単位:千円事業名事業費普通建設事業●道路新設・改良・舗装事業●日之影中学校校地造成事業●農業構造改善事業●農村総合整備モデル事業表5電気税表6町民税計この表は、63年度末における町債の借入額です。町債は、道路や学校など公共施設の整備事業を行うために国などから借り入れるものです。たばこ消費税軽自動車税町税木材引取税※(表6)の図は、昭和63年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当たりの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。固定資産税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く49.5%、ついで町民税が35.8%の順となっており、全体では昨年度より2.1%の伸びとなっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約40円か町の収入になります。契煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。世帯数1,991世帯人口6,907人●消防施設整備事業●林業構造改善事業●第三期山村振興対策事業●山村地域総合プロジェク卜事業●林道舗装事業●学校プール建設事業●大規模林道橋歩道工事委託料●土砂崩壊防止事業災害復旧事業●土木災害復旧事業●農業施設災害復旧事業●農地災害復旧事業●林道災害復旧事業表4特別会計決算表単位:千円会計名歳入歳出残高一世帯当たりに使われたお金2,032,290円143.294円一世帯当たりの納税額住民一人当たりに使われたお金585,824円41.305円一人当たりの納税額国民健康保険奨学資金老人保健災害復興資金簡易水道な出来事ない、昭和から平成へと変わっがあったのでしょうか。ました。引局と早き″財く火続が産住災き2を民・、月守に台41る情風月日た報な1かめど日らを、正の防伝災式試災達害に験行し時開放政、に局送無生いしに線命ち防災行政無線局開局4月1日さ所れよ設8れ得、りさ号国まの地、れ沿・す向域農まい県。上農産し大のが産物た薮補図物に。に助らの付こ、をれ市加価の農受る場値施産けも拡が設加、の大つの工国ととけ完場道期農ら成が2待業に建1開始4月3日農畜産物処理加工施設操業成功「宮崎部品株式会社」(本社門川町)の仮工場4棟と管理棟1棟が、町民センター下広場に完成し操業を開始しました。り、好調な滑り出しを見せています。千穂鉄道″として新しく生まれ変わの熱意と情熱で存続が決定。TR高「JR高千穂線」でしたが、沿線住民「存続か廃止か!」でもめていたターで営業開始4月28日TR高千穂鉄道!第三セク査を実施中ですが、一月中ころには結果が出る予定です。は、その一部をふるさと創生資金から補助。成分の検五〇〇メートルの掘削費用は約三、〇〇〇万円。町湯の元地区でボーリングを始めました。影温泉観光開発有限会社が主体となって、青雲橋下の温泉を掘り当てて町の活性化を図ろうー。と、日之温泉開発ボーリング開始9月5日電算システムを導入10月2日複雑化した行政事務に迅速に対応し、併せて住民サービスの向上を図ろうと、役場に電算システムが導入されました。には完成の予定です。した。総工費費約十億円。平成二年二月末っていた日之影中学校の工事が始まりま校舎の老朽化に伴い大人に移転が決ま日之影中学校移転改築工事に着工平成元年町の主昭和天皇のご崩御にともたこの一年でした。町内では、どんな出来事高巣野小学校文部大臣賞など受賞高粱野小学校(海汐孝男校長児童69人)が学校給食優良学校で文部大臣賞を受賞したほか、豊かな教育環境部門で、(社)文教施設協会賞を受賞(いずれも県内1校)しました。ダブルの受賞に、学校長を始め関係者は大喜びでした。阿蘇中岳連日の噴火で農作物に被害続出阿蘇中岳の活動が活発になり、夏から秋にかけて爆発。中でも11月の爆発では折からの季節風に乗った火山灰が西臼杵地方を直撃し、農作物などは多くの被害を受けました。日之影町に工場進出日之影町は積極的に企業誘致を行っていたところですが、今回その誘致に主な出来事その他の●金澤先生(町立病院)定年退職し、帰国(台湾)●青雲橋公園内に神楽殿竣工●英国大阪総領事夫妻来町●叙勲受章〔春…藤寺盛夫氏、甲斐通信氏秋…押方勉氏〕●宮崎地区で町人会発足●子牛値の価格高騰フォレストピア六峰街道開通北方~五ヶ瀬を結ぶ総延長57kmの林道が、17年余の歳月と、約54億円の経費を費して完成、その名もフォレストピア六峰街道と命名されました。5力町村の尾根づたいを走るこの林道。林業の振興はもとより観光浮揚にも大いに期待が寄せられています。協議離婚が可能に親権者も平等に国境を越えてめでたくゴールインしたものの、夫婦仲がうまくいかず、結局は離婚ということもないではありません。その場合、離婚については、これまで「夫」の本国法によるものとされてきました。例えば、日本人女性と外国人男性のカップルの場合、外国人男性の本国法によっては離婚できないケースもあったわけです。こんな場合も、日本人女性が日本に住所があれば、今回の法例改正で日本の法律が適用されることになり、話し合いによる協議離婚が認められることになりました。国際化の進展に伴い、最近は国際結婚が増えています。ところが、これまでは国籍や性別の違いによって、例えば離婚のときなど、男性側の国の法律だけが適用され、女性側の法律は考慮されていませんでした。そこで、法律の適用上でも男女平等に扱うことにしようと、法例の一部が改正され、平成二年一月一日から施行されます。どんな点が変わるのか、そのあらましを見てみましよう。不平等撤廃へ法例改正国際結婚・こんな点が変わりますさて、離婚したはいいが、子供をどちらが養育するか、つまり親権者についてはどうでしょうか。これまでは原則として「父」の本国法が適用されました。このため、父が外国人で母が日本人の場合、外国法によっては、日本人の母が親権者になることができない場合がありました。ところが改正によって、「子の本国法」が適用されることとなり、日本人の子については、日本の法律が適用されることになりました。この結果、親権者は話し合いで決めるか、裁判で争うこともでき、日本人の母親が子を手元において、育てることも可能になります。昭和六十二年の日本人と外国人の国際結婚は約一万五千組に上ります。このうち日本人女性の場合は約四千四百組。今回の改正は、日本国籍を有する子供を持つ日本人の母親にとって、朗報といえましょう。養子縁組はより簡単にこのほか、国際養子縁組についても、これまでは養親、養子の本国法が複雑にからみ、養子縁組の成立を難しくしていましたが、改正により養親の本国法に一本化され、分かりやすく、また、簡単になりました。「90ひむかの祭典」の一環、食と緑の博覧会90が、平成二年八月八日水〜九月十六日日までの四十日間宮崎空港で開かれます。現在、第一期前売入場券を発売中です。購入ご希望の方は、ふるさと物産販売所と農協で取り扱っていますので、どうぞお買い求めください。前売入場券には、次のような特典がついています。●海外旅行を始め豪華で素敵な景品が当たります。●小・中学生券は、博覧会会期中、宮崎科学技術館が無料で入館できる共通利用券とこどものくにが半額、フェニックス自然動物園が割引で入園できるという特典つきです。(休館日等にはご留意ください。)販売期間第一期前売期間平成元年十一月三十日〜平成二年三月五日第二期前売期間平成二年四月五日〜平成二年七月二十日食と緑の博覧会90前売入場券発売中!宮崎がうまい九州電力からのお願いタコあげは電線のない広いところで●電柱にのぼって取るのはやめましょう!●電線を竹ざおでつつくのは大変危険です!●もし、タコが電線にかかったら自分でとらずに、最寄りの九州電力にご連絡下さい。(役場前中央研修館)午後1時半〜2時担当地区氏名電話推谷深角長谷川西長谷川東宮水平清水大菅中村日之影下日之影八戸四ヶ惣鹿川松の木大人新日之影神影中尾追川山附小川平大川平下組仲組見立(下)見立(上)椎谷中村日之影下日之影四ヶ惣鹿川追川下組仲組午後1時〜2時大人保育所2月16日1月18日午前9時半〜10時中央保育所八戸保育所2月16日午前10時〜い11時午後1時半〜2時1月18日中央保育所2月15日甲斐哲夫甲斐信吉一水寛坂本昭博工藤久吉藤本貢甲斐正高山則行植野担当地区氏名在任期間押方勉甲斐正吉甲斐しいの実保育園午前9時半〜10時()内は会場しいの実保育園2月15日経利霊元誓教平川又一山室磨富士持重年佐藤トミ子▼説明会▼入所面接会場は各保育所おり行います。受け取り申し込んで下さい。学中川九州一田村幸光三浦光雄飯干義幸大野邦光所谷貢山本哲也横林千代蔵平川旭高見明谷川武坂本保清甲斐久吉田憲一菊池重喜説明会と面接を次のとで、希望する保育所で用紙を希望幼児の申請受付のでは、随時受付ができますの41年8ヵ月33年8ヵ月8年32年8ヵ月39年6年7年6ヵ月16年11ヵ月成二年度の保育所入所なお、宮水・長谷川保育所役場福祉課では、平※中央以外は各保育所が会場実施-午後1時半〜2時半大人保育所1月19日説明会と面接午前10時〜い1時1今回委嘱を受けた方々(★印は新任)今回退任された方々保育所入所の八戸保育所1月19日任されましたが、その中には退任された皆様に対しまし今回の改選で八人の方が退までした。です。査です。大臣の委嘱を受けました。長い期間、本当にご苦労さし、その業務に協力すること界各国で行われる大切な調から次の二十四人の方が厚生押方勉さん(椎谷)もいます。関係行政機関等と密接に連絡役立てるため、十年毎に世企画広報係へどうぞ。一斉に改選され、十二月一日の向上に多くの貢献をされた指導し、社会福祉事業施設やや林業のいろいろな施策に課または、役場企画財政課伴い、民生委員・児童委員がたって務められ、町社会福祉にするとともに適切に保護・この調査は、今後の農業問い合わせは、県庁統計十一月三十日の任期満了に四十一年八ヵ月もの長きにわ活や環境の状態を常に明らかサス」が実施されます。ださるようお願いします。妊産婦や保護を要する人の生いわれる「世界農林業セン伺いしますので、ご協力く委。員の主な仕事は、児童・に。農林業の国勢調査”とをお持ちの皆様のお宅にお一斉に改選されましたすもどうぞよろしくお願いしま二月一日現在で全国一斉調査員が「農地」や「山林」た委員の方々には、これから民生委員・児童委員がともに、新たに就任されましご世協界力農く林だ業さセいンサスにて厚くお礼を申し上げますと写真左から松中孝輔(小三)平川武(小四)脇坂憲二(小四)松中伸悟(小五)の各君れますが、今年は、ここ鹿川に神楽が伝わって百年という記念すべき年でした。鹿川で舞われる神楽は、岩戸神社の流れをくむいわゆる岩戸神楽町内ではこのほか、平清水、楠原、竹の原、中村、上下顔などで舞われますが、その昔、岩戸神社の宮司が平清水、楠原などで神楽を教え、それから鹿川に伝わったものと言われます。この記念すべき年に小学生も参加。伝統を受け継ごうと一生懸命舞ってくれました。毎年十二月の第三土、日曜日は鹿川神社の夜神楽が行わ鹿川夜神楽100周年小学生も舞いました「税に関する作文」に日之影中生徒4人が入賞本国税局が募集しました中学生の「税に関する作文」のうち延岡税務署管内で、日之影中学校から四人の入賞がありました。尾崎城慈(中三)高谷直美(中三)中山智美(中三)甲斐なおみ(中二)税を知る週間(十一月十一日〜十七日)の一環として熊「娘が高一の夏休みから、親子の会話が途絶えていたのが、この奉仕活動に参加してから心が通じ合うようになり、元の楽しい家庭に戻った」(高二の女子学生を持つ母親)などと、たくさんのお礼の手紙や電話をいただきました。今回二度目の青少年一日奉仕活動の日の実践でしたが、親子の絆が一層深まるとともに、地域の連帯感も強まったことは大変有意義なことだと思います。主催した者として感激もひとしおで、深く感謝を申し上げ、今後の一層のご努力とご協力をお願いします。青少年健全育成町民会議自治公民館連絡協議会お礼の手紙や電話がひっきりなしこの日は、一部地区(二十四日に実施か実施済み)を除いて、町内全地区で空き缶・空き瓶・チリ拾い、道路沿いの清掃、下水道さらえなどの作業を実施しました。当日は家庭の日、家族ぐるみで参加しているところも見られ、意義深い一日でした。十二月十七日日、町内一斉に青少年一日奉仕作業が行われました。これは、日之影町青少年育成町民会議(吉村正喜会長)、町自治公民館連協(興梠畩治連協長)が主催で、親と子で共に汗を流し、勤労奉仕の意義を知ってもらおうと、昨年に続いて二回目の試みです。12月17日青少年一日奉仕作業町内一斉に行う!すっかりキレイになりました「袖花lを舞う子どもたち今月号の表紙校舎の老朽化に伴い、大人に移転改築が決まった日之影中学校完成予想写真。平成元年七月十一日に起工式が行われ、平成二年二月末にはグラウンド整備を除く校舎、体育館、フール(25メートル、6コース)が完成予定になっています。総工費約十億円が投じられ、中世のシャトー(お城)を思わせる校舎が、この春お目見えすることになります。加入する制度です。加入された方が老齢(六十五歳)になったときや、万一病気やけがで体や精神に障害が残ったとき、死亡されたときに、年金が支給されます。あなたの老後の生活などをより良くしていくために、はたちになったら役所に届けを出し、国民年金に加入しましょう。現在の日本は、本格的な高齢化社会に向かっています。三十年後の二〇二〇年には、国民のほぼ四人に一人が六十五歳以上のお年寄り、という推計もあります。高齢化社会の到来の中で、わたしたちの老後の生活に欠かせないものの一つに、国民年金制度があります。これは日本国内に住んでいる二十歳以上、六十歳未満の人が必ず二十歳になったら国民年金に加入しよう新成人の皆さん、これからはあなたがたが、この社会を支えていく中心となっていきます。一月十五日は「成人の日」です。この日を機会に、いまの自分は何をしなければならないのか、何をしたらよいのかを考えてみましよう。新成人の皆さんへ菜を加えて下さい。たとえばサラダ・なます・きざんだ野菜だけもいいです。また、おせち料理は塩分のきいたものが多いようです。量を少なめに盛りつけましょう。それから、ハムやかまぼこ、厚焼きなど火を通さないものは、早めに食べるようにしましょう。食品の保存には十分注意してほしいと思います。お正月。おせち料理とお酒は切っても切れないものですね。お正月の三が日、ずっとお酒を飲んでばかりというのは考えものです。お酒が口に入ればかならず肝臓が働きます。三日間、昼夜を問わず働き続けると無理がかかるのは当然です。上手な飲み方をして下さい。できれば、昼間は飲まないようにしたいものです。しかし、そういうわけにはいかないという方は、1食べ物をとりながら飲む、2できるだけ時間をかけて飲む、3濃い酒はお湯や水で割って飲む、4夜の十二時を過ぎたら飲まない。これだけは守って飲んで下さい。今年も一年、みなさまが健康で過ごせますように。あけましておめでとうございます。皆様には健康で新年を迎えられたでしょうか。家族そろって楽しいお正月を過ごされていることでしょう。ところで、お正月には「お節料理」がつきものです。このおせち料理、昔の人の知恵でよろこびごと、長生きできるようにと考えられたようです。また、保存性があるように作りますが、それは食品が手に入りにくい事情があったようです。しかし、最近ではお正月も二日くらいからお店が開いています。作りおきもたくさんは必要がないくらいです。そうはいっても縁起もののおせち料理です。上手に食べてもらいたいものです。おせち料理というと新鮮な野菜が不足しがちです。毎食少しでかまいませんから生野おせち料理健康な体も食しだい保健婦ですこんにちはその33メモ一口年金あけましておめでとうございます今年は午年平成二年は午年です。馬は、人間と意思のかよう家畜として、昔から親しまれてきました。利口な動物というわけです。でも、最近は、馬を見かけることが少なくなりました。八万二千頭-これは、日本で飼われている馬の一番最近の数です。そのほとんどが乗馬用で、農耕馬、ばん馬(荷を引かせる馬)などは少数派です。ちなみに牛は、肉牛、乳牛を中心に約四百七十万頭が飼育されています。人類が馬を家畜として飼い始めたのは、牛よりも遅く、紀元前四千年ごろと推定されています。そして今日まで、運搬用、農耕用、乗馬用はもちろん、戦争や狩猟にも馬は登場します。「晴れる」と、反対の意味を言う地方もあります。馬と人間との関係、その地域の気候条件などの違いによるものでしょう。のつく文字もいろいろあります。駅、駐車場などは現代でも重要な交通用語です。かつて、馬が活躍した時代がしのばれます。馬偏「馬がいななくと、天気がよくなる」とか、「馬がはねると雨になる」という地域があるかと思えば、一方では、「雨になる」のでなく漢字が豊富です。馬と人間との密接な間柄を反映して、馬についての諺やこうした「驚」は、馬が前足を上げて、後ろ足で立ち、上向く意味で、驚いたとき、このような姿勢になります。「騒」は馬がたくさん寄り集まることで、それが「騒がしい」の意味になりました。ところで、初もうでや合格祈願に奉納する絵馬は、もとは神社や寺に馬を奉納する代わりに、馬の絵を書いたのが始まりとされています。さて、今年は、馬力アップして大いに頑張りますか、それとも馬耳東風……マイペースでのんびりいきますか。いずれにしても、ウマく乗り切りたいものです。編集室から昨年も一年間町広報「ひのかげ」をご愛読いただきまして、ありがとうございます。私たち編集スタッフ一同、皆様に愛され親しまれる広報紙づくりに励んでいるところですが、まだまだ不十分な点だらけでいつも反省ばかりしているところです。皆様方から身近な情報、話題の提供をいただきながら更に充実した広報紙を目指して頑張ります。どうぞよろしくお願いします。
1 4308 広報ひのかげ 第285号 1989年1月発行 19890101 1月 m19_acv-hinokage_198901_0285_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198901_0285_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第285号 1989年1月発行町広報ひのかげ新年号64No.285新春明けましておめでとうございます。今年も旧年に倍しまして、皆様のご多幸と本町の更なる躍進を心からご祈念申し上げます。今、日之影が、各方面から注目を浴びるようになりました。これは、外ではございません。皆様の活躍振りが或いは、行政の取組に対し興味があるからだと考えます。昨今、農山村が抱えた課題は、何処も同じ。山積みを致しております。この障害を、知恵と汗により克服することでその成果が、果実として残るものと考えます。昨年は、幸い、台風の被害、災害等もなく結構な年でした。本町の基幹作目の夏秋野菜は、宮崎県町長梅戸勝惠一を狙い急成長致しております。日之影栗、花卉等、また日之影みやげの中で比重の高い。ユズ″とその加工品。村おこし屋の中で人気の高いよもぎ団子手づくりのこんにゃくこのほかの作目商品等すべて皆様の熱意の程が伺われ、広く注目の的になっております。更に、ながいこと低迷致しておりました仔牛の価格も、史上最高値で、ご案内の通りであります。今、私達行政が直接取り組んでおります公共事業なども、国や県のご指導の下で順調に進めております。交通通信網の整備はすべてに優先致します。中でも「JR高千穂線」は、沿線住民の熱望と県民のご協力により、花咲く四月二十八日、新生「高千穂鉄道」として走ることになりました。車両は冷暖房完備(七両)一両の価格は約五千万円、列車ダイヤも改正し、一日二十六本運行(現行十六本)と増便を図り、更に、所要時間も二十分も短縮されます。経営に当たっては、万全を尽くして絶対に成功させる覚悟であります。また、紅葉の秋には、林道橋としては日本一の龍天橋の竣工式も盛大に行います。このほか、九州横断自動車道延岡線をはじめ、国道218号、県道、町道、林道、農道など積極的に取り組み、路網密度の充実を図り、利便性を備えた効率のよい地域づくりを致します。防災と情報化時代に対応するため進めて参りました無線施設も年内に定時放送番組を編成し開局を致します。教育面では、日之影中学校の建設で校舎、体育館、プールなど一挙に完成し、施設、教材等についても、他に類のない素晴らしい学校として、来年四月の開校に向けて仕事を進めて参ります。社会教育では、昨年につづいて国際交流ふれあい事業モデル公民館の育成強化、福祉面では高齢化社会対策、商工観光では、資源の掘り起こしと常に全九州を対象にした各種のイベントを積極的に開催してお客の入込を計り、冷え込んだ農山村に活力をつけ希望恭頌に満ちた町づくりに全職員一丸となり、町政の振興に全力投球を致す覚悟であります。皆様の温かいご指導とご支援をお願い致します。おわりになりましたが、町民の皆様の活躍をご期待申し上げ、年頭のごあいさつと致します。謹んで新年のお祝辞を申し上げます。輝かしい新春を迎えられ、町民の皆様のご健康とご多幸を心からお慶び申し上げます。昨年をふり返ってみますと、大きな災害にも見舞われることなく、梅田稲生町議会議長平穏に各種の事業も順調に進み、充実した年でありました。国内の経済の動きは、国の内需拡大政策等により、景気の回復に向かっておりますが、私達の住んでいる県北部地方は以前として厳しい情勢であります。このような中で、JR高千穂線の第三セクターによる存続に向けての運動は、町民皆様の深いご理解と絶大なる熱意により『高千穂鉄道株式会社』として、昨年十二月二日に発足し、本年四月から運行できることになりました。これからは、私達皆んなの鉄道としての意識のもとに、県北住民の足としての経営安定のため努力しなければならないと思います。又、日之影中学校建設の敷地造成、大規模林道龍天橋の架設、県北フォレストピア構想計画、218号沿線の水道施設等着々と進行して参りましたし、九州横断自動車道延岡線、東九州自動車道についてもその実現へ向けて、行政、議会共々運動を展開しております。今や農山村を取り巻く環境は、誠に厳しいことばかりでありますが、その中でも過疎による人口減少と高齢化問題は避けて通れないことであります。議会といたしましても、昨年、総合振興調査特別委員会を設置し、今後の日之影町の振興策について調査研究を始めたところであります。住民の生活安定を図るための働く場所の確保、所得倍増等の基本となる交通網の整備により、都会と農山村の距離を短縮し、人口・経済の導入ができる環境づくりを進めることが重要ではないでしょうか。こうした幹線道の整備により、日之影町の交通網体系が大きく変貌していく中で、町当局が推進しております人づくり、村づくり、特産品の開発、フォレストピア等「豊かな日之影町」をめざして頑張って参りたいと思います。今後共、旧に倍しまして議会に対し、町民の皆様の深いご理解とご協力をお願い申し上げますとともに、新しい年が皆様にとりまして、素晴らしい年となりますようご祈念申し上げまして年頭のあいさつといたします。昭和62年度日之影町決算報告歳入3,434,541,071円歳出3,385,802,488円表1一般会計歳入歳出決算総括グラフ寄附金交通安全対策特別交付金繰入金繰越金使用料及び手数料財産収入自動車取得税交付金分担金及び負担金諸収入地方譲与税民生費国庫支出金総務費町町税議会費消防費商工費衛生費災害復旧費教育費債公債費県支出金土木費単位:千円歳入歳出昭和63年第4回定例町議会が12月13日から開催され、昭和62年度日之影町一般会計決算などの提出議案が可決されましたのでその中から昭和62年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。昭和62年度日之影町一般会計決算は、歳入総額3,434,541,071円、歳出総額3,385,802,488円で前年度にくらべて歳入で4.5%、歳出で4.9%の減となっており、歳入、歳出差引48,738,583円のうち25,000,000円を財政調整基金へ越入れ、23,738,583円は翌年度の財源として繰越しました。歳入、歳出を性質別(表2)でみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が86.6%を占めており、町税などの自主財源は13.4%となっております。歳出では、義務的経費が38.6%、投資的経費が43.4%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。地方交付税農林水産業費歳入歳出差引残額48,738,583円財政調整基金への繰入25,000,000翌年度への繰越23,738,583円円表2その他自主財源性質別歳入歳出決算諸収入分担金及び負担金その他補助費等維持補修費その他町国庫支出金債町税物件費災害復旧費歳入歳出人件費扶助費義務的経費県支出金地方交付税投資的経費普通建設事業費公債費依存財源電気税一般会計表5たばこ消費税町民税昭和62年度末・町債現債額町債別一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業財源対策債県振興資金公有林整備事業その他計この表は、62年度末における町債の借入額です。町債は、道路や学校など公共施設の整備事業を行うために国などから借り入れるものです。町軽自動車税税件数木材引取税※(表6)の図は、昭和62年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。国定資産税現債額世帯数1,992世帯人口7,056人単位:千円構成比町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く48.7%、ついで町民税が35.7%、たばこ消費税8.7%の順となっており、全体では昨年度より1.2%の仲びとなっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約38円か町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましよっ。昭和62年度表3投資的経費の主なもの表4単位:千円事業名事業費普通建設事業●道路新設・改良・舗装事業●農村総合整備モデル事業●林業地域総合整備事業●日之影中学校建設用地購入●大規模林道橋歩道委託事業●第三期山村振興事業●林業構造改善事業●林道舗装事業●高単野小学校グラウンド整備事業●土砂崩壊防止事業●新農業構造改善事業●消防施設整備事業災害復旧事業●土木災害復旧事業●農業施設災害復旧事業●農地災害復旧事業●林道災害復旧事業●キャンプ場災害復旧事業特別会計決算表単位:千円会計名歳入歳出残高国民健康保険一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額奨学資金老人保健災害復興資金簡易水道関東日之影町人会発足(10月29日)本町出身者でつくる「日之影町人会」が関東地区で発足しました。町内出身者相互の親ぼくを深め、ふるさとの絆をいつまでも保ってもらおうというのがねらい。会則も決まり、初代会長に古園出身の甲斐清主(きよかず)さんが選ばれました。村おこし屋。宮崎に進出(3月17日)一の林道橋、龍天橋のアーチ部がドッキング(11月2日)橋としては日本一の規模(長き260メートル、水)の高さ100メートル)を誇る龍天橋のア一チ部分キングしました。完成することによって又一つ日本一の顔がほと渓谷の町」をうたう町にとって、大きられそうです。ふるさと物産販売、所宮崎支店「村おこし屋宮崎店」が、宮崎市の寿屋地下1階にオープンしました。本町の観光産業のイメージアップと特産品、名産品の流通、販路の拡大を目的に開店。順調に売り上げを伸ばしています。日之影中学校敷地町の来ごと造成完了(11月25日)日之影中学校改築移転に伴う工事が始められ、この程敷地造成が完了しました。64年度には校舎、体育館など施設が整備され、65年4月開校に向けて着々と工事が進めうれています。放送施設完成(10月15日)えられました。また、通信施設としては、消防車両全車に無線機を取り付け各部に配備。これにより、消防各部単位の交信が可能となり非常時に万全の体制で臨むことができます。日本高千穂鉄道株式会社創立(12月2日)UR高千穂線を引き継ぎ、第三セクターで運営していくことが決まった新会社「高千穂鉄道株式会社」の創立総会が12月2日、本社所在地が決まっている高千穂町で開催され社長に甲斐畩常高千穂町長が決定しました。新会社カスタート可るのは連休前の4月28日なります。(写真は、9月12日高千穂線を走ったオランダ村特急号)林道面かがドッキこの橋がらでき「橋とな期待が寄せり「高松くり団地」宮日農業技術賞受賞(1月27日)県の農・林・畜産業などの振興ご貢献した農業者、団体へ宮崎日日新聞社が贈る、昭和62年度「宮崎日日農業技術者賞」を、高松くり生産団地(47戸、代表馬崎力さん)が受賞しました。収穫量で県2位を誇る日之影町。これを起爆剤に「日本一おいしいクリ」づくりに励んでもらいたいものです。63ねん主な出見立小学校休校(9月1日)児童がいなくなったことに伴い、75年続いてきた見立小学校が、休校しました。学校創立は大正元年。見立鉱山で栄えたこの地区も、鉱山の衰えや、営林署の事業縮小により次第に児童数も減少し、休校時の児童数は4人でした。その他の主な出来ごと●宮水地区水道施設一部完成●舟の尾に農畜産物加工場着工●高松地区を対象に農地保全整備事業着工●第1回スプリングライダーフェスティバル●宮崎県観光協会総会、日之影キャンプ村で開催日之影町防災行政無線昭和61年度に始まった町防災行政無線放送施設が、10月15日完成しました。放送施設としては、全家庭及び公共施設に戸別受信機が取り付けられたほか、屋外拡声声局が10基備十二月十八日日、町内一斉に青少年一日奉仕作業が行われました。これは、日之影町青少年健全育成町民会議(吉村正喜会長、八月十一日発足)町自治公民館連協が主催で、親と子が一緒に働くことにより交流を深め、共に汗を流し勤労の意義を知ってもらおうというのがねらいです。この日は、午前八時〜十二時の間で一時間〜二時間程度空カン、チリ拾い、又下水道の掃除などの作業を、一部地区(25日に実施)を除く町内青少年一日奉仕作業町内一斉親子で共汗(共感)家庭の日の作文優秀作品決まる全地区で実施しました。作業終了後、地区代表の方方から「これからも青少年の健全育成のために頑張って欲しい」など、感謝と激励の言葉が同会議に寄せられ、関係者一同喜んでいるところです。今後この活動がより一層充実していきますよう、皆様方のご協力をお願いします。青少年健全育成町民会議が募集していました家庭の日少年の日の作文の優秀作と入賞作が決まりましたのでご紹介します。入賞作の二点については、同会議機関紙清流で発表されることとなっております。八戸中三年甲斐公子私の家庭は父、母をはじめおばと四人の家族です。父は家で商業、母は毎日早朝よりヤクルトや牛乳を配達しながら家事をして、本当に良く頑張っています。私も、小学校四年生の時から現在まで、戸数は少ないけ毎日が家庭の日「家庭勤労の日」に感謝鹿川平川糸子鹿川中学校は、八年前から、第三日曜日を「家庭勤労の日」と設定し、実践、実行されています。その日には何をしたか、どんな様子だったかをレポートとして提出することになっています。中学二年の長男が中学校入学と共に始まった「家庭勤労の日」は月に一度ではありますが、親子で汗を流し、一つの仕事を協力してやる事により、親子のふれあい絆を一層深める、すばられど週四回、近くを配達して少しでも母の仕事が楽になる様頑張っています。母が忙しい時には、私か食事を作ったりします。私はあまりいろいろな料理は作れないので、ほとんど簡単な料理ばかりです。それでも母は。「ありがとう、助かるわ。公子が手伝ってくれてごと、とても喜んでくれます。だから私も、そう言ってもらえるとやりがいがあります。この様に、家族みんなで食事するのは夕食だけです。家族団らんの楽しい夕食です。食事の時には、今日学校であった出来事を話したり、母が配達していておもしろかったことなど話したりして、家族団らんの対話をします。常に、私の家族はお互いに手伝いなどで助け合い、協力しながらやっています。そこで「家庭の日」として別にやっていませんが、父が「いつもうちでは、毎日が家庭の日」だと言っています。今後も、学校を卒業するまで、家の手伝いや配達など、自分のために頑張ってやっていきたいと思っています。我が家にとっての「家庭の日」それは、やはり食事をしながらの楽しい対話だと思います。しい機会であると喜んでいる次第です。私達の子供の頃は、毎日が「勤労の日」であった様な気がします。そうし、洗たく、草運び、まき運び、牛の水やり、草ひき、風呂わかし等々……です。今の子供達を見てみますと、自分から進んで手伝いをしている姿をあまり見かけない様です。一つは、機械化が進み子供の力をあまり必要としなた。後から慣れない手つきで械でどんどん切って行きまし連れて行きました。私達は機い日曜日、クヌギの下刈りに太陽の照りつける、ある暑くなりだのもしく思います。では、体つきも父親より大き感じる様になりました。最近ねる毎に仕事への意気ごみをって来たのでしょう、回を重した。親の苦労も徐々にわかかせ山に連れて行ったもので仕事着を着せ、地下たびを履せるだけでもと思い、父親の入学当時は親の働く姿を見ます。意義のある時間を過ごしていに一度ではありますが親子で「家庭勤労の日」の設定で月せる時間も少ないわけですがは部活動があり、手伝いをさも遅く、普通の日曜日は半日平日は部活動等で帰宅時間思います。視させる傾向にあるからだとかりに追い立てて、勉強を重しなさい!」とそちらの方ば三つに「勉強しなさい、勉強うからではないでしょうか?うに、親の方が制限してしま物を使うとあぶないと言うふしにしても火があぶない、刃くなった。二つに、風呂沸か自治公民館連絡協議会青少年健全育成町民会議お願いいたします。り組みにご協力賜りますよう申し上げますと共に今後の取主催した者として深く感謝おさめることが出来ました。だきまして素晴らしい成果を業には、町内全家庭参加いたたしました青少年一日奉仕作十二月の家庭の日に実施い御礼ます。のにしていきたいと思っていの日」を大切に、有意義なもい汗を流しながら「家庭勤労す。これからも、親子で美しに実行されている様に思いま家庭勤労の日を通して着実ります。労の喜びがわかる生徒」とあの生徒像の中に「誠実で、勤鹿川中学校の学校経営方針確信したものでした。出す事はないだろうとその時なまちがった道には絶対踏みする、中学生の非行、あの様今、マスコミ等でよく耳にりました。あいらしくもあり嬉しくもあけずと頑張っている姿を見て造林がまを持ち一生懸命、負ネリダの英会話一口レッスンMERRYCHRISTMASは皆4さんご存知でしょうか。メリー・クリスマスという言葉をよくクリスマス・カードに書HAPPYNEWYEAR!きます。メリーというのは愉快。あけましておめでとうござい陽気という意味です。だからこます。の短い文句に「すごく楽しいクお正月のために、年末と年始リスマスを過ごしてください」のあいさつを勉強しましょうか。「明るい日々がありますように」オーストラリア、アメリカ等の意味もあります。クリスマス・で、家族のみんなが集まるのは、カードを年賀状のかわりに出しお正月じゃなくてクリスマスのます。方ですので、クリスマスのためHAPPYNEWYEARの特別な言葉がよくつかわれま(ハッピ・ニュ・イァー)す。は「あけましておめでとうございます」です。日本人はちゃんと丁寧に新年のあいさつをしますが、私の国(オーストラリア)にはHAPPYNEWYEARを、すごいヨロコビをこめて、大きい声でさけぶんです。これは話す言葉で、書く時にはもうちょっと丁寧に書かなければなりません。あなたが、クリスマス・カードを出す事がありますなら、以下の決まっている形で書いてください。IWISHYOUAMERRYCHRISTMASANDAHAPPYNEWYEAR許諾第八八七一九三〇ー八〇一号日本音楽著作権協会おおおあの丘招くよ招く空はみどりよ大地は白よとべばおどれば流れる斜面風をつんざき左へ右へおおお楽しや手練の飛躍ぐんとせまるは麓か谷かひちょうの翼さっととび越す真一文字に身をおどらせてかけるよかけるおおおこの身もとぶは粉雪か舞い立つ霧か風きるはやさすべるスキーの山は白銀朝日を浴びてスキー作作曲詞平時井雨康二音郎羽り楽しみたいですね。で、一面の銀世界で思いっきこたつにばかり入ってない雪を見ることができました。ツのシーズン到来。先日、初いよいよウインタースポー心のやすらぎ11月20日、町民グラウンドにおいて日之影町スポンサー杯ソフトボール大会が行われました。大会は、町内から六チームが参加。女性二人を含み、スローピッチ投法を取り入れた新しいルールで行われました。ゆっくり投げるため、女性の方でもボールに合わせやすく、危険性が少ないのがこのルールの特徴。開催時期が遅れたため参加チームが少なかったようですが、ゲームの流れが早く楽しく過ごせるため、これから皆なに知ってもらい広く普及したいと関係者は今後の大会に向け意欲を燃やしていました。栄冠は宮水チームにスポンサー杯ソフト大会公的年金受給者の確定申告給与所得者については、給与所得や退職所得(以下「給与所得等」といいます)以外の所得が二十万円以下の場合には確定申告の義務はありま年金及び恩給(以下「公的年金等」といいます)の収入については、従来給与所得とされていましたが、昭和六十三年分から所得区分が変更になり、雑所得とされることとなりました。所得区分が変わりましたせんが、この改正に伴い、給与所得等以外の所得が、公的年金等に係る雑所得を含め二十万円を超える場合は、確定申告の義務があることになりますので、ご注意ください。詳しいことは、延岡税務署にお気軽にお尋ねください。ていますこの講演会も、今回で六回目となります。新しい年の初めに、二十一世紀を展望した国際交流と地域の活性化を内容とした講演で、講師には、鹿児島で国際交流に取り組んでおられる、南方交流圏センター代表者の加藤憲一氏を予定しています。きっとご満足していただけるものと思っています。皆様のご参加をお待ちいたします。町教育委員会では、新春の一月二十日、午後一時から役場前中央研修館で文化講演会を開催します。これまでに、中央で活躍しておられる方や、地方で町づくりなどに大きな実績を残しておられる方々を招いて行っ新春1月20日文化講演会が開催されます県は毎年一月を「出稼ぎ労働者安全就労強化月間」と定めていますが、その一つとして出稼ぎ労働者安全就労集会を開催します。健康管理や労働災害、賃金などの諸問題について、保健所、労働基準監督署など各機関関係者から講演や、個別相談など実施されますので是非おいでください。御出席の際には出稼ぎ労働者手帳と印鑑をお忘れないようお願いします。日時1月6日午前10時〜12時場所延岡公共職業安定所高千穂出張所(高千穂警察署上)出稼ぎ労働者及び留守家族の皆様へ役場福祉課では、昭和64年度の保育所入所希望幼児の申請受付の説明会と面接を次のとおり行います。保育所入所希望幼児の説明会と面接日程▼説明会()内は会場しいの実保育園1月18日午前10時〜11時中央保育所1月18日午後1時〜2時(役場前中央研修館)八戸保育所1月19日午前10時〜11時大人保育所1月19日午後1時半〜2時半※中央以外は各保育所が会場なお、宮水、長谷川保育所では、随時受付ができますので、希望する保育所で用紙を受けとり申し込んでください。▼入所面接会場は各保育所しいの実保育園2月16日出午前9時半〜10時中央保育所2月16日午後1時半〜2時八戸保育所2月17日午前9時半〜10時大人保育所2月17日午後1時半〜2時去る十月二十九日に「関東日之影町人会」が開かれました。この会は、町当局の御配慮により企画されたもので、当日は梅戸町長以下三役、議長も出席され、町出身者五十人余が参集し盛会裡に終了しました。席上本会の世話役を仰せつかりました。折角の町のお計らいでもあり、本会が目的を達成するよう微力を尽くしたいと思っております。さて私か日之影を離れてすでに四十年が経過しました。この間の日本の変貌には目を見張るものがあり、とりわけ農山村の変わりようが大きかったのではないでしょうか。今日、日常の生活面(衣食住)において、都市と農村の格差は殆んどないのではないかと思われます。日之影も例外でなくかつて甲斐清主会長関東日之影町人会ふるさと雑感先の「関東日之影町人会」発足に当たり、初代会長に選ばれました甲斐清主さん(古園出身)に、ふるさとを離れ、都会に住んでの想いを寄せていただきましたので本誌にご紹介します。私かいた頃と今日とでは雲泥の差があります。日本の成長に合わせて日之影も今日まで順調に成長、発展してきたと言えるでしょう。日本は今や世界一の金持国(債権国)となったそうです。今後も二十一世紀に向けて更に成長を持続すると予想されています。「日本はもっと大きな資源を持つ国に出し抜かれると考えたくなるかもしれない。しかし、予測し得る未木において日本の成長の軌道は依然として上昇を続けるであろう」〔ポールヶネディ著、大国の興亡〕このような状況において、農山村の将来を考えるとき正に今日の「農山村問題」がありますが、楽観もできないかわりに悲観することもないと思います。確かに農山村は曲がり角に来ているのでしょうが、いかに日本の工業化が進もうとも、農山村が無用の存在となることはないはずです。日本の均衡ある発展のためには、健全な農山村の存在が不可欠のはずです。竹下首相のいう「ふるさと創生論」もこのような「田舎」の発展を目指してのことです。ともあれ日之影が当面する困難な諸問題を克服して今後とも成長発展することを願ってやみません。最近「むらおこし」に関する話題がマスコミに取り上げられています。一村一品」「観光リゾート開発」など。私にはこれらについて語る知識はありませんが、聞くところによるとこの村おこしが成功する秘訣は住民の「やる気、自立、自助」の精神だそうです。行政主導では決して成功しないとのことでした。日之影の次代を背負う青年が、日之影の特色を生かした村おこしに真剣に取組み、誰もが愛着と誇りを感じるような日之影を創生できたなら、日之影をふるさととする者のひとりとしてこんな嬉しいことはありません。最近ある大手企業の若い社員と会う機会が多いのですが、都会では高校、大学を卒業したばかりの若者が帰宅するのは毎日深夜です。一見華やかに見える彼らの生活は決して楽なものではなく、よく体がもつなーと感心するのです。最後になりましたが、日之影の青年諸君が、都会にはない日之影の良さを自覚し、二十一世紀に生き残れる豊かな美しい町づくり、村おこしに精進されんことを祈りつつ擱筆いたします。(埼玉県浦和市太田窪四ー一ー二三)ありがとうございました図書の寄贈写真とともに、分かりやすく解説してある本です。是非一度ご覧ください。新日之影にお住まいの興梠実さん(元教育長)から、町民センターに図書の寄贈がありました。『昭和史』(全十七巻)がそれで、昭和初期から現代までの出来事や記録を多くの昨年配付しました、町勢要覧資料編「数字で見る。日之影町」に誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。数字で見る日之影町の訂正について保健施設の状況誤正6ページ「保健衛生」現代では亀やトカゲ、ワニなどの仲間です。蛇と聞いただけで、嫌悪感をもよおす人もいるようですが、それは多分にあのグロテスクな姿のせいです。脚部の退化・消失してし今年は巳年、すなわち蛇年です。蛇は、十二支のなかの唯一の爬虫類ですが、古くは恐竜、今年は巳年昨年も一年間、町広報「ひのかげ」をご愛読いただきまして、ありがとうございました。今後私たち編集スタッフ一同、皆さんに読んでいただける広報誌づくりに努力していくつもりですが、まだまだ不十分な点だらけです。皆さんのご意見やご指摘を受けながら、充実したものにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。あけましておめでとうございます編集室からまった細長いからだが、S字型を書くようにくねくねと動く様子は、蛇独特のものです。あの細長いからだで、内臓はどうなっているのだろう?・・・・・・・ご心配には及びません。内臓も体に合わせて細く伸びているほか、腎臓など本来は左右にあるべきものが、前後に位置を占めておさまっているそうです。は、古来、恐れられ排斥される一方で、崇拝と畏敬の対象でもありました。蛇日本では、神のお使い、あるいは神そのものと思われていた様子が、古典や伝説、昔話に多くみられます。例えば、池や沼の主を大蛇とみて、雨ごいをする風習は全国的にあるといわれます。また、白い蛇を家の神とする信仰も各地にみら蛇は、生きている間ずっと成長し続けます、発育にともなって、古い皮は三か月に一度定期的に脱ぎ捨てられ、新しいのと取り換えられるー脱皮です。お正月を機に今年こそは新しい試みをと、脱皮を心がけておられる方、うまくいくといいですね。ところでれます。ところで、蛇は集団をつくらないといわれます。蟻などのような社会組織や集団生活の例は、まったく知られていないということです。いつもひとりで孤独な生活をしています。そのため、異性と出会う機会がたいへん困難だということです。ちょっとさびしい話ですね。
1 4296 広報ひのかげ 第273号 1988年1月発行 19880101 1月 m19_acv-hinokage_198801_0273_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198801_0273_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第273号 1988年1月発行新年号No.273おな皆本祈りますよう様年りのも申飛「し躍龍上的」げなのます発名展にのあやかり年と龍天橋完成予想図期日之年度には完成の予定。模。「辰年」の今年、上部工に着日本一の規東洋一の青雲橋とともに、に林道橋としては、高さ100mで、まさ待されています。影町の新しい観光資源として手し、64面からのる長大橋。橋長が260m、水龍天橋は、宮水と大人に架か日本一の龍天橋防災無線施設も本年度から本格的な機能を発揮することになります。教育面では、日之影中学校の敷地造成、社会教育では昨年に引続いて国際交流ふれあい事業、モデル公民館育成強化、福祉面では社会福祉協議会の法人化により一層充実したものにし、商工観光では六十三年度県観光協会総会の誘致をはじめ全九州を対象にした各種イベントの開催など積極的に取組み、冷込んだ農山村に活力をつけ、希望に満ちた町づくりに全力投球をいたす考えであります。町政執行を預ります私達三役をはじめ百七十三名の職員が一丸となり何事にも頑張る覚悟でスタートラインについていますのでどうぞ皆さま方の温いご指導ご支援をお願いいたします。おわりになりましたが町民の皆さまのご活躍とご多幸を心からご祈念申し上げ年頭のごあいさつといたします。として全国の中でも数少い表彰を受けました。このように昨年は非常に充実した順調な一年でありました。本町の基幹作目である仔牛価格にしても史上最高の値をつけ、また一時的ではあったが木材価格が値をもどすなど農林家に希望を繋ぎ大きな励みとなりました。その他夏秋野菜や花卉園芸、林間を利用した特殊作物など成功は間違いないものと信じております。中でも乾椎茸については、六十三年に全国品評会での優勝を狙い、万策をつくし期待をいたしております。交通通信網の整備は、総てに優先いたします。九州横断自動車道延岡線の早期着工の運動をはじめ国道、県道、町道、河川砂防などあわせて約十三億の土木工事を町内で施工しており、また新年早々に着工する龍天橋をはじめ農林関係の基盤整備など約十五億円の工事を進めております。着工以来三年を経過する広域水道も今年度で完了し通水の運びとなりますし、明けましておめでとうございます。今年も旧年に倍しまして皆様のご多幸と本町の躍進を心からご祈念申し上げます。降って私町長就任以来五年目の正月を迎えました。この間議会の皆さんや町民の方々の甲斐あって「今日之影が面白い」の声が聞かれるようになりました。去る十一月二十日には前藤寺町長に名誉町民の称号が贈られましたが喜びは重なるもので、当日地方自治法施行四十周年を記念して自治大臣から当町が優良町である町長梅戸勝惠新年的な計画が練られておりますが、この構想が素張らしいものとして実現するためには、地域の人びとの知恵と、積極的な提言が必要となります。九州横断自動車道延岡線の早期着工についても地域住民一丸となった運動を展開していかなければなりません。私達の住むこの九州中央部は、将来文化圏、経済圏共に県境を超えた広がりの中で発展していくものと思われます。険しい山脈の走る九州中部、更にその周辺部は厳しい自然条件をかかえております。しかし、人間の生活の限界とも言える都会の超過密、地価の高騰という環境の悪化はやがて、この広大な山林と美しい自然を求めて多くの人びとがこの地を訪れるようになるだろうと確信いたします。今後とも町民の皆様の町政に対するご理解とご協力をお願いいたしまして、年頭のごあいさつといたします。となって頑張っております。交通通信網の整備は勿論、観光開発、地場産業の育成、特産品の関発等まちづくり、むらおこしの活力ある地域づくりの努力が続けられております。そのような中、昨年の五月に、東九州自動車道、九州横断自動車道延岡線が国の指定路線に決定し、県北民の永年の悲願でありました高速道建設の夢が、にわかに現実昧を帯びてきました。とりわけ九州横断自動車道延岡線は、延岡から本町付近を通り、熊本を横断する大動脈であり、この地方の未来の大きな発展を約束する高速道であります。又、時を同じくして宮崎県は、全国でも初めての試みとして、森林の持つ多面的な機能を高度に活用し、人間生活の理想郷を創出しようという、フォレストピア構想を打ち出し、そのモデルとして西臼杵三町に椎葉、諸塚を加え一つの圏域として指定しました。現在関係町村の間で、その基礎謹しんで新春のお慶びを申し上げます。本年も町民の皆様にとりまして、よい年でありますよう心からお祈り申し上げます。昨年の二月に装い新らたにスタートした議会もようやく一年目を迎えようとしており、町政に対する議会の果たすべき役割を十二分に発揮するため広く皆様のご理解とご協力を仰ぎながら議会運営を進めて参りました。私達の住んでおります県北部地方は、産業・交通・文化あらゆる面で立遅れており、この遅れを取り戻そうと今県北の市町村は一体町議会議長梅田稲生謹賀昭和61年度日之影町決算報告歳入3,598,002,793円歳出3,560,497,037円昭和62年第4回定例町議会が12月7日から開催され、昭和61年度日之影町一般会計一般会計歳入歳出決算総括グラフ寄附金繰入金繰越金使用料及び手数料財産収入自動車取得税交付金分担金及び負担金諸収入地方譲与税町税国庫支出金町債県支出金地方交付税議会費消防費商工費衛生費災害復旧費民生費土木費公債費総務黄教育費農林水産業費決算などの提出議案が可決されましたので、その中から昭和61年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。昭和61年度日之影町一般会計決算は、歳入総額3,598,002,793円、歳出総額3,560,497,037円で前年度にくらべて歳入で14.2%、歳出で14.4%の増となっており、歳入、歳出差引37,505,756円のうち20,000,000円を財政調整基金へ越入れ、17,505,756円は翌年度の財源として繰越しました。歳入、歳出を性質別(表2)でみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が86.9%を占めており、町税などの自主財源は13.1%となっております。歳出では、義務的経費が36.5%、投資的経費が45.2%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。歳入歳出差引残額37,505,756円基金への繰入20,000,000円翌年度への繰越17.505.756円表2その他自主財源性質別歳入歳出決算分担金及び負担金諸収入その他維持補修費補助費等町債町税物件費人件費義務的経費県支出金国庫支出金歳入歳出地方交付税投資的経費普通建設事業費扶助費公債費一般会計表5電気税町債別件数現債高構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設整備事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業財源対策債県振興資金その他1518413920312281237千円64,554263,64169,572265,530126,882268,13343,1461,412,390177,021119,810108,500%2.29.02.49.14.39.21.548.46.14.13.7計1712,919,179100この表は、61年度末における町債の借入額です。町債は、公共施設や学校などの建設その他の事業を行うために国などから借り入れるものです。たばこ消費税町民税昭和61年度末・町債現債額町軽自動車税木材引取税税※(表6)の図は、昭和61年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。固定資産税世帯数2,071人人口7,557人町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く48.6%、ついで町民税が35.1%、たばこ消費税9.4%の順となっており、全体では昨年度より2.6%の伸びとなっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約42円か町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。昭和61年度投資的経費の主なもの事業名事業費<普通建設事業〉・高巣野小学校増改築事業・道路新設改良事業・林業地域総合整備事業・農村総合整備モデル事業・新農業構造改善事業・林業構造改善事業・公共用地造成事業・第三期山村振興事業・緊急道路整備事業・土砂崩壊防止事業・新間伐総合対策事業・林道舗装事業・消防施設整備事業・急傾斜地崩壊対策事業<災害復旧事業〉・土木災害復旧事業・林道災害復旧事業・農地災害復旧事業・農業施設災害復旧事業・文教施設災害復旧事業表4320,547248,997155,830131,835107,31882,78040,13436,06435,00020,13616,78212,48011,14510,96598,83723,1365,47013,99027,338特別会計決算表会計名歳入歳出残高一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額国民健康保険簡易水道奨学資金老人保健災害復興資金525,00226,1465,660419,84021,631503,38821,61425,8033435,532128421,623△1,783021,631な出来事町長、町議選挙執行(2月1日)高巣野小学校改築落成(3月27日)新校舎は、鉄筋コンクリート2階建ての管理棟・特別教室と、1階建ての普通教室棟(6クラス)で構成され、延べ面積1,990m2。総工費約3億4,000万円をかけ、木材をふんだんに活用したモダンな建物となりました。(校舎全景と2棟を結ぶ多目的ホール)任期満了に伴う町長と町議会議員の選挙は、1月27日の告示と同時に、町長1名(現職)町議16名(現職11、新人5)の立候補届があり、町長には無投票で梅戸勝恵氏が、再選。町議には選挙の結果(2月1日)14名の新議員が誕生しました。(開票作業を真剣に見つめる有権者)町立病院で歯科診療開始(4月15日)町立病院では、4月15日から九州大字歯学部の協力をえて、新しく歯料を設置、診療を開始しています。医師は、同歯学部から交代で派遣されることになっています(新しく開設した歯科診療)前町長藤寺盛夫氏へ名誉町民称号と名誉町民章贈呈(11月20日)第1回国際ふれあい推進事業(8月15日~20日)優良市町村自治大臣表彰国際交流を通して村おこしを図り、国際感覚を身につけようーと、15力国66名の在日外国人を招いて、8月15日から20日まで、まちをあげて開催。町民も外国人にも好評だったこの事業。国際村としてスタートする第1歩となるものでした。この事業の成功が認められ、自治大臣から優良市町村として表彰されました。昭和42年2月の町長就任以来、58年2月の辞任まで4期16年間の永さにわたって、郷士発展のため多大な功積をおさめられた、前町長、藤寺盛夫氏に、地万自治法施行40周年を記念して、名誉町民の称号並びに名誉町民章が贈呈されました。(贈呈式に出席された藤寺夫妻)62ねん町の主九州横断自動車道延岡線国幹法に採択7月10日長年の懸案でした「延岡線」が今夏国土開発幹線自動車道建設法に閣議決定され、高速道路として整備されることになりました。計画では、延岡市から西臼杵郡を抜け、御船町に至る、総延長110キロの高速道路で、その利便性は計り知れないものがあります。今秋の新整備5ヵ年計画組み込みへ向け強力な運動が展開されています。日之影バイパス舟の尾・槇峰間開通(1日23日)日之影バイパスの舟の尾~槇峰間2.76キロと国道との取り付け道路1.25キロガ開通。これで日之影バイパス全線(高千穂町戸の鼻から北方町蔵田間約28キロ)の内、昭和46年度着工以来の日之影分20.7キロのほぽ全線が供用開始。残り槇峰~蔵田間約8.0キロの早期完成が期待されています。(テープカットと北方町へ延びる日之影バイパス)どんと見物人)います。(ほしゃば、と期待されての発表会を機会に、後継者の育成や保存活動に力が入れ会入会)の主催で、4月26日に福祉館で開催。はじめてする「第1回神楽まつり」を町神楽保存会(28単位保存町内各地区に、保存伝承されている神楽を一堂に公開日之影町第一回神楽まつり(4月26日)一般県道宇納間・日之影線開通(7月1日)宇納間と本町神影を結ぶ県道宇納間日之影線の椎野~二又間(16.4キロ)が完成。中小屋峠で開通式が行われました。約20年の歳月と総工費35億円の投入で完成した同区間で、宇納間日之影線は、総延長28.1キロガ供用開始。未改良など残された課題もありますが、両町村を結ぶ生活産業道路として、期待されています。(中間点の中小屋峠で開通式)町社会福祉協議会を法人化(12月1日)昭和32年に任意団体として発足した町社会福祉協議会は、12月1日付で新しく「社会福祉法人日之影町社会福祉協議会」として設立されました。地域福祉推進の中核として、福祉関係者を中心に民間活力を最大限に発揮し、人間性豊かな明るい社会づくりを目指すことになっています。(献身的に介護するホームヘルパー)その他の主な出来事日之影町ふるさと物産販売所オープン日之影バイパス新槇峰橋着工黎明館(八戸農構改善センター)完成日米さくらの女王来町、町民センターに記念植樹田尻正光、甲斐正吉両氏春の叙勲、中谷利徳氏秋の叙勲婦人防火クラブへ小型ポンプ23台配備防災行政無線一部運用開始63年度にはシステム完備地域スタンプ事業発足、日之影町青雲スタンプ会第3回青雲橋ロードレース大会参加者1,100名を突破県北フォレストピア実行委員会設立在委員であります押方勉氏の委員の推せんについては、現議案第五十八号、人椎擁護議案第58議案第59議案第60議案第61号議案第62議案第63議案第64議案第65議案第66号号号号号号号号れております。詳しい内容は、本紙に掲載さ説明が行われましたが、その施策執行の説明と提案理由の度決算認定六件については、各。議案のうち昭和六十一年すた案件は(表―)のとおりで定例会「初日」に上提されました。らゆる角度で審議が行なわれ人権擁護委員の推せんについてつながるということから、あ予算編成や適正な行政執行にいては審議の結果が来年度の件でしたが、決算の認定につ日之影町税条例の一部を改正する条例の制定について日之影町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について昭和61年度日之影町一般会計歳入歳出決算の認定について昭和61年度日之影町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について昭和61年度日之影町奨学資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について昭和61年度日之影町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について昭和61年度日之影町災害復興資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について昭和61年度日之影町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について和六十二年度補正予算など八十一件、追加議案として、昭和六十一年度の決算認定など推せんすることとなりました。今回審議された案件は、昭後任に、椎谷の松中文男氏を一般質問第4回定例議会報告を改正するものです。たことから、関係条例の一部今回法律の一部改正が行われ税条例の一部改正についてはの十五日間と決めたあと、ただちに審議に入りました。十号、日之影町国民健康保険例会は、十二月七日に招集され、会期を十二月二十一日まで税条例の一部改正、議案第六昭和六十一年度の決算等を審議する昭和六十二年第四回定議案第五十九号日之影町九番議員山室宗義2矢筈いて岳の遊歩道整備につ発について1矢筈岳を活用した観光開全林整備事業について一、丹助岳周辺の生活環境保三番議員山本教生流について2椎葉、諸塚との今後の交1自方然に適した林相のあり一い、てフォレストピア構想につ一番議員若杉輝継とおりです。質問の要旨と質問者は次の勢を質す展開となりました。取りくみについて、町長の姿本町の重要な課題の具体的な目前に迫っていることから、今回は、来年度予算編成がわれました。上程されたのち一般質問が行正する条例の制定についてが国民健康保険条例の一部を改して議案第六十七号日之影町二日目は一件の追加議案と第二日目(12月11日)会計決算の認定について本格したあと、昭和六十一年度各例の一部改正の三案件を議決六十七号、町国民健康保険条険税条例の一部改正、議案第議案第六十号、町国民健康保九号の町税条例の一部改正、本会議を再会、議案第五十第三日目(12月12日)二て、七折鐘乳洞の開発につい一、作業道の舗装について十三番議員甲斐光義運営について二、農産物処理加工場建設との取組みについて一、本町の特産品開発と今後七番議員戸高保成について三、農協貸付牛の金利一部助について二、各県道、町道の整備促進ついて一、営林署併用林道の舗装に六番議員尾形健一二一、い、町て十有二地丁有林効道利開用設に工つ事いにてつ昭和六十二年度一般会計補正与に関する条例の一部改正、そのあと日之影町職員の給り可決されました。議案第68議案第69議案第70議案第71議案第72号議案第73行われ、いずれも原案のとお号号号号号に対する質疑、討論、採決がいて、それぞれの委員長報告年度の各会計決算の認定につ本会議を再会、昭和六十一最終日(12月21日)として決定しました。会議において可決すべきもの意見を付し、原案のとおり本た結果、各会計ともそれぞれ特別会計決算を慎重に審議し昭和六十一年度簡易水道事業は、経済建設委員会において日之影町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について昭和62年度日之影町一般会計補正予算(第4号)昭和62年度日之影町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)昭和62年度日之影町老人保健特別会計補正予算(第2号)昭和62年度日之影町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)昭和62年度日之影町国民健康保険病院事業会計補正予算(第1号)会計決算を、十二月十八日に業特別会計決算外三件の特別和六十一年度国民健康保険事見直しに反対する意見書、意文教厚生委員会において、昭る義務教育費国庫負担制度のしました。般会計決算、十二月十七日は、学校栄養職員を適用除外とすの会期の全日程を終了し閉会において、昭和六十一年度一書案第三号学校事務職員及び長の報告が行われ、十五日間済建設委員会との連合審査)又、議員提案として、意見(九州管内)について各委員会(文教厚生委員会並びに経各常任委員会の所管事項調査十二月十五日には総務委員2)のとおりです。舗装について、陳情の報告、追加上程された議案は(表その外、黒仁田併用林道のれました。れました。で可決されました。ついては関係委員会に付託さがいずれも原案どおり可決さの二件が提案され、全会一致が行われたあと、細部審査に計補正予算が上程されました度の改革案に反対する意見書的な審議にはいり、総括質疑予算(第四号)外四件の各会見書案第四号国民健康保険制110番通報は、落ち着いて正確に1月10日は「110番の日」です事件を警察に知らせる方法は?と聞くと、たぶんほとんどの人が「110番」と答るでしょう。110番は、確かに頼りになる電話です。しかし、せっかく110番通報しても、あわてているため、通話が要領を得ないといった例もみられます。1月10日は「110番の日」です。いつでも、すばやく通報ができるよう、何をどのように話せばよいかを考えてみましよう。1何かあったのか……けんか、交通事故、強盗など2いつ、どこで………発生時刻、場所、目標物など3犯人は………………人数、人相、着ていたもの、特徴など4逃げた方向は………駅、○○通り、方向など5何で逃走したか……徒歩、自転車、バイクなど6あなたの名前、現在地通報は落ち着いて、正確に話しましよう。本町は、県内でも酒を飲む機会の多い町と言われています。そこで、アルコールのIアルコールを愛する人々へのメッセージ人当たりの消費量を調べたところ、表1のような試算結果となりました。当町の焼酎消費量は、全国、県をはるかにうわまわっています。表2は、アルコール依存症で、入院、通院している人の人口10万対の値です。アルコール依存症の大口にしめる割合は、県内で、高千穂保健所管内が最も多く、その内でも当町が一番多くなっています。表3は、心疾患、肝疾患で死亡した人の状況を示しています。心疾患、肝疾患で死亡した割合は国、県をうわまわ保健婦ですこんにちは出稼ぎ労働者安全就労推進集会を開催・日時、1月6日午前10時から12時・場所、高千穂公共職業安定所)つています。心疾患の男は県で6位、女は2位、肝疾患の男は県で1位となっています。全ての心疾患や肝疾患が、アルコールと関係しているわけではありませんが、心臓や肝臓を患らっている人が飲酒すると、命を縮めていること物価が上がっても年金の実質価値が低下しないように、物価の上昇に応じて年金額も自動的に引き上げられます。物価スライド制とは年金一口メモ表3心疾患・肝疾患による標準死亡比表2アルコール依存症で、入院・通院している人の対人口10万人あたりの値※昭和56~60年の人口と死亡数、死亡率をもとに計算してあります。この制度を「物価スライド制」といいます。具体的には「全国消費者物価指数」が暦年。(1月〜12月)で5%をこえて変動すると、翌年の4月からその率に応じて年金額が引き上げられます。加給年金額および寡婦加算額についても、物価スライドが行われます。物価の上昇が単年度で5%を超えなかった場合には、物価スライドはありません。しかし、ある年に3%の物価上昇があり、その次の年に4%の上昇があって合計して5%を超えたときには、その翌年の4月から7%の物価スライドが行われます。年金額の改正は、5年ごとに実施される年金単価の改正と、物価スライド制によって行われます。になります。酒は「両刃の剣」です。飲み方によっては、健康を害することがあり、良い方にも、悪い方にも切れます。飲む人、飲ませる人の心しだいです。「楽しく」「おいしく」「健康」に飲むよう心がけましょう。その11表1アルコール1人当り消費量(試算)現在山村振興事業で青雲橋北側に建設中の歩道橋(長さ50m、巾1・2m)の名称(橋名)を募集しています。この橋は、ふるさと物産販売所と来年度この北側に整備する展望公園とを結ぶコンクリート橋で、青雲橋観光に大きな役割を果すものです。応募は(ガキまたは電話でも結構です。ふるってご応募ください。締切は、1月20日まで。○応募先役場企画財政課橋名募集○一般寄付として町社会福祉協議会へご寄付株式会社佐藤工業から、波瀬砕石工場操業五周年の記念としてありがとうございました○仲組2月2日午後1時30分から″2時30分まで○鹿川2月12日午前10時30分から″11時30分まで○中川2月12日午後1時30分から″2時30分まで来年の抱負さんしておこうと思います。そして、中学に入ってさらに休力がつくと思うので休みの日など力仕事をしてあげたいと思います。また、中学校は、今より少し、日があたらなくて寒いところなので、寒さにまけないでがんばりたいと思います。新年を迎えると三ヶ月で中学校なので、漢字や計算もしっかり練習をしておきたいと思います。の二つを特にがんばりたいと思います。しかし、一つだけ、中学に入ると残念なことがあります。それは、部活などで家に帰るのがおそくなり、今のように家の手伝いができなくなることです。だから、今のうちに仕事をたくぼくも、来年はいよいよ中学生です。中学に入ったら、家の人もみんなバレーが好きだし、ぼくもとってもバレーが好きなので、バレー部に入って一生けん命がんばりたいです。それと、もう一つ楽しみにしている英語もがんばりたいです。それは、おとなになって外国などに出かけた時に、日本語だけしかしゃべれないと外国の人に通じなくて困るからです。こ高巣野小六年西博之ひろばこどもの(特別番組「あすへの挑戦みやざきは今……」で日之影町が紹介されます是非ご覧ください。日時1月16日出15時半から15時55分・UMKテレビ宮崎)2月の無医地区巡回診療県立延岡病院では、2月中の無医地区巡回診療を次のとおり計画しています。初診の方は保険証をご持参ください。○見立2月2日午前11時からμ12時までは、4月1日の所有者に課税されます。廃車、名儀変更等の手続は3月末日までにお済せください。詳しくは、役場税務課(87ー2111内線28)までおたずねください。廃車・名儀変更等は3月末日までに手続をバイク、軽自動車等の税金では、随時受付ができますので、希望する保育所で用紙を受け取り申し込んでください。▼入所面接会場は各保育所しいの実保育園2月15日㈲午前9時半〜11時中央保育所2月15日午後1時半〜3時八戸保育所2月16日午前9時半〜11時大人保育所2月16日午後1時半〜3時役場福祉課では、昭和63年度の保育所入所希望幼児の申請受付の説明会と面接を次のとおり行います。▼説明会()内は会場しいの実保育園1月18日㈲午前10時〜11時中央保育所1月18日㈲午後1時〜2時(中央研修館会議室)八戸保育所1月19日出午前10時〜11時大人保育所1月19日午後1時半〜2時半※中央以外は各保育所が会場。なお、宮水、長谷川保育所保育所入所希望幼児の説明会と面接日程お知らせコーナー63年1月の不用犬引き取りは・1月6日(水)・1月20日(水)いづれも午前11時までに役場へ!さて、みなさんはこの新年をどんな決意でお迎えになりましたか。いずれにしても「竜頭蛇尾」に終わらないようにしたいものですね。※騁(あぎと)とは、あごのこと。虎とは互角のようです。えているのです。「竜の翼を得たるごとし」は強いものがさらに強くなることで、翼の代わりに水、雲などということもあります。「竜の?の玉を取る」は、難しいこと、危険なことのたとえ。また、「竜の髭を蟻がねらう」は身のほど知らずのたとえです。このように竜は強いものとされていますが、「竜虎あい撃つ」ともいわれますから、竜は竜は諺にもしばしば登場します。「竜吟ずれば雲起こる」とは、英雄の決起に多くの同志がこれに従うことの意味で、英雄を竜にたとか「竜の子は小さしといえども、よく雨を降らす」などといわれるのはこのためです。の竜は中国や日本だけでなく、同じようなものがヨーロッパやインドなどにも見られます。どれも実在の動物を組み合わせたようなものですが、中国や日本の竜は蛇の胴に足をはやし、鬼の顔に鹿の角をつけたような動物です。竜は日本では、水をつかさどる力を持っているとされ、竜神や竜王に雨ごいをする風習が各地にあります。「竜住む池は水枯れず」と伝説または十二支の中で唯一の空想の動物です。ある動物図鑑によりますと、辰は竜として載っていました。「大蛇に今年は辰年角や猛獣、猛鳥の頭を組み合わせた伝説の動物」とあります。辰は十二支の仲間として広く知られた存在なので、架空の動物の中でも別格なのでしょう。もちろん、最近登場した怪獣の類は図鑑に載っていませんでした。辰昨年は、広報「ひのかげ」の御愛読ありがとうございました。今年も行政と皆様方のパイプ役として皆様方のためになる広報紙づくりをスタッフ一同心がけていくつもりです。どうぞ、今年も皆様方からの御意見、ふるさとの話題の提供をよろしくお願いいたします。あけましておめでとうございます編集室から
1 4284 広報ひのかげ 第261号 1987年1月発行 19870101 1月 m19_acv-hinokage_198701_0261_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198701_0261_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第261号 1987年1月発行町広報261NO.新年号新年町民の皆様、明けましておめでとうございます。さわやかな新春、今年も旧年に倍して幸福な年であることを心からご祈念申し上げます。さて、私も町長に就任以来、四度目のお正月を迎えましたが、今日に至るまで皆様方の暖いご支援をいただきながら、ひたすら町政の発展に全力を傾注してまいりました。お陰様で着実にその成果を見つつありますが、このことも偏に皆様方のお力添えの賜であり、改めて感謝の意を表するものであります。町長梅戸勝惠旧年をふり返って見ますと、台風など自然災害もなく、稲作や畑作、果樹なども平年を上回る豊作でありました。しかし、本町の基幹作目であります、木材、椎茸等は依然として低迷を続けております。幸い仔牛価格は、かなり持ち直し、秋市においては近年にない高値をつけ、生産者の皆様に大きな励みとなりました。また、夏秋野菜や、花卉園芸なども逐次規模拡大が図られ、市況も総じて安定しているもようでありますが、産地間の競争や所得の面では更に創意工夫が求められます。青雲橋の開通を契機に観光資源の開発や、特産品の名柄づくりにも取り組んで参りましたが、皆様の懸命な努力の甲斐ありまして大きな成果を見ております。また、県北民の待望久しかった日之影バイパスも、槇峰までいよいよ完成いたしました。文化の浮揚策に活用すべく一層の工夫が要求されます。また、六十年度に着工しました龍天橋、バイパス沿線の広域水道も順調に進行しています。今年度から防災行政無線の工事も着工いたしております。教育施設では、永年の懸案でありました高巣野小学校改築、八戸研修センターが三月までには完成し、宮水の生産物直売所も今年中には完成いたします。生産基盤の整備と併行して、福祉についても取り組んでまいりました。今後は特に高令者対策が本町における重点課題であると考えます。年改まり新春を迎えましたが、国際的には、相変らずアメリカを筆頭に近隣アジア諸国との貿易摩擦はさけられそうになく、国内的にも、国の財政事情、景気の低迷等から今年もきびしい試練の年になることは必至と考えられます。しかし、お互いに切瑳琢磨、知恵と汗を振絞るならば、必ず希望に満ちた年になることは間違いありません。頑張りましょう。終りに皆様のご健康とご多幸をお祈りし、年頭のごあいさつといたします。恭賀り真に喜ばしいことであります。青雲橋の完成を契機に今までかつてないような観光客が訪れるようになり、町当局の奨めもありますが、町民の間で特産品開発の機運が高まり、ふるさと日之影の地場産品づくりに懸命の努力をされた成果が、今ようやく花開こうとしております。これからがいよいよ正念場であります。産地間競争に負けない銘柄の確立、新らしい特産品の開発、更には販路の拡大を目指して頑張らなければなりません。町民の皆様のなお一層の努力に期待を寄せるものであります。昨年末には新らしく日之影町の将来の基本構想も樹立されました。1住環境のすぐれた町2生産性の高い豊かな町3すぐれた人材を育くむ町以上三つの指針によって町づくりが進められます。今後とも町民の皆様の町政に対するご理解とご協力をお願いいたしまして、年頭のごあいさつといたします。特に今回の選挙は、国内経済の厳しい時でありますから極めて重要な意味を持っております。この不況を克服して、日之影町が活力ある町として発展していくために、町民の皆様の厳正な審判を切にお願いいたしたいと存じます。議会も装いを新たに出発することとなりますが、ちょうど時を同じくして長年の私共の夢でありました日之影バイパスが全線開通し、供用が開始されることになりました。一方、県道宇納間〜日之影線も一部舗装を残して今年中に開通いたしますし、重要な懸案事項であります日之影中学校の移転建設も本格化して参ります。このような幹線道や教育施設等の整備によって、今後日之影町は、大きく変貌していくものと予想されるのでありますが、最近各方面から日之影町はおもしろいという言葉を寄せていただくようになりました。活力が出てきたという意味であ謹しんで新年のお祝辞を申し上げます。町民の皆様には、清々しく明るいお正月をお迎えになられお喜び申し上げますとともに、今年も幸せな年となりますよう心から祈念いたします。さて今年は、二月早々、町長、議会議員の選挙が行われることになっておりますが、過去四年間の実績をもとに立候補されるかた、新たに今回初めて町民の審判を受けられるかた、それぞれに期するところ大なるものがあろうかと存じます。町議会議長真田勇昭和60年度日之影町決算報告歳入3,150,086,815円歳出3,112.901,190円一般会計歳入歳出決算総括グラフ表1寄附金繰入金繰越金使用料及び手数料財産収入自動車取得税交付金諸収入分担金及び負担金地方譲与税国庫支出金民生費町町税債県支出金地方交付税議会費消防費商工費衛生費災害復旧費教育費総務費公債費土木費農林水産業費単に:干円歳入歳出昭和61年、第4回定例町議会が12月8日から開催され、昭和60年度日之影町一般会計決算などの提出議案が可決されましたので、その中から昭和60年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。昭和60年度日之影町一般会計決算は、歳入総額3,150,086,815円、歳出総額3,112,901,190円で前年度にくらべて歳入で2.7%、歳出で2.9%の減となっており、歳入、歳出差引37,185,625円のうち20,000,000円を財政調整基金へ越入れ、17,185,625円は翌年度の財源として繰越しました。歳入、歳出を性質別(表2)でみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が85.9%を占めており、町税などの自主財源は14.1%となっております。歳出では、義務的経費が39.1%、投資的経費が40.8%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。歳入歳出差引残額37,185,625円基金への繰入20,000,000円翌年度への繰越17,185.625円表2その他分担金及び負担金自主財源性質別歳入歳出決算維持補修費補助費等諸収入その他その他町税町債物件費人件費義務的経費県支出金歳入災害復旧費歳出扶助費国支出金庫地方交付税投資的経費普通建設事業費公債費依存財源一般会計昭和60年度末・町債現債額単位:千円町債別件数現債高構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設整備事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業財源対策債県振興資金その他計この表は、60年度末における町債の借入額です。町債は、公共施設や学校などの建設その他の事業を行うために国などから借り入れるものです。昭和60年度表3投資的経費の主なもの単位:千円事業名事業費普通建設事業・道路新設改良事業・林業地域総合整備事業・農村総合整備モデル事業・新農業構造改善事業・高巣野小学校校地造成事業・高齢者コミュニティーセンター建設事業・第三期山村振興事業・消防施設整備事業表5電気税たばこ消費税町民税町軽自動車税木材引取税税固定資産税※(表6)の図は、昭和60年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く48.9%、ついで町民税が35.1%、たばこ消費税8.7%の順となっており、全体では昨年度より2.8%の伸びとなっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り220円売りのたばこで約41円か町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましよっ。世帯数2,101戸人口7,724人・土砂崩壊防止事業・暖地営農むらづくり事業・かんがい排水事業・間伐総合対策事業・公有林整備事業・見立クラブハウス整備事業災害復旧事業・土木災害復旧事業・林道災害復旧事業・農地災害復旧事業・農業施設災害復旧事業・文教施設災害復旧事業表4特別会計決算表単位:千円会計名歳入歳出残高一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額国民健康保険簡易水道奨学資金老人保健災害復興資金な出来事大規模林道龍天橋着工(6月17日)昭和65年度完成をめざして龍天橋の建設工事が始まりました。この橋が完成すると五ヶ瀬川をまたいで、宮水がら大人にかかる長大橋となりますが、長さ260m、水面からの高さ100mは、林道橋としては日本一の規模を誇ることになります。(完成予想図と玉ぐしを奉奠する松形知事)広域基幹林道二子山西線開通(3月20日)地域林業基盤の整備と地域産業の振興、輸送体制の確立、生活環境の改善などを目的に、47年に着工したこの林道は、五ヶ瀬町から諸塚村を結ぶ広域基幹林道3線のひとつで、区間は、日諸峠から中小屋までの約15kmです。将来は、五ヶ瀬川に沿った山なみの山頂を結ぶ雄大な観光道路としても脚光をあびそうです。(山頂を走る二子山西線)第1回青雲慄ロードレース大会(1月19日)東洋一の高さを誇る青雲橋を中心に、自然美あふれたスカイラインコースを楽しく走るうと、第一回大会が県内外から約740名が参加して盛大に開催されました。このコースは、日本陸連が県内6番目の公認コースとして昨年10月10日に認定。今後の大会の発展が期待されます。(スタート地点と10キロ出場者)躁越連絡林道竹の原~中川線開通(3月29日)49年度に中川側がら、52年度には竹の原側から着工、総事業費9億7千万円をかけて延長8.5kmが開通しました。これで、中川から日之影中心部までは、竹の原経由で9.2kmの短縮。本線の開通は、利便性はもとより、地域森林資源の開発、産業、経済、文化の発展に大きく貢献するものと期待されています。高粱野小学校改築工事着工(9月9日)新しい校舎が建設されるのは、現校舎の北側背面山地を造成したところで、本年2月に完成の予定です。新校舎は、鉄筋コンクリートー部2階建てで、延べ面積1,990m2、展根は瓦ぶきで現校舎との調和を保ちながら木造りをイメージしたものになります。61ねん町の主クラブハウス英国館復元(11月8日)この建物は、大正未期に英国人技術者日・ハンター氏らが、旧見立鉱山で採掘を行う際の宿泊・娯楽施設として建てたもので、建物の構造や設備などは、当時としてはハイレベルのものです。町では、この貴重な文化遺産を引き継ぎ、観光施設の目玉として活用していく計画です。(梅戸町長らと暖炉のある大広間)日之影町福祉館完成(3月31日)高齢者コミュニティセンター通称(町福祉館)は、木造一部鉄骨平屋建(351m2)で純日本風の落ち着いた建物。高齢者が気軽に活動でき、生きがい)を見いだすための拠点になるものと期待されています。行政無線事業いよいよ着工(9月19日)町民のみなさんと行政をつなぐパイプ役としてはもちろん、緊急時の情報伝達のため新林構事業により、いよいよ無線システムの事業に着工しました。この事業が完成すると、各種情報は、高城山の中継塔を経由して各家庭に送られることになります。(中継塔がたつ高城山広場)町消防団・消防庁長官表彰旗受賞(3月5日)災害の未然防止・消防力の強化など、消防活動について特に成績優秀で他の模範になると認められたもので、団体としては最高章にあたるものです。災害などの緊急時に最前線こたつ消防団員にとっても、大きな励みになる受賞でした。(長官表彰旗と分列行進をする団員)過疎基幹農道栃の木線整備始まる(4月4日)上小原がら松の木を経て栃の木に至る幹線道路として、県営一般農道整備事業(過疎基幹農道)栃の木線の整備事業が始まりました。総事業費は3億5,600万円で、延長3,600m、幅員5mとなります。この事業により、地域農業の近代化や農村環境の改善が期待されています。(5m幅員になる現道路)その他の主な出来事●助役・収入役・教育長、退任と就任●男女バスケット全国青年大会出場●花婿・花嫁世話人会スタート●日之影町生しいだけ生産部会発足●舟の尾飲用水施設完成●村おこし屋(平底、上下顔)完成●峰越連絡林道(黒原~煤市線)煤市側から着工●中国人殉難者慰霊祭、中国領事が初めて参列●農協野菜集出荷場に移動式大型栗選果機を設置●新農業構造改善事業、八戸構造改善センター着工第2次日之影町長期総合計画まとまる本町における新しい時代の町づくりを推進するための、基本的な指針となる「第二次日之影町長期総合計画」が、昭和六十一年十二月の第四回定例町議会において、満場一致で可決されました。を生かした活力あるまちづくリ」「健全で効率よいまちづくり」の五つの大きな柱のもとに、積極的に推進することにしています。また、この計画の基準年度は昭和六十年度とし、昭和六十一年度から、昭和七十年度までの十年間を計画期間としています。町政推進の基本となる人口については、毎年減少しているものの、基幹道路の整備や総合的な地域開発をすすめることにより、千九百世帯、六千七百人を目標としました。就業構造は、第一次産業、主要指標及び期間計画の構成この計画は、本町の進むべき基本的方向を示す未来像とその達成のための基本的な施策を示す「基本構想」及び、解決すべき課題や、行政計画等について示す「基本計画」によって構成しています。本町の未来像として、「住環境のすぐれた町の創造」、「生産性の高い豊かな町の創造」。「すぐれた人材を育む町の創造」を基調としていますが、これを、具体化するための課題として、「安全で利便性に富むまちづくり」「健康で安らぎのあるまちづくり」「豊かな人間性を育むまちづくり」「特性土地の高度利用と交通通信網の整備、さらに生活基盤の整備を図ります。特に、国道二一八号日之影バイパスをはじめとする大型道路の整備により、土地利用や、交通事情等にも変化が生ずると思われますが、全町的なバランスを配慮し、均衡のとれた土地利用をすすめます。また、通勤通学者の輸送機安全で利便性に富むまちづくり計画を推進するための五つの課題を、項目ごとに説明します。基本的施策とりわけ第二種兼業農家の動向がポイントとなるものと思われます。予測としては、中核農家による農業経営の集約化、特産加工品の振興、サービス産業の仲展などを考慮して、第一次産業四十パーセント、第二次産業二十五パーセント、第三次産業を三十五パーセントと予測しています。自然と人知を生かした豊かなまちづくりを目指して主な事業の目標59年度末現在70年度目標区長町道改良町道改良率町道舗装率林道延長林道密度作業路延長作業路密度電話普及率小学校屋外プール小学校危険校舎面積中学校屋外プール多目的集会所水道普及率この数値は、年度別実施計画に基づいて設定された目標値ですが、実施計画については、2年ごとに見直すことになっておりますので途中で計画変更になることも考えられます。関である国鉄高子穂線の存続運動を展開するとともに、農村型ニューメディアの導入につとめます。生活環境では、上下水道の整備を促進し、自然災害防止のための乱開発を規制して安全を期し、今後の住宅新築の際は、自然景観との調和に留意するなど、住みよい町づくりにつとめます。健康で安らぎのあるまちづくり高齢化がすすむ社会構造のなかでは、社会福祉の充実が教育、社会体育、文化活動の振興を図ることにしています。とりわけ、幼児教育につ豊かな人間性を育むまちづくり重要となりますので、町民すべてが自ら健康管理できるような保健思想の徹底につとめます。さらに、広く地域社会との融合策を考慮した福祉施策をすすめ、高齢者の生きがい対策を績極的に推進します。また、地域コミュニティの創出の場として、農村広場等の開設に努力します。いては、町内に幼稚園がないため、保育所の機能充実とあわせて、幼稚園の設置について考慮します。学校教育では、教育の質的充実と、施設の整備改善をすすめることにしていますが、小規模校が多いため、地域の理解と協力を得ながら、適正規模校を目指した統廃合を検討します。社会体育面については、だれにでも参加できる施設として、テニスコートやサイクリングロードの整備など、コミュニティスポーツの振興につとめます。そのほか、郷土芸能の保存伝承や、文化財の保護などにより、町民の文化意識の高揚を図ることにしています。特性を生かした活力あるまちづくり町勢発展の最も重要な課題である農業は、一次産業にとどまらず、農産物加工や販売観光産業など複合的な振興策を講ずることにしています。また、生産性向上のための農道や用水路などの整備促進とあわせ、基幹作目である畜産・野菜・果樹等の品質向上につとめます。林業では、適地適木の理念に徹した植林と、優良材生産を目指した育林施業から加工、流通までの系統だった木材供給基地の形成につとめるとともに、特用林産物の振興と、森林レクリエーションなどの自然公園としての活用も促進します。商工業については、大型道路の整備により、影響を受けることも予想されますので、バイパス沿いと現市街地のバランスを考慮しながら、新しい商業振興策を講ずるととも社会変化とともに、多様化する行政需要に対応するためには、行政事務の効率的推進が必要となりますので、OA化の推進や、地域情報処理システムの構築を目指します。また、住民の豊かな生活の創出のため、先に定められた町行政改革大綱にのっとり、健全な行財政の運営に努力します。以上が計画の概要ですが、これは昭和七十年に向けての努力目標とも、道標ともいうべきもので、今後は、すべての力を結集して、この計画の実現に向けて努力してまいります。健全で効率よいまちづくりに、本町の条件に適した無公害の企業をリストアップし、その誘致につとめます。観光は、単なる見物型から宿泊を含めた滞在型の観光施設が要求されることから、子どもから老人まで共通して楽しめる施設整備とあわせ、自然を生かした魅力ある観光地づくりを推進します。町道舖装日之影町長選挙日之影町議会員選挙投票日は2月1日(日)体に障害がある方のなかで、次に該当する方は、郵便による不在者投票ができます。●身体障害者の方1両下肢、体幹の障害(―級または2級)2心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、移動機能の障害(1級から3級)●戦傷病者の方1両下肢、体幹の障害(特別項症から第2項症まで)2心臓、じん臓、呼吸器の障害(特別項症から第3項症まで)手続きや方法については、早めに問合わせください。また、すでに証明書の交付を受けている方は、期限切れでないか、お確めください。ルールを守って正しい選挙郵便による不在者投票は投票所入場券は不在者投票は投票日にやむをえない事情で投票所へ行って投票できない方のために、不在者投票の制度があります。※その事情とは●自分の登録されている投票区外で、職務または業務中の場合。●やむをえない用務または事情のため、町外に旅行または滞在中の場合。●病気等のため、歩行が困難入場券は、1月22日に事務連絡員あてに送付する予定です。もし、紛失した場合でも投票できますので、投票日当日に、投票所の受付で申し出てください。録されている方と、昭和61年10月26日までに転入届をされた方です。しかし、投票日までに死亡されたり、転出された方は、投票できません。また、昭和62年1月1日以降に町内で転居される方は、転居前の住所地の投票所で投票していただきます。な場合。不在者投票できる期間は、1月27日火から1月31日土までの午前8時30分から午後5時までです。場所は、町選挙管理委員会(役場2階)、印かんを忘れずに持参してください。投票できる人すでに町の選挙人名簿に登立候補説明会から開票までの日程は、次のとおりです。日程〔1月8日〕●立候補説明会午後1時から町民センター●届出用紙配布〔1月21日〕●立候補届出書類予備審査〔1月27日〕●告示●立候補受付(27日午前8時30分から午後5時まで中央体育館)〔2月1日〕●投票日(午前7時から午後6時まで)ただし、見立、仲組、中川は午後5時、鹿川は午後4時まで。●即日開票(町中央体育館)午後7時30分から。任期満了にともなう日之影町長選挙と日之影町議会議員選挙は、12月2日に行われた町選挙管理委員会で、昭和62年2月1日(日)と決まりました。必ず投票しましょう明日に伝える大切な一票新年の抱負日之影小六年佐保由香ひろばこどものあと、三ヶ月で中学生。そう思うと急に、六年前がなつかしくなってきた。入学の日。胸をワクワクさせながら、母さんに手をひかれ、校門を通った。六年生のお兄さん、お姉さんがかっこよく見えた。あれから、六年間という時間が過ぎ、今、六年生。そして、もうすぐ中学生。六年生での行事は、とても楽しかった。修学旅行、親子キャンプ、丹助登山など。私は残りの三ヶ月を中学生へ向かっての準備の月にしたい。それで、次の二つの目標を立てることにした。「一つ、心に決めたことは最後までやりとおす。」一、二学期をふり返ってみると、宅習、日記も最後までやりとおせなかったし、夏休みに、朝早く起きて、マラソンをするはずだったんだけど、これまた何日かでやめてしまった。それでいっぱいある反省中で、この目標を一番目になおしたいと思う。それにもうすぐ中学生になるのだし、ねばり強い根性みたいなものがほしいと思う。「二つ、体力をつけること」お酒は、百薬の長です。そ酒害相談日の案内お酒のことで悩んでいませんか?1月の農業経営相談日は第3金曜日の1月16日。場所は日之影農協、午前9時から。西臼杵郡医師会日曜祝日当番医1月1日古賀医院・土持医院4日国見ヶ丘病院11日日岩田医院15日後藤医院18日高千穂眼科医院25日田崎医院※診療時間は、午前9時から午後5時まで。※郡内の3町立病院は、常時当番。おり計画しています。お気軽に受診してください。○見立2月3日午前11時から″12時まで○仲組2月3日午後1時30分から″2時30分まで○鹿川2月10日午前10時30分から″11時30分まで○中川2月10日午後1時30分から″2時30分まで県立延岡病院では、2月中の無医地区巡回診療を次のと2月の無医地区巡回診療とおり実施します。・日時1月29日午後1時から4時・場所中央研修館第1・2会議室・診療医国見ヶ丘病院医師相談は無料ですので、遠慮なくご相談ください。して、酔うことは、楽しいことです。適量の飲酒だったら心身の健康にプラスに働きます。しかし、飲み過ぎたら。吐きけ、動悸、めまいなどの不快な症状ばかりでなく、肝臓・すい臓・脳などに障害をもたらします。また、お酒のために家庭に不和をまねくことにもなりかねません。そこで、酒害の防止を目的とした相談、指導、診断、関係機関への紹介・断酒会の組織紹介など、酒害相談を次の痴呆性老人がおられるご家族を対象に、次の日程で研修会を開催します。研修会といえば、堅苦しく思われるかもしれませんが、みなさんの体験の中から困ったこと、知っておきたいことなどを修得しあう研修会です。お気軽にご出席ください。・日時1月22日午後1時30分から・場所高千穂保健所講堂(研修会の後、痴呆性老人をかかえていらっしゃるご家族の有志の方々の発起によります家族友の会を結成するご提起があるようですので、あわせてご参加ください。詳しくは役場町民課まで。)老人精神衛生研修会を開催お知らせコーナーその理由は、一、二学期、かぜをひいて学校を休んでしまうことがあった。それで、小学生のうちに元気な体を作り、中学校へ向けて元気よくスタートをきりたい。それに重い物をもてなくて、友達にめいわくをかけてしまったことがあったから、力をつけたいということも、目標の中の一つにあげたいと思う。マラソン、なわとびなど体力づくりに心がけていきたい。この二つの反省を目標として、一九八七年をりっぱな年にしたい。昨年は、広報「ひのかげ」の御愛読ありがとうございました。今年も行政と皆様方のパイプ役として皆様方のためになる広報紙づくりをスタッフ一同心がけていくつもりです。どうぞ、今年も皆様方からの御意見、ふるさとの話題の提供をよろしくお願いいたします。ウサギは身近な動物で、いまでも野生のウサギをよく見かけますし、食肉用、毛用、毛皮用、ペットなどとして広く飼われています。また、昔からあるいろいろな物語にもウサギがよく登場しています。イソップ童話の「ウサギとカメ」や、日本の昔話の「かちかち山」「因幡の白ウサギ」今年は卯年ございますおめでとうあけまして編集室からなどが有名です。さてみなさんは、これらの物語に登場するウサギについてどんなイメージをお持ちでしょうか。「ウサギとカメ」のウサギは、油断して昼寝をしてしまうので、自信家か、それともなまけ者。「かちかち山」はおじいさんのために敵うちをするので正義の味方になっています。しかし、それにしてもタヌキをだまして背中にやけどを負わせたり、その傷に唐辛子を塗ったり、泥船に乗せたり……、ちょっと残酷すぎるようです。「因幡の白ウサギ」は知恵を働かしてワニザメをまんまとだましたつもりが、皮をむかれて赤裸になってしまいます。こうして見ると、ウサギに対するイメージはいろいろのようです。生物学的に見ても、ウサギはなかなかしたたか者です。砂漠、草原、森林、高地、ツンドラなどあらゆる所に住むことができ、糞を食べて反すう(一度飲み込んだものを再び食べること)の代わりにする習性があります。また事典にはウサギの飼育は容易で、飼育箱は幅・奥行き六十センチ、高さ四十五センチあればいいという意味のことがでていました。なるほど、これが例のウサギ小屋の由来かとうなずいた次第です。ウサギ年の今年は、国連の定めた国際居住年に当たります。貿易摩擦解消のためにも、内需を拡大してもっと住宅を作り、みんながゆったりとした家に住めるようにしたいものです。
1 4272 広報ひのかげ 第249号 1986年1月発行 19860101 1月 m19_acv-hinokage_198601_0249_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198601_0249_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第249号 1986年1月発行町広報ひのかげNo.249新年号頌春1986元旦本年も町民のみなさんにとって素晴らしい年となりますように新年れあう豊かなふる里づくり」を加え、楽しく住みよい地域社会建設の実現に努力したいと考えます。豊かさの価値が問われる今日でありますが、真の豊かさとは文化と諸々の生活環境の整備、それに「生きること」の充実感ではないでしょうか。その為には、文化財の保護、伝統芸能の継承、すぐれた生活環境、高令化社会への対応等の施策が必要と考えます。新年度では、高巣野小学校の新築や、青雲橋のふる里物産店等の建設、各種制度事業による農林道をはじめ生産基盤の整備に精力的に取組む考えです。他方、国、県の財政もこれまでになく逼迫しておりますが、国道二一八号バイパスの今秋に向けての完成、「龍天橋」の早期竣工等積極的にはたらきかけます。七千余名の町民のみなさんと共に、新年の第一歩を力強く踏出したいものです。最後に皆様のご健勝とご多幸をお祈り致します。また、換金作物として取り組んでいる夏秋野菜、花卉園芸、生椎茸、特に青雲橋の「ふる里物産品売店」への商品開発など着実な実績をあげ、本町農業の前途にも明るい兆しを見ることができます。特筆すべきは、町民待望の青雲橋の完成によるバイパスの供用開始で、東西九州のかけ橋として、本町の経済浮揚策に大いに活用すべきものと存じます。また、小径木加工工場、キャンプ場もオープンし、それぞれ目的とする機能を果しております。その他、教育文化、福祉面にも積極的に取り組んでまいりました。決して満足できるものではありませんが、このような成果も、町議会をはじめ町民各位のご支援、ご協力の賜と感謝いたしております。さて、年改まり、昭和六十一年を迎えましたが、政局も不安定であり、経済成長も円高等の影響で、よりきびしいものと予測されますが、きびしい年であればある程自助努力による頑張りを必要とします。私はこれまでの施策に「心のふ明けましておめでとうございます。昨年も町民の皆様のご理解とご協力によりまして諸々の事業が予定どおり進行しここに、平和でさわやかな新春を迎えることができました。昨年は、例年心配の台風をはじめ、自然災害も少なく、水稲や畑作、また、本町の特産である栗、ユズ等も豊作の年でございました。反面、相変らず頭の痛いのが本町の基幹作目である木材と子牛価格で、木材界は構造的不況から脱しきれずにいます。幸い子牛価格が秋市から高値に転じ、今後の改良、増殖の励みになればと期待しています。町長梅戸勝惠謹賀町議会議長真田勇明けましておめでとうございます。昭和六十一年の輝かしい新春を迎え、町民の皆様のご健康とご多幸を心からお慶び申し上げます。旧年をふり返ってみますと、大きな災害にも見舞われず、平穏でしかも各種の事業も順調に進み、充実した年でありました。四月には、この山峡の町に東洋一の高さを誇る青雲橋の完成を祝いましたが、そのスカイミントカラーの近代的な姿は、今では四季折々に我が町の風景の中に馴染んで、恰も以前から架っていたのではないかと錯覚する程であります。又、大人、宮水間に架かる大規模林道の橋の名称がこのほど決まり、逆巻大明神の伝説に由来して「龍天橋」と名づけられました。さて、このような日之影町の未来の発展を象徴するような大きな橋の建設によりまして、新しい町づくりが急務となって参りました。青雲橋を核とした観光開発、そのお客に対応した特産品の開発、あるいは学校や各施設の統廃合と建設、交通ルートの移動による旧国道沿線の活性化等、諸々の問題が新たなる年の課題として具体的に浮上してきた訳であります。今こそ私共はこの事態を絶好の機会と受けとめて、その解決へ向け真剣に取り組まねばなりません。一方、国内景気はようやく低迷から脱し、緩やかではありますが回復の兆しが見えてきました。しかし、その影響も本町にとりましてはまことに微々たるもので、当分厳しい情勢は続くものと思われます。地方財政につきましては、常に最少の経費で最大の効果が上ることを念頭に、自助努力を重ねていくことが大切でありますが、昨年七月、町は行政改革推進本部を発足させ、本年一月末を目途に大網を策定する運びとなりました。何と申しましても、この行政改革は本町にとりまして重要な課題であります。幸い、行政改革推進委員会の中に議会も加わり、町の各界の方々と同一歩調で参画いたしておりますが、よりよい改革がなされるよう大胆に提言いたしていきたいと思っております。行政改革は、単に無駄を省くということでなしに、新時代の要請に即応した効率的な組織機構に改め、健全でしかも機能的な行政が進められるためのものでなければなりません。今年も旧に倍しまして、議会に対し、町民の皆様の深いご理解とご協力をお願い申し上げますと共に、新らしい年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますよう希望して、年頭のごあいさつといたします。昭和59年度日之影町決算報告歳入3,237,666,622円歳出3,207,426,996円一般会計歳入歳出決算総括グラフ表1寄附金使用料及び手数料繰越金分担金及び負担金財産収入自動車取得税交付金諸収入地方譲与税町町税債国庫支出金県支出金商工費議会費消防費衛生費民生費教育費公債費土木費総務費災害復旧費単位:千円歳入歳出昭和60年、第4回定例町議会が12月9日から開催され、昭和59年度日之影町一般会計決算などの提出議案が可決されましたので、その中から昭和59年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。昭和59年度日之影町一般会計決算は、歳入総額3,237,666,622円、歳出総額3,207,426,996円で前年度にくらべて歳入で26.1%、歳出で25.7%の減となっており、歳入、歳出差引30,239,626円のうち20,000,000円を財政調整基金へ繰入れ、10,239,626円は翌年度の財源として繰越しました。歳入、歳出を性質別(表2)にみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が87.7%を占めており、町税などの自主財源は12.3%となっております。歳出では、義務的経費が37.5%、投資的経費が44.1%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。地方交付税農林小産業費歳入歳出差引残額30,239,626円基金への繰入20,000,000円翌年度への繰越10,239,626円表2性質別歳入歳出決算その他分担金及び負担金自主財源諸収入その他維持補修費補助費等町税その他依存財源県支出金町国庫債支出金物件費歳入歳出災害復旧費地方交付税投資的経費普通建設事業費人件費扶助費公債費義務的経費一般会計昭和59年度末・町債現債額町債別件数現債高構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設整備事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業減収補てん債財源対策債県振興資金その他141941410215131281534千円73,795306,88574,491151,646126,344234,93350,4091,165,011351213,251119,25239,651単位:千円%2.912.02.95.94.99.22.045.60.08.34.71.6昭和59年度表3投資的経費の主なもの単位:千円事業費事業費<普通建設事業費>・道路新設改良事業・林業地域総合整備事業・農村総合整備モデル事業・林道開設整備事業・第三期山村振興事業・林業地域活性化対策事業269,600114,60893,10670,95566,55243,722計1782,556,019100・学校整備事業23,548電気税表6表5この表は、59年度末における町債の惜入額です。町債は、公共施設や学校などの建設その他の事業を行なうために国などから借り入れるものです。たばこ消費税町民税軽自動車税町木材引取税税固定資産税※(表6)の図は、昭和59年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く46.1%、ついで町民税が36.3%、たばこ消費税9.9%の順となっており、全体では昨年度より2.5%の伸びとなっております。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入り200円売りのたばこで約35円か町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。世帯数2,118戸人口7,844人・消防施設整備事業・町民グラウンド整備事業・土砂崩壊防止事業・間伐総合対策事業・急傾斜地崩壊対策事業がけ地近接危険住宅゜移転事業・大規模林道開設事業・公有林整備事業・かんがい排水事業・暖地営農村づくり事業<災害復旧事業>・土木災害復旧事業・農業施設災害復旧事業・農地災害復旧事業・林道災害復旧事業19,70816,15015,94015,41812,10010,99410,1109,8389,4839,045358,36185,39423,34518,755表4特別会計決算表単位:千円会計名歳入歳出残高一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額国民健康保険簡易水道奨学資金老人保健災害復興資金424,39114,5796、720346,7238,132396,99527,39613,7248556,7200341,9944,7291,4006,732な出来事青雲橋完成・宮水八戸間暫定開通(4月25日)日之影町観光協会発足(12日2日)観光開発協会から名実ともに活動、推進のできる日之影町観光協会が発足しました。協会では、従来より一歩進んだ「橋と緑と渓谷のまち」にふさわしい観光地づくりをする計画で可。(写真は設立総会風景)国道218号日之影バイパス、宮水八戸間が開通し、招待客を含め3,000人が参加して開通を祝いました。この区間には高さ東洋一を誇る「青雲橋」があり、新しい観光羇源が誕生しました。(写真は青雲橋宮水側入口でのテープカットと3代夫婦3組の渡り初め)広域水道着工(11月7日)町が計画している広域水道計画の第一段として、宮水地区営農飲雑用水施設工事が始まりました。水源地の平清水がら一の水地区と対岸の上下顔が給水地区で、62年度完成予定。慢性的な水不足が解消され生活及び農業の近代化が図られます。(写真は平清水多目的研修施設下の浄水場工事)大人歌舞伎保存会宮日賞受賞宮水の甲斐音市さん(10月21日)200年の伝統を受け継いて守ってきた大人の大人歌舞伎保存会と、宮水の人形浄瑠璃の伝承者である甲斐音市さん(91)が、第21回宮崎日日新聞社賞の文化賞に選ばれました。全国的にもめずらしくなった2つの伝統芸能が、優れた功績と地域社会ご貢献したとして認められたものです。(写真は、人形を操る甲斐音市さんと産業文化祭で上演された大人歌舞伎)日之影キャンプ場オープン(6月8日)吐の内地区に完成した日之影キャンプ村は、林間広場を中心に.テントサイト、炊事施設が整備され、丸太作りの管理棟、トイレが建てられています。シーズン中はキャンパーが殺到、本町の新しい観光資源として期待されています。(写真はテントサイトから見た各施設とにぎわうキャンプ村)60ねん町の主町内スポーツ団体2チームに晴れの栄冠日之影女子バレーボールチーム日之影小スポーツ少年団県大会等の常時上位入賞、また59年度県青年大会に優勝した同クラブに、地域、職場でスポーツレベルの向上とスポーツの振興に貢献したとして、県スポーツ賞が贈られました。国鉄高千穂線問題で協議会設置(6月10日)廃止の手順を話し合う第1回高干穂線特定地方交通線対策協議会が6月10日設置されましたが、輸送実績が廃止除外基準を上回ったため即日中断しました。協議会は6ヶ月後再会し更に中断。第3回目は本年6月に………。(写真は日ノ影駅)54年に結成された同スポーツ少年団。県内でもトップレペルにありながら59年まで優勝に今一歩。60年第21回スポーツ少年団大会中央大会で念願の初優勝。西臼杵郡内では初めてでした。生きた化石・オオサンショウウオ保護(4月16日)国内の南限地は、大分県から熊本県北部までとされていたものですが五ヶ瀬川支流で発見保護され、サンショウウオブームをまき起しました。連日の見物客にビックリしたよその他の出来事●町民グラウンドスタンド完成●鹿川、釣鐘谷橋が開通小川平健康増進センター完成小川平地区民待望の健康増進センター(鉄骨平屋建、491m’総工費9,800万円)が完成しました。研修、スポーツの場として、地域の発展に貢献する施設となっています。(写真は二又公民館跡地に建てられたセンター)●青雲橋の歌発表会「青雲橋音頭・五ヶ瀬川旅情」●生椎茸研究グループ発足●日之影アユやな場オープン●高齢者コミュニティーセンター建設着工●高巣野小学校敷地造成着工●町第1回婦人の集い開催さる。●乾椎茸全国品評会舟の尾甲佐鶴雄さん受賞●追川の高見まゆみさん第31回「わが家の家計簿」体験談中央奨励賞入選5月21日うてすが、国の天然記念物であり住み慣れた川に放流されました。(写真は日之影で発見されたオオサンショウウオ)小径木加工工場完成(2月19日)除間伐材を利用した木製側溝などを製造する小径木加工工場が完成しました。工場内部には、間伐材表面加工機など近代的な施設が整備され森林所有者から大きな期待が寄せられています。(写真は赤石に建てられた同工場)国の財政が財源不足で多額の国債に依存している実情から、国県と同基調とした経常経費の節減合理化を推進し、重点的かつ効率的な予算執行により住民の福祉の向上に懸命の努力がされました。昭和五十七年八月に発生した災害復旧工事は、総仕上げの年となり、決算総額は前年度より二十六%減の三十二億三千万余円でした。その内歳入は、町税、地方交付税、使用料等が若干伸びたものの、地方譲与税、国県支出金等が減額となっています。歳出は、人件費、昭和六十年第四回定例議会は、十二月九日に招集され、会期を十二月二十一日までの十三日間と定めました。本定例会期中に上提された議案は、昭和五十九年度決算(一般会計、特別会計五件)、工事請負契約の締結、土地改良事業の施行、補正予算案三件、意見書案一件、決議案一件、陳情一件、寡婦の医療費無料化を求める請願の中間報告等計十六件でした。議会報告昭和五十九年度一般会計決算昭和五十九年度国民健康保険事業特別会計決算扶助費などの義務的経費が増加、投資的事業のうち災害復旧事業費が減少したため、単独事業を増額し、平年並の事業費を確保しました。また、経常経費の節減を図る為、町財政健全化計画に基づいた合理化、更には町偵の繰上償還、また行政需要に備え剰余金を基金へ積立てるなど、今後の町勢振興の基本となる過疎地域振興計画の取組みもされました。また、国鉄高千穂線に対する一市四町での取組み産業面における特産品開発、木材の有効利用を図るため小径木加工施設の設置、作業路整備を中心とした森林総合整備事業の導入、その他農林業生産基盤の整備促進を図るための制度事業の導入、更に国県町道の整備促進などに最大の努力がされ、歳出総額三十二億七百万余円の決算額となりました。保険事業は、医療費の伸びと高額療養費等の保険給付費の増加、国庫補助金等の引き下げにより厳しい財政事情を迎えていますが、医療費の支出に応じた保険税の徴収は、納税者のご理解により収納率九十八・五%でした。歳入に占める割合は三十二%で一億三千五本事業は、日之影中央地区における水道事業の運営を主体とした町内各地区水道施設の維持管理の指導を行っています。中央地区の給水人口は、九百六十一人、世帯数三百九十一世帯です。その他各地区簡易水道の衛生管理、及び建設費の借入金返済を行い、歳入では、使用料及び手数料が九十四・三%を占め、一千三百昭和五十九年度簡易水道事業特別会計決算百七十一万二千九百九十円となり、一人当り二万六千五百二十七円でした。また、歳入の六十二・六%を占める国庫支出金は、療養給付費負担金、事務費負担金などで二億六千五百五十二万一千百二十六円その他繰越金等二千三百十五万七千二百四円を加え、歳入決算額は、四億二千四百三十九万一千三百二十円でした。歳出では、六十二・三%を占める保険給付費が二億四千七百十六万七千九百三円でした。また、三十一・五%を占める老人保健拠出金等は、一億四千九百八十二万六千八百八十五円で、歳出総額三億九千六百九十九万四千七百八十八円となり、差引き二千七百三十九万六千五百三十二円を翌年度へ繰越しました。本事業の該当者は七十才以上の者、又は六十五才以上七十才未満で、障害者認定を受けた者に対する医療費の診療報酬支払事業を行なうもので、歳入では、支払基金交付金が六十七・七%を占め、二億三千五百五万一千円です。国庫支出金は七千三十三万二千円の二十二二%です。その他県支出金等四千百三十四万百二十六円、歳入総額三億四千六百七十二万三千百二十六円でした。歳出では、九十七・九%を占める老人医療給付費及び医療支給費審査委託料等の医療諸費が、三億三千四百八十一万一千九百二円、その他前年度繰上充用金として、六百五万六千八百三円、諸支出金百十二万四千八百九十四円等、歳出合計は三億四千百九十九万三千五百九十九円となり、差引き四百七十二万九千五百二十七円を翌年度へ繰り越しました。昭和五十九年度老人保健事業特別会計決算昭和五十九年度災害復興資金事業特別会計決算災害復興資金の当年度貸付者は一名で、当年度から償還期を迎え当年度の貸付者は、継続中の者大学生十二名・高校生二十五名、新規貸付者大学生八名・高校生八名で、合計五十三名です。貸付金額は月額大学生一万五千円、高校生八千円で、歳入は一般会計から二百十五万七千八百四十四円を繰入れ、諸収入は、貸付者からの償還金等で四百五十六万二千百五十六円、歳入総額六百七十二万円です。歳出では、奨学資金貸付金六百七十二万円で、差引き残高○円でした。昭和五十九年度奨学資金事業特別会計決算七十四万九千三百四十一円、その他一般会計からの繰入金等八十二万九千四百九十四円で、歳入合計は一千四百五十七万八千八百三十五円です。歳出は、維持修繕費等七百六十万三千九百二十六円、歳出決算の占める割合は五十五%です。また四十五%を占める公債費六百十一万九千九百十七円は、筒易水道事業の長期借入金元金及び利子で、歳出総額は一千三百七十二万三千八百四十三円差引き八十万円を基金に積立て、残り五万四千九百九十二円を翌年度へ繰越しました。ました。歳入は、昭和五十八年度決算による繰越金百七十四万二千七百十八円、諸収入は、貸付金償還金収入六百三十八万五不二百二十七円(三十一名)及び預金利子三千六百七十五円で、歳入総額は八百十三万一千六百二十円でした。歳出は、百四十万円で、差引き六百七十三万一千六百二十円を翌年度へ繰越しました。○議案第四十六号工事請負契約の締結について昭和六十年度林業地域総合整備事業、林道鳥屋の平線開設、延長千三百メートル、請負金四千二百三万七千円。日之影町大字七折七一八〇番地株式会社田中建設○議案第四十七号日之影町営土地改良事業の施行について本事業は地区再編農業構造改善事業(土地基盤整備)で、八戸上用排水路九百三十ニメートルを昭和六十年度日之影町営土地改良事業として施行するものです。一般質問十二月二十一日は、一般質問が行われ、現在の本町の農業所得向上のための農業指導のあり方.生産性を高める特産品及び加工施設の建設、また、現在直面している国鉄高千穂線問題、更には高校入学選抜問題、高齢化社会に向けての老人福祉対策等、活発な論議が展開されました。質問要旨及び質問者は次のとおりです。十四番議員甲斐利徳一、本町の農業の将来についてどのように考え指導されるか。二、宮水運動場、センター周辺の駐車場対策について三、林業指導、畜産指導、しいたけ増産指導について十番議員橋本高重一、国鉄再建監理委員会の答申に対する高千穂線の存続運動について二、県立高校入学者選抜方法改善検討協議会の答申について七番議員尾崎克己一、高齢化社会に対応した福祉施設の充実について日痴呆性老人、及びねたきり老人対策について三番議員工藤訓一、第一次産業の生産性向上を図るため道路整備について二、本町の農業基盤を確立するための農産物加工施設の取組みについて総括質疑十二月十三日は、昭和五十九年度一般会計決算の認定及び、各特別会計決算認定、施策執行の概要等について総括質疑が行われました。その内容は、経費の節減合理化、更には、制度事業の事業配分が減少したことの背景から、「町行財政健全化計画」を柱として執行された昭和五十九年度の決算について質疑が展開されました。なお、この日補正予算三件と議員発議として意見書案一件が提出されました。(補正予算三件は、提案理由の説明のみで最終日採決。)○意見書案第四号農業用水流水占用料徴収反対に関する意見書建設省は、河川の水量、水質保全と河川環境整備等の財源として農業用水等に流水占有料を徴収するという方針を打ち出しました。農業用水は、従来から農業生産基盤として多目的な役割を果し、長い歴史のなかで使用料が徴収されることなく現在に至っています。農業者への負担増は農業の荒廃を招くものであり、従来どおり使用料を徴収しないように政府に要請するものです。○議案第五十四号昭和六十年度日之影町一般会計補正予算(第二号)新農業構造改善事業、農業施設、林道災害復旧事業補助金等の決定による追加補正で、歳入歳出それぞれ七千三十万七千円を追加し、総額をそれぞれ三十億七千六百四十一万四千円とするものです。○議案第五十五号昭和六十年度日之影町国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)一時借入金の限度額を二千万円追加し、八千万円とするものです。また、歳入歳出予算では、公債費の一時借入金利子として予備費を二十二万一千円減額、歳入歳出の予算総額を四億四千五百二万七千円とするものです。○議案第五十六号昭和六十年度日之影町老人保健特別会計補正予算(第二号)歳出で医療給付費の増額、歳入では、支払基金からの交付金等三千三百二十六万四千円を追加し、歳入歳出の総額を四億二百八十万九千円とするものです。○議会最終日(十二月二十一日)初日(十二月九日)に提出された五十九年度各会計決算認定六件、更に、十二月十三日に提出された昭和六十年度補正予算三件が審議され。いずれも原案どおり可決しました。また、文教厚生委員会に付託され調査を進めていた、請願「寡婦医療費の無料化を求める請願」について中間報告がありました。報告では、現在までの審査の経緯から(子供が二十才を過ぎた福祉法上でいう寡婦には医療費制度がなくなる)他法との総合的な兼合い、更には、町内寡婦がどのような実態にあるか。県内町村議会の動向から委員会として、慎重にならざるを得ないという報告があり引続き閉会中の継続審査をしたいという報告でした。次に、森林、林業、木材産業の活性化と地域経済振興を図るため、各種公共事業等に木材使用を推進し、拡大して欲しいということで郡内森林組合長、並びに木材協同組合長などからの陳情書が提出され更に、国保財政の危機打開に関する決議案が提出されました。この決議は、先の医療保険制度の改革により、退職者医療制度が創設されましたが、加入者数の見込違い等により保険税の負担が増大し。加えて老人保険医療費拠出金の負担は国保財政を圧迫しています。政府当局では、十二月四日政府補正予算として、一千三百六十億にのぼる財政措置をする方針を打ち出しました。厳しい財政状況に対応した努力は評価できますが、国保制度そのものが今後深刻な事態を招かないよう、補正残額の対応、国庫負担金制度の見直し等について尚一層のご努力をお願いするこを政府に要請するものです。以上今年で第10回を迎える「はたちの献血」キャンペーン。(社)日本民間放送連盟(民放連)主催で、はたちの人を中心に献血の輪を拡げるイベントです。ラジオとジョイントし、地域社会での献血運動が1月13日から3月13日まで繰り広げられます。大量に必要な輸血用血液昨年は、1日平均4,782リットル(200CCの牛乳パックで23,910本)もの血液が手術などに使われました。輸血用血液は年々増加しており、手術の時には大量に必要です。病気やヶがで苦しんでいる人の尊い命を救うため、社会の一員として献血にご協力ください。見知らぬだれかに、あなたの心の温かさが伝わります。「はたちの献血」キャンペーンあなたの心を伝えよう(日之影建設)田辺仁・甲斐里子(社会福祉協議会)平崎キヌ子、若森勝代(教職員)甲斐ときわ、高木恵子、橋本博行、吉田米美(佐藤生コン)大江まり子、上田久恵(信用組合)瀬井亜希子、甲斐充利(町職員)田中弘道、古城公敏、梅戸勝恵、飯干静香、奈須義喜、甲斐金盛、佐藤貢、甲斐敏弘、佐藤哲弘、本田富士子、谷川房子、小原久美、春野孝利、米田輝美、岩本二三男、山本定美、馬崎英俊、森重善博、大村文仁、甲斐勝子、甲斐加代子、甲斐明子、河合小夜子、中島清美、丹波昌二、中山達夫、戸高泰治、花畑玉美甲斐美紀子(新町)甲斐梅男(高巣野)甲斐秋子(八戸駅前通り)甲斐英雄(八戸本町通り)甲斐恒生(八戸中央通り)後藤ミホ子(舟の尾)飯干美恵子(新日之影)佐藤明義、城尾千代子、山室一、佐藤幸技、甲斐勝子、宮原啓彰(大瀬)山口福江(糸平)河野民子(袴谷)鳥飼清子(竹之瀬)伊東忠士、伊東ノブ子、橋本チホ、佐藤光一(東日之影)佐藤直人、甲斐幾美子、甲斐玉子(仲畑住宅)戸高千恵美(仲畑)工藤亀喜(長谷川)大賀康雄(楠元)高尾早苗(上日之影)甲斐マス子(西日之影)斉藤艶子(神影上)高尾宮子(小原)眞田教人(大人下)甲田マサヨ(大人仁田野)甲斐里美(小崎)甲斐義久めにも、引っ越しなどで住所を変えたときは、必ず住民票の移動届を出してください。また、「だれに投票しても同じこと」と棄権してしまう人がいます。これでは、あなたの意見は少しも政治に反映されません。二十歳になった皆さん、これからは選挙のたびにあなたの手元に「投票所入場券」が送られてきます。立候補者をよく知り自分の代弁者としてふさわしい人を選んでください。去る11月20日に実施しました献血事業につきましては次の団体、各人よりご協力をいただきました。献血者は次のとおり(敬称略)(木田組生コン)甲斐春市、甲斐駒生、平崎孝幸、福川博昭、小野和子、甲田英生、新田吉子、佐藤庄平、甲斐盛司、稲見森行、広見益夫(農協)後藤典幸、甲斐正広、谷川妙子、平川ミュキ、佐藤サヨ子、羽賀三重子(日之影タクシー)川野輝一、甲斐健次郎、坂本隆仲(日之影ソーイング)甲斐由子、菊池祝子、山岡敏子(日ノ影郵便局)甲斐武男、甲田実、黒木文生献血ありがとうございました成人おめでとう社会に生かせはたちの力わたしたちは、二十歳になると選挙権が与えられます。そして投票をすることで国の政治や地方政治に参加することができるのです。しかし、実際に投票できるようになるには、「選挙人名簿」に登録されていなければなりません。選挙人名簿に登録される資格は次のとおりです。1その市町村に住所を有する日本人で2三か月以上住民基本台帳(住民登録)に登録されている3満二十歳以上の人毎年九月(選挙があれば、その直前)に登録されることになっています。一度名簿に登録されると、住所を変えない限り永久に登録されます。大切な選挙権を有効に使うた手続きは、住所地の市区町村でできます。はたちになったら国民年金の手続きを忘れずに。●任意加入の人▼昼間部の学生あなたの声が社会に生きるはたちと選挙権会社や役所、学校などに勤めて給与をもらっている方は、厚生年金、共済組合といった年金に自動的に加入しています。しかし、その他の方は、はたちになると国民年金に加入しなければなりません。将来、あなたの老後の生活を支えることになる国民年金は、はたちのあなたにとっても他人事ではありません。成人としての自覚を持って、国民年金に加入しましよう。加入手続きは市区町村で国民年金には、当然加入と任意加入があり、加入者は次のとおりです。●当然加入の人▼農林・漁業、自営業、自由業などを営む給与所得者以外の人▼無職の人(二十歳以上五十九歳までの方)▼厚生年金に加入していないサラリーマン(給与所得者)▼サラリーマンの妻(専業主婦で、二十歳以上五十九歳までの方)はたちになったら国民年金成人の自覚を行動に!昭和60年度の百日咳・破傷風・ジフテリア三種混合の予防接種を次の日程で実施します。該当者はもれなく受けて下さい。一、該当者○昭和58年1月1日〜12月31日までに生まれた幼児…今年3回の接種を必要とします。○昭和57年1月1日〜12月31日までに生まれた幼児…1昨年2〜3回接種を受けた者は1回の接種を必要とします。2昨年―回接種を受けた者は2回の接種を必要とします。3昨年1回も接種を受けていない者は、3回の接種を必要とします。○5歳6ヶ月未満幼児で、規定の4回の接種を受けていない者二、日時1回目昭和61年1月14日2回目昭和61年2月5日3回目昭和61年2月28日三種混合予防接種を実施コーナーお知らせ昭和六十年分の所得税の確定申告は、二月十六日から始まります。申告期限は三月十五日ですが、期限間近になりますと税務署は大変混雑し、落ちついて、相談ができなかったり、長時間お待ちいただくことになりかねませんので、確定申告はできるだけ早めにお済ませください。また、申告書は「申告書の書きかた」や「所得税の確定申告の手引き」を参考にして、昨年一年間の所得と税額を正しく計算して記載し、お早めに申告と納税を行ってください。詳しいことは、役場税務課(87ー2111)または、延岡税務署(32ー3301)でお尋ね下さい。いずれも午後2時〜2時30分までです。三、場所日之影町立病院※母子手帳を必ず御持参下さい。※会場に駐車場がございませんので、近所乗り合わせのうえ、役場駐車場を御利用下さい。※詳しいことは、役場町民課(87ー2111内線35)までお問い合わせ下さい。所得税の確定申告は正しく、お早めに危険物取扱者の試験を実施この試験の受験希望者の方は、昭和61年1月8日から1月22日までの間に、消防試験研究センター宮崎県本部(宮崎市宮田町1番11号宮崎県自治会館北別館2階)へ申し込んでください。詳しい資料などは、役場消防係87ー2111にあります。タコあげのシーズンです。お父さま、お母さまへお願い。電線の近くでは、タコを絶対あげないように、お子様へご注意下さい。毎年九州では、約二、〇〇〇個ものタコが電線にひっかかっています。もしタコが電線にかかったら、危険ですから自分でとらずに、最寄りの当社営業所へご連絡下さい。●電柱にのぽって取るのはやめ●電線を竹ざおでつつくのは大変危険です。そのために停電して近所のみなさまに大変迷惑をかけることがあります。タコあげは電線のないところで小原小四年立脇廣三新年の決意ひろばこどものわりの人にめいわくをかけてばかりいた。ぼくのライバルである友幸君よりも下手で、家の人からもよく注意された。特に姉がきびしく「康三は、うまく楽器がひけんがごと、たびたびバカにされた。それで、ぼくは、はらがたって、そのたびに「ようし、見ていろ、練習してうまくなり、みんなをびっくりさせてやるぞごと思うのだが、三日ぼうずで、すぐにやめてしまった。それで、また姉からバカにされてきた。だから、今年こそは、練習を続けて、楽器えんそうがうまくなり、姉からもほめられるようになりたいと思う。次に出てきた反省点は、読書をしなかったことだ。お母さんや先生たちから。たびたび本を読むようにすすめられた。読書をすると自分のためになるということは、よくわかっているのだが、よだきいので、ほとんど読まなかった。今年こそは、テレビを見る時間を少しへらして、読書量をふやしていきたいと思う。まだまだ反省することは、たくさんあったが、必ず実行していくために二つを目標にした。今年は五年生になるので、学校での責任も重くなってくると思うが、歯をくいしばってがんばり、十二月三十一日をえ顔でむかえたい。ぼくの一年は、今年の目標を立てることから始まる。毎年、じっくり考えて目標を立ててきたが、とちゅうでわすれてしまい。「今年もだめだったあ」と、こうかいばかりしてきた。そこで、今年こそ、目標を守りぬくために、今まで以上にいろいろ考えた。そして、去年の悪かったことを反省してみて、それを今年の目標にしようと思った。最初、出てきた反省点は、勉強がよくできなかったことだ。特に音楽が苦手で、楽器がうまくひけなかった。けんばんハーモニカもふえも、ざつ音ばかり出して、ま完成した山小屋虎年を契機に自然保護の大切さをもう一度みんなで考えたいものですね。虎よりも人間の所業だということでしょうか。ました。七世紀までに書かれた日本書紀にはすでにその名が出ていますし、天武天皇の朱鳥元年(六八六年)には虎の皮が大陸から渡来しています。そして、大陸文化とともに、虎に関する故事、諺がいろいろ伝えられ、いまも広く知られています。たとえば、日ごろなんとなく使う『虎視たんたん(眈眈)』をはしめ、『虎の威をかる狐』『虎の尾をふむ』、『虎口をのがれる』などいろいろあります。いずれも虎が強いもの、危険なものとして登場してます。では虎の巻とはどういうことかと調べてみましたら、中国古来の兵法書、つまり、いくさの仕方を教える書物に由来する言葉のようでした。ところで、最近は乱伐や焼畑農業によって熱帯雨林が減少し、森林に棲む虎の生存も脅かされています。本当に恐ろしいのは、虎は中国をはじめ、東南アジアなどには広く分布していますから、エトのつくられた中国では、なじみのある動物だったのです。もっとも、虎は日本で見ることができないにもかかわらず、その存在はかなり早くから知られていだそうです。『虎の子』と言う言葉もこのあたりから来たのでしょう。虎はエトの動物たちのうち、日本に棲んでいない唯一の動物です。もっとも、辰(竜)もいませんが、これは想像上の動物ですからどこにもいません。一つ別の解釈があるようです。さて、その虎は何をしに千里の道をあわてて帰るのでしょうか。実は、虎は自分の子供のことが心配で戻るのだといいます。恐ろしいものの代表のように言われている虎ですが、大変に子供を大切にするの『虎は千里を行って、千里を帰る』という諺があります。一般には、勢いの盛んなこと″の例えとして用いられますが、もう今年は寅年昨年は、広報「ひのかげ」の御愛読ありがとうございました。今年も行政と皆様方のパイプ役として皆様方のためになる広報紙づくりをスタッフ一同心がけていくつもりです。どうぞ、今年も皆様方からの御意見、ふるさとの話題の提供をよろしくお願いいたします。あけましておめでとうございます編集室から老朽化していた傾山の山小屋「九折越小屋」の建替え工事が進められていましたが、このほど完成し、大分県の三重、緒方、宇目の三町と、本町の関係者など二十名が去る十二月十七日うっすらと雪化粧をした傾山に集り落成式を行いました。完成した山小屋は、丸太造り四十平方メートルで、一度に三十名が収容できます。傾山は、祖母傾国定公園の主峰であり。春のアケボノツツジ、冬の樹氷など、登山愛好者から喜こぼれており、山頂からの展望や独立した岩峰は、九州の代表的な山として有名です。山小屋が完成
1 4259 広報ひのかげ 第237号 1985年1月発行 19850101 1月 m19_acv-hinokage_198501_0237_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198501_0237_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第237号 1985年1月発行No.237新年号あけましておめでとうございます本年も町民のみなさんにとって素晴らしい年となりますように1985年元旦町長梅戸勝惠明けましてお目出とうございます。年頭に当り謹しんで新年のご挨拶を申し上げます。内外ともに諸情勢の多難ななか、皆様方の暖いご支援と、積極的な取組みによりまして、日之影町は躍進する年、昭和六十年を無事迎えることが出来まして、誠にご同慶にたえません。本町の昨年は、さしたる災害や大きな事故等もなく平穏な年でございました。農作物では、特に水稲が近年希な農作であり、果樹等は、裏作に当り減収でございましたが、価格が良く、一昨年に続いて壱億円の大台は突破するものと考えられます。さて、昨年一年間を振り返って見ますと、まず年度当初に町の財政確立と行政の効率的な運用の面から、ダンプカーの廃止、公用車の集中管理など、行財政建全化計画に基づき、その実施に積極的に取り組んでまいりました。これもひとえに町議会をはじめ、町民の皆様方のご支援、ご理解と、当然のことながら職員の協力によるものと深く感謝申し上げる次第でございます。また地場産業を堀起こし、活力ある町づくりは私の基本姿勢でありますので、農村総合整備モデル事業を始め諸々の制度事業を最大限に活用し、実施に際しては、農協・森林組合・商工会等各機関の皆様と有機的な連携を保ちながら、事業を積極的に進めてまいりました。なお、財政状況の厳しいときではございますが、国道二一八号バイパスについては順調に進み、昭和五十九年度末に八戸、六十年度末に槇峰迄の開通が確実になりました。また、大規模林道はいよいよ舞台が宮水〜大人間の架橋となり莫大な予算を必要としますので、これからが正念場を迎えることになりますが足ぶみは許されませんので、全力投球で頑張る覚悟でございます。また、約五十年にわたり県北民の足を支えてきた国鉄高千穂線に対し、運輸大臣の廃止承認がなされましたが、郡民の国鉄存続への希望は強烈なものがあり、官民挙げて存続への願いを込め、運動を展開しているところであります。さらに八月七日、日向灘地震による槇峰の崖崩れは、国道、鉄道両線とも二週間程全面通行止になり、西臼杵郡内の産業経済を完全に麻痺させて、その被害は計り知れぬものがございました。これを機会に、バイパスの整備促進を進めるために民間団体等の協力を結集して、一市四町による期成同盟会の発足を見ることが出来ました。いよいよ本年三月、県民待望の東西九州の連絡橋とも申すべき青雲橋が開通し、町の活性化に大きく役立つものと確信を致して居ります。また、新年度からバイパス沿線の環境整備と浮揚策として、約四億円を投じ、営農飲雑用水事業を予定して居ります。町民の皆様、このときこそ乾坤一擲、踏張って頂き、農山村の冷え込んだ過疎からの脱却を計りたいものであります。申し上げるまでもなく、健全財政の確立は、今、自治体に課せられた避けて通れぬ課題でございますが、一方では行政需要は、年を追う毎に多様化し増加の一途をたどるのみであります。この現状から行財政の逐行に当っては、選択を誤らず最小限の経費で最大の効果を上げる努力を必要と考えて居ります。豊かな町づくりの原動力となるものは、七千四百町民が切瑳琢磨し、その団結の力と意欲的な取り組みの外にないと考えます。二十一世紀に対応し得る行政姿勢・産業構造・人づくりは、新年の大きな目標であります。この目標を目指し新春を踏み出そうではありませんか。最後に、皆様のご多幸を祈りながら年頭のあいさつと致します。恭賀新春町議会議長真田勇明けましておめでとうございます。議会を代表いたしまして、一言新年のごあいさつを申し上げます。輝やかしい新春を町民の皆様とともに迎えることができましたことは、誠にご同慶に堪えないところであります。さて、昭和五十九年の一年を顧りみますと、相変らず農林畜産物の価格は外国との貿易摩擦によって安値を続け、いつ回復するかその見通しすらたたず、本町のような第一次産業を中心とする山村地域においても、依然として農外収入に頼らざるを得ないのが実態であります。国道二一八号は、昨年東洋一高い青雲橋が完成し、六十年度には槇峰まで日之影バイパスの開通が予定され、他方、大規模林道においても六十四年度を目途に、大人宮水間架橋工事が完成するよう鋭意努力がなされております。町議会といたしましても、これを機会に地域開発調査特別委員会を設置し、総合的見地から町の活性化を図るため色々検討を進めておりますが、少しでも町民の皆様方の意見を反映させるためアンケート調査も実施したところであります。また、既設道路については、本町にとって最も憂慮される集中豪雨や台風が昨年は来襲することもなく、昭和五十九年こそ災害のない穏やかな年ではないかと思われましたが、皮肉にも今度は地震によって国鉄線路や国道二一八号に被害を被り、お盆前後の最も忙しい時期に長期間交通止めになったことは記憶の新しいところであります。落石の危険がある断崖の下を、土木機械類のまだ発達していない大正末期に開設された本国道は、カーブが多く幅員が狭いため危険箇所が相当あり、本町発展の大きな阻害要因の一つでもあります。昨年十二月、延岡市から五ヶ瀬町まで一市四町による各種団体の皆さんによって、国道二一八号整備促進期成同盟会の設立総会が開催されました。本線は、九州中部の東西、延岡市から熊本市を結ぶ唯一の横断道路で、沿線地域の産業・経済・文化・観光の大動脈であり、重要生活路線であることから既設国道の改良とバイパス工事が一日も早く完成するよう建設省をはじめ、関係省庁に強力な運動を展開しようというものであります。一方運輸省は、昨年六月国鉄高千穂線を第二次廃止対象路線として承認いたしました。私達は廃止には絶対反対であり、あくまでも国鉄として存続させ運営するよう努力しなくてはなりませんが、国鉄高千穂線の存続は今のところ乗車密度を高めること以外に、これといった手段も見当りませんので、町民の皆様方におかれましても国鉄高千穂線の利用にご協力下さいますようお願い申し上げる次第であります。利便性を高め、住みよい豊かな町づくりはまず交通網の整備であろうと存じます。国県町道も国鉄もその機能を十分発揮することがすべての本町発展の最たるものであり、町議会といたしましても最大の努力を決意しているところでございます。また長期化する経済の低迷によって、昭和六十年度政府予算は一段と厳しいようであります。公共事業費の減額や生活保護費など、社会保障費をはじめ多くの事業に対する地方公共団体への国庫補助負担率を一律に引き下げるなど。一方的な地方への負担転嫁を迫っています。よって本町のような自主財源のとぼしい市町村にあっては、一層苦しい状況に追い込まれるものと予想されますが、本町で予定された事業の遂行にあたっては、最大の努力をすることが私どもの使命であることを心新たに肝に銘じておりますので、今後共宣敷くご支援ご協力下さいますようお願い申し上げます。終りに町民各位の益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、私の年頭のごあいさつといたします。昭和58年度日之影町決算報告一般会計歳入歳出決算総括グラフ歳入歳出表1寄附金使用料及び手数料繰越金財産収入自動車取得税交付金諸収入地方譲与税町町税債県支出金商工費議会費分担金及び消防費負担金衛生費民生費教育費土木費総務費公債費地方交付税農林水産業費国庫支出金災害復旧費歳入歳出昭和59年度第4回定例町議会が12月10日から21日までの日程で開かれ、昭和58年度日之影町一般会計決算など24件の提出議案が可決されましたので、その中から昭和58年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。昭和58年度日之影町一般会計決算は、歳入総額4,383,255,270円、歳出総額4,319,027,537円で前年度にくらべて歳入で20.5%、歳出で19.9%の伸びとなっており、歳入、歳出差引64,227,733円のうち42,200,000円を財政調整基金へ繰入れ、また残りの876,000円を繰越明許費の財源として、21,151,733円は翌年度の財源として繰越しました。歳入、歳出を性質別(表2)にみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が90.2%を占めており、町税などの自主財源は9.8%となっております。歳出では、義務的経費が27.4%、投資的経費が59.2%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりです。歳入歳出差引残額翌年度へ繰越すべき財源基金への繰入翌年度への繰越表2性質別歳入歳出決算その他自主財源分担金及び負担金諸収入その他維持補修費補助費等町債町税その他物件費その他人件費義務的経費扶助費依存財源国庫支出金歳入県支出金地方交付税災害復旧費投資的経費歳出普通建設事業費公債費昭和58年度末町債現債額町債別件数現債高構成比昭和58年度表3投資的経費の主なもの一般一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設整備事業辺地対策事業災害復旧事業事業名<普通建設事業費>・道路新設改良事業事業費会厚生福祉施設整備事業・林業地域総合整備事業計過疎対策事業減収補てん債財源対策債・農村総合整備モデル事業・河川改良事業県振興資金・林道開設整備事業その他・第三期山村振興事業計・学校整備事業この表は、58年度末における町債の借入額です。町債は、公共施設や学校などの建設その他の事業を行なうために・がけ地近接危険住宅移転事業国などから借り入れるものです。・土砂崩壊防止事業軽自動車税電気税表5木材引取税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりで・暖地営農村づくり事業・橋梁整備事業・へき地教職員住宅建設事業すが、固定資産税が最も多く46.2%、ついで・消防施設整備事業たばこ消費税町民税が36.4%、たばこ消費税9.9%の順となっており、全体では昨年度より9.4%の伸・林地崩壊防止事業・交通安全施設整備事業町税固定資産税びとなっております。「たばこは町内で買い・かんがい排水事業ましょう」町民税たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入りたばこで約32円が町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。※(表6)の図は、昭和58年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。<災害復旧事業>・土木災害復旧事業・農業施設災害復旧事業・農地災害復旧事業・林道災害復旧事業表4特別会計決算表会計名歳入歳出残高一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額国民健康保険簡易水道奨学資金老人保健災害復興資金59町の主な出来事体力つくり優秀町として国民会議議長賞受彰(10月20日)国鉄高千穂線第2次廃止対象路線に承認さる(6月22日)昭和59年6月22日に、運輸大臣が国鉄高千穂線を第2次廃止対象路線として承認しまし日頃から町民の健康と体力増進運動に力を入れてきた本町に「体力つくり国民会議議長賞」が送られました。これは、本町が「あすを築く日之影町体力つくり推進協議会」を組織して、町をあげて広範囲な運動に取り組んでいる点が評価されたものです。(写真は昨年7月に行われた体力つくりバレーボール大会と今回贈られた賞)た。それに反対する抗議大会が、7月12日に延岡市で行われ沿線住民一丸となった存続運動が展開されることになりました。(写真は乗車運動の盛り上る国鉄高千穂線の日ノ影駅)新農業委員決まる。選挙は無投票(7月10日)新農業委員が、決まりました。農業委員は、選挙によるものが11名、議会推薦によるものが5名、農協、農業共済組合推薦によるものが各1名となっており、農業委員会はこの18名で構成されています。任期は、昭和59年7月20日から昭和62年7月19日までとなっています。(写真は新農業委員による委員会風景)(写真は、新日之影上から見た青雲橋)の人々から親しまれるでしょう。今後は、日之影町のシンボルとして、観光の目玉として永く多くしました。この青雲橋、今年の4月から供用が開始されますが、月と総工費39億を費やし、昨年12月28日、その全ての工事を完了全長420m、高さ137mと東洋一の高さをほこる青雲橋が9年の歳12月28日青雲橋完成(本年4月渡りぞめ式)「町産業の振興方策について」産業振興対策審議会が答申(8月11日)町産業振興対策審議会(真田勇会長〔町議会議長〕)では、町長がら諮問され「本町産業の振興方策について」約8ヶ月間にわたって慎重に審議した結果をまとめ、8月11日に町長に答申しました。また町ではこの答申をふまえ、昨年、農業振興地域整備計画や過疎地域振興計画を策定し、60年度から中長期的な住みよい町つくりをめざして各種事業を推進していきます。(117ページにおよぶ答申書と答申書の授受をする梅戸町長(右)と真田会長(左)ひのかげ“21”まちづくりシンポジウム始まる(6月8日)町民1人1人が、真剣に町の将来を考える足がかりとするため、町では「ひのかげ“21”まちづくり」と題したシンポジウムを、今後開催していく事になり第1回目が6月8日「町の将来を考える」第2回目が11月8日に「町の農業を考える」のそれぞれのテーマで開催され、多くの町民が参加しました。(大蔵省・竹中主任外3名と室田埼玉大学助教授をパネラーに迎えた第1回「日之影町の将来を考える」シンポ風景)17部県消防操法大会に出場(9月14日)郡消防操法大会の小型ポンプの部で見事優勝した本町の第5分団第17部(旭区)は、9月14日西臼杵支部代表として県消防学校で行われた県消防操法大会に出場しましたが、猛練習の成果もむなしく、第8位の成績となりました。(第17部による操法大会風景)自然保護連絡協議会発足(7月7日)20数年来の大雪(1月19日)1月18日、午後から降り始めた雪は、翌19日には多い所で1m、少ない所でも30cmと積り、一時は町内道路が全面交通止めとなりました。これは、記録によると25年ぶりというものでした。(写真は一面銀世界となった新日之影地区)(写真は見事な天然林の残る見立地区の国有林)機関に調整を求めていくことを確認しました。協議会では、「自然林を保護してもらいたい。」と関係大崩山系の自然保護連絡協議会Lを設立しました。然林を伐採から守ろうと、県境を越えた6町が「傾・宮崎と大分両県にまたがる祖母傾国定公園内の自八戸みどりの少年団に環境庁長官賞(5月)結成以来10年間にわたって、道路の清掃、学校の森つくりと保護に取り組むなど、自然保護やその活動を通じて、青少年の健全育成、こ大きく貢献してきたことがみとめられ、八戸みどりの少年団に環境庁長官賞が贈られました。(緑化推進西臼杵支部植樹祭〔4/5〕に植樹をする少年団)その他の主な出来事・国道218号バイパス中村トンネル完成・日之影クラブ(女子バレー)波瀬甲斐学さん(砲丸投げ)全国青年大会出場・椎谷地区第1回ふれあい農業祭開催・八戸地区新農構(地区再編)事業実施地区指定・第1回青年祭開催・国道218号地震のため槇峰八峡間17日間交通止め・平清水生活改善センター完成・県しいたけ品評会で準優勝・「知事と語ろうみんなの県政」開催さる。・県緑化推進協議会西臼杵支部植樹祭舟ノ尾で実施・初代ミス青雲橋誕生・押方勉氏藍綬褒章受章議会報告昭和五十九年第四回定例会は、十二月十日に招集され会期を十二月二十一日までの十二日間と定めたあと、町長から提出議案に対する提案理由の説明がありました。今回の付議事件は、昭和五十八年度一般会計並びに各特別会計決算認定及び昭和五十九年度一般会計並びに各特別会計補正予算が主なものです。尚、上程された議案は次のとおりです。議案第四十七号西臼杵郡公平委員会を共同設置する地方公共団体の数の増加及び西臼杵郡公平委員会規約の変更について地方公務員法により「公共団体の組合は条例で公平委員会を置くものとする。」と規定されていますが、西臼杵郡衛生組合での単独設置は容易でないということから、西臼杵郡公平委員会への加入を認めることに伴う規約の一部改正です。議案第四十八号日之影町旅費条例の一部を改正する条例の制定について。職員が長期に亘り研修、講習及び訓練等で出張する場合の旅費条例を一部改正するものです。議案第四十九号日之影町重度心身障害者医療費助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について。議案第五十号日之影町母子家庭医療費助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について。議案第五十一号日之影町乳幼児入院医療費助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について。以上、議案第四十九号から議案第五十一号までの三議案は、健康保険法の改正により昭和五十九年十月一日から被保険者本人も医療費の一部を自己負担しなければならなくなったことに伴ない、その負担分を公費により助成することについて条例を一部改正するものです。議案第五十二号日之影町火入れに関する条例の制定について。森林法の一部改正に伴ない、市町村において林野火災の防止に万全を期するために条例を新しく制定するものです。議案第五十三号日之影町過疎地域振興計画の策定について。今回の策定は過疎地域振興特別措置法に基づき、昭和五十五年に策定した前期計画が本年度までの五箇年で終了することに伴ない、昭和六十年度から昭和六十四年度までの五箇年間の計画を新しく策定するものです。議案第五十四号日之影町土地改良事業の施行について。本事業はため池等整備(土砂崩壊防止)事業として、大楠地区排水路二百メーターを町営として実施するものです。議案第五十五号日之影町町道路線の認定について。道路法の規定により鶴の平諸塚線延長三百五十メーター外六線の町道認定について議会の議決を求めるものです。議案第五十六号昭和五十八年度日之影町一般会計歳入歳出決算の認定について。議案第五十七号昭和五十八年度日之影町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について。議案第五十八号昭和五十八年度日之影町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について。議案第五十九号昭和五十八年度日之影町奨学資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について。議案第六十号、昭和五十八年度日之影町老人保険特別会計歳入歳出決算の認定について。議案第六十一号昭和五十八年度日之影町災害復興資金事業特別会計歳入歳出決算の認定について。以上、議案第五十六号より議案第六十一号までの計六件決算の概要については本紙四〜五ページに掲載されているとおりです。十二月十二日一般質問が行われました。質問の要旨並びに質問者は次のとおりです。一般質問一、本町における道路交通網の整備促進について。(一)岩井川地区の国道(日之影バイパス)に接続する幹線的道路開設について。七番議員尾崎克己一、本町の特産振興と観光開発について。(一)青雲橋開通に伴う両岸の観光整備と特産品販売所の開設について。(二)本町基幹作物としての果樹園団地づくりについて抜本的対策。二番議員工藤訓一、減反施策に伴う耕地高度利用について。(一)集団グループ育成(二)特産品目の選定五番議員山室宗義一、国有林の有毒薬剤使用に伴う町の対応策について。二、日之影町健康づくりについて。十番議員橋本高重十二月十七日は、昭和五十八年度各会計決算認定六件に対する総括質疑が行われ細部審査についてはそれぞれ各関係委員会へ付託されました。なお、この日議案第五十四号が事業実施の関係により審議され原案のとおり可決されました。十二月十八日は総務委員会(文教厚生委員会並びに経済建設委員会との連合審査会)が昭和五十八年度日之影町一般会計歳入歳出決算を、十二月十九日には経済建設委員会が昭和五十八年度日之影町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算を、また文教厚生委員会は昭和五十八年度日之影町奨学資金事業ほか三特別会計の歳入歳出決算認定についてそれぞれ委員会を開催し、原案のとおり本会議において可決すべきものとして決定されました。十二月二十一日の最終日は、議案第四十七号から議案第六十一号までの計十四件と追加議案九件について審議されましたが、先ず初日に上程された議案十四件が審議されいずれの議案も活発な質疑討論が展開され全て原案のとおり可決されました。次に追加議案として町長提案八件と議員提案一件が上程されましたが、慎重な審議がなされた結果全て原案のとおり可決されました。追加議案の内容は次のとおりです。議案第六十二号日之影町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について今回の改正は人事院勧告に伴う国家公務員の給料、諸手当の改訂に準じ改正するもので職員一人当りの改訂串は平均三・三%となります。議案第六十三号日之影町議会の議員の報酬費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について議案第六十四号町長、助役、収入役給与条例の一部を改正する条例の制定について。議案第六十五号日之影町教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について。議案第六十三号より議案第六十五号までの改正は、昭和五十七年六月以降改訂をしていませんので他団体との均衡等を考慮し、特別職報酬等審議会に諮問し、答申に基づき六十年一月一日より次のとおり改正するものです。職名改正前改正後町長助役収入役教育長議長副議長委員長議員議案第六十六号昭和五十九年度日之影町一般会計補正予算(第二号)議案第六十七号昭和五十九年度日之影町国民健康保険事業特別会計補正予算(第三号)議案第六十八号昭和五十九年度日之影町国民健康保検病院事業会計補正予算(第二号)議案第六十九号昭和五十九年度日之影町簡易水道事業特別会計補正予算(第一号)以上の各会計補正予算四件は、職員給与等の改正による人件費等の補正ですが、一般会計では、道路整備事業、公民館補修補助金、災害復旧費等の追加が主なもので、現予算に三千六百十六万一千円を追加して、歳入歳出の予算総額を三十九億二千五百十七万六千円とするものです。意見書案第五号地方バス維持整備に関する意見書について本案は議員発議により提案されましたが、運輸省は地方バスの補助について昭和六十年度以降五ヵ年間の制度延長をはかり、そのなかで第三種生活路線への補助を三年間継続するとの措置を講じました。しかし、このことは法律にもとづく措置でないため弱い要件であり、地域住民の生活を守る地方バスの維持整備には、政府にそれに必要な立法措置を講していただくよう関係機関に強く要請するため町議会の意見書を提出しょうというものです。以上町の振興計画を策定町では、法に基づく計画期間が今年度で終了する次のふたつの計画を新たに策定しましたが、各計画とも八月の産業振興対策審議会答申をふまえるとともに本町の将来変革要因や向こう五〜十ヶ年間を展望した内容のもので、六十年度からこの計画を基本に町づくりが進められます。◆農業振興地域整備計画昭和四十八年に「限られた農地の確保と有効利用」を基本に策定されたが、国道バイパスの開設等土地利用形態が大きく変化したことから変更の必要が生じ、農業経営の安定と新たな土地需要への対応を基本として適正な運用で農用地の確保などが進められることになっています。◆過疎地域振興計画昭和五十五年度からスタートした前期五ヶ年計画が終了したため六十四年度までの後期計画を策定したもので、交通通信体系の整備を中心に、教育文化、生活環境及び福祉施設、医療、産業の振興など町の振興施策全般にわたって事業が盛り込まれています。主なものとして、無線施設、宮水地区営農飲雑用水施設、日之影中及び高巣野小学校の新築、宮水保育所、青雲橋周辺の整備が計画されています。前期過疎計画で計画され57年度に完成した宮水小学校体操の道を決めた母のひとこと成人の日というと、すぐに思い浮かぶのは、茶色の背広です。大学二年の時ですが、ちょうど体操の競技がある日とぶつかって、成人式に出席できませんでした。その夜、アパートに帰ると、おふくろから小包が届いていました。開けてみると、それは新調した茶色の背広でした。ポケットに小さな紙きれが差し込んであり、おふくろの字で「成人、おめでとう」と書いてありました。その文字を見て、初めて成人となった実感がひしひしとわいてきて「これからは、自分の力で生きていかなくちやいけないんだ」と、決意を新たにした日のことが、まだ昨日のような気がしてなりません。わたしが、体操をやろうと心に誓ったのも、実はおふくろのひとことでした。昭和四十三年のメキシコ・オリンピック当時、小学校の六年生でした。テレビで加藤沢男選手のウルトラCの離れ業を見て、ぼくの目は画面にクギづけになりました。「あれはトリックだよね。インチキだよね」茶の間で、わたしは思わずそう叫びました。すると一緒にテレビを見ていたおふくろが、「なにいうてんねん。あれは本当の演技やないの。何度も何度も失敗して、ケガにも負けずに練習してきたから、あないになったんやないの」「ぼくだって、頑張ればできるかな?」「できる、できる‐」そう答えてくれたおふくろの「できる」という言葉が、わたしに体操の道をひたすら歩もうと決めさせたのです。ロサンゼルスのオリンピックは、十六年間の体操人生を送ってきたわたしにとって、最後の正念場でした。いい知れぬプレッシャーがありました。けれど、「最後は精神力しかないのだ」と自分にいい聞かせ続けました。そして、とうとう手にした金もう、立ち上がれないと、自暴自棄にも似た気持ちでした。そんな時、高校の恩師から一通の手紙が届いたのです。「おまえは全日本にも世界選手権にも、まだ優勝していない。ましてや、オリンピックという大きな目標があるだろう。その目標に向かって、細い細いクモの糸みたいな可能性であっても、それを突破するための努力を死ぬ気でやらないのでは、何のために生きているのか……」そう書いてありました。この手紙を読んで、わたしは自分の甘さを、痛烈なほどに恥じまし身につけてほしい“これだけは任せて”といえるもの具志堅幸司'84ロサンゼルス・オリンピック体操男子個人総合金メダリストメダル‐わたしにとって奇跡が起こったというしか言いようがありませんでした。体操をやめようと思ったことも……ここまで来るまでには、つらい日々もありました。昭和五十二年に左足靭帯を、翌五十三年にはアキしス腱をそれぞれ切断、わたしは打ちのめされ、奈落の底に突き落とされた感じでした。体操をやめようと思いました。た。そして再起への道を歩みだそうと、心を新たにしたのです。目標に向かって努力をわたしが体操というスポーツに全生命をかけてこられたのも、考えてみれば、「体操が好きだ」ということに尽きると思います。そんなわたしが、二十歳を迎えた人たちに、ぜひとも言いたいのは、“好きなことを一日も早く見つけ、その道のエキスパートとなるために精進してほしい”ということです。スポーツに限りません。英語でもいいし、文学でもいい、音楽でもいい、とにかく「これだけは、わたしに任せてほしい」と言えるような好きな道を見つけていただきたいと思います。それを見い出したら、目標を立てて努力することです。目標があれば、途中で挫折してはいけないという切なる気持ちがわき上がってくるはずです。その自然と起こってくる力が“根性”なのではないかと思います。いまでもわたしは、八年前のあの成人の日におふくろが贈ってくれた背広を、ときどき着てみることがあります。すると、成人の日のあの思いがよみがえり、力がわいてくるような気がするのです。二十歳を迎えられた皆さん、成人おめでとう!〈ぐしけん・こうじ〉昭和31年11月12日大阪生まれ。54年3月日本体育大学卒業。現在、同大学・特別指導員。'84ロサンゼルス・オリンピック体操男子個人総合で金メダル。昭和55年〜57年全日本体操競技選手権大会三連覇。59年同選手権優勝。成人おめでとうお知らせコーナー“町職員を募集します”日之影町では、職員募集要綱に基づき、次のとおり町職員の募集をします。一、職種別採用予定人員(1)一般事務職男子(若干名)(2)保健婦職(一名)二、応募資格(1)各職種とも学歴は問いませんが、高等学校卒業程度以上の学力を必要とします。ただし、保健婦については資格免許を必要とします。(2)年令(ア)一般事務職昭和30年4月2日から昭和42年4月1日までに生れた者(イ)保健婦職昭和25年4月2日から昭和38年4月1日までに生れた者三、応募の条件(1)町内居住者又は町出身者に限ります。四、応募の手続(1)所定の受験願書に履歴書を添え、役場総務課に提出して下さい。五、応募の期限(1)昭和60年1月18日(金)まで郵送の場合は、当日消印まで有効とします。六、試験の期日第一次試験昭和60年2月中旬第二次試験昭和60年3月上旬七、試験の場所(1)日之影町中央研修館八、その他(1)受験願書、履歴書用紙は、役場総務課で用意したものを御使用下さい。(2)詳しくは、役場総務課管理係(電話7‐2111番)へお問合せ下さい。三種混合予防接種が実施されます昭和五十九年度の三種混合(百日咳、破傷風、ジフテリア)の予防接種を次の日程で実施します。該当される方はぜひ受けてください。一、該当者初回免疫として四週間隔で三回受けなければならないもの、昭和57年1月1日〜昭和57年12月31日までに生れた幼児二、追加免疫として一回受ければよいもの=昭和56年1月1日〜昭和56年12月31日までに生れた幼児※予防接種場所はいずれも町立病院で実施します。◎一回目一月二十二日(火)午後二時〜三時まで◎二回目二月二十一日(木)午後二時〜三時まで◎三回目三月二十五日(月)午後二時〜三時まで三、料金無料四、母子手帳必ずご持参ください。タコあげは電線のないところでタコあげのシーズンです。お父さま、お母さまへお願い。電線の近くでは、タコを絶対あげないように、お子様へご注意下さい。毎年九州では、約二、〇〇〇個ものタコが電線にひっかかっています。もしタコが電線にかかったら、危険ですから自分でとらずに、最寄りの九電営業所へご連絡下さい。・電柱にのぼって取るのはやめましょう。・電線を竹ざおでつつくのは大変危険です。そのために停電して近所のみなさまに大変迷惑をかけることがあります。歳時記獅子舞いがらりと玄関の戸があいて「おめでとうございます」と威勢のいい声とともに獅子舞いが現れると、子供たちはあわてて奥にひっこみます。お正月にこんな風景が見られたのも昔の話。赤い顔に金歯をギラギラさせた獅子頭、そして体には緑に白の唐草模様の布をかぶった獅子舞いが、万歳などとともに、家々を門付けして回ったものです。獅子は、厄ばらい、家内安全を祈って踊ります。特に子供は、獅子の口で頭を噛んでもらうと健康に育つといわれていたので、獅子は子供を見ると口をパクパクさせます。それが怖くて、子供たちは逃げまどいました。また、この獅子は火災を防ぐ、いわゆる火伏せの御利益もあるといわれていたようです。ところで、正月は伝統的な行事を振り返るいい機会です。また、文化財についても関心を持ちたいもの。一月二十六日は文化財防火デーです。昭和二十四年のこの日、世界最古の木造建築である法隆寺金堂の壁画が焼失しました。それをキッカケに昭和三十年に文化財保護法ができ、二度と文化財を“火”で失わないよう、一月二十六日を文化財防火デーとしたのです。わたしたちも、身近な文化財を大切にしたいものです。親子で自然に親しもうたこを揚げよう簡単なビニールだこの作り方1市販されているゴミ袋を下の図のような六角形に切り取る。24ミリ角の木材をセロテープでとめる。3糸目の穴は、セロテープで補強する。4たこを揚げるときは角材のついているほうを内側にする。完全な設計でできているゲイラカイトは、だれが揚げてもよく揚がります。それに比べて自分で作ったたこや和だこは揚げるのにも工夫が必要。それだけに、うまく揚がったときの喜びは格別です。たこ揚げのコツ1大切なのは糸をつける位置(糸目のつけ方)です。下図を参考に、風の強さによって工夫しよう。2糸は少しずつくり出そう。3たこがクルクル回り出したら糸を出そう。糸目のつけ方一般的なつけ方風の強いとき風の弱いときミア(現在のイラクを中心としたいきたいものです。紀元前三〇〇〇年ごろ、メソポタかくにも角つき合わさずに仲よく牛に引かせたすきによる耕作は、芻しながら生きるもよし、とにも技術”だったことが分かります。きるもよし、のんびりと人生を反ますと、牛はペットどころか“新さて、今年の丑年、モウ烈に生しかし、歴史をさかのぼってみうばわれてしまったようです。ないでしょうか。っかり耕うん機などに、その座をトとしてのイメージが強いのではた。かっての新技術も、いまやす童話の世界に出てくるようなペッ牛の働く姿が見られなくなりましのんびりと暮らしている乳牛は、とはいえ、最近では、めったにことのない若者たちには、牧場で分かります。として田畑を耕しているのを見た技術として“君臨”してきたかがが流行しています。牛が役牛から、いかに長い間、牛が新トとして、なぜか白と黒の牛進歩は見られないといいます近ごろ、若い人のマスコッるまで、牛をしのぐ技術上のさまざまでしょう。蒸気機関が発明・実用化されの貿易自由化問題、と思いはて、十七〜十八世紀になってそれとも厚いビフテキ、牛肉一つだとされています。そしますか。のんびり、のっそり、動力に利用した最初の試みのは牛というとどんな連想をし人間が自分の肉体以外の力をさて、今年は丑年、あなたようになりましたが、これはおきます。運搬などにも牛が用いられるの提供をよろしくお願いして“今年は丑年”その後、農業のほか交通、らの御意見、ふるさとの話題ということです。りです。どうぞ、今年も皆様方か力に革命的な進歩をもたらした、をスタッフ一同心がけていくつも堀り返すことができ、農業の生産皆様方のためになる広報紙づくりに比べ、はるかに広い田畑を深くも行政と皆様方のパイプ役としてこの新技術は、くわによる耕作読ありがとうございました。今年ていたそうです。昨年は、広報「ひのかげ」の御愛地域)やエジプトで“発明”されあおけごめまざでしいとてまうす編集室から
1 4616 広報ひのかげ 第656号 2020年1月発行 20200115 1月 m19_acv-hinokage_202001_0656_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_202001_0656_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第656号 2020年1月発行No.656「第70回日之影町成人式」(歌舞伎の館1月4日撮影)今月号の主な話題●新年のあいさつP2●消防始式P3●成人式P4●2019主な出来事P5●住民税申告日程P7新年のあいさつ町民の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。日頃から町政全般について、温かいご理解とご協力を賜り、深く感謝申し上げます。昨年5月、天皇陛下が御即位され、「令和」の時代を迎えました。皇位継承の重要儀式がつつがなく行われ、新たな時代の幕開けを皆様とともにお祝いできましたことを心からお慶び申し上げます。さて、昨年を顧みますと、気象庁の予報においても「これまでに経験したことがないような」という表現が多く発せられ、8月末の九州北部、9月と10月には東日本を中心とした豪雨により各地で河川が決壊するなど、日本列島に大きな被害をもたらしました。本町では直接的な被害は少なかったものの、延岡市では竜巻が発生したことにより建物を中心に大きな被害が発生したほか、町内でも多くの世帯で長時間の停電が生じることとなり、自然災害に対する日頃からの備えが求められています。農林業につきましては、天候不順による稲作への影響があったものの「高千穂ひのかげ栗」は昨年度を上回る量を確保でき、肉用牛につきましても、子牛価格は高値で推移しました。本年度から森林環境譲与税が創設され、この財源を活用した人材育成や担い手の確保、循環型林業の構築、本町林業の活性化に向けた取り組みを加速してまいります。社会資本の整備では、5月に九州中央自動車道の一部となる高千穂日之影道路の新平底トンネルが貫通しました。令和3年内には、日之影深角IC〜平底交差点間か完成する見通しであり、早期の供用開始に向けて、関係機関と連携を深めてまいります。教育の新たな取り組みでは中学生海外派遣交流事業を行い、希望者8名を海外に派遣しました。先月、シンガポールからの受け入れを行いましたが、ホームステイや体験授業などの相互交流を深めることで、町の将来を担う子ども達の国際感覚の醸成に努めました。また、昨年度から整備を進めていました道の駅「青雲橋」がリニューアルオープンしました。新しい道の駅は、木造一部鉄骨造りの2階建てで、延べ床面積は従来の約2倍となり、木の香りが漂う空間には、農産物直売所やレストランのほかに、展望デッキや観光案内所を設けました。町の農産物認証制度の基準を満たした日之影産の農産物のほか、観光案内所には観光協会職員が常駐し、本町が進める森林セラピー基地や世界農業遺産、ユネスコエコパークとの連携を踏まえた、町内観光施設の案内、観光体験メニューの情報発信に努めてまいります。役場新庁舎建設工事につきましては、12月に安全祈願祭が執り行われました。新庁舎は、鉄筋コンクリート造の3階建て、1階には行政執務室、図書館、町民ホール、和室等、2階には、行政執務室のほか、災害対応の拠点となる防災会議室、図書館の2階部分には、一部図書閲覧スペースと学習スペースを設けます。3階には、議会機能を集約し、傍聴席を設けます。新庁舎が完成いたしますと、防災拠点施設、文化交流施設、高齢者等に優しい施設、高度情報化社会等に対応した施設として、今後ますます多様化する行政需要に対応する基盤が整うものと考えており、令和2年度末の完成を予定しております。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化していく中で、町民生活の安全・安心の確保、過疎化・少子高齢化対策、基幹産業である農林業の振興、商工業の活性化、雇用の創出、住環境の整備、交通・情報ネットワークの利便性の向上、水源の里の振興等の課題に的確に対応し、町民の目線で町民とつくる対話と協働の町政を基本姿勢に、誇りを持って住み続けたいと思える町づくりに取り組んでまいりますので、町民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びに、皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢令和2年消防始式1月5日、令和2年日之影町消防始式が日之影小グラウンドで挙行されました。分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、役場まで行進し、河川敷駐車場で発水試験が行われました。また、消防団活動に功績のあった方々に対し表彰状が渡されました。「第18部班長」黒田泰広「第14部班長」井植博志「第13部班長」工藤建樹「第7部班長」谷川誠「第17部部長」鶴留章広○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰(田﨑透本部付分団長夫人)田﨑理恵様○家族表彰◎宮崎県消防協会会長感謝状「第13部団員」田﨑翔陽「本部付分団長」田﨑透○親子団員表彰◎宮崎県消防協会会長特別表彰「第18部部長」甲斐康弘「第12部部長」田鹿司「第11部部長」坂本安史「第10部部長」工藤庄吾「第7部部長」河野誠矢「第6部部長」甲斐将史「第4部部長」米田英史○精績章「第3分団長」雨宮秀樹「第2分団長」堀口真嗣○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰「本部付分団長」津隈直人「本部長」甲斐修治○精績章◎日本消防協会会長表彰(甲斐修治本部長夫人)甲斐加代子様○家族表彰◎宮崎県知事感謝状「部長」中山雄治「副分団長」甲斐友師「副分団長」山本恵「副分団長」岩本尚格「本部付分団長」西村正綱◎宮崎県知事表彰■令和2年消防始式被表彰者坂本坂本瀧川清水飯干成人山本工藤甲斐○退職団員表彰永年勤続15年以上◎日之影町長感謝状「第13部団員」坂本善行「第13部団員」大村強「第10部団員」高木哲也「第4部団員」大村祐介「第3部団員」高岡博之「第16部班長」甲斐将央「第13部班長」関春生「第13部班長」中山治「第11部班長」坂本幸一郎「本部班長」谷川○団員表彰◎日之影町長表彰「第18部団員」飯干勝広「第13部団員」工藤光弘「第4部団員」甲斐勝仁「第8部班長」平川武「第5部班長」岩本幸利「第13部部長」佐藤雅宏「第8部部長」松中伸悟「第5部部長」瀧川雅大「本部付分団長」田﨑透○永年勤続20年表彰◎日之影町長表彰「第10部班長」福川勝志「第9部班長」甲斐秀史「第7部班長」甲斐政則「第6部班長」飯干直樹「本部長」甲斐○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰「第18部団員」甲斐健太「第12部団員」米田大幸「第12部団員」工藤昌彦保健順英英仁有修豊徳二一二之志美治「第17部団員」松岡祐司「第16部団員」甲斐亮平「第13部団員」奈須龍也「第10部団員」矢通和樹「第3部団員」甲斐秀之進「第3部団員」河野通房「本部団員」甲斐恵美里「本部団員」興梠佳菜美○団員表彰◎日之影町消防団長表彰「大山」森山浩一様「榎迫」榎木太助様「追川」戸髙建一様「一の水」甲斐眞二様「末市」丹波保紀様○防火水槽設置土地無償提供◎日之影町長感謝状甲斐真吾押方英隆甲山口泰斐聡清保工藤大祐平田吉人富士本浩一郎広島誠津隈健二祝!成人おめでとうございます第70回日之影町成人式が1月4日に歌舞伎の館で行われました。今年成人を迎えたのは、平成11年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた35人で、式典に出席した34人(男性21人/女性13人)を代表して田﨑翔陽さん(平底)に佐藤町長より成人証書、河野萌々花さん(東町)に記念品が渡され、新成人誓いのことばを橋本敦也さん(松の木)が述べました。式典終了後は山室和輝さん(大人東)、工藤有紗さん(楠原)の進行で「二十歳のつどい」が行われました。つどいでは、中学校時の写真や恩師のビデオメッ式典の様子セージが放映され、保護者と一緒に懐かしく鑑賞しました。新成人の主張では、谷川薫さん(平底)、甲斐美至さん(崎の原住宅)、中山駿さん(平底団地)が、それぞれ新成人としての意見を発表しました。田﨑翔陽さん河野萌々花さん橋本敦也さん山室和輝さん工藤有紗さん谷川薫さん甲斐美至さん中山駿さん年末年始の地域安全運動出発式役場新庁舎新築工事安全祈願祭年末年始の地域安全運動期間にあわせて、12月11日「日之影・八戸駐在所連絡協議会」による防犯パトロール出発式が行われました。日之影地域安全少年隊と一緒に町内のパトロールを行い、防犯や交通事故防止について呼びかけを行いました。県内では、うそ電話詐欺が連続発生しています。一人ひとりが防犯に努めましょう。12月6日に新庁舎が建設される町民センター跡地(宮水地区)で、安全祈願祭が行われました。令和3年1月末完成を目標に、本格的な工事が開始されます。安心・安全を第一に関係者一同、工事を行いますので、町民の皆様のご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。2019年主な出来事4月9月◆日之影町林業研究グループ九州地区交換研修大会最優秀賞受賞10月◆田中万葉さん(日之影中3年)県中学校英語暗唱・弁論大会最優秀賞受賞11月◆「日之影町農産物認証制度」スタート5月◆まちなか図書館「中央保育園」オープン◆道の駅青雲橋リニューアルグランドオープン6月◆イー・アンド・エムグループ連携協定◆八戸小学校を囲む会7月◆八戸小みどりの少年団発表大会最優秀賞受賞宮崎県みどりの少年団活動12月◆日之影町役場新庁舎新築工事着工◆シンガポール中学生派遣交流事業ずっと忘れられない出会いになりました~中学生海外交流派遣(未来の翼)事業~12月6日から10日まで、シンガポールの中学生と先生方、計11人の皆さんが日之影町を訪問しました。今回の訪問は、本年度から始まった「中学生海外交流派遣~未来の翼~事業」を受けて行われたものです。シンガポールの生徒は、8月に派遣された日之影中の生徒との久しぶりの再会をとても喜んでいました。滞在期間中は、セラピーウォーキングや神楽の見学、中学校での授業など、交流を深めました。最終日には、日之影中の生徒とシンガポールの生徒が別れを惜しみつつ、大人になってからの再会を約束する姿も見られました。今回の交流は、日之影の中学生にとっても、国際感覚を磨くよい機会になりました。【セラピーウォーキング前】【神楽の見学】【交流授業(美術・彫り物作り)】【交流授業(保健体育・剣道)】【交流授業(国語・習字)】【フェアウェルパーティ(お別れ会)】分たちの利益を最優先にしてだないと思うのです。大自然為的な要因であり、人間が自の強者は弱者の犠牲の上に立態が起きています。全てが人聞き共に発展していく。本当わけもんの主張西臼杵支会予選会若者が選挙や政治に対して日頃考えていることや求めていることについて意見発表する、「第14回わけもんの主張西臼杵支会予選会」が12月14日、高千穂町で開催され、日之影町からは木下楓那さん(神影中)と河野大樹さん(町役場地域振興課)の2人が発表しました。審査の結果、木下さんが最優秀賞、河野さんが優秀賞を受賞し、木下さんは2月に宮崎市で開催される県大会に出場します。※発表内容は要約しています。響により、種の絶滅という事はなく、味方につけて意見を間が生物環境に与えている影たち弱者をただ従わせるのではありません。けれど今、人ます。権力のある強者が若者れによって命が途絶えること尊重してほしいと心から願い生きと生きて子孫を増やしそす。彼らの意見にも耳を傾けありません。草食動物も生きる人はたくさんいると思いまているのかというとそうではもなすべきことを模索してい草食動物がそれに怯えて生き生経験の未熟な若者であって肉食動物が横暴にふるまい、たことは悲しいことです。人だと思いますが、自然界では、の批判の対象となってしまっのようなことわさびできたのんが一部の政治家や大人たちを殺して食べることから、こ示してくれました。グレタさります。肉食動物が草食動物て勇気を持ち行動する強さを上に強者が栄えること」とあなく、若い世代に自分を信じ言葉を引くと「弱者の犠牲の付き」を与えてくれただけで広辞苑(岩波書店)でこの界に環境問題に対しての「気ます。きました。彼女の言葉は全世弱肉強食という言葉がありを批判している記事を見て驚「循環」木下楓那が高校生のグレタさんの意見しれません。私はその政治家には耳の痛い意見だったかもちも多く、各国の政治家たち違和感や怒りを感じた大人た激しく厳しい彼女の言葉にました。が演説して世界の注目を集めのグレタ・トゥーンペリさんェーデンの16歳の環境活動家れた気候行動サミットにスウ今年9月、国連本部で行わ任を感じました。事実に、一人の人間として責きた結果なのです。私はその入庁してから様々な業務を経はいけないと考えています。たち自身が考え、動かなくてをよりよくするためには、私私たち「わけもん」の生活ていると感じます。問題の解決には政治が直結しんが、業務を行う中で様々な人も多くいるのかもしれませ直接関係がないと考えている選挙や政治は自分の生活にィアで取り上げられています。る政治運動の様子が連日メデす。一方で海外では若者によガティブな報道が多く有りまや政治に関する無関心などネ等で、日本の若者の政治離れレビ、新聞、インターネット「選挙の投票率は低下傾向」テ「住民主体」河野大樹います。リーダーを排出するのだと思認識が、新しい時代の新しいの中を作っていくのだという若い世代一人一人が、次の世たちも政治に関心を持ちます。役に立つ。すると自ずと若者若者の意見が尊重され社会の乗り越えていけるでしょう。ちを取り巻くあらゆる問題をは美しい循環となって、私たすることで生まれる信頼関係循環しています。互いを尊重の弱肉強食はそうして調和しと思います。之影町を盛り上げていきたいすればよいのかなど考え、日が課題となっているか、どうるべく、日頃からどんなことそして、私たちが主体となとが必要だと思います。く我が事として考えていくこ必要ですので、他人事ではな町を活性化していくためにもわけもんの意見を反映させ、治参加として選挙があります。大切だと思います。身近な政何らかの形での意見の主張はって町づくりをしていく中でります。わけもんが主体となこの町を担っていくこととな今後は私達「わけもん」がす。考え、動いて行こうと思いま上げるためにも住民と一緒にも住民が主体となり町を盛り役場の職員としてこれからり組みを行ってきました。巻き込んで意見交換などの取決めていくのではなく町民を民に伝わるよう、行政だけでる」という意識が少しでも町ました。「自分の町は自分で守てしまうという危機感を持ちしなければ日之影町は消滅しな報道がありました。なにもと本町にとってショッキング数年前「消滅可能性都市」う言葉を多く見聞きします。験する中で「住民主体」とい保健センターからこんにちは不妊治療費の助成制度について■一般不妊治療費の助成助成金額/助成期間●1年度当たり上限10万円●助成期間・・・2年間●助成対象期間・・・平成31年3月から令和2年2月分までの診療が対象です。●申請期限・・・令和2年3月末日までに保健センターに申請してください。対象となる一般不妊治療●不妊症スクリーニング検査●排卵誘発法●タイミング法●精液検査●精巣精検●人工授精●その他、医師が必要と認めた検査及び治療■特定不妊治療費の助成対象者※高千穂保健所または宮崎県内の保健所で「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の申請をした方が対象となります。助成金額/助成期間●1年度当たり上限20万円●助成期間・・・最長5年間対象となる特定不妊治療●体外受精または顕微授精※詳細は宮崎県のホームページをご覧ください。☆詳細は日之影町のホームページをご覧になるか、保健センターまでご連絡ください。第2弾放送高血圧予防の番組『目指そういきいき健康血管今日から始める高血圧予防』を放送します!保健センターでは、宮崎県立看護大学と共同して、町民の皆さんの健康づくり支援事業を展開しています。その一環として、ケーブルテレビ放送(12チャンネル)において高血圧予防の番組を放送します。保健師を目指している看護大生が、高血圧についてその原因や予防方法などを「わかりやすく、楽しく!!」を心がけてお話ししています。ぜひ、一度ご覧ください。【放送内容】1知ろう!防ごう高血圧編2美味しく改善高血圧予防の食事編3正しく知ろう!血圧測定方法と高血圧の内服治療4楽しく改善高血圧予防の運動撮影風景ひのかげの輪に気をつけて頑張ります。返しをしながら4人の孫の成長を楽しみに健康苦労をかけた母ちゃんを大事にし、糸平に恩若野則幸さん(65歳:糸平)『人生此から』ん」をご紹介したいと思います。一人でも多くの「ひのかげんもしていくものです。わずリレー式に友人・知人を紹介況を報告しながら、老若男女を問このコーナーは、町内の方が近佐藤利恵さん(45歳:波瀬)『感謝』ットも、(笑)持ちを忘れず笑顔で頑張ります。あと、ダイエの言葉でしかありません。これからも感謝の気さんの人達、友人に恵まれて今があるので感謝毎日、手さぐりの日々を送っています。たくじゅんじゅんの挑戦こんにちは!緑のふるさと協力隊の今泉潤です。新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。人間というのは不思議なもので、年が明けると去年までの辛かったことや思い悩んでいたことも全て忘れるかのように「今年もきっと良い年になるぞ!」と、自然と元気が湧いてきますよね。泣いても笑っても一日は一日。日常生活で起きる一瞬一瞬の出来事を大切に噛みしめながら、隊員として残りの任期を過ごしていきたいと思っています。さて、新年一発目はこちらの写真を選ばせて頂きます!昨年の12月に人生初の注連縄作りに挑戦しました。家の玄関や神社でよく飾られている注連縄。日之影町内でも至る所で見かけますが、正直今まで全く意識して見ていませんでした(笑)。ですが、実際に自分の手で作った縄をじ~っくり眺めてみれば、なんとも言えない美しさ、神聖さを感じます。五穀豊穣、家内安全、子授けなど様々な想いを込めて一つ一つ作られます。僕の大切な方々が、そして日之影町全体が今年も明るく充実した一年が過ごせますように。◎問い合わせ先地域振興課緑のふるさと協力隊第26期生今泉潤地域おこし協力隊通信木田伸代こんにちは。地域おこし協力隊の木田です。寒さがだんだん厳しくなってきましたね。寒さが苦手な私は毎日起きるのかとても辛いです。2カ月ぐらい前の話になるのですが、11月1日に道の駅「青雲橋」がグランドオープンし、それに伴い(一社)日之影町観光協会のプライベートブランド【ハレノヒ】商品もデビューいたしました!!【ハレノヒ】商品のコンセプトとして特別な日(ハレの日)に大切な方が喜んでもらえるような贈り物として、また自分へのご褒美として楽しめるものとなるように願いを込めて作った日之影町観光協会のプライベート商品です。これらの【ハレノヒ】商品は道の駅「青雲橋」でお買い求めいただけます。ハレノヒクッキーやハレノヒベーグルは日之影のお店の方に協力していただき、何度も話し合ってできあがった商品で、道の駅限定商品として販売しております。その他にも歌舞伎グッズやジビエの燻製など販売しておりますので、道の駅にお寄りの際はぜひ!【ハレノヒ】商品も見てくださいね~!んも募集しています)者が町内出身の方のお子さまでご連絡ください。(保護(87‐3910)役場地域振興課才前後のお子さんを対象)は、●掲載を希望される方(3ゃんと遊んでます。毎日元気にお兄ち充希さんの長女大祐さん(東宮水)平成31年2月13日生まれ★工藤充結ちゃんすくすく育ってね子どもの広場【宮水小学校編】みんなで餅つきサンタ?からのプレゼントじゃんけんゲーム八戸小のお友だちも参加してくれました!顔の花が咲きました。とを目的としたPTA主催の行事です。今年もたくさんの笑動を1と2月お15し日てふ、れ児あ童いだのけ夕でべながく行保わ護れ者ま同し士たも。親こ睦れをは深、め交る流こ活令和2年ぼく、わたしの目標!~今年中学生になる6年生~る!○小学校六年間で習った漢字をすべておぼえ小川櫂○三学期に習う漢字をほとんどおぼえる!橋本翔ことが出てこないようにする!○習ったことを復習して、あとでわからない平川綾乃○だれにでもあいさつができるようになる!藤本真綾○けがをしないで健康にすごす!工藤昌也○中学校までに自分の苦手なことをなくす!濵田楓姫ちゃんと読む!〇テストで読まずに書いてまちがえたから、工藤吏功○気持ちのよいあいさつをする!佐藤央規る!○習った漢字は復習をして忘れないようにす甲斐紀登〇元気よく学校に行く!甲斐風河住民税申告受付を行います2月12日(水)~3月13日(金)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。申告は早めに済ませましょう!税務課では、令和2年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場と時間そ確認してお越しください。また、次の事項にご留意ください。◎牛の飼育農家の申告は、2月第3週、第4週です。◎収入が年金だけの方は、申告は不要です。(気になる方は、税務課へお電話ください。)1.申告用書類をご用意ください。領収書・控除証明など、特に農業経費調べはまとめていないと受付けできません。2.2月12日から役場税務課でも申告を受付けます。平日の午前9時から午後6時(前日までに電話予約された方のみ受付けます。)3.申告相談を受付けます。申告についてご不明な方は、税務課(℡87‐3901)へお電話ください。令和2年度住民税申告日程た方)書(事前に届出をされ利用者識別番号通知運転免許証等は個人番号通知書と★個人番号カードまた必ずお持ちください!月日実施時間地区名実施会場牛飼育農家の受付椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区八戸上地区、四ヶ惣地区岩井川中尾地区、追川地区、山附地区小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区末市、高巣野椎谷西深角東深角牛飼育農家以外の受付鹿川(牛の所得申告も含む。)中川(牛の所得申告も含む。)赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木、椛木住宅稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山松の内、新畑、奥、大菅、楠原、谷下、吐の内【牛飼育農家のみ受付】います。日程を別にしてがかかるため、※牛の申告に時間中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館椎谷営農研修館団七の館鹿川営農研修館中川営農研修館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館さくら館乙草、上栃の木、栃の木、松の木、鶴の平、長迫、上小原糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹徳富、七折中尾、長谷川、波瀬平底、平底団地、一の水、影待追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅、新日之影上、新日之影中、新日之影下、神影上、神影中、神影下袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、桍谷住宅平清水、小菅、戸川竹の原、西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬中村、上下顔大楠、岩井川中尾、中崎、小崎予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)田植え踊りの館小川の郷中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場※問い合わせは、税務課(℡87-3901、FAX87‐3911)へお願いします。~第3回町立小・中学校教職員研修会~目指せ!学力向上11月27日に、第3回町立小・中学校教職員研修会が行われました。今回は、本年度から始まった「町教育研究指定校等事業」で研究指定校となった宮水小学校が、これまでの研究の成果を披露しました。最初に行われた、小学3年・5年での算数の研究授業では、どのようにして答えを導き出したのかを子ども同士で伝え合う学習が行われました。子ども達の発言を聞いてみると、友達の考えのよさだけでなく、こういう方法もあるのではないかと、自分の考えをはっきりと伝える姿も多く見られました。授業後に行われた授業研究会では、町内の教職員が、参観した授業の「参考となる点」「改善が必要な点」を出し合い、グループの代表者が全体の場で発表しました。研修会の最後では、北部教育事務所から授業をよりよくするためのアドバイスをいただきました。今回の研修会は町内の教職員にとって、自分の授業を見つめ直し、子ども達に学力をつけるために何をすればよいのかを考える機会になりました。宮水小学校青雲朝市参加12月15日に宮水小学校5年生の児童が、道の駅「青雲橋」で開催された青雲朝市に参加し、生産活動の一環として学校で育てたもち米66kgを販売しました。子ども達は、生産から販売までの流れ、明るいあいさつや笑顔での接客など、いろいろなことを体験しました。令和2年度日之影町奨学資金新規貸付日之影町教育委員会では、大学・高校・各種専門学校生を対象に「令和2年度日之影町奨学資金新規貸付」の受付を行います。【貸付額】◎定期貸付(月額)・大学等30,000円・高校等15,000円◎入学一時貸付(入学時に1回のみ)100,000円単位で・大学等上限600,000円・高校等上限300,000円の内、必要とする額。無利子ですが、卒業1年経過後に定期貸付は「貸付を受けた3倍の期間内」に、入学一時貸付は月額5,000円ずつ、全額を返済していただきます。留年、退学の場合はその時点から返還となります。卒業後、日之影町へ定住する場合は返済免除の制度があります。【申請書等の提出期限】…通常は令和2年3月23日ただし1入学一時金についての受取を3月末日までに希望される方は、令和2年3月9日(月)2入学一時金の受取が月々の貸付金の初回分と同じ(4月下旬)で良い方は、令和2年3月23日(月)【提出していただく書類】貸付申請書・合格通知書(写)・卒業する学校の成績証明書・所得証明書※合格発表前でも申請受付出来ます。(不合格時には取消となります)※成績証明書は学校へ早めに申請必要【問い合わせ先】教育委員会お知らせのページ町民のつどい開催「第36回日之影町民のつどい」を次のとおり開催します。町民の皆様の多数の参加をお願いします。【日時】2月9日(日)午前9時〜午後2時30分(予定)【場所】宮水小学校体育館◎問い合わせ先教育課社会教育係特設人権相談所を開設します延岡人権擁護委員協議会では、「特設人権相談所」を開設します。相談は無料で、秘密は堅く守られますので、どんな相談でも、どなたでもお気軽にお出かけください。【日時】2月12日(水)午前10時から午後3時まで【相談場所】保健センター「総合相談室」【相談員】人権擁護委員※町内で、人権擁護委員として法務大臣から委嘱を受け活動されている方々は、次のとおりです・甲斐秀明さん(西深角)・中内泰男さん(東宮水)・細木栄子さん(中央通り)◎問い合わせ先総務課困ったら一人で悩まず行政相談1苦情や困っていることがある2相談してみたが説明に納得がいかない3制度の仕組みが分からない4どこに相談したらよいか分からないなど、困りごとがありましたら、行政相談委員にご相談ください。町では、下記の日程で行政相談を開設します。相談は無料で、秘密は固く守られますのでお気軽にご相談ください。【日時】2月12日(水)午前9時〜正午【場所】保健センター【行政相談委員】米田正さん※なお、行政相談は、総務省宮崎行政監視行政相談でも受け付けています。全国どこからでも同じ番号でかけられる行政苦情110番、℡0570‐090110をご利用ください。◎問い合わせ先総務課総務省宮崎県行政監視行政相談センター令和2年度がん検診一括申込について「令和2年度がん検診一括申込書」を、各世帯に配布しました。必ず中身を確認していただき、同封の説明書を参考に「一括申込書」をご記入後、各地区の地域健康協力員または、事務連絡員ヘ1月31日までにご提出ください。直接保健センターに提出されてもかまいません。提出がない場合や記入漏れがありますと、希望する「がん検診」を受診できなくなる可能性がありますのでご注意ください。◎問い合わせ先保健センター保健予防係いつでもどこでもスマホ申告スマートフォン(以下「スマホ」といいます。)で所得税の確定申告書を作成し、e‐Taxで申告することができます。1月から、給与所得(年末調整済の給与のほか、年末調整未済、2か所以上にも対応)のほか、年金収入や副業等の雑所得がある方など、スマホ専用画面をご利用いただける方の範囲が広がり、スマホでの申告が大変便利です。【スマホでe‐Tax】スマホからe‐Taxで申告するために、次のいずれかの方法がお選びいただけます。1マイナンバーカード方式(令和2年1月31日以降)「マイナンバーカード」と「マイナンバー読取機能を搭載したスマホ」をお持ちの方は、マイナンバーカードの電子証明書を読み取って、スマホ専用画面からe‐Taxで送信できます。2ID・パスワード方式事前に税務署で職員と対面による本人確認を行った後に発行される「IDとパスワード」があれば、スマホ専用画面からe‐Taxで送信できます。詳しくは、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/)をご覧いただくか、最寄りの税務署にお尋ねください。延岡税務署確定申告書等にはマイナンバーの記載が必要です社会保障・税番号制度の導入に伴い、平成28年分の申告書等からマイナンバーの記載が必要となっています。なお、マイナンバーを記載した申告書等を税務署へ提出する際には、申告されるご本人の本人確認書類の提示又は写しの添付が必要となります。また、自宅等からe‐Taxで確定申告書等を送信する際には、本人確認書類の提示又は写しの添付が不要となりますので、是非、e‐Taxをご利用ください。《本人確認書類の例》例1・マイナンバーカードの表面及び裏面の写し例2・通知カードの写し+運転免許証又は公的医療保険の被保険者証の写しなど詳しくは、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/)をご覧いただくか、最寄りの税務署にお尋ねください。延岡税務署令和2・3年度指名願の受付について令和2・3年度指名競争入札参加資格審査申請(指名願)の受け付けを行います。令和2・3年度に指名競争入札の参加を希望される事業者は、申請書の提出をお願いします。【受付期間】令和2年2月1日(土)〜令和2年2月29日(土)まで「提出方法」郵送又は持参(土日・祝日は郵送のみの受付)【受付項目】建設工事、測量・建設コンサルタント、清掃等業務【提出書類】日之影町ホームページに掲載【受付場所】総務課◎問い合わせ先総務課行政係は、たき火をしないこと。1枯れ草等のある火災が起きやすい場所で努めていただきますようお願いします。の事項について十分注意し、山火事予防に山火事が多発する傾向にあることから、次宮崎県内では例年1月から3月にかけて野火災予防運動を実施いたします。標語に、1月27日から1月31日にかけ、林「守りたい森と未来を炎から」を統一林野火災予防運動が実施されますポリテクセンター延岡訓練課◎問い合わせ先お越しください。※2月6日(木)の施設見学会にも、ぜひワーク)【申込先】最寄りの公共職業安定所(ハロー(ただしテキスト代等は必要)【受講料】無料【入所資格】求職中の方【募集期間】令和2年1月6日〜2月27日ビジネスワーク科10人電気設備技術科15人福祉住環境リフォーム科25人金属加工技術科10人テクニカルオペレーション科15人【訓練科】9月30日(6ヶ月間)【訓練期間】令和2年4月3日〜・知識を身につける訓練を行っています。ポリテクセンターは、ものづくりの技能職業訓練生4月入所生募集(離職者対象)教育委員会◎本の貸し出しに関するお問い合わせんか?ています。ぜひご家族で読んでみませカルでわかりやすい文章と絵で描かれ子どもさんでも親しめるよう、リズミこの絵本は、七福神のことが小さなどんな神様たちなんでしょうか?をみたことがあると思います。宝船に乗った七人の神様の絵やおき物みなさん、七福神を知っていますか?原良平〈画〉〕(株)こぐま社七福神」です。〔みきつみき〈文〉・柳今月の絵本は、「どんぶらどんぶら今月の絵本6火遊びはしないこと。を投げ捨てないこと。5たばこの火は必ず消すとともに、吸い殼を受けること。4火入れを行う場合は役場(消防)の許可をしないこと。3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れすること。2たき火の場所を離れるときは完全に消火(歌舞伎の館)26日高齢者大学・高齢者教室20日巡回診療(見立・仲組)乳幼児健診(保健センター)19日障がい者就業巡回相談/(保健センター)18日子どもの予防接種「青雲朝市」(道の駅青雲橋)16日第56回おひさまのおかげ(保健センター)行政相談/人権相談(中央研修館ほか)12日住民税申告受付開始(宮水小学校)9日第36回日之影町民のつどい2月の主な行事松の木押方良章様●奨学資金寄付(教育委員会12月受付)仲畑工藤知彦さん母シゲ子さん古園飯干年夫さん母アサエさん松の木押方良章さん母ミヨ子さん大人上甲斐祐一朗さん母縫子さん住所遺族名続柄故人名●香典返し(社会福祉協議会12月受付)ありがとうございました人のうごき日之影町内の12月の事故・事件○人身事故○死者○負傷者○物損事故編集後記あけましておめでとうございます。今人口男女合計出生死亡転入転出○事件(刑法犯)◇高千穂警察署からご挨拶年もよろしくお願いします。日本でオリンピックが開催される2020年、「子年」は、再び新しい十二支のサイクルがスタートする年でもあります。また、ねずみ年は繁栄の年です。この記念すべき年を新たな気持ちで、まちの中・山の中を駆世帯数け巡りたいと思います。(こよし)町の話題宮崎県知事賞【手芸】藤岡郁子氏第53回さんさんクラブ作品展示会宮崎日日新聞社社長賞【手芸】柏木久子氏宮崎県老人クラブ連合会会長賞【彫刻】佐藤正顔氏努力賞【彫刻】津隈長生氏【手芸(押し花絵)】山室ミス子氏【絵画】谷川房子氏第53回さんさんクラブ宮崎作品展示会がメディキット県民文化センターで、12月5日から12月7日まで開催されました。日之影町から6点の作品が出品され、手芸の部で神影中の藤岡郁子さんが宮崎県知事賞を東日之影の柏木久子さんが宮崎日日新聞社社長賞を受賞されました。また、工芸の部で松の内の佐藤正顔さんが宮崎県老人クラブ連合会会長賞を舟の尾の津隈長生さんが努力賞を受賞されました。高齢者大学開催今年もサンタがやって来ました12月18日に高齢者大学(参加者60人)を歌舞伎の館で開催しました。今回は、世代を越えた交流を目的に、日之影保育園の園児11人による、歌や踊りなどのお遊戯の披露と、一緒にじゃんけん肩もみ大会を楽しみました。高齢者と子どもたちが交流を深めながら賑やかな歓声に包まれ楽しいひとときを過ごしていました。日之影町青年団による「サンタの宅配」が12月23日に行われ、サンタに扮した青年団員が、各家庭からお預かりしたプレゼントを届けました。町青年団ではこの他にも地域や子ども達を通して様々な交流活動を行っています。青年団の活動に興味のある方は、教育委員会(℡87‐3919)までお問い合わせください。
1 4242 広報ひのかげ 第225号 1984年1月発行 19840101 1月 m19_acv-hinokage_198401_0225_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198401_0225_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第225号 1984年1月発行No.225新年号あけましておめでとうございます昭和59年元旦青雲橋にかける日之影昭和46年9月国道218号日之影バイパスが着工されると同時に、町民が夢にまで見た「青雲橋」が架かり、現在のところ昭和60年開通が予定され、今後の日之影町は、産業、文化など、あらゆる面での発展が期待されます。今年も、みなさんにとってすばらしい年となりますよう、お祈りいたします。町長梅戸勝惠新年を迎え謹しんで年頭のごあいさつを申し上げます。年あらたまり、爽やかさとはれやかさを感じますが、特に昨年末の総選挙で新内閣が誕生いたしまして森羅万象悉く新鮮さ漲る新年であります。昨年は、お陰さまで台風等さしたる被害もなく、農作物、果樹等も順調でございましたが、仔牛価格の低迷と木材の売れゆき不振は、本町の基幹作目だけに問題を残した年でありました。本町における昨年の課題は災害復興であります。一昨年受けた災害総額は約二十九億五千万円で、その内約97%に当る二十八億七千万円を五十八年度末までに完了する予定で事業を進めております。こうした事業が実施出来ましたのも、町民各位の意欲的な取りくみと各関係機関の献身的なご援助ご協力の賜物であり、心からお礼を申し上げます。昨年はいろいろなことがございましたが、中でも四期十六年に亘り本町発展のためご尽力戴きました前藤寺町長のご勇退、町議会の新しい構成、東洋一高い青雲橋の閉合、大規模林道の宮水〜大人間の着工等が特筆すべきことでございます。今年はいよいよ青雲橋が完成し東西九州を結ぶ唯一の大動脈である日之影バイパスも八戸から開通し、町の活性化に大きく役立つものと確信しておりますが、同時に町の様相も一変してまいりますので、これを機会に冷えこんだ農山村の産業構造、教育、文化、生活環境等の建てなおしをはからねばなりません。また、国の経済成長率も実質で2〜3%と安定いたしておりますものの経済事情はなお厳しく、国の予算もご案内のとおりマイナスシーリングであります。町の財政も五十八年度予算は総額約三十二億円に対し自主財源は僅か十%の約三億五千万円にしかすぎず、ほとんどを国県に依存しているのが現状であり、健全財政の運営は本町の大きな課題であります。これからは一段と地方自治運営の原則のもとに、最小の経費で最大の効果を上げる努力を辛抱強く続けていかねばならないと心しているところであります。しかし、他方においては厳しい時代の流れや当町の現状をかえり見るときいささかの停滞、足ぶみも許されませんので、効率的な行財政の運用を図りつつ、あらゆる分野に先端技術をとり入れ地域格差をつけられないための頑張りを必要とする時と考えます。行政需要は、時代の流れと共に多様化し増加する今日であります。村おこし、人づくりなどを中心とした新しい町づくりは住民の幸せを追求することであり、私ども行政に課せられた絶対的使命であります。議会をはじめ町内各機関の有機的な繋りによる団結の力と町民各位のご協力なくしては、町勢の進展は不可能なことでございます。心を新たに町の発展と住民福祉向上のため全力を傾注してまいる決意でございますので、ご支援ご協力を切にお願い申し上げます。町民の皆様のご健勝と御多幸を祈念して年頭のごあいさつといたします。恭賀新春町議会議長真田勇明けましておめでとうございます。議会を代表いたしまして一言新年のごあいさつを申し上げます。輝やかしい新春を町民の皆様と共に迎えることができましたことは、私として誠に御同慶に堪えないところであります。さて、昭和五十八年の一年間を顧りみますと、五十七年のあの未曽有の災害も皆様をはじめ行政、議会が一体となり、国県の援助のもとに復旧工事も順調に進んでおりますことは、町民のご協力の賜物と深く感謝申し上げる次第であります。また、国道二一八号日之影バイパス建設工事も順調に進み、青雲橋も無事ドッキングできましたことも、これ一重に県並びに関係者ご一同のご努力によるものと衷心より感謝と敬意を表する次第であります。この日之影バイパスの全線が開通するのも六十年度が目途とされており、これに伴い日之影町は大きく変るのではないかと想像されますが、議会といたしましても時代の流れに対応できる豊かで明るく住みよい町づくりに懸命な努力をいたす決意でございます。昨年は統一地方選挙をはじめ参議院、衆議院議員と選挙の年でもありました。日之影町議会においても昨年二月、十四名の議員が選任され、早くも一年が過ぎようとしています。心機一転、心を引き締め、各般に亘る町政発展のため最善の努力を傾注してまいりましたが、今後においても諸問題が山積しております。広域水道建設事業をはじめ交通通信網の整備促進、農林業の基盤整備、商工業の振興、教育環境の整備など具体的に数をあげれば限りありません。今日まで論議されてまいりました国鉄赤字ローカル線におきましても高森線が第一次、高千穂線が第二次廃止対象路線に決定しています。このことについては、延岡市、北方町並びに西臼杵郡民が一体となって廃止反対運動を続けておりますが、特にこの一市四町の議会においても国鉄高千穂線対策特別委員会をいち早く設置し、合同してその対策にいろいろ協議を重ね、町民の足として存続の方向に強く運動を展開しているところであります。また、農林業をはじめ、商工業を取りまく昨今の諸情勢は、長期化する経済不況にあえぎながら何とか活路を見い出せないものかと懸命な努力がなされているものの、その兆しさえ感じることのできないのが現状であります。したがって五十九年度の政府予算は、前年度に引き続き誠に厳しい状況のようであります。就中、地方公共団体においても本町のように自主財源のとぼしい市町村においては一段と厳しいものが予想されます。かと言って予定された事業については、節減できるところは節減をし、改善できるところは改善をして計画どおりの事業が実現できるよう懸命に努力することが町民の皆様から負託された私共の使命であることを心新たに肝に銘じ取組む覚悟でございますので、皆様のご支援ご協力を更にお願い申し上げる次第であります。終りに町民各位の益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、私の年頭のごあいさつといたします。昭和57年度日之影町決算報告一般会計歳入歳出決算総括グラフ歳入表1歳入歳出差引残額寄附金繰入金繰越金歳使用料及び商工費手数料財産収入自動車取得税交付金分担金及び負担金地方譲与税教育費諸収入町町税債県支出金地方交付税議会費消防費衛生費公債費総務費民生費国庫支出金土木費出農林水産業費災害復旧費翌年度へ繰越すべき財源基金への繰入翌年度への繰越歳入歳出昭和58年度第4回定例町議会が12月13日から23日までの日程で開かれ、昭和57年度日之影町一般会計決算など13件の提出議案が可決されましたので、その中から昭和57年度日之影町各会計決算について財政事情を公表いたします。昭和57年度日之影町一般会計決算は、歳入総額3,638,175,721円、歳出総額3,602,081,523円で前年度にくらべて歳入で25.29%、歳出で25.35%の伸びとなっており、歳入、歳出差引36,094,198円のうち16,480,000円を財政調整基金へ繰入れ、また残りの10,835,317円を繰越明許費等の財源として、8,778,881円は翌年度の財源として繰越しました。歳入、歳出を性質別(表2)にみてみます。と、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が89.76%を占めており、町税などの自主財源は10.24%となっております。歳出では、義務的経費が32.02%、投資的経費が52.82%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりですが、各会計とも実質収支は黒字となっています。表2性質別歳入歳出決算その他自主財源分担金及び負担金諸収入その他維持補修費その他補助費等その他国庫支出金町債歳入町税地方交付税依存源投資的経費物件費災害復旧費歳出人件費公債費義務的経費扶助費県支出金普通建設事業費一般会計昭和57年度末町債現債額町債別件数現債高構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設整備事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福祉施設整備事業過疎対策事業減収補てん債財政対策債財源対策債県振興資金その他計この表は、57年度末における町債の借入額です。町債は、公共施設や学校などの建設その他の事業を行なうために国などから借り入れるものです。表3昭和57年度投資的経費の主なもの事業名事業費<普通建設事業費>●しいの実保育園建設工事補助金●一の水児童プール遊園地整備工事●新農業構造改善事業●暖地営農村づくり事業推進補助金●農村総合整備モデル事業●県単かんがい排水事業補助金●ため池等整備事業●第三期山村振興事業●特産振興事業作業道開設工事●間伐促進総合対策事業費補助金表5軽自動車税電気税木材引取税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く46.77%、ついで町民税が34.80%、たば●作業路災害復旧事業補助金●林業地域総合整備事業●林道舗装工事●林地崩壊防止事業●町道交通安全施設工事たばこ消費税こ消費税10.75%の順となっており、全体では昨年度より5.23%の伸びとなっております。「たばこは町内で買い●道路新設改良事業●町営住宅建設及び取付道路工事●がけ地近接危険住宅移転事業補助金町税固定資産税ましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された●河川改良事業●防火水そう新設工事町民税本数によって町の収入の額が決まります。20本入りたばこで約32円か町の収入になります。喫煙者の皆さん、●宮水小学校改築に伴う諸工事●へき地教職員住宅建設敷地造成及び新築工事●体育館床張替工事たばこは是非町内で買いましょう。<災害復旧事業>※(表6)の図は、昭和57年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び●土木災害復旧事業●農業施設災害復旧事業表61人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです。●農地災害復旧事業●林道災害復旧事業●公立学校施設災害復旧事業住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額表4特別会計決算表会計名歳入歳出残高国民健康保険簡易水道奨学資金老人保健災害復興資金な5出8来ね事ん町の主県道向山・日之影線の大人橋が完成県道向山、日之影線の改良工事で、日之影、大人間に長さ44メートル、巾員7メートルの鉄骨構造の橋が、事業費1億3千3百万で3月末に完成しました。農協合併30周年を祝う昭和28年8月1日、七折農業協同組合と岩井川農業協同組合が合併し、日之影町農業協同組合として発足、当時の組合員数1,514名、出資金8百万円でスタート、ことし8月1日にはその記念行事を挙行しました。災害復旧工事急ピッチ町民を悲惨のどん底に落し込んだ一昨年の集中豪雨災害も、町民の根気強い努力で着々と前日し、最も被害の大きかった長谷川附近は急ピッチで工事が進んでいます。現在の災害復旧進度は、町全体で約80%を終り、59年度には完全復|日します。「ひのかげ朝市」はじまる町が地場産業振興の一環として、ことし7月から取り組んだ「ひのかげ朝市」は、毎月第二と第四日曜に開かれ、なかなかの盛況です。その他の主な出来ごと袴谷に住宅(10戸)完成さよなら九大診療班川上哲治氏来町日之影小バレークラブ郡内試合で連戦連勝相手なし農協長の工藤勝正さん黄綬褒章を受ける。平清水の故清水良市さん、勲六等旭日賞を受ける。八戸みどりの少年団、夕刊ディリー賞受賞1億円目標達成(果樹生産額)町果樹振興協議会が、生産増大を目指していた町内の果樹生産販売額が、58年生産額でついに1億円を突破しました。中でも栗の出荷額が大幅に伸びました。梅戸勝恵氏町長就任新町議14名誕生任期満了に伴う町長、町議選は1月31日に告示され、新町長には梅戸勝恵氏が就任。また、同時に町議会議員選挙も告示され、前回までの16議席が14議席になり、14名の新議員が誕生しました。青雲橋ドッキング昭和57年2月に上部工に着手した青雲橋(長さ、410メートル、高さ水面上から137メートル)は、8月7日(月)、1年6ヵ月の日数と約29億円余をかけて見事にドッキングしました。社会福祉法人“しいの実保育園”開設いままで季節保育所で対処していた椎谷地区に社会福祉法人和宏福祉会が4月から「しいの実保育園」を開設しました。この施設は、和光福祉会が総事業費5千97万5千円で建設したもので、日本自転車振興会補助金2千4百56万円、県、町補助金7百69万4千円の補助を受け自己資金1千9百81万2千円でできあがりました。大規模林道(宮水~大人間)に着手大分県宇目町と本県須木村をつなぐ、大規模林道第一工区(宮水・大人間)の2,180メートル(一部橋梁)の工事が、7月15日から宮水側ではじまりました。現在、大人追川間が4,380メートルは出来上っています。新病棟建設される旧第二病棟と伝染病棟をとりこわし、その跡に鉄筋コンクリート二階建の近代診療施設にマッチした一般病床25床を備えた病棟が完成しました。「第四回定例議会」議会報告昭和五十八年度第四回定例会は、昭和五十八年十二月十三日に招集され、会期を十二月二十三日までの十一日間と定めたあと、町長から提出議案に対する提案理由の説明が行われました。今回の付議事件は、専決処分事項の承認一件、昭和五十七年度各会計の決算の認定六件と、議員から提出された決議案一件の計八件でありました。なお、専決処分事項の承認についてと、議員決議案についてはただちに審議され原案のとおり可決され、また昭和五十七年度の各会計決算の認定については総括質疑が行われ、各関係委員会へ付託されました。主な議案内容は次のとおりです。議案第五十五号一、専決処分事項の承認について昭和五十八年度日之影町一般会計補正予算(第四号)は、衆議院議員選挙に伴う経費でありまして、選挙費を三百二十六万七千円追加し、歳入、歳出予算の総額を三十億七千九十四万五千円とするものです。一、議員発議案第三号シートベルト着用に関する決議について交通事故の防止、交通安全の確保は全町民の悲願であり、交通安全意識の高揚と被害軽減に最も役立つシートベルト着用を実践、普及することが目的で決議されたものです。議案第五十六号一、昭和五十七年度、日之影町一般会計歳入、歳出決算の認定について昭和五十七年度の日之影町一般会計歳入、歳出決算額は歳入総額三十六億三千八百十七万五千七百二十一円、歳出合計三十六億二百八万一千五百二十三円で、差引残額は三千六百九万四千百九十八円となり、うち千六百四十八万円を基金に繰入れ、また、繰越明許費事故繰越費等の翌年度へ繰越すべき財源千八十三万五千三百十七円を差引いた八百七十七万八千八百八十一円が、翌年度へ繰越となりました。主な事業実績は、台風災害の災害復旧工事をはじめ、農村総合整備モデル事業、山村振興事業、道路舗装事業、公営住宅建設、へき地教職貝住宅建設、児童用プール遊園地整備工事、水道施設工事、宮水小学校運動場の整備、公民館の新築、その他の事業が計画どおりに執行されたことが主な実績となっています。議案第五十七号一、昭和五十七年度、日之影町国民健康保険事業特別会計歳入、歳出決算の認定について昭和五十七年度の日之影町国民健康保険事業の決算の主な内容は歳入において、国民健康保険税は一億三千七百三十六万五百七十円となりました。国庫支出金では療養給付に対する負担金及び財政調整交付金などで三億三千四百四十万百七十一円、その他前年度繰越金等で一千二百八十二万三千四百二十円となり、歳入合計は四億八千四百五十八万四千百六十一円となりました。なお、歳出においては、療養給付費三億六千八百三十九万四千六百五十九円、高額療養費は三千四百十九万六千九百九十三円、その他審査手数料、助産費等の保険給付費で四億千百八十七万九千五百五十九円となり、老人保健拠出金は、老人保健制度の実施により、昭和五十八年二月分から老人医療に係る医療費並びに事務費として、千二百八十一万千百五十九円を拠出し、その他病院の改築等に伴う国庫補助金子五百七十六万七千円等で歳出合計は四億六千六十八万九千九百十一円となり、歳入、歳出差引残額二千三百八十九万四千二百五十円のうち千五百万円を基金に繰入れ、残り八百八十九万四千二百五十円を翌年度へ繰越すものです。議案第五十八号一、昭和五十七年度、日之影町簡易水道事業特別会計歳入、歳出決算の認定について決算の主な内容は、歳入において使用料及び手数料など、千百九十四万五千五百十一円と、水質検査料八十七万九千円で合計千二百八十二万四千五百十一円となりました。国庫支出金は、星山地区簡易水道増補工事及び宮水地区簡易水道災害復旧工事に伴うものであり、その他繰入金、町債、諸収入等で歳入合計は三千六百三十九万三千六百四十円となりました。歳出において衛生費は、維持修繕費等の千五十二万八千六百六十三円、星山地区簡易水道増補改良工事及び宮水地区簡易水道災害復旧工事に伴う簡易水道施設費千八百五十二万二千円、公債費は日之影地区外十一地区起債償還金の六百七十五万九千四百二十四円で歳出合計は、三千五百八十一万八十七円となり、歳入、歳出差引残額五十八万三千五百五十三円のうち五十三万円を基金に積立、残り五万三千五百五十三円を翌年度へ繰越すものです。議案第五十九号一、昭和五十七年度、日之影町奨学資金事業特別会計歳入、歳出決算の認定について決算の主な内容は、歳入において寄付金が十九件分の四十八万五千円、繰入金が一般会計から三百万円、前年度繰越金が八万四千十円、その他財産収入の基金利子及び諸収入の貸付金収入四十三件分等の二百五十五万九千二百十一円で、歳入合計は六百十二万八千二百二十一円となりました。歳出においては、五十七年度に貸付けた奨学資金、大学生十五名分の二百七十万円、高校生三十三名分の三百十六万八千円で、歳出合計は五百八十六万八千円となりました。歳入、歳出差引残額は二十六万二百二十一円となり、うち、二十五万円を基金へ積立、残り一万二百二十一円を翌年度へ繰越すことになったものです。議案第六十号一、昭和五十七年度、日之影町老人保健特別会計歳入、歳出決算の認定について決算の主な内容は、歳入では社会保険診療報酬支払基金からの交付金二千百九十二万六千円と国庫支出金五百八十九万五千円及び県支出金百五十六万一千円並びに、町一般会計からの繰入金百五十万円で歳入合計は三千八十八万二千円です。歳出では、医療給付費として八百四十一件の二千百五十三万六千九百五十円と医療支給費十三件分の三十万百円及び審査支払手数料五万八千七百四十円で、歳出合計二千百八十九万五千七百九十円となり、歳入、歳出差引残額八百九十八万六千二百十円を翌年度へ繰越すことになったものです。議案第六十一号一、昭和五十七年度、日之影町災害復興資金事業特別会計歳入、歳出決算の認定について昭和五十七年度、日之影町災害復興資金事業の決算は、歳入合計四千三万千四百七円、歳出合計三千四百五十九万円となり、差引残額五百四十四万千四百七円を翌年度へ繰越すことになるものです。歳入においては、一般会計からの繰入金四千万円と諸収入の預金利子三万四百七円、歳出においては災害復興資金貸付金として、住宅関係十六件と宅地関係十五件分であります。二日目の十二月二十日には、一般質問が行われた後、町長から追加議案五件の提出があり、提案理由の説明がありました。一般質問並びに追加議案の内容は次のとおりです。〔一般質問〕六番議員星本又男◆椎茸原木の町内自給態勢づくり。(一)部分林契約により椎茸原木林造り。五番議員山室宗義◆道路交通網整備に伴う本町の施策について。(一)日之影バイパス、大規模林道等の道路整備に伴う町中央地区の将来と本町のビジョンは。◆本町の農用地基盤整備について(一)小規模土地基盤整備の促進の方策は。七番議貝甲斐光義◆七折鐘乳洞の観光開発について◆日之影中学校移転と大規模林道促進について三番議員工藤訓◆日之影の産業振興と社会教育について◆福祉会館の建設について十番議員橋本高重◆町道における側溝蓋の設置について◆災害復興資金貸付額で、復旧出来ない被災者に対する援助について◆日ノ影駅の倉庫買収について二番議員山口敏雄◆二一八号バイパス開通後の日之影町の将来について(一)商店街の育成指導について(二)小学校、中学校の校区について◆廃棄物の処理について(一)大型ゴミ(不燃物)について(追加議案)議案第六十二号一、日之影町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について今回の条例改正は、本町職員の給与等について改正をするものです。議案第六十三号一、昭和五十八年度、日之影町一般会計補正予算(第五号)今回の補正は、給与関係及び災害復旧事業等の補正が主なもので、現予算に歳入、歳出それぞれ一億六千百四十一万三千円を追加するものです。議案第六十四号一、昭和五十八年度、日之影町国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)今回の補正は、療養給付費並びに人件費等の補正で、現予算に歳入、歳出それぞれ千三百五十五万四千円を追加するものです。議案第六十五号一、昭和五十八年度、日之影町国民健康保険病院事業会計補正予算(第一号)今回の補正は、給与改定関係などと修繕費等の補正で、既定の予算に収入では医業費収益で四十三万円、医業外収益で四十八万円、計九十一万円を追加し、支出では医業費用として九十一万円を追加するものです。議案第六十六号一、昭和五十八年度、日之影町簡易水道事業特別会計補正予算(第三号)今回の補正は、給与改定による経費及び維持修繕費の補正で、百万円を追加し、歳入、歳出の総額を三千四十八万六千円とするものであります。最終日にあたる四日目は、十二月二十三日に再開され、各会計決算認定案に対する各委員会の審査結果を各委貝長から報告されたあと、原案のとおり可決されました。また、十二月二十日の本会議において追加議案として上提された議案五件についても慎重に審議され、各議案ともすべて原案のとおり可決されました。テレビ番組のお知らせMRT宮崎放送では、町内で録画した「大人歌舞伎」と松の内の「柚子柿」を「土曜ですこんにちは」の番組で、次の日程で放送します。時間はいずれも午後〇時からです。●一月七日(土)大人歌舞伎●一月二十一日松の内の柚子柿どうぞごらん下さい。平清水の故清水良市さん勲六等瑞宝章を受章故清水良市さんは、このたびの叙勲で栄ある勲六等瑞宝章(自治功労)を受章されることになり、十二月二十日午前九時から町長室でその伝達式が、西臼杵支庁長立会で行われました。清水さんは、昭和三十年二月日之影町議会議員に当選以来、通算十二年間の永きにわたり在職、その政治理念と信望により町政の審議に参画され、地方自治発展と郷土の産業振興に貢献され、また、民生委員としても町民の生活向上と民生の安定に昼夜の別なく奔走され、福祉の増進に尽力された業績が認められたものです。作業停電のおしらせ九州電力高千穂営業所では、一月中の作業停電を次のとおり実施しますので、ご協力ください。●59年1月19日(木)午前9時〜13時、見立、上川、水無平、奥村●59年1月26日(木)午前9時〜11時、上小原納税相談所得税の確定申告は正しく、お早目に!!説明会は二月一日(水)昭和五十八年分の所得税の確定申告は、二月十六日から受付が始まります。申告期限は三月十五日ですが。期限間近になりますと税務署は大変混雑し、落ちついて相談ができなかったり、長時間お待ちいただくことになりかねませんので、確定申告はできるだけ早くすませてください。また、申告書を書くときは「申告書の書きかた」や「所得税の確定申告の手引き」を参考にして正しく記入してください。申告のことでお分かりにならないことがありましたら、最寄りの税務署か税務相談室にお気軽にお尋ねください。延岡税務署税務相談室宮崎分室土地や建物を売ったときの税金土地や建物を売ったときの利益にも税金がかかります。所得税は、原則として、その人の一年間のすべての所得を合計して税金を計算することになっていますが、土地や建物を売ったときの税金は、他の所得と分離して計算するなど。通常の計算方法とは異っています。この所得の計算等についてお分かりにならないことがありましたら、お気軽に最寄りの税務署か税務相談室にお尋ねください。延岡税務署税務相談室宮崎分室還付される税金所得税の課税には、各種の控除制度があって税金が軽減されます納税相談日は二月二十四日(金)(中央研修館で開催、お忘れにならないように)が、サラリーマンの場合、勤務先のの年末調整では、控除が受けられない場合もあります。次のような場合は、確定申告をすれば、税金の還付を受けられます。▼多額の医療費を支払ったとき(医療費控除)本人または生計を一つにする家族のための医療費(保険や賠償金等を補填した金額を除いた残額)から総所得金額の5%か5万円のいずれか低い方を差し引いた金額(最高200万円まで)が控除され、その部分にかかっていた税金が還付されます。この控除の対象は、1医師、歯科医師に支払った治療費や入院費、出産費用、2治療に用いた医薬品、器具の費用、3通院のための交通費、4鍼灸、接骨等の治療費、5病人の面倒をみる派出婦の費用等です。したがって、領収書は保存しておきましょう。ただし、美容手術、人間ドック、予防薬等の費用は認められません。▼災害や盗難にあったとき(雑損控除)火災・地震・風水害等の災害や、盗難・横領等で家屋や家財を損欠したときは、損欠額(損害保険等で補填された金額を除いた残額)から、総所得金額の10%担当額を差し引いた金額が控除され、その部分にかかっていた税金が還付されます。この場合も、領収書等が必要です。なお、家屋等の取壊し費用や、激甚災害の場合には、災害減免法によって、所得に応じた税の減免措置がありますが、400万円を超える所得者は、雑損控除の適用を受けることになります。電気毛布は点検を〔まだ安全は、もう危ない〕電気毛布は毎年使いはじめに、次のような異常がないか調べましょう。※コードのいたみ※毛布本体の破れやほつれ※発熱体(ヒーター線)の重なりや折りぐせ少しでも異常を感じたり、不安なときは販売店へ点検を依頼しましょう。古い電気毛布は発火、発煙のおそれがあるので、数年使用したものは大事をとって点検してもらうようにしましょう。なお、メーカーでの電気毛布の部品の最低保証期間は六年です。酒は軽く一杯が一番肝臓障害をもたらす原因でもっとも多いとされているのは、肝炎ウイルスによる肝炎です。その他の肝障害の原因としては、薬物、お酒(アルコール類)があげられます。肝臓は胆汁という消化液を腸のなかに送り出す他に、たん白質、糖質、ビタミン等の栄養素の貯蔵及び代謝を行ない、体外から吸収された毒物や化学物質を分解し、無害化する解毒作用等多くの働きをしています。体内に吸収されたアルコールも、その大部分は、肝臓の中の肝細胞の働きによって分解されます。〔肝臓のはたらき〕〔アルコールと肝臓〕お酒を飲むとその主成分であるアルコールは、そのまま胃や腸の粘膜から吸収されます。アルコールの血中濃度は30分ないし2時間で最高に達します。血中濃度が異常に高くなり、それが長時間続きますと。肝細胞の働きも低下し、肝細胞自体も破壊されることが多くなります。アルコールが消失すると肝細胞は再生しますが、必要な栄養素が少ないときには再生能力は低下し、肝臓全体の肝細胞の数も減る等いろい、ろな肝臓障害をおこします。“はたちの実感”をつかむ大人としての責任をはたちになると、大人としての責任が自分の意思とは関係なしにのしかかってきます。これは、一人の人間としての判断・行動が、社会的にも法的にも認められたということです。社会人として扱われるわたしたちの生活に密接している法律、民法では、未成年で結婚している場合を除き(満二十年ヲ以テ成年トス)」(第三条)と明記されており、はたちになって初めて、社会的・法的に一人前の社会人として扱われることになります。(未成年者が婚姻したときは、これによって成年に達したものとみなされます=民法第七五三条)。では、一人前の社会人として扱われるようになるとは、具体的にどういうことなのでしょうか。▼財産の処分、金銭の貸し借り小遣いなどを別にすれば、未成年者はたとえ自分の財産であっても、保護者の承諾なしに売ったり買ったりできませんでした。成人になると、自分の責任でそれができます。また、お金の貸し借りについても同じです。▼就職成人になると、保護者の同意がなくても職業に就くことができます。▼養子縁組未成年者が養子になるときは、原則として家庭裁判所の許可が必要でした。しかし、はたちになると自分の意思だけでだれの養子にもなることができ、さらには養子をもらうこともできます。▼結婚男は十八歳、女は十六歳になると結婚ができます。ただし、これは父母の同意があればの話です。はたちになると、二人の意思だけで結婚できます。いざというときに備えるはたちになったばかりなのに、年金の話なんてと思うかもしれません。しかし、年金はお年寄りだけのものではありません。年金は、お互いに協力し合って、将来に備える“貯金”であると同時に、交通事故など不慮の場合に役立つ“保険”なのです。日本に住んでいる二十歳から五十九歳までの人は、八種類ある年金のどれかに入らなければなりません。はたちになったら国民年金従業員が五人以上の会社や役所、学校などに勤めて給与をもらっている人は、厚生年金、共済組合といった年金に自動的に加入しています。しかし、それ以外の、例えば自営業の人などは、はたちにな人を見る目が問われるはたちになると、選挙権が与えられます。わたしたちは、この選挙権を、投票という形で行使することにより政治に参加します。ところが、「だれに投票しても同じ」と棄権してしまう人がいます。また「自分の考えと候補者の公約が一致しない」といった理由で棄権する人もいます。これでは、あなたの意思は少しも政治に反映されません。逆に、自分ではふさわしくないと思っている人が当選するという結果を招かないとも限りません。つまり、これから手にする一ったとき、自分で手続きをして「国民年金」に加入します。▼「国民年金」に加入しなければならない人次の人は必ず加入しなければなりません。1農業・漁業・商業などの自営業や、自由業についている人2従業員四人以下の会社に勤める人と、その家族3現在、無職の人▼希望すれば「国民年金」に加入できる人次の人は、希望するば加入できます。1いわゆるサラリーマンの奥さん2昼間部の大学生いままで、どの年金にも入っていなかった人は、はたちになったとき、「国民年金」に加入しましょう。票は、自分の代弁者を選ぶと同時に、代弁者としてふさわしくないと思う人を拒絶する手段でもあるのです。さあ、これからはあなたの手元にも「投票所入場券」が送られてきます。自分の代弁者にふさわしい人、自分の考えに近い人、信頼のおけそうな人を選んで、その人の行動を見守ってください。年金選挙法律お知らせコーナー行政座談会のお知らせ十一月下旬から、今後の町行政振興を図るための行政座談会を開催して参りましたが、十二月中旬に行われた衆議院議員選挙で、日程の延期をしておりました未開催の地区を、次の日程で一月中に実施することにしましたので、よろしくお願い申し上げます。日之影ライオンズワラブから宮水小に図書券を贈る日之影ライオンズクラブ(会長平川和男さん)は、年の瀬もおし迫った十二月十五日、宮水小学校へ会員三名で訪れ、図書券を贈りました。この日は。校長室で生徒を代表して六年生の斉藤ときさんが平川会長から図書券をいただき、「ありがとうございます。この本を立派に役立てていきますごとお礼を述べました。ライオンズクラブでは、「今回で八回をかぞえますが今後もこのような事業をつづけていきたい。」と語っていらっしゃいました。町駅伝大会二月五日(日)開催町教育委員会が、毎年主催する町駅伝大会は、二月五日(日)、午前十時から町民センターをスタートし雲海橋折返し、町民センターゴールで実施いたします。大会は、昨年同様中学生の部と一般の部で行われますので、各チームの選手の方は、いまから練習をしてコンディション調整をお願いします。あなたの企業の経営は健全ですか県商工労働部経営指導課では、県内中小企業を対象に「経営の健康診断」と題して、手遅れにならないうちに経営の弱点を発見することをねらいとして、無料経営相談を実施します。対象となるのは、建設業、サービス業、自動車整備業、小売業、卸売業、製造業等ですが、相談ご希望の方は県庁経営指導課または、役場経済課へお問い合わせください。設備機械の割賦貸与制度を利用しませんか■中小企業設備貸与制度中小企業の皆さんが設備の近代化、合理化のために必要とされる機械設備を現金で購入して皆さんに月賦でお譲りする制度で、設備機械代金の返済期間は二年以上四年六ヵ月以内です。■利用できる中小企業者は製造業・卸売業・小売業(但し建設業、および風俗営業等取締法第一条各号に掲げる小売業は該当しません。)・サービス業(クリーニング業。公衆浴場、カラー写真現像焼付業、計量証明事業に限る)■申込みの手続は○貸与資金の範囲内で随時受付けます。○申込み書は町役場経済課か商工会備え付の申込用紙を使い、町役場か商工会を経由して提出してください。○決算書を原則として三年分添付してください。○希望の機械、設備の見積書およびカタログを添付してください。■お問い合わせは町役場経済課か商工会へお問い合わせください。地籍調査の成果閲覧を行います町耕地課では、次の日程で昭和五十七年に実施した地籍調査の成果閲覧を行いますので関係地主の方は閲覧をお願いします。閲覧対象地区日之影町大字分城字(竹の平・大山・高松の一部・田下の一部・星山の一部・河内)一、期間昭和五十九年一月十七日〜昭和五十九年二月五日まで(二十日間)二、閲覧時間午前九時〜午後五時まで三、閲覧場所役場耕地課(二階)※その他閲覧においでの時は必ず印かんを持参してください。編集室からあけましておめでとうございます昨年は、集中豪雨による災害復旧工事等で大変忙しい年でありましたが。まずは無事に終った感じの年でした。ことしは、「子年」ネズミ算式ではありませんが、バッチリ倍、倍の方程式で過したいものです。ことしも又、皆さんと行政のパイプ役として親しまれる広報づくりに努力いたしますので、どうぞよろしくお願いします。日時間地区名実施場所追川地区追川中公民館山附地区山附公民館小川平地区小原小学校僻地集会室大川平地区八戸本通公民館見立旭地区仲組公民館見立上川地区見立公民館中村地区中村公民館中尾地区中央研修館大人地区大人公民館中央岩井川地区中央研修館
1 4226 広報ひのかげ 第213号 1983年1月発行 19830101 1月 m19_acv-hinokage_198301_0213_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198301_0213_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第213号 1983年1月発行No.213あけましておめでとうございます昭和58年元旦めでたくそろいぶみ亥・猪・獅子・十二支のシメくくりの年おめでとうございます。今年は、おらが年。誰が順番をつけたのかシメくくりで突走ることになっているが、誰しもメクラ滅法に走るのではなく、目標を定めて猪突猛進ならば………。ボクたち兄弟姉妹四匹は、町内の山中で生をうけ、ある日囲われの身となり別々の生活をすることになりましたが、根が正直なことと人なつこいところがとりえです。今日ま思いがけない客人の接待のため外に出して貰い、そのお礼に当家の嫁さんに愛嬌をふりまいているところです。町民のみなさんのご多幸をお祈りいたします。町長藤寺盛夫明けましておめでとうございます毎年めでたい年を祈りつつ新年を迎える訳でありますが、たった十二ヶ月の中に毀誉褒貶、禍福は糾える繩の如しと申します。さまざまの過程の連続であったことをしみじみと思うことであります。町民の生活源である農畜産物の低迷や下落、木材価格の低調は恒常化し、僅かに椎たけの活気に小さな曙光を見たものの、あの八月十三日の思わざる集中豪雨は、何もかも一ペんに失った様な大災害でありました。その爪跡は無惨のままで年を越さなければならない悲痛なものであり、此の一事で昨年は、ひどい年であったとの外云い様がありません。この災害に対処し、その復旧対策に没頭しなければならない町政となりました。指定事業や特別な起債事業の外は予定を変更し、行事は中止し、何としても年内に測量を終って災害査定の期限十二月末に間に合わすため、町職員だけでは到底出来ないので、県本庁、支庁、各団体、十数社の民間会社等の応援を得てどうにか査定に間に合わすことが出来ました。愈々本年二月頃には局地激甚災害特別措置法の適用を受け、期限は三ヶ年の復旧期間でありますが、二ヶ年で完全復旧の段取りが出来ましたことは、まことに幸でありました。町民や多くの関係者に衷心感謝いたします。さて私は、昭和四十二年、多くの町民の御支援のもと、町長に就任させて頂きましたが、もとより未熟の出発からこの要職に就いた訳でありますが、賢明なる町民各位の御協力と、議会その他凡ゆる団体等の絶大なる御支援を得て、四期十六年の長きに亘り、恙なく職責を全うさして頂きました。誠に有難うございました。ここで新鮮なる行政を期待して勇退させて頂きます。非力なることは自ら承知しながらも、町内の御支援を背に受けながら、国、県の機関や各種団体に夫々の人脈を得て御指導や鞭撻を受けながら、各種の指定事業も多く採択して頂き、その実績は更に次々の事業を容易にして、農山村の基盤整備や、福祉、教育の諸施設も或る程度実現出来ましたが、特に国県事業の国道、県道、林道、農道等数多くの事業が施工され、少くともこの十年間、公共投資は県内町村最高位を確保出来ました。社会進展のテンポは益々速く、国民の要求は之に負けじと強くなる世の中でありますが、国政や県政は行政改革、財政再建の白旗を掲げて大変窮屈な情勢になりました。しかし行政は此の窮屈の間隙をくぐり抜けてでも、前進の努力をしなければなりません。痛みは国も国民も分かち合わねばなりますまい。仲々今迄より以上大変だろうとは思いますが、実績を重ね持たれた日之影町民であります。後任の町長を中心に、更なる努力をされてより良き日之影町建設に邁進されますことを祈念します。町民各位の御健勝をお祈りし、長く御支援頂きましたことに衷心感謝して最後の御あいさつと致します。新年町議会議長佐保博宣町民の皆さん、明けましておめでとうございます。昭和五十八年の輝しい新春を迎え、みなさんのご健勝と一層のご活躍をお祈り申し上げます。一昨年、町制施行三十周年をみなさんと共に喜び、その節目を基礎として、これからの前途に夢と希望を託し、飛躍する日之影町の建設に誓いを新にしたものでした。「災害は忘れたころにやってくる」世の諺どおり昨年八月の台風十一号による集中豪雨、それに続く十三号により予想だにしない大災害をうけました。死者四名を含む災害は総額一〇〇億円を超える大被害でありました。羅災されましたみなさんにあらためて御見舞を申し上げます。災害発生と同時に県や、各種関係機関から測量設計の応援をはじめ、御見舞や激励をうけ年末までの災害査定四回、その結果は災害復旧工事の発注となり、町も、工事施行にあたる業者の皆さんも災害復興に全力をあげて取組んでまいりました。道路橋梁は復旧できても家屋の流失、耕地の流失埋没等かなりの自己資金の必要な災害が大多数あり、生活生産活動の環境が整うのは今しばらくかかるものと思われます。又国内的に行政の改革、財政の再建と国際的には貿易の不均衡による経済摩擦がつづき、更に厳しい様相を呈しているようです。国家財政が赤字である為、新年度予算もかなり圧縮されるようであり、地方自治体の今後の運営は今までにも倍して苦しみが加って来るようであります。又畜産、果樹、煙草等の国内第一次産業も貿易の自由化を強く要求されているところであり、従来からの農業政策が今日のように日本の農業と農民を守りきれるものであるかを問われる年でもありそうです。更には国鉄高千穂線が地方交通線の廃止路線として国鉄から運輸大臣に申請されました。議会としましても、地域の発展に大きな役割を果している高千穂線の存続について、今後あらゆる角度から検討を加える時であろうかと思いますし、その為の特別委員会も設置されて、沿線市町と行動を共に活発な活動を重ねてまいりましたが、存来線はもとより高千穂〜高森間の新線建設に大きな望みをつなぐ路線でもあり、国は新線建設についても第三セクターでの建設にのみ予算の配分を認めている現状から考えますと、高千穂線の存続については一歩前進した考え方により、検討を重ねなければならない時期に来たものと思いますし、一日も早い建設予算の配分をうける態勢を整える必要があると思います。大変な災害をうけ、加えてまことに厳しい種々の条件の年でありますが、一日も早く災害からの復興と共に町民の友和と団結をもとにして、より豊かな生活環境を築きあげる為により一層の努力を重ねなければなりません。新しい年を迎えるにあたり町民一人ひとりの英知を結集し、活力を生み出し、あらゆる困難を乗り切る原動力になっていただきたいものです。より一層のご指導ご協力を御願い申し上げ年頭のご挨拶といたします。謹賀昭和56年度日之影町決算報告表1一般会計歳入歳出決算総括グラフ歳入歳出寄付金使用料及び手数料繰越金財産収入自動車取得税交付金地方譲与税分担金及び負担金諸収入町税町債国庫支出金県支出金地方交付税諸支出金商工費議会費消防費衛生費災害復旧費土木費公債費民生費総務費教育費農林水産業費歳入歳出昭和57年第4回の定例町議会が開かれ、昭和56年度の各会計決算が承認されましたので公表します。昭和56年度日之影町一般会計決算は、歳入総額2,903,796,918円、歳出総額2,873,662,403円で前年度にくらべて歳入で14.22%、歳出で14.18%の伸びとなり、歳入、歳出差引30,134,515円のうち20,000,000円は財政調整基金へ繰入れ、10,134,515円は翌年度へ繰越しとなりました。歳入歳出を性質別(表2)にみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が87.27%をしめており、町税などの自主財源は12.73%となっています。歳出では、義務的経費が37.59%、投資的経費46.56%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりですが、各会計とも実質収支は黒字となっています。歳入歳出差引残額基金への繰入翌年度への繰越表2その他諸収入分担金及び負担金性質別歳入歳出決算その他その他補助費等自主財源町税歳入町債依存財源義務的経費その他人件費物件費歳出普通建設事業費投資的経費地方交付税国県支出金扶助費公債費災事害業復費旧一般会計特会別計昭和56年度末町債現債額町債別件数現債高構成比一般公共事業一般単独事業公営住宅建設事業義務教育施設整備事業辺地対策事業災害復旧事業厚生福止施設整備事業過疎対策事業減収補てん債財政対策債財源対策債県振興資金その他計簡易水道事業病院整備事業計この表は、56年度末における町債の借入額です。町債は、公共施設や学校などの建設その他の事業を行なうために国などから借り入れるものです。表3昭和56年度投資的経費の主なもの事業名事業費<普通建設事業費>●大楠地区簡易給水施設整備事業●椎谷地区営農飲雑用水施設●第三期山村振興対策事業●新農業構造改善事業(椎谷外)●土砂崩壊防止事業(大人上外)●林業地域総合整備事業(戸川林道外)●大山林道舗装事業●農村総合整備モデル事業●多目的研修集会施設●宮水小学校校舎改築●丹助岳山林購入表5電気税軽自動車税木材引取税等町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く47.70%、ついで●県単かんがい排水事業●大規模林道負担金●大規模林道開設補償費等●舗装事業(釣鐘林道外)町民税が33.24%、たば●交通安全施設設置事業こ消費税10.90%の順となっています。●新畑下橋架替事業たばこ消費税「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内●道路台帳作成業務委託料●暖地営農村づくり事業補助金の販売店で販売された●へき地教職員住宅建設町税国定資産税本数によって町の収入の額が決まります。20本入りたばこで約30円●落葉果樹高能率生産集団育成事業町民税か町の収入になります。喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。※(表6)の図は、昭●間伐足進総合対策事業集団実施事業補助金●平底山裏線道路改良和56年4月1日現在の●日之影諸塚線舗装人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び●消防施設整備事業1人当りの納税額と使●がけ地近接危険住宅表6われたお金を単純計算により示したものです。移転事業補助金●中央体育館緞帳工事●小学校窓枠改善工事表4住民一人当りに使われたお金一人当りの納税額一世帯当りに使われたお金一世帯当りの納税額特別会計決算表会計名歳入歳出残高国民健康保険簡易水道奨学資金町昭の和主五な十出七来年事第27回県乾しいたけ品評会日之影町が優勝6月8日県主催で開かれた第27回乾しいたけ品評会で日之影町が見事優勝しました。その後7月14日大分県で行われた全国大会では、宮崎県が3位に入賞しました。議員定数2名減議決さる現在の議員定数16名を2名減らして14名にするという議員提案があり、12月21日の町議会最終日に可決されした。これにより来年2月6日に行われる予定の町議会議員選挙から、14名の議員が選挙されることになりました。その他の主な出来ごと<表彰関係>◎勲5等瑞宝章人下山本久舒さんをされることが決りました。村の模範である。」と、全国町村会から“優良町村”の表彰日之影町は、「町村自治の内容が総合的に充実し、他の町全国町村会優良町村として表彰が決まる◎勲6等単光旭日章新日之影故姫野静馬さん◎厚生大臣賞国民健康保険関係事業功績者町立病院長高橋修三先生◎社会福祉事業功労者椎谷押方勉さん◎労働大臣賞統計功績者(合資)日之影ソーイング◎林野長長官賞第30回全国乾椎茸品評会古園菊池安志さん◎県知事賞第6回県育林コンクール(枝打の部)中川中川幹愛さん老人作品展「面」上下顔甲斐伝さん話し合いの場所として大いに活用されています。百五十万七千円で三月二十日完成し、体力づくりと場として立派な建物ができました。総事業費八千八高巣野小学校横の土地に地域住民の種々の研修の新高農巣業野研構修造セ改ン善ター事が業完で成宮水小学校危険校舎改築と運動場整備事業が完成昭和56年8月から工事を進めていた校舎の改築工事が総事業費2億8,136万6,000円で3月25日完成。その後,元校舎跡を整地して運動場ができあがりました。集中豪雨で未曽有の被害有史以来はじめてという集中豪雨に襲われ、うら盆の準備に忙しい町内は、一瞬のうちに大惨事の過中になげ出されました。尊い4人の命を奪い、町全体の被害額は百億円を超える程の大きな爪跡を残しました。KW)が完成、四月一日から発電を始めました。た日之影土地改良区営の発電所(最大出力二千三百五十六年十月農林水産省の認可を受け着工してい土全地国改で良め区ずら営しのい発電所が完成東洋一の新日之影橋(仮称)工事に着手日之影川をまたいで、宮水と中村をつなぐ「東洋一の橋」新日之影橋(仮称)の架橋工事に1月6日着手しました。工事費は39億円で、東京に本社のある横河橋梁が請負い、60年3月完成をめざして工事を進めています。一の水に児童遊園施設が完成長谷川保育所下の広場を利用して、児童遊園地(水泳プール・ジャングルジム等)が完成しました。事業費は1千200万円で、10月15日にできましたが現在シーズンオフのため、早く利用したいと園児たちも待ち遠しいようです。国鉄高千穂線開通10周年を祝う7月22日高千穂線沿線住民は、時和48年7月22日開通した同線の記念祝賀会を行いました。しかし、この後8月13日の集中豪雨で4ヵ月間も運転できず、11月に追打ちをかけるかの如く、第2次廃止路線の答申が出され住民は大きなショックを受けました。「第四回定例議会」議会報告日之影町議会第四回定例会は、昭和五十七年十二月十三日に招集され、会期を十二月二十一日までの九日間と定めたあと、町長から提出された町条例改正案二件、昭和五十六年度各会計決算認定四件並びに昭和五十七年度各会計補正予算案など七件、あわせて十三件と日之影町議会議員の定数を減少する条例の一部改正案が議員発議によって提出され、各議案について慎重に審議が行なわれました。町長から提出された条例の改正案二件は、日之影町国民健康保険条例の一部改正と日之影町特別会計条例の一部改正で、本年八月に老人保健法が制定されたことにより、昭和五十八年二月から七十才(寝たきりの人は六十五才)以上のすべてのおとしよりは、町が新しく発行する健康手帳と受給者証で外来受診の場合は一つの病院に一か月四〇〇円、入院の場合は一日三〇〇円(但し二か月間かぎり)の医療費が必要となることによっての改正です。昭和五十六年度の日之影町一般会計歳入歳出決算額は、歳入合計二十九億三百七十九万六千九百十八円、歳出合計二十八億七千三百六十六万二千四百三円で、差引残額は三千十三万四千五百十五円となり、うち二千万円を基金に繰入れ一千十三万四千五百十五円か翌年度繰越となり、宮水小学校改築工事をはじめ第三期山村振興対策事業、林業地域総合整備事業、農村総合整備モデル事業、道路新設改良事業、災害復旧事業等を計画どおり執行されたことが主な実績となっております。とするものであります。二日目の十二月十五日には、町長から提案された各議案のうち、五十六年度各会計決算認定と議員発議案を除く計九件の議案はすべて原案のとおり可決されました。十二月十六日、十七日の二日間は、各委員会が連合審査会を開くなど五十六年度各会計決算認定について慎重に審査が行なわれましたが、各会計決算認定案とも本会議において原案のとおり可決すべきものとして決定されました。最終日にあたる十二月二十一日の本会議は、各会計決算認定案に対する各委員会の審査結果を各委員長から報告されたあと、本会議において原案のとおり可決されました。その後、町職員のストについて緊急質問の動議がとりあげられ論議が展開されました。なお、この日の議事日程の最後で議題とされた、議貝発議による日之影町議会議員の定数十六名を十四名に改める条例改正案についても論議が展開されましたが、賛成多数をもって可決されました。昭和五十八年二月六日執行予定の日之影町議会議員選挙から適用されます。また、昭和五十七年度日之影町一般会計補正予算は土木、農林、文教施設災害復旧費を中心に、三億五千九百二十一万四千円が追加され、歳入歳出予算の総額をそれぞれ四十一億六千百八十万五千円日之影町長選挙日之影町議会議員選挙日程決まる投票日は二月六日(日)任期満了にともなう日之影町長選挙と日之影町議会議員選挙は、十二月十日行なわれた日之影町選挙管理委員会で、昭和五十八年二月六日(日)と決まりました。立候補説明会から開票までの日程はつぎのとおりです。みんながきれいな選挙をするよう心がけましょう。日程一月十三日(木)○立候補説明会午後一時から町民センター○届出用紙配布一月二十五日(火)○立候補届出書類予備審査一月三十日(日)○告示○立候補受付(三十一日午前八時三十分から午後五時まで)二月六日(日)○投票日(午前七時から午後六時まで)ただし、見立、仲組、中川は午後五時、鹿川は午後四時まで○即日開票午後七時三十分からまた、出稼者、入院患者等の不在者投票は告示の日(一月三十日)から前日(二月五日)の午後五時までできます。出稼ぎなどで遠くにいる人は就労先の証明等必要書類がありますので早目に町選挙管理委員会へ請求してください。社会体育初春行事西臼杵郡青年駅伝大会一月三十日(日)開催西臼杵郡青年団連絡協議会が主催する青年駅伝大会は、一月三十日(日)、コースを例年のとおり、高千穂町河内を午前十時に出発、高千穂町を通過、日之影町宮水折返し高千穂神社ゴールで計画しています。大ぜいのご声援をお願いいたします。「家庭の日」入賞作品県青少年育成県民会議が、「家庭の日」(毎月第三日曜日)の趣旨徹底と普及を図ることを目的に例年作品を募集していますが、今年は昨年の倍の応募があり、町内からは広報十二月号で紹介しました大里亜子さん(日之影小)と甲斐哲也くん(八戸中)の二名の方が入賞されましたので、作品を紹介します。作文の部日之影小学校六年大里亜子毎月第三日曜日は家庭の日です。このことを、一体、どのくらいの人たちが知っているでしょうか。学校の友達に聞いてみると「何け。それ。」と決まった返事です。家庭の日とは何のためにできたのでしょうか。お父さんやお母さんが仕事がいそがしく、朝早く、夜おそくになるため、子供とゆっくりするひまがない家や、親と子の仲がよくない家など、親と子のつながりが少ない家庭のために、また家族みんなが協力しあい、理解しあい、仲よくくらすためにあるのだと思います。家族で、協力して、いろいろな仕事をしたり、会議をしておたがいに意見をかわしあったり……。私の家は、家庭の日にいろいろなことをします。母が私たちとバトミントンをしてくれたり、父がいっしょにトランプをしてくれたりします。そんな時はとても楽しいです。このごろは、遊びだけでなく、読書や、漢字の書きとりをしたり、新聞を読んだりすることもあります。漢字の書きとりは、父と母に私たち子供が小学生で習う漢字の問題を出し、採点します。小学生の漢字は忘れている字が多いので、勉強になるそうです。それに、私たちにもとてもよい漢字の練習になります。新聞を読む時には、みんなで新聞の一つの記事を読みそれについていろいろなことを話し合います。社会のことがよく分かるようになりました。そんなことで、親と子のつながりが深まることは、とってもいいことだと思います。家族の一人一人がみとめあい、協力しあって、豊かな家庭をつくりあげる、そんなすばらしい家庭の日なのにほとんどの人が知らないとは、全く、残念なことです。この家庭の日をきっかけにして、家庭を見直すことが必要だと思います。そのためには、毎月一度の家庭の日を大切にして、楽しむことも大事だと考えます。でも、何か特別なことをしなければならないということではありません。家族全員が集まって、その日にあった話をするだけでも少しはちがうのではないでしょうか。これからは、私たちの世代です。「家庭の日」このすばらしい輪を、もっと多くの人に広げれば、日本は、いえ、世界は、すみよい社会になると思います。そう信じてこの家庭の日を、いつまでも、いつまでも続けなければならないと思います。標語の部金賞銅賞八戸中学校一年甲斐哲也ぼくの家いつも毎日「家庭の日」二月の無医地区巡回診療計画について県立延岡病院では、昭和五十八年二月の無医地区巡回診療を次のとおり計画しています。お気軽に受診してください。◎二月九日(水)鹿川十時三十分から十一時三十分、中川十三時三十分から十四時三十分◎二月十日(木)見立十一時から十二時、仲組十三時三十分から十四時三十分日程変更のお知らせ町内保育所園児募集説明会広報十二月号でお知らせした保育所入所説明会の日程のうち、大人保育所の説明日時を都合により●一月十二日午前十時から十一時までに変更します。お間違いのないように。小型ポンプ付積載車第二部(舟の尾)に配備される昭和五十七年度消防施設整備事業により、小型ポンプ付積載車一台と小型ポンプ一台が購入され、積載車は第二部(舟の尾)に、小型ポンプは第六部(楠原)に配備されました。町では国の補助を仰ぎながら毎年消防施設の整備に力を入れています。積載車と小型ポンプの配備により一段と消防力がアップされました。町民一人ひとりが予防消防の徹底につとめましょう。納税相談生命保険と税金支払額に応じ所得税から控除されます!生命保険に加入し、保険料を支払っている人は、所得税を計算する際に年間の支払い保険料の額に応じて、年間所得金額から一定額が控除されます。そこで、生命保険料の控除を受けるための手続きなどについて見てみましょう。生命保険料の控除を受けるための手続生命保険料の控除を受けるための手続きは、サラリーマンの場合は、年末調整の際に控除を受けますので、「給与所得者の保険料控除申告書」に必要事項を記入して、年末調整の時までに勤務先に提出してください。サラリーマン以外の人は来年二月十六日から始まる確定申告の時に「確定申告書一に必要事項を記入して提出します。ただし、いずれの場合も支払った保険料が一契約で年間九千円を超えるときは、保険会社などが発行する払込証明書が必要です。生命保険料の控除額控除額は次の表のとおりです。ただし、保険期間が五年未満の生命保険など、いわゆる貯蓄型保険の保険料は、控除の対象になりません。また、その年に生命保険契約に基づいて受け取った剰余金や割戻金は、支払った保険料から差し引くことになっています。正しい所得税の確定申告をお早目に昭和五十七年分所得税の確定申告と納税の受付は、二月十六日から始まります。この申告と納税の期限は三月十五日までとなっていますが、期限間近になりますと、税務署の窓口が大変混雑し、落ち着いて相談ができなかったり、長い時間待っていただくようなことにもなります。申告書は正しく記載して早めに提出しましょう。そして納税も期限内に済ませましょう。年金にも税金が掛かる場合があります年金にも税金が掛かる場合があることをご存じですか。厚生年金、般員保険および国民年金の老齢年金や通算老齢年金などは、所得税法の規定により給与とみなされ、所得税が掛かる場合があります。所得税法には、いろいろな控除がありますが、この控除総額を超えると課税対象となります。そこで、いくらから課税対象となるかを次の表で見てみましょう。また。決算や申告書の作成を税理士に依頼される場合は、正規の税理士にご相談ください。詳しくは最寄りの税務署か税務相談室におたずねください。所得税の確定申告日日之影町は二月二十二日場所中央研修館ですお忘れにならないように対象者は、年間支給年金額が六十万円以上(六十五才以上の方は九十万円以上)の方です。そのうち、年金を主たる給与として扶養控除申告書を社会保険庁に提出している人については、その年の最後の年金支払期に年末調整を行い、税額の過不足分を調整します。また、年金の他に所得のある方や扶養控除申告書を提出していない方は確定申告が必要です。こたつを上手に使いましょうこたつを囲んで一家だんらんの機会も多くなります。使い方のポイント床面への熱の損失を防ぐため。コタツの下にマット類を敷きましょう。二割ぐらい保温効果がよくなり、それだけ電気の節約になります。もっと効果的な方法として、こたつぶとんとやぐらの間に薄い毛布などを使うと、さらに十パーセント以上の効果があります。赤外線ヒーターのものは、スイッチを入れるとすぐ暖まるので、席を立つときは手まめにスイッチを切るよう習慣づけましょう。コタツの温度調節ダイヤルは、室温や入っている人数に応じて手まめに調節してください。所得税は、実際には、年金が支給されるときに引かれています。支払保険料に対する税の控除(年金)1年間に支払った保険料控除額ご存知ですか諸控除配偶者がいない場合配偶者がいる場合65歳未満65歳以上65歳未満65歳以上老年者年金特別控除給与所得控除(最低額)老年者控除基礎控除配偶者控除合計少年非行のすう勢と家庭裁判所における事件処理の状況少年非行のすう勢とその特徴全国の家庭裁判所が取り扱う少年保護事件の数は、戦後第二のピークと言われた昭和四十一年を頂点として、その後は年々減少してきましたが、少年人口の増加に伴い、昭和五〇年から再び増加し始め、昭和五十六年には、道路交通法違反、窃盗、横領などの事件を中心に前年より三万三千件増加し、約六十一万七千件に達しました。このうち、一般保護事件(少年保護事件のうち道路交通保護事件を除いたもの)の数は、前年を大きく上回り、戦後最高の約二十九万件を数えています。また、非行内容については、現代の社会状況を反映したいくつかの特徴が見られます。まず、非行別の特徴を挙げますと、第一は、比較的軽微な窃盗と横領の増加で、一般保護事件の約六十六%を占めています。その中で最近は、万引、オートバイ盗と自転車盗の窃盗が全体の七〇%を超えています。これらの非行は、一般に事案が軽微で、動機も単純であり、本人の罪の意識も乏しく、遊び型非行と呼ばれています。第二の特徴は、暴力非行の増加です。昭和五十六年には、暴行、恐喝などの粗暴犯が昭和五十二年に比べると、約三十一%の増加を示しています。特に、中学生や高校生による校内暴力事件の増加が著しくなっています。また、中学生によるものが約八〇%近くを占め、特に、教師に対する暴力事件の九〇%以上が、中学校で起きていることが注目されますが、その背景には、授業に付いていけないという学校への不適応感や、親の態度、家庭生活への不満などが多く見られます。第三の特徴は、シンナー、ボンドなどの乱用が約二万五千件に達し、一般保護事件の中で、窃盗、業務上過失致死傷に次いで第三位を占めていることと、覚せい剤取締法違反が昭和五〇年に比べて約十億に急増したことです。このような薬物乱用非行を犯す少年には、一般に、無気力で社会性に乏しいという特徴が見られます。次に、少年非行全般にわたる特徴について見てみますと、第一に、非行少年の低年令化か一層進み、中学生を中心とする年少少年の非行が増加していることが挙げられます。第二の特徴としては、女子非行の増加と質的な変化が挙げられます。女子非行の約七〇%は万引きを中心とする窃盗で占められていますが、最近の特徴として、粗暴犯の増加が指摘できます。第三の特徴は、共犯者がある事件の割合(共犯率)が更に高くなり、一般保護事件全体の約七〇%近くを占めていることです。これは、友人や仲間同士で安易に集団行動を起こしやすい少年期の行動傾向によるものと考えられます。家庭裁判所における事件処理の状況家庭裁判所における事件処理の状況について見てみますと、昭和五十六年度の一般保護事件では、保護観察や少年院送致のような強制力を伴う「保護処分」が十一・六%、「不処分」が二二・六%、「審判不開始」が四八・四%、「知事、児童相談所長への送致」が〇・一%、「検察官送致」が二・八%となっています。これらの決定は、個々の少年ご・とに、非行の内容や少年の性格、環境上の問題点などを見極めた上、少年の再非行を防ぎ健全な育成を図るために最もふさわしい処遇をしょうとする少年法の基本的な考え方に立って行なわれています。例えば、引き続き継続的な助言や指導が必要な場合には、保護観察にしますし、少年をしばらく家庭や学校から引き離して専門的な教育を行なうことが適当な場合には、教護院や少年院に送致することもあります。このほか、家庭裁判所では、一定の期間、家庭裁判所調査官に少年の動向を観察させ、その成り行きを見定めた上で最終的な処分を決める「試験観察」という方法を採るなど、より適切な処遇を選択するために、個々の少年にふさわしい、きめの細かい手当をするように努めています。また、この問題は、それぞれの立場で互いにできる限りの協力をし合うことが何よりも必要だと思います。日之影町駅伝大会二月二十七日開催町教育委員会が主催する町駅伝大会は、二月二十七日(日)午前十時町民センターを出発し雲海橋折返し、町民センターゴールで計画しています。大会は、昨年同様中学生の部と一般の部で行なわれますので、各チームの選手の方はコンディション調整をしてください。くらしの知恵乾電池の保存と使い方乾電池は、保存と使い方に気をつければ、ずいぶん長持ちするものです。まず保存の鉄則は、冷暗所にしまうこと。暗くて温度の低いところに保存しておくと、買ってから一〜二年はたいていだいじょうぶです。マンガン電池の場合は、長く使わない時は、とり出して冷暗所で休息させるのが得策。入れっぱなしにしておいた場合と比べて、三〇%くらい寿命がのびるということです。電卓や電池カミソリなどによく使われるアルカリ電池は、本来連続使用向きに作られているので、入れっぱなしでも性能はかわりません。保存の時とは逆に、使用時には、温度が高い方が、電池は長持ちします。たとえば。マイナス四十度Cでは十五時間で寿命の尽きる電池も、プラス四十度Cだと五十時間も使えます。従って、冬などは、電池を少し暖めてから使うのが、長持ちさせるコツです。電池が弱ってきた時は、思い切って全部取替えること。二個のうち一個だけを替えると、古いほうに新しい電池の力が引っぱられ、全体のパワーが落ちてしまいます。また、アルカリ型とマンガン型というように、種類の異なった電池は混ぜないこと。同じパワー、同じ種類のものを使うようにしてください。お知らせコーナー児童手当制度のあらまし◆児童手当制度の目的児童が心身ともにすこやかに成長することは、国民すべての願いであり、家庭と社会がともどもに児童の健全な育成に努めることが望まれます。とくに私たちの国は、今後急速に高齢化社会を迎えますので。お年寄りを扶養し働いている人々の役割は、しだいに大きくなっていきます。したがって、将来このような役割が期待されている現在の児童の健全な育成、資質の向上を図ることがますます大切なことになるわけです。児童手当制度は、このための施策のひとつとして生まれたものです。この制度は、国・県・市町村と事業主が費用を持ちあい、児童を養育する人に児童手当を支給することによって、家庭生活の安定と次代を担う児童の健全育成、資質向上を図ることを目的としています。◆受給資格児童手当は。日本国内に住所を有する人が、次の要件にあてはまっているときに支給されます。▽十八歳未満の児童を三人以上養木(僕)は、神彩公民館に住む拍子木君です。昭和十年生れの僕は、ご覧のように身をすりへらす思いで現在も神影地区の防犯防火につとめています。最近では電気拍子木(サイレン)が普及したせいで、仲間もずいぶん少なくなりましたが、僕の場合はご主人である神影公民館の皆さんの思いやりで、まだまだ頑張っています。四十七年の正月には、ご主人の苦労が認められ、町の消防団長さんから表彰も受けました。僕もハナの高い思いです。「火の用心さっしゃりましょう」ご主人の掛け声とともに今夜も夜まわりに行って来ます。育しており、そのうち一人以上が義務教育終了前の児童であること。▽その人の前年の所得が、一定額(例えば、六人世帯の場合二、六七八、〇〇〇円)を越えないこと。◆支給額児童手当の額は。三人以上の児童のうち、出生順に数えて三人目以降である義務教育終了前の児童一人につき、月額五、〇〇〇円、ただし町民税に所得割額のないものは月額七、〇〇〇円です。◆特例給付前年の所得が、児童手当の所得限度額を越え、受給できない者のうち、被用者(厚生年金等の加入者)および公務員等については、昭和五十七年六月から、特例給付制度が適用になり、昭和六十年五月までの三年問特例給付による手当の受給ができます。手当の額は一人につき月額五、〇〇〇円です。なお、この特例給付にも所得制限(例えば、前年中の所得が六人世帯の場合四、〇三〇、〇〇〇円を越えないこと)があります。所得限度額については、児童手当及び特例給付とも、扶養親族等の数により、それぞれ異なります。このほか、児童手当及び特例給付のことについて、くわしく知りたい方は、役場福祉課までおたずねください。奉仕作業ご苦労さん!八戸老人ホームのみなさんは、毎月一回近くの(八戸周辺)駅や神社境内の清掃奉仕作業を続けておられます。この作業は十五年程前、入居者のみなさんの発案でこの立派な施設に入居しているお礼に、みんなで出来る奉仕作業をということで八戸駅や槇峰駅、お稲荷さんの境内の草取り、はきそうし等をはしめたことがきっかけのようです。今日も、八戸駅周辺を十五名の元気な方がたが、冷えこむ中を草取り、掃除と一生懸命働いていました。海外商品取引は慎重に!!海外の商品先物取引に絡むトラブルが後を断たないばかりか、最近は特に目立って増加の兆しを見せています。五十六年秋の「金」の私設先物市場を禁止する措置に続いて海外での商品先物取引を規制する法律が成立したにもかかわらず、“悪徳業者”らが海外の商品相場(大豆・砂糖など)での先物取引に誘い込み、客とのトラブルが続出しています。その手口は「必ずもうけさせてやる。損はさせない」、「元金は絶対欠けることはない」と勧誘し強引に契約を結んでしまうというものです。現金を預託した後、解約を申し出ると「もうすぐ相場は上がる」と言われ、自由に解約することさえもできず結局何百万円もの被害を受けたというお年寄りの事例もあります。消費者のみなさん、被害にあってからでは遅すぎます。このような勧誘をうけた時は十分注意しましょう。あけましておめでとうございます。昨年は、町民のみなさんにとって大変な厄年でありました。そうした中にあって「広報ひのかげ」「旬報ひのかげ」のご愛読ありがとうございました。今年もまた、皆さんと行政のパイプ役として親しまれる広報づくりに努力いたしますのでどうぞよろしくお願いします。編集室からがんばってます!
1 4603 広報ひのかげ 第644号 2019年1月発行 20190115 1月 m19_acv-hinokage_201901_0644_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201901_0644_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第644号 2019年1月発行No.644「第69回日之影町成人式」(町民センター1月4日撮影)今月号の主な話題●新年のあいさつP2●消防始式P3●成人式P4●平成30年の主な出来事P5●住民税申告受付日程P7新年のあいさつ新年明けましておめでとうございます。町民の皆様におかれましては、希望に満ちた新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。また、平素から町政全般につきまして、温かいご支援とご協力を賜り、厚くお礼申しあげます。さて、昨年を顧みますと、7月から10月にかけ、例年になく多くの台風が日本に接近、上陸しました。特に、西日本を中心とした7月豪雨では多数の死者や行方不明者を出すこととなりました。本町での人的被害はありませんでしたが、一部の生活道路では現在も通行止めが続くなど、被害の影響が残りました。農業では、台風襲来による農作物への被害が少なかったものの、異常気象により「高千穂ひのかげ栗」の収穫が減少する等の影響がありました。また、肉用牛につきましては、子牛価格が高値で推移する中、ここ数年では母牛頭数が横ばいの状況となっております。林業につきましては、椎茸の価格は安定したものの、異常気象により生産量が減少しました。今後は、来年度から始まる森林環境譲与税を活用し、長期的な林業施策の検討と森林の循環利用を目指した人材の確保や育成に取り組んでまいります。一昨年にグランドオープンした「株式会社ひのかげアグリファーム」は、水稲の基幹作業を中心に農地や樹園地の除草、ふるさと宮崎ワーキングホリデーの活用による栗収穫作業等を行い、受託事業を伸ばすとともに、大玉トマト、白ウコン等の生産に取り組んでいるところです。今後、農家における多様なニーズに可能なかぎり対応していきたいと考えております。昨年は本町出身の高校生の活躍が目立った年でありました。春の選抜甲子園大会や夏に東海地方を中心に開催された全国高校総体、また、年末に京都市で開催された全国高校駅伝競走大会にそれぞれ県代表として活躍する姿は、町民に感動と勇気を与えました。11月に九州中央自動車道高千穂日之影道路の雲海橋交差点から日之影深角IC間が開通しました。郡内初の高速道路の開通は、整備促進期成会の発足から20年が経過する中で、これまでの取り組みが目に見えた成果となりました。また、今年4月下旬には道の駅「青雲橋」が新たにリニューアルオープンいたします。新しい道の駅は規模を2倍に拡大し、農産物直売所やレストランのほかに、展望デッキや観光案内所を設けます。今後、中央道の整備が進み交流人口の増加を見据えた地場産品の販売のほか、本町が進める森林セラピー基地や世界ブランドの世界農業遺産、ユネスコエコパークの連携を図りながら、滞在型観光と移住・定住に向けた情報発信の拠点として取り組んでまいります。役場新庁舎建設につきましては、昨年6月に日之影町新庁舎建設検討委員会や町民アンケートのご意見をもとに、現在の町民センター及び福祉館を解体し、庁舎と文化施設の複合施設として建設することを決定させていただきました。新庁舎は、防災拠点施設としての機能のほか、行政サービスの向上、図書館機能の充実、生涯学習の多様な活動への対応などを目指し、さらに検討を重ね進めてまいります。新年度に入りますと、現町民センター等の解体工事に取りかかります。町民の皆様には大変ご迷惑をおかけしますがご理解とご協力をお願いいたします。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化していく中で、町民生活の安全安心の確保、農林業の振興、商工業の活性化、住環境の整備等の課題に的確に対応し、本町の豊かな自然と独自の文化、地域の繋がりを大切にしながら、誇りを持って住み続けたいと思える町づくりに取り組んでまいります。町民の皆様には、引き続きご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びに、皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢■平成31年消防始式被表彰者名簿◎宮崎県知事表彰「第2部部長」鳥飼喜彦「第11部部長」清水順一「第12部部長」甲斐鉄也「第13部部長」戸髙浩二「第18部部長」押方誠◎宮崎県知事感謝状○家族表彰甲斐賀奈子様(甲斐睦雄本部付分団長夫人)◎日本消防協会会長表彰○功績賞「副団長」甲斐仁志○精績章「本部付分団長」甲斐睦雄○勤続章「第6部部長」甲佐勝弘「第10部部長」松田博喜◎宮崎県消防協会会長表彰○功績章「第2分団長」津隈直人「第4分団長」飯干成人○精績章「第3部部長」田中信吾「第4部部長」岩本尚格「第7部部長」山本恵「第8部部長」三浦正嗣「第9部部長」抜屋茂行「第14部部長」佐保彰彦「第16部部長」甲斐友師◎宮崎県消防協会会長特別表彰○親子団員表彰「第4部班長」山室洋次「第4部団員」山室和輝◎宮崎県消防協会会長感謝状○家族表彰津隈富美様(津隈直人第2分団長夫人)雨宮祐子様(雨宮秀樹第3副分団長夫人)◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰○勤続15年「機動部班長」後藤武「第1部班長」髙山智徳「第12部班長」三宮憲悟「第13部班長」佐竹健児「第14部班長」羽賀文俊「第8部団員」平川晋也「第10部団員」橋本彰「第12部団員」富士本憲「第13部団員」髙舘英嗣「第16部団員」山本賢「第18部団員」飯干康弘◎日之影町長表彰○永年勤続25年表彰「第1分団長」山本英二「第6部班長」後藤真「第16部班長」甲斐清保◎日之影町長表彰○永年勤続20年表彰「第2部部長」鳥飼喜彦「第2部班長」中山雄治「第4部班長」菊池修二「第4部班長」甲斐貴臣「第4部班長」米田英史「第7部班長」河野誠矢「第7部班長」甲斐強「第13部班長」戸高昭則「第1部団員」佐藤秀樹「第13部団員」甲斐尚「第18部団員」飯干宏充◎日之影町長表彰○団員表彰「第9部班長」真田佳洋「第4部団員」山本修三「第4部団員」佐藤佑耶「第8部団員」杉本道徳「第10部団員」髙見慶太「第12部団員」桝田怜「第12部団員」甲斐翔太「第13部団員」工藤巧也「第16部団員」甲斐和茂「第18部団員」飯干裕◎日之影町長感謝状○退職団員表彰永年勤続15年以上甲斐貴士甲斐誠◎日之影町消防団長表彰○団員表彰「第17部部長」飯干博企「第2部班長」中川穣「第2部班長」松本福美雄「第3部班長」甲斐裕太「第14部班長」甲斐祥路「第3部団員」甲斐光一郎「第4部団員」田村幸大「第4部団員」赤星辰弥「第11部団員」白石誠「第12部団員」金丸秀一「第13部団員」甲斐直人○最優秀消防団員平成30年度第36回宮崎県消防操法大会「小型ポンプの部」優勝「第16部部長」甲斐友師「第16部指揮者」甲斐将央[第16部1番員]甲斐拓郎「第16部2番員」甲斐和茂「第16部3番員」甲斐亮平「第16部補助員」山本賢平成31年消防始式平成31年日之影町消防始式が1月5日、日之影小グラウンド他で挙行されました。分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、役場まで行進し、河川敷駐車場で発水試験が行われました。また、消防団活動に功績のあった団体・個人が表彰されました。祝!成人おめでとうございます第69回日之影町成人式が1月4日に町民センターで行われました。出席者を代表して、山室雄太さん(大人東)に成人証書、甲斐菜緒さん(仲畑住宅)に記念品が佐藤町長より渡され、新成人誓いのことばを山尾健斗さん(糸平)が述べました。式典終了後は、「二十歳のつどい」が行われました。式典の様子山室雄太さん甲斐菜緒さん山尾健斗さん二十歳のつどい平成30年度社会福祉功労者厚生労働大臣表彰平成30年12月25日に宮崎県県電ホールにおいて、「社会福祉功労者厚生労働大臣表彰」の伝達式が行われ、民生委員・児童委員表彰の部で、椎谷の飯干美和子さんが受賞されました。飯干さんの、主任児童委員として7年間、民生委員として14年間の通算21年にわたり、地域住民の福祉の向上に対する熱意と高い見識で住民の良い相談相手になるとともに、様々な困難な問題に対して行政機関等と密接な連携をとり迅速な解決を図るなど、尽力されてきたことが認められました。九州茶業功労者表彰11月22日に福岡県で開催された九州茶業研究大会において九州茶業功労者の表彰が行われ、甲斐一心さんが表彰されました。自園自製自販や茶工場の自動化に早くから取り組み、西臼杵地域の茶業経営の模範となってきたことや、消費者の目線に立った高品質で安全な有機栽培のお茶の生産に尽力されていることが茶業の発展に大きく貢献したとして表彰されました。平成30年主な出来事8月◆平成30年度第36回宮崎県消防操法大会小型ポンプの部第4分団第16部優勝2月◆大日止昴小水力発電所竣工10月◆日之影町議会議員選挙(8年ぶり)◆宮崎銀行日之影出張所高千穂支店へ移転4月◆橋本範憲日之影町教育長就任11月◆九州中央自動車道高千穂日之影道路(雲海橋交差点~日之影深角IC)開通6月◆役場庁舎移転・新築決定さんさんクラブ作品展示会平成30年12月6日~8日宮崎県立美術館において「第52回さんさんクラブ宮崎作品展示会」が行われました。日之影町から10点の作品が出品され工芸の部折り紙で袴谷の米田介巳さんが宮崎県知事賞を見事受賞されました。また、同じく工芸の部十二支の木工芸品で八戸駅の甲斐忠夫さんが宮崎県老人クラブ連合会会長賞を受賞されました。甲斐忠夫さんの作品米田介巳さんの作品自衛隊宮崎地方協力本部長より感謝状贈呈平成30年11月に、町商工会、町青雲商店会へ自衛隊宮崎地方協力本部長感謝状が贈られました。町商工会、青雲商店会は、毎年8月開催の「夏まつりひのかげ」で行われる自衛隊都城駐屯地音楽部演奏会が、町民の方の自衛隊に対する理解を深める機会となっており、その功績が認められ表彰されました。保健センターからこんにちは不妊治療費の助成制度について日之影町では不妊治療費の助成をしています。助成制度には以下の2つがあります。一般不妊治療費助成制度【対象者】(1~5いずれにも該当する方が対象となります)1申請日において婚姻をしており、ご夫婦のいずれかが1年以上前から日之影町に住民票のある方2国民健康保険などの医療保険に加入している方、または生活保護を受給している方3妻の年齢が43歳未満の方4申請しようとする不妊治療について他市町村から助成を受けていない方5ご夫婦ともに町税等の滞納がない方【助成金額/助成期間】●一組の夫婦に対して、1年度当たり10万円を上限に、2年間助成をします。●平成30年度は30年3月から31年2月分までの診療が対象となります。●平成31年3月末日までに保健センターに申請してください。【申請に必要な書類】●日之影町不妊治療費助成金交付申請書●一般不妊治療を受診した医療機関発行の領収書●日之影町不妊治療等証明書●住民票謄本※申請時には、印鑑・振込口座の分かる通帳・建康保険証をお持ちください。【対象となる一般不妊治療】●不妊症スクリーニング検査●排卵誘発法●タイミング法●精液検査●精巣精検●人工授精●その他、医師が必要と認めた検査及び治療■特定不妊症治療費助成金給付事業■【対象者】※日之影町の特定不妊治療費の助成を受ける場合、高千穂保健所または宮崎県内の保健所での「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の申請が必要です。1宮崎県の「不妊に悩む方への特定治療支援事業」に該当する方2申請日において、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の給付決定を受けでいる方3申請日において婚姻をしており、ご夫婦のいずれかが1年以上前から日之影町に住民票のある方4国民健康保険などの医療保険に加入している方、または生活保護を受給している方5妻の年齢が43歳未満の方6申請しようとする不妊治療についで他市町村から助成を受けていない方7ご夫婦ともに町税等の滞納がない方【助成金額/助成期間】●一組の夫婦に対して、1年度当たり20万円を上限に、最長5年間助成をします。【申請に必要な書類】●日之影町不妊治療費助成金交付申請書●住民票謄本●特定不妊治療を受診した医療機関発行の領収書※申請時には、印鑑・振込口座の分かる通帳・健康保険証をお持ちください。【対象となる特定不妊治療】●体外受精または顕微授精●宮崎県特定不妊治療費助成給付金決定通知書の写し※詳細は宮崎県のホームページをご覧ください。◎詳細は日之影町のホームページをご覧になるか、保健センター(℡73-7521)までご連絡ください。住民税申告受付を行います2月13日(水)~3月15日(金)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。申告は早めに済ませましょう!税務課では、平成31年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場と時間を確認しておいでください。また、次の事項にご留意ください。◎牛の飼育農家の申告は、2月第3週、第4週です。◎収入が年金だけの方は、申告は不要です(気になる方は、税務課へお電話ください)。1.申告用書類をご用意ください。領収書・控除証明など、特に農業経費調べはまとめていないと受け付けできません。2.2月14日から税務課でも申告を受け付けます。平日の午前9時から午後6時(前日までに電話予約された方のみ受け付けます)。3.申告相談を受け付けます。申告についてご不明な方は、税務課(電話87‐3901)へお電話ください。必ず持参してください!★個人番号カードまたは個人番号通知書と運転免許証等利用者識別番号通知書(事前に届出をされた方)平成31年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区牛飼育農家の受付八戸上地区、四ヶ惣地区岩井川中尾地区、追川地区、山附地区小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区末市、高巣野椎谷西深角東深角牛飼育農家以外の受付鹿川(牛の所得申告も含む。)中川(牛の所得申告も含む。)【牛飼育農家のみ受付】赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木、椛木住宅稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山乙草、上栃の木、栃の木、松の木、鶴の平、長迫、上小原糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹松の内、新畑、奥、大菅、楠原、谷下、吐の内※牛の申告に時間がかかるため、日程を別にしています。中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館椎谷営農研修館団七の館鹿川営農研修館中川営農研修館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館田植え踊りの館小川の郷さくら館徳富、七折中尾、長谷川、波瀾平底、平底団地、一の水、影待追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅、新日之影上、新日之影中、新日之影下、神影上、神影中、神影下桍谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館平清水、小菅、戸川竹の原、西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬中村、上下顔大楠、岩井川中尾、中崎、小崎予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)中央研修館中央研修館中央研修館役場※問い合わせは、税務課(電話87-3901、ファクシミリ87-3911)へお願いします。ひのかげの輪て汗を流し、リフレッシュしています。普段は週2回、集落の人達とミニバレーをしがけています。毎日の生活の中で、自分らしくいくことを心佐藤和也さん(21歳:二又)『自分らしく』ん」をご紹介したいと思います。一人でも多くの「ひのかげんもしていくものです。わずリレー式に友人・知人を紹介況を報告しながら、老若男女を問このコーナーは、町内の方が近甲斐敏江さん(52歳:新畑)『毎日こつこつと!!』す。孫も牛も癒やされますね!!るよう健康に気をつけて、頑張っていきたいでがら、牛の手入れをしています。いい牛が作れ新畑に嫁いで30年。孫の成長を楽しみにしななおとの一歩あけましておめでとうございます!あっという間の一年でしたが、みなさんはどんな一年になったでしょうか?僕にとっての2018年は、これまでで最も刺激的な日々でした。知らないことだらけの中で、たくさんの人に支えられ、ゆっくりと一つーつ学ぶことのできた、特殊で素敵な一年でした。気が付けばもう1月、残り少なくなった「緑のふるさと協力隊」として何かできるのか、一つ一つの出来事を噛みしめながら活動していきたいです!そして12月にはついに大人での神楽の練習が本格的に始まりました。神楽という文化は僕の生まれ育った場所では根付いておらず、見るのはおろか神楽という文化に触れるのも初めてでした。豊作や健康、人々が無事に一年間暮らせたことへの感謝、またこれからの一年を安定して生活できるよう祈願して、舞を神様に奉納する。こういった考え方が遥か昔からその土地に根付いていて、今現在まで続いている。とても素敵な考え方、文化、伝統に少しでも携われていること、とても嬉しく思っています。◎問い合わせ先地域振興課緑のふるさと協力隊第25期生髙橋直斗地域おこし協力隊通信新宅可奈子こんにちは!日之影町に来て早くも8か月が経とうとしている地域おこし協力隊の新宅です。着任当初は右も左も分からず、ただただ環境に慣れることで必死でしたが、今はやっと日之影町の観光業に携われているな、と思える仕事を出来るようになりました。それもすべて町民の皆様が私を優しく受け入れてくれるからだと思っています。本当にありがとうございます。私は最近、研修館で映画鑑賞会を定期的に開催しています。12月2日に行われた映画祭と題した映画3本立でのイベントには、小中学生を中心に30人近く人が来てくれました。皆とても熱心に観ていて、終わってすぐにまた開催してほしいと依頼されとても嬉しかったです。よく、知らないということは存在しないに等しいと言いますが、日之影町の子どもたちには映画を観ることで今まで知らなかったことを知って、自分の中に存在するものを増やしてほしいなと思っています。次回はどんな映画を上映しようかと考えるのが最近の楽しみです。来たことがない方は是非次の鑑賞会に来てみてください。すくすく育ってね★城島花奈ちゃん【平成30年2月19日生まれ】(椎谷)尚希さん・静香さんの長女★甲斐蒼士くん【平成30年2月22日生まれ】(東深角)将央さん・久代さんの二男●掲載を希望される方(3才前後のお子さんを対象)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。(保護者が町内出身の方のお子さんも募集しています)【町音楽祭:合唱】【伝統芸能発表大会:団七踊り】【伝統芸能発表大会:古園棒術】日之影小学校では、年間を通してさまざまな行事に取り組んでいます。二学期は、運動会をはじめ、陸上教室や音楽祭、修学旅行などがありました。また、地域の方々には、農業体験(ゆず学習・米づくり体験)や伝統芸能(棒術・団七踊り)に関する学習をサポートしてもらっています。その成果については、学習発表会で発表する予定です。今年度も地域の皆様には、学校の教育活動に対して多くのご支援・ご協力をいただきありがとうございました。次年度も子どもたちへのご指導をよろしくお願いいたします。【運動会:ダンス・綱引き】【修学旅行:長崎平和公園】「二学期にがんばったこと」二年羽賀唯織わたしは、二学きにがんばったことが二つあります。一つ目は、かけ算です。算数の五のだんからべん強しました。わたしはかけ算をならう前、ぜんぶおぼえられるかなと心ぱいしました。先生が、「かけ算は二年生で一ばんむずかしいよ。冬休みまでにおぼえましょう。」と言っていたので、がんばっておぼえました。時には校長先生にも聞いてもらってシールをもらいます。まだまだがんばってかけ算名人になりたいです。二つ目は、「いもパーティ」です。わたしは、いもりょうりをあまり知らなかったのでわくわくしました。作ったのは、「いもきんとん」と「おいもスティック」です。りょうりをする時、あぶらがとびそうになったのでこわかったです。でもたべてみると、とてもおいしかったです。自分たちでそだてたおいもは、元気が出るくらいおいしいおいもでした。今、やさいもそだてているので、おいしくなるようにがんばってそだてたいです。二学きはいろいろなことをがんばることができました。三学きもいろいろなことにチャレンジして、りっぱな三年生になりたいです。「三学期にがんばりたいこと」六年野田松利振り返ってみると、二学期は、運動会や音楽祭、郷土芸能大会など、たくさんの思い出ができました。私の中で一番思い出に残っているのは運動会です。団長を務めたことで、私は人の前に立つ責任と、リーダーとなってみんなを引っ張ることの楽しさを知ることができました。団長という大役をになうことができて、私は幸運だったと思います。団長という役割を通して大変な思いをした分、大きな達成感を得ることができたからです。この二学期の出来事だけでアルバムができそうです。四月からは中学生になります。だから、三学期での目標を二つ設定しました。一つ目は、話をよく聞き、しっかり判断することです。中学生に向けて、何か求められた時に判断できるように、人の話をしっかり聞くことから始めたいです。二つ目は、何事もあきらめないことです。私はつまらないと思うことは、すぐ投げ出してしまうことがあります。どんな小さなことでも、こつこつがんばることは、自分を向上させていく上で大事になると思います。だから、心の部分が成長するよう「あきらめない心」をもつということを目標にしました。この三学期は小学校最後の学期です。目標をめざしてがんばると共に学校のみんなと楽しい思い出を作りたいです。子どもの広場【日之影小学校編】防災寝具寄贈12月フ曰、延岡市(有)旭ケミカル様から、大規模災害等による避難所生活を支援することを目的に防災寝具一式100セットが寄贈されました。贈られた防災寝具は、エアマットとマットカバー、簡易トイレ、安眠マスク、アルミシートなどがセットになっており、寄贈式で佐藤町長から「防災グッズは使用することがないのが一番だが、必要となった際は有効に使わせていただきたい」との謝辞とともに記念品が贈呈されました。クリ剪定開始式日之影町果樹栽培受託組合クリ剪定班による剪定活動開始式が12月17日に宮水地区で行われました。クリの剪定作業は大変重労働で危険を伴いますが、品質と大玉率を向上させるための大切な作業となります。これから3月上旬まで、町内約30haのクリ園地で剪定・残幹処理作業を行います。宮水小学校青雲朝市参加12月16日に宮水小学校5年生の児童が、JA宮水集荷場で開催された青雲朝市に参加しました。この朝市では、生産活動の一環として子ども達が学校で育てたもち米65kgが販売されました。子ども達は、生産から販売までの流れ、明るいあいさつや笑顔での接客など、いろいろなことを学びました。今年もサンタがやって来ました今年も日之影町青年団による「サンタの宅配」が12月に行われ、サンタに扮した青年団員が、各家庭からお預かりしたプレゼントを届けました。町青年団ではこの他にも地域や子ども達を通して様々な交流活動を行っています。◎青年団の活動に興味のある方は、教育委員会(℡87-3919)までお問い合わせください。受講してみませんか!生涯学習講座今月は、書道講座を紹介します。この講座は、第1、第2水曜日に、午後7時30分から講師の甲斐勝子さん宅(新日之影)で行われでいます。基本に沿った指導(打ちこみや留め、はらいなどの筆使い)と、楽しく書くことを大切にしでいます。甲斐さんは、「書道は基本を大事にしながら楷書や行書などの書体を習得していき、書くほどに上手になります。渓谷まつり作品展の作品づくりには、みんなやりがいを持って取り組んでいます。保護者同伴であれば小中学生も受講でき、初心者の方も大歓迎です。」と話していました。◎生涯学習講座に関するお問い合わせ教育課社会教育係【10人の受講生で練習しています】外にも出荷されています。出荷されますが、最近では海で収穫が続きます。県内外に日之影の逸品(ラナンキュラスPart2)ラナンキュラスは4月頃まを楽しませてくれます。ジメントに用いられ、私たちす。贈り物やフラワーアレンな色など、花色や形も豊富でパステルカラーや渋いシックな艶やかな花びらが特徴で、枚も重ね合わせで作ったようラナンキュラスは薄紙を何と話していました。に選別して出荷しています。」時は傷をつけないように丁寧の良い花ができました。選別浩二三さんは、「今年も品質産者の一人、今竹集落の今村丁寧に束ね出荷されます。生穫され、等級ごとに選別し、傷つけないように1本1本収収穫作業ははさみで、花をされます。め、時期をみながら順次収穫よって生育の早さが異なるたの硬さが目安になり、品種にの状態(開き具合)や花の芯収穫時期は、蕾を包むがくえる頻度、量が調整されます。気の状況をみながら、水を与であり、ほ場の土の状態や天病害虫対策や水の管理が重要うになります。この時期は、約2か月すると収穫できるよけてほ場へ定植された球根は、9月下旬から10月初旬にかキュラスについて紹介します。先月に続き日之影のラナン【収穫時期を迎えたラナンキュラス】今月の絵本今月の絵本は、(株)クレンヨンハウスから出版されている「ちがうねん」です。(ジョン・クラッセン作長谷川義史訳)小さな魚が大きな魚から、帽子を盗み逃げていきます。絶対にみつからないと自信満々です。でも本当に逃げきれるのでしょうか?大阪弁で語る小さな魚の語り口と絵の展開に、ハラハラドキドキのスリリングな一冊です。◎本の貸し出しに関するお問い合わせ町民センターお知らせのページ町民のつどい開催「第35回日之影町民のつどい」を次のとおり開催します。町民の皆様の多数の参加をお願いします。【期日】2月10日(日)【時間】午前9時〜午後2時30分(予定)【場所】宮水小学校体育館◎問い合わせ先教育課社会教育係特設人権相談所を開設します延岡人権擁護委員協議会では、「特設人権相談所」を開設します。相談は無料で、秘密は堅く守られますので、どんな相談でも、どなたでもお気軽にお出かけください。【日時】2月13日(水)午前10から午後3時まで【相談場所】日之影保健センター「総合相談室」【相談員】人権擁護委員※町内で、人権擁護委員として法務大臣から委嘱を受け活動されている方々は、次のとおりです・細木栄子さん(中央通り)・中内泰男さん(東宮水)・甲斐秀明さん(西深角)◎問い合わせ先総務課困ったら一人で悩まず行政相談1苦情や困っていることがある2相談してみたが説明に納得がいかない3制度の仕組みが分からない4どこに相談したらよいか分からないなど、困りごとがありましたら、行政相談委員にご相談ください。町では、次の日程で行政相談を開設します。相談は無料で、秘密は固く守られますのでお気軽にご相談ください。【日時】2月13日(水)午前9時〜正午【場所】保健センター【行政相談委員】米田正さん※なお、行政相談は、総務省宮崎行政監視行政相談でも受け付けています。全国どこからでも同じ番号でかけられる行政苦情110番、℡0570‐090110をご利用ください。◎問い合わせ先総務課総務省宮崎県行政監視行政相談センター労働相談会の開催について宮崎県労働委員会では、労働者と使用者との間に生じた職場のトラブルについて、随時、秘密厳守・無料で相談に応じています。次の日程で、平日夜間、及び土曜・日曜日にも相談をお受けする、「平日夜間・土日もどうぞ!労働相談会」を開催します。【受付期間】2月18日(月)〜24日(日)平日午前8時30分〜午後7時土曜・日曜午前9時〜午後5時※面談を希望される場合は、事前に電話連絡をお願いします。【対象者】県内の事業所に勤務する労働者及び使用者【場所】宮崎県労働委員会事務局(宮崎県庁3号館6階)【相談方法】電話・面談・FAX・インターネット(「宮崎県労働相談メール送信フォーム」で検索)◎問い合わせ先宮崎県労働委員会事務局相談専用電話「働くあんしんさぽーとダイヤル」職業訓練生4月入所生募集(離職者対象)ポリテクセンターは、ものづくりの技能・知識を身につける訓練を行っています。【訓練期間】平成31年4月3日〜平成31年9月30日(6ヶ月間)【訓練科】テクニカルオペレーション科15人金属加工技術科10人福祉住環境リフォーム科25人電気設備技術科15人ビジネスワーク科10人【募乗期間】2月28日まで【入所資格】求職中の方【受講料】無料(ただしテキスト代等は必要)【申込先】最寄りの公共職業安定所(ハローワーク)※2月6日(水)の施設見学会にも、ぜひお越しください。◎問い合わせ先ポリテクセンター延岡訓練課のべおか公売会の開催について県内の自治体では、税金の滞納処分により差押えた動産を入札等の方法で公売します。詳しくは延岡市役所納税課または日之影町役場税務課にお問い合わせください。開催日時、場所、必要なものは次のとおりです。【日時】2月16日(土)午前9時開場【場所】延岡市民体育館【必要なもの】・本人確認ができるもの(免許証等)・印鑑(認印可、法人の場合は代表者印)◎問い合わせ先延岡市役所総務部納税課日之影町役場税務課INFORMATIONINFORMATION【日第新時4春】4企1回画月お午2ひ前0さ8日ま時(の〜日お午)か前げ1「0青時雲朝市」開催宮崎県農業会議農政課農業委員会◎問い合わせ先せて行っていただくようお願いします。において農地の名義、変更の手続きもあわなお、相続等がなされた場合は、法務局す。農業委員会への届出が義務づけられていま合は、農地法により、農地のある市町村の相続等により農地の権利を取得された場農地の相続等の届出のお願い6火遊びはしないこと。を投げ捨てないこと。5たばこの火は必ず消すとともに、吸い殼を受けること。4火入れを行う場合は役場(消防)の許可をしないこと。3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れすること。2たき火の場所を離れるときは完全に消火は、たき火をしないこと。1枯れ草等のある火災が起きやすい場所でただきますようお願いします。ついて十分注意し、山火事予防に努めてい多発する傾向にあることから、次の事項にでは例年1月から3月にかけて、山火事が林野火災予防運動を実施いたします。県内一標語に、1月25日から2月1日にかけ、「忘れない豊かな森と火の怖さ」を統林野火災予防運動が実施されます西臼杵支庁林務課◎問い合わせ先林務課に置いています。◎受講申込書は、農林振興課、西臼杵支庁【申込書提出先】西臼杵支庁林務課【申込受付期間】2月8日(金)まで(宮崎県収入証紙)【受講手数料】1万4,000円【開催場所】宮崎県庁7号館4階午前9時〜午後5時【開催日時】2月27日(水)さい。木生産に興味のある方は、ぜひご検討くだが必要です。苗木生産を考えている方や苗合は、講習会を受講し、生産事業者の登録種し、または苗木を育成する事業を営む場布する目的で、スギなどの種子や穂木を採会が次のとおり開催されます。他の者に配平成30年度の林業用種苗生産事業者講習開催について林業用種苗生産事業者講習会の農林振興課◎問い合わせ先皆様のお越しをお待ちしています。・名物道の駅青雲橋もも焼きわ、お惣菜の販売・旬の野菜、農産加工品、赤飯、山菜おこいの振る舞い・先着100名限定絶品!・猪汁・ぜんざの販売・島の浦漁業後継者グループによる海産物【新春イベント】【場所】JA宮水集荷場21日巡回診療(見立・仲組)乳幼児健診(保健センター)20日障がい者就業巡回相談/(保健センター)19日子どもの予防接種「青雲朝市」(JA宮水集荷場)17日第45回おひさまのおかげ(保健センター)13日行政相談/人権相談(宮水小学校)10日第35回日之影町民のつどい2月の主な行事訂正してお詫びいたします。交通大臣賞受賞」の誤りでした。交通大臣賞受賞」としておりましたが、「国土12月号の寒蘭の花掲載につきまして、「国道■訂正とお詫び■上下顔甲斐和徳さん父忠治さん中央通り甲斐啓子さん二男新吾さん駅前通り河野美津子さん母佐智子さん住所遺族名続柄故人名●香典返し(社会福祉協議会12月受付)ありがとうございました人のうごき日之影町内の12月の事故・事件(12月25日現在)○人身事故○死者編集後記○負傷者○物損事故新年あけましておめでとうございます。◎人口男女寒さもいよいよ厳しくなり、路面凍結に起因する交通事故の発生が懸念されます。スピードを控えめに、より慎重な運転をお願いします。○事件(刑法犯)(12月25日現在)平成30年中に宮崎県内で特殊詐欺は37件発生し、7,961今年は亥年です。猪突猛進の如く、何事も迷わず一気に推し進めていきたいところです。亥年には正義感が強い、芯が強い、無病息災などの意味があるそうで合計出生死亡◎世帯数転入転出万円の被害でした。西臼杵郡内での発生はありませんでした。不審な電話、ハガキ等については、直ぐに相談するか、警察に連絡してください。◆高千穂警察署からのご挨拶謹んで初春のお慶び申し上げます。今年も、西臼杵郡内のうそ電話詐欺被害ゼロ、身近な犯罪防止をめざし、安全・安心のまちづくりに努めます。高千穂警察署員一同すが、やはり私は健康第一に、こつこつと自分のペースでいきたいと思います。今年もよろしくお願いします。(T・GO!)おかげさまで日之影新聞公開全国の移住者向け情報サイト「雛形」で『おかけさまで日之影新聞』を公開しています。現在、第8号まで発行されており、町のイベントや、自然、歴史、観光要素を盛り込みながら「日之影町の人」が紹介されています。ぜひ、ご覧ください。おかげさまで日之影新聞発行中【雛形ホームページより】町の“日常”に根ざす魅力を伝える地域新聞「おかげさまで日之影新聞」日之影町に暮らす人々にまとう穏やかな空気、でっかい自然、町の小さな出来事、受け継いでいる行事、難解でかわいい方言、地元産の自慢の一品・・・・・これまで「雛形」が出会ってきた日之影町の“日常の魅力”。小さな町の中でなんとなく起きている、とっておきの日常を、毎号テーマを変えて伝えていきます。QRコードを読み込んでいただくと、日之影新聞掲載サイトにアクセスします。◎問い合わせ先:地域振興課【ユネスコエコパーク(祖母・傾・大崩山系の自然的特徴)】【大崩山】【見立渓谷】【祖母山】(豊後大野市提供)【傾山】(市ノ瀬孝氏提供)観が、訪れる人々を魅了します。ど、複雑な地形地質をもち、四季折々で表情を変えるその独特な景起伏に富んだ岩峰群や切り立った崖、谷あいを走る幾筋もの渓谷な急峻な山岳地帯と雄大な稜線美で知られる祖母・傾・大崩山系は、〜急峻な山と深い渓谷〜
1 4591 広報ひのかげ 第632号 2018年1月発行 20180115 1月 m19_acv-hinokage_201801_0632_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201801_0632_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第632号 2018年1月発行「第68回日之影町成人式」(町民センター1月4日撮影)No.632今月号の主な話題●新年のあいさつP2●平成29年主な出来事P3●消防始式・成人式P4~5●住民税申告日程P11新年のあいさつ新年明けましておめでとうございます。町民の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。年頭にあたり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年でありますようお祈り申し上げます。また平素から町政全般について、温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、昨年を振り返りますと、梅雨前線の停滞に起因した九州北部豪雨により、多数の人命が失われ、道路等の生活インフラに甚大な被害を受けたことは、あらためて自然災害の脅威を意識させられました。本町におきましては、8月と9月に九州に上陸した台風により、農産物や農業施設に被害を受けたところでありましたが、人命や直接的な被害は少なく、穏やかな年でありました。農業では、異常気象による空梅雨により、「高千穂ひのかげくり」等の収穫に影響がありましたが、子牛価格が高値で推移するとともに、繁殖農家の減少にも歯止めがかかりつつあります。また、椎茸については、価格の持ち直しが見られるなど、今後に期待の持てる年となりました。4月にグランドオープンした「株式会社ひのかげアグリファーム」は、自治体が出資する農業法人ということで、各方面から関心をいただきました。農作業の負担軽減や農地の適正管理が期待される中、受託事業においては、農地や樹園地の除草等を行い、中でも稲刈りにおいては10ヘクタールを超える受託面積を引き受けることができました。なお、栗や柚子等の収穫作業については、受託作業の重複により受け入れができず、労働力の確保に向けた取り組みが必要となりました。道路網の整備につきましては、九州中央道路の一部となる、高千穂日之影道路の末市深角間が平成30年度内に供用開始の予定となり、昨年5月に着工した深角平底間のトンネル工事についても、順調に工事が進んでいるところであります。県道向山日之影線の道路改良につきましても、大人工区の完成により、上小原地区から新日之影までの約6kmが全線2車線に整備され、国道218号線の代替道路として期待されています。平成26年度から取り組んできました「祖母・傾・大崩山系地域」のユネスコエコパークヘの登録について、6月14日にフランスのパリで開催された、ユネスコエコパーク登録の可否を審査する理事会において、登録が決定されました。平成27年12月の「高千穂郷・椎葉山地域」の世界農業遺産の認定と合わせ、世界基準のブランドを生かした農業振興、6次産業化、グリーンツーリズムなどへの活用を図りながら、新たな観光振興と雇用の創出に取り組んでまいります。また、役場庁舎の建て替えにつきましては、12月に第1回新庁舎建設委員会を開催し、委員の皆様から様々なご意見をいただいたところであり、今後は町民の皆様への情報提供等を行いながら、協議を進めてまいります。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化していく中で、町民生活の安全・安心の確保、過疎化・少子高齢化対策、基幹産業である農林業の振興、商工業の活性化、雇用の創出、住環境の整備、交通・情報ネットワークの利便性の向上、水源の里の振興等の課題に的確に対応し、町民の目線で町民とつくる対話と協働の町政を基本姿勢に、誇りを持って住み続けたいと思える町づくりに取り組んでまいりますので、町民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢平成29年主な出来事7月◆新農業委員・推進委員選任1月◆第7回宮崎県市町村対抗駅伝競走大会町村の部第8位8月4月◆「日之影神楽」宮崎県無形民俗文化財指定◆(株)ひのかげアグリファームグランドオープン9月5月◆上田護氏「森の名手・名人」認定◆藤原誠氏宮崎県伝統工芸士認定11月6月◆佐藤貢日之影町長当選証書付与◆祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク登録決定◆地方自治法施行70周年記念日之影町総務大臣表彰受賞■平成30年消防始式被表彰者名簿◎宮崎県知事表彰「第3分団長」田﨑透「第4分団長」飯干成人「第1副分団長」甲斐友康「第4副分団長」橋本直樹「第1部部長」甲斐建二◎宮崎県知事感謝状○家族表彰津隈喜美子様(津隈重人本部長夫人)◎日本消防協会会長表彰○功績章「本部長」津隈重人○勤続章「第1部部長」甲斐建二「機動部班長」佐藤弘明「第6部班長」西村久吉「第9部班長」広島誠「第10部班長」吉村春光「第13部班長」佐藤雅洋◎宮崎県消防協会会長表彰○功績章「第1分団長」山本英二「第3分団長」田﨑透○精績章「第4副分団長」橋本直樹「第1部部長」甲斐建二「第2部部長」鳥飼喜彦「第11部部長」清水順一「第12部部長」甲斐鉄也「第13部部長」戸髙浩二「第18部部長」押方誠◎宮崎県消防協会会長特別表彰○親子団員表彰「第1部班長」春田直人「第1部団員」春田健太朗◎宮崎県消防協会会長感謝状○家族表彰山本敏代様(山本英二第1分団長夫人)甲斐邦子様(甲斐友康第1副分団長夫人)◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰○勤続15年「第1部班長」甲斐健太「第8部班長」堀口雄司「第10部班長」高見勇臣「第12部班長」工藤大祐「第14部班長」山本祐樹「第4部団員」岩本博信「第13部団員」谷川哲洋「第18部団員」丹波雅雄◎日之影町長表彰○永年勤続25年表彰「機動部班長」佐藤金蔵「第4部班長」山室洋次「第4部班長」甲斐欣一◎日之影町長表彰○永年勤続20年表彰「第3部部長」田中信吾「第16部部長」甲斐友師「第1部班長」甲斐紀夫「第3部班長」増田佳広「第16部班長」戸田博徳「第16部班長」西村正綱「第18部班長」甲斐真吾◎日之影町長表彰○団員表彰「機動部部長」興梠高規「機動部班長」岩本健二「第3部班長」佐藤文昭「第6部班長」髙田周二「第9部班長」佐藤友幸「第14部班長」山口真司「機動部団員」甲斐明人「第10部団員」甲斐靖徳「第13部団員」坂本泰雄「第18部団員」丹波聖也平成30年消防始式平成30年日之影町消防始式が1月5日、日之影小グラウンドで挙行されました。当日は雨天のため、分団ごとに通常点検を実施し、消防団活動に功績のあった個人に対し表彰状が渡されました。「第4部団員」大江一禎「第3部団員」岡田「第1部団員」甲斐翔「第1部団員」甲斐「第17部班長」甲斐勝行「第17部班長」飯干良友「第3部班長」上田○団員表彰◎日之影町消防団長表彰甲斐戸髙亨二興梠秀忠高岡橋本飯干谷川鳥飼清隆藤本甲斐甲斐廣島博憲髙見誠一山室平川甲斐甲斐杉田榎木甲斐○退職団員表彰永年勤続15年以上◎日之影町長感謝状原史崇志康徳幸太郎昭二修誉靖芳幸功今朝光猶基一成幸治三夫和彦常市義浩祝!成人おめでとうございます第68回日之影町成人式が、1月4日町民センターで行われました。今年成人を迎えたのは、平成9年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた52人で、式典に出席した48人(男性24人/女性24人)を代表して甲斐龍斗さん(西深角)に、佐藤町長より成人証書と記念品が手渡されました。また、新成人誓いのことばを佐藤冴太郎さん(波瀬)、交通安全誓いのことばを岩本ありささん(椛木)が述べました。式典終了後の新成人意見発表では、甲斐潤平さん(袴谷住宅)、工藤麻矢さん(崎の原式典の様子住宅)、永田しての意見を発表しました。匠さん(高巣野)が、それぞれ新成人と甲斐龍斗さん佐藤冴太郎さん岩本ありささん甲斐潤平さん工藤麻矢さん永田匠さん藤﨑教育長退任お世話になりました日之影町の教育発展にご尽力いただいた、藤﨑義昭教育長が、任期満了により退任されました。藤﨑教育長は、平成14年4月から3年間、宮水小学校長として赴任、平成21年12月からは教育長として、「子育てと義務教育は日之影町で」を合い言葉に、教育の充実、発展のために取り組まれました。長年にわたり、ありがとうございました。みやざきシニアパワー章表彰されました。(平田弘子代表)が表彰する電話ボランティアれ、17人の会員で活動ワー章表彰式」が行わの、「みやざきシニアパ気運の醸成を図るための促進と、県民全体の齢者の社会参加の一層センターにおいて、高メディキット県民文化平成29年12月2日、祝!!百歳おめでとうございます神楽苑に入所されている舟の尾の飯干キクノさんが満百歳の誕生日を迎えられ、お祝いの毛布と花を受け取られました。(キクノさんは大正6年12月27日生まれです。)これからも元気で長生きしてください。(町内の100歳以上の方は現在7名です。)地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰受賞いて評価されました。課題解決に対応する施策につく後世へ引き継ぎ、あらゆるから引き継いだ農林地を末永に先駆けた挑戦であり、先代ァーム」の取り組みが、全国した「(株)ひのかげアグリフ的な施策を進めるために設立存続、農地の維持に係る抜本本町の基幹産業である農業の市町村に授与されるもので、方自治の充実発展に寄与したより優れた施策を実施し、地表彰は、自らの創意工夫にが授与されました。日之影町に「総務大臣表彰」行70周年記念式典が開催され、ラムにおいて、地方自治法施11月20日、東京国際フォーそのためには、学校で政治につ張である一票を投じていきます。す。現状は改善すべきだと思います。識を今まで以上に高め、私の主産されていま第12回若者が政治に関心を持ちにくいう自覚を持ち、選挙に対する意な肉用牛が生は低くなっています。しかし、からの未来に繋がっていくといって、高品質最近では若者の選挙への意識民の為になる仕事や生活、これ術や努力によりません。またこの一票が、私か思う町生産者の技たちが解決していかなければなの考えを主張します。いました。ちません。こうした問題は、私た一票ですが、その一票で自分た。」と話して機児童問題や児童虐待が後を絶や意思をしっかりと持ち、たっ果となりましいのでしょうか。現代では、待べきだと考えます。自分の考えこのような結そんな子ども達の未来は明るにせず、どんどん主張していくは「これまでの努力と家族の協力で、り組んでいます。わけもんの主張発表大会場があるとしたら、それを無駄ツ、地域行事など、一生懸命取少しでも自分自身を主張できるが、子ども達は、勉強、スポーて主張できる場所だと思います。徒数は年々減少傾向にありますて自分の意思を投票用紙を通し少子高齢化に伴い、児童・生の主張を理解し受け入れ、そし勤務しています。参加しています。選挙は候補者私は、日之影町教育委員会にしれないという意思で、選挙に「子ども達の未藤来へ原」将吾がいい方向に変わっで行くかもし今の私は、自分の一票で日本容※は文要章約をし表て示いしまてすお。りますが、内私もそう思っていました。しかくないと思います。以前までの受賞しました。ではない、そう考える人は少な人が発表し、それぞれ優秀賞を自分の一票で何かが変わるわけん(高巣野・町役場勤務)の2ても私はどうでもいい、たかが(椎谷・町役場勤務)と橋本梓さ当選したって、どの政党になっ「日1第之2月1影92回町日わかにけら高も千はん穂藤の町原主で将張開吾」催さがさん、れ、日之影の逸品(肉用牛Part2)【郡共進会でグランドチャンピオン獲得】ンピオンを獲得しました。甲斐さんの2号)が優等首席・グランドチャさん(尾村集落)の出品牛(さくら4郡内より48頭が出場し、甲斐令之郎552回9年J11A月高10千日穂に開地催さ区れ畜た、産第共1進会に、牛を決めます。と肉牛性を審査し、最も優れた雌子催されます。発育、体型から種牛性肉用牛生産者の技術向上を目的に開和牛の改良の成果の確認と、全てのれる品評会に出場します。品評会は、に優れた個体は、セリ市毎に開催さ雌子牛の中で、発育、体型、血統政治なんてわからない、誰がす。「主張すること橋の大本切さ」か月まで育てられ出荷されていきま梓気に生まれてきた子牛は、生後約10ることについて意見発表する、約23〜24か月で初産を迎えます。元日頃考えていることや求めてい投じ続けます。す。その後、人工授精を行い、生後若者が選挙や政治に対して、ッチできるように、私の一票を蹄など細やかな管理が必要となりま次の世代へ安心してバトンタ十分な栄養管理、日光浴や運動、削藤原将吾さんと橋本梓さんていくことができると思います。に適した発育と体型を維持するため、ことで、若者の政治離れを改善し向けての準備が始まります。繁殖用関心の持てる内容を取り入れる雌牛は生後約13か月頃から繁殖にやディベートなどの政治により(黒毛和種)について紹介します。さらに、授業に選挙の疑似体験先月に続き、日之影町の肉用牛いて学ぶことはとても有効です。今月の絵本今月の絵本は、講談社からから出版されている「おもちのきもち」です。(かがくいひろし:作)おもちは、お正月や祭りにはなくてはならない食べ物です。しかし、当のおもちのことを考えたことがありますか?この絵本は、人間に食べられてしまう、おもちの気持ちをユーモラスに描いてあり、思わず「クスッ!」と笑ってしまいます。ぜひ、読んでみてください。◎本の貸し出しに関するお問い合わせ町民センター℡87‐2300ひのかげの輪きたいです。謝の気持ちを忘れず、今後も一緒に頑張ってい事上、町民の皆さんの協力が不可欠なため、感日之影社協に入社し、7年になりました。仕甲斐亮平さん(32歳:椎谷)『日々感謝』ん」をご紹介したいと思います。一人でも多くの「ひのかげんもしていくものです。わずリレー式に友人・知人を紹介況を報告しながら、老若男女を問このコーナーは、町内の方が近甲斐智香子さん(39歳:新畑)『笑うことは何よりの健康法』今年も頑張ります。間を過ごしています。1年が経ちました。笑いの絶えない、楽しい時ミニバレーの練習に参加するようになって、えにょきにょ木こんにちは!緑のふるさと協力隊の榎健斗です。新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。皆さん体調は崩されていませんか?僕は宮崎県がこんなにも寒いところだとは思ってませんでした。朝は車のフロントガラスは凍ってるし、いや、そもそも雪が降ってるじゃないですかああ!これじゃ新潟と全然変わらないよおお!!春よ!早く来ておくれ…。さて、年も変わり僕の協力隊としての任期も残り1か月半ほどとなりました。1年前には想像もつかなかったことが、日之影に来てからたくさんありました。大学4年の頃は思い悩んだ時期もあったけど、思わぬかたちで巡り合った「協力隊」と、それまで全く知らなかった「日之影町」で多くの人と出会い、こんなにも沢山素晴らしい経験をさせてもらったことに感謝しています。飛び込んでみると、思いがけないめぐり合わせがあるものですね。2018年はどんな年にしようかな、なるかな~、楽しみだな~。皆さんにとっても笑顔の絶えない実りある1年になりますように。◎問い合わせ先地域振興課緑のふるさと協力隊第24期生榎健斗地域おこし協力隊通信財津裕美新年明けましておめでとうございます♪地域おこし協力隊・買物支援担当の財津です。私が地域おこし協力隊として日之影町に着任して、二度目のお正月を迎えました。昨年は、毎月町内の色々なサロン会場で移動販売をしたり、軒先での訪問販売や買物代行を利用して下さる皆さんのおかげで、あっという間の一年だったように感じます。今年はどのような一年になるのか、今から楽しみです。昨年の11月は保健センターの駐車場で『福祉まつり』が行われ、一昨年と同様に、買物支援の劇をサロンボランティアの方々と行いました。ボランティアさんの好演により、笑いの中で買物支援の説明をすることができました。また、12月は高齢者大学で実演販売をし、どのような商品を取り扱っているか、実際に見てもらう良い機会となりました。今年もサロン会場での移動販売や訪問販売、買物代行を柱とした活動を行っていきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします♪すくすく育ってね★押方歩夢くん【平成29年6月28日生まれ】(椎谷)秀樹さん・綾さんの長男★甲斐世逢くん【平成29年7月13日生まれ】(高巣野)裕基さん・由美さんの長男●掲載を希望される方(3才前後のお子さんを対象)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。(保護者が町内出身の方のお子さんも募集しています)だるま作りの鉛入れをしました。持久走大会で自分のタイムに挑戦しました。清流園の方と交流会をしました。今月は八戸小学校を紹介します。2学期は、福祉施設の訪問やPTAの協力で行われた餅つき、町の森林についての学習やキャンプ村を訪れるなど、地域を知る学習や交流が行われました。3学期になって、卒業式や次の学年になるための準備が始まり、みんな元気に活動に取り組んでいます。PTA家庭教育学級で餅つきをしました。営林署の方から森林の話を聞きました。秋の遠足で日之影キャンプ村に行きました。「日之影町の未来」六年橋本琉貴日之影町は年々人口が減っています。八戸小の全校児童は、今年は、二十三人ですが、来年は十六人になる予定です。このままでは、日之影町の人口が減っていく可能性があります。その原因は何かと考えてみました。それは、日之影町には、若い人たちが就く仕事が少ないからではないでしょうか。では、どのような仕事がよいのでしょうか。この日之影町には自然がいっぱいあります。ですから、自然を生かした産業を興せばよいのではないかと考えます。そこで、一つの例を考えてみました。それは、森林セラピーの仕事を拡張することです。まず、セラピーロードの整備です。道の途中に休憩のための椅子を用意したり、歩きやすい道にしたりします。また、トロッコ列車を作れば、遠い道も行きは歩いて帰りはトロッコを利用すれば多くの人が助かります。さらに、森林セラピーを楽しむ人が泊まつていけるようにキャンプ場の整備をします。キャンプ場は泊まれるだけじゃなくアスレチックの遊具のある広場を造るといいと思いますま。た、キャンプ場の下の川を利用して、流れるプールを造れば、小さいお子さんを連れた家族が多く訪れることでしょう。川遊びは夏しか出来ませんが、キャンプ場の周りにしいたけや栗の木があれば、しいたけ取りや栗拾いをして秋でも利用できます。自然を生かした産業は日之影町にはまだまだ少ないです。森林だけでなく、農業についてもやり方を考えて、若い人が就職できるように工夫していけばよいと思いました。このようにして、一人一人が自然を生かした産業を興していけば、日之影町の人口がこれ以上減ることなくなり、明るい未来が期待できるでしょう。子どもの広場【八戸小学校編】保健センターからこんにちは不妊治療費の助成制度について日之影町では平成27年度より不妊治療の費用を助成しております。助成制度には、次の2つがあります。1一般不妊治療費助成金給付事業一般不妊治療とは、体外受精・顕微授精を除く不妊治療及び人工授精のことをいいます。不妊を診断するための検査及び不妊治療の効果を確認するための検査も含みます。1年度当たり10万円を上限に2年間助成します。助成を受けるためには、医師の証明書が必要となります。【対象者は以下の項目全てに該当する方です】○申請日において、婚姻をしており、夫婦のいずれかが1年以上前から日之影町に住民票のある方○国民健康保険などの医療保険に加入または生活保護を受けている方○妻の年齢が43歳未満の方○他市町村から不妊治療にかかる助成を受けていない方○町税などの滞納がない方2特定不妊治療費助成金給付事業特定不妊治療とは、体外受精又は顕微授精となります。宮崎県特定不妊治療費助成金の給付決定を受けた夫婦に対して、1年度当たり20万円を限度に最長5年間助成します。なお、県から治療1回につき、上限額15万円(初回のみ上限30万円)の助成があります。詳細について質問がある方または申請を希望される方は、保健センター母子保健担当までご連絡ください。小さな疑問から何でもお答えしますのでお気軽にご相談ください。健康づくり係おもいやり駐車場制度は、産前4ヶ月~産後3ヶ月の妊産婦の方にも交付をしています。(県事業)交付を受けたい方は、保健センターまでご連絡ください。障がい福祉係【1月号・簡単野菜レシピ(水菜のお浸し)】野菜摂取量63g26kcal塩分0.6g【材料:4人分】水菜・・1束(250g)桜えび・・・・大さじ1/3いりごま(白)・・小さじ2白だし・・・・大さじ1弱水・・・・・・・大さじ41鍋に湯をわかし、3~4cm位に切った水菜を入れ1~2分茹で冷水に取り、水気をしっかり絞る。2ボウルに1・桜えび・いりごま・白だし・水を入れ全体を混ぜ合わせ、味がなじんだら器に盛る。住民税申告受付を行います申告は、早めに済ませましょう!2月14日(水)~3月15日(木)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意くださ税務課では、平成30年度の住民税・国保税の所得(平成29年1月から12月までの所得)申告受付事務いを、下記の日程で実施します。会場と時間を確認しておいでください。また、次の事項にご留意ください。◎牛の飼育農家の申告は、2月第3週、第4週になります。◎収入が年金だけの方は、申告は不要です。(気になる方は、税務課へお電話ください。)1.申告用書類をご用意ください。~領収書・控除証明など、特に農業経費調べはまとめていないと受け付けできません。2.2月15日から役場税務課でも申告を受け付けます。~平日の午前9時から午後6時(前日までに電話予約された方のみ受け付けます。)3.所得税の確定申告も受け付けます。~申告についてご不明な方は、税務課(℡87‐3901)へお電話ください。必ず持参してください!★個人番号カードまたは個人番号通知書と運転免許証等平成30年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場牛飼育農家の受付椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区八戸上地区、四ヶ惣地区岩井川中尾地区、追川地区、山附地区小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区【牛飼育農家のみ受付】※牛の申告に時間がかかるため、日程を別にしています。中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館牛飼育農家以外の受付末市、高巣野椎谷西深角東深角鹿川(牛の所得申告を含む)中川(牛の所得申告を含む)赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木、椛木住宅稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山乙草、上栃の木、栃の木、松の木、鶴の平、長迫、上小原糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹松の内、新畑、奥、大菅、楠原、谷下、吐の内椎谷営農研修館団七踊りの館鹿川営農研修館中川営農研修館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館田植え踊りの館小川の郷さくら館徳富、七折中尾、長谷川、波瀾平底、平底団地、一の水、影待追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅、新日之影上、新日之影中、新日之影下、神影上、神影中、神影下袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅、戸川竹の原、西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬中村、上下顔大楠、岩井川中尾、中崎、小崎予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)※問い合わせは、税務課(電話87‐3901、ファクシミリ87‐3911)へお願いします。中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場・中央研修館お知らせのページ町民のつどい開催「第34回日之影町民のつどい」を次のとおり開催します。町民の皆様の多数の参加をお願いします。【期日】2月11日(日)【時間】午前9時〜午後2時30分(予定)【場所】宮水小学校体育館◎問い合わせ先教育課社会教育係特設人権相談所を開設します延岡人権擁護委員協議会では、「特設人権相談所」を開設します。相談は無料で、秘密は堅く守られます。どんな相談でも、どなたでもお気軽においでください。【日時】2月14日(水)午前10時から午後3時まで【相談場所】日之影保健センター「総合相談室」【相談員】人権擁護委員※町内で、人権擁護委員として法務大臣から委嘱を受け活動されている方々は、次のとおりです・押方光德さん(椎谷)・細木栄子さん(中央通り)・中内泰男さん(東宮水)◎問い合わせ先総務課困ったら一人で悩まず行政相談1苦情や困っていることがある2相談してみたが説明に納得がいかない3制度の仕組みが分からない4どこに相談したらよいか分からないなどのお困りごとがありましたら、行政相談委員にご相談ください。町では、次の日程で行政相談を開設します。相談は無料で、秘密は固く守られますので、お気軽にご相談ください。百時】2月14日(水)午前9時〜正午【場所】保健センター【行政相談員】米田正さん※なお、行政相談は、総務省宮崎行政監視行政相談センターでも受け付けています。全国どこからでも同じ番号でかけられる、行政苦情110番、(℡0570‐090110)をご利用ください。◎問い合わせ先総務課総務省宮崎県行政監視行政相談センター労働相談会の間催について宮崎県労働委員会では、労働者と使用者との間に生じた職場のトラブルについて、随時、秘密厳守・無料で相談に応じています。次の期間は、平日夜間、及び土曜・日曜も相談をお受けします。【期日および受付時間】平成30年2月5日(月)〜11日(日)までホームページ宮崎県労働委員会で検索平日・午前8時30分〜午後7時土曜・日曜午前9時〜午後5時※土曜・日曜に面談を希望される場合は、事前に電話連絡をお願いします。【対象者】県内の事業所に勤務する労働者及び使用者【場所】宮崎県労働委員会事務局(宮崎県庁3号館6階)【相談方法】電話・面談・FAX・インターネット(「宮崎県労働相談メール送信フォーム」で検索)◎問い合わせ先宮崎県労働委員会事務局相談専用電話「働くあんしんサポートダイヤル」職業訓練生4月入所生募集(離職者対象)ポリテクセンターは、ものづくりの技能・知識を身につける訓練を行っています。【訓練期間】平成30年4月4日〜平成30年9月28日(6ヶ月間)【訓練科】テクニカルオペレーション科15人金属加工技術科15人福祉住環境リフォーム科30人電気設備技術科15人ビジネスワーク科10人【募集期間】平成30年1月5日〜2月27日【入所資格】求職中の方【受講料】無料(ただしテキスト代等は必要)【申込先】最寄りの公共職業安定所(ハローワーク)※2月6日(火)の施設見学会にも、ぜひお越しください。◎問い合わせ先ポリテクセンター延岡訓練課甲種防火管理講習会の開催について西臼杵広域行政事務組合消防本部消防法に基づく、甲種防火管理者の資格を取得するための、甲種防火管理者講習会が次のとおり開催されます。【日時】平成30年2月22日(木)〜2月23日(金)午前9時〜午後4時30分【場所】高千穂町自然休養村管理センター【受講料】6,500円【受付期間】平成30年1月15日(月)〜1月29日(月)【申込先】一般社団法人宮崎県消防設備協会◎問い合わせ先宮崎県消防設備協会農林振興課◎問い合わせ先宮崎県農業会議農政課皆様のお越しをお待ちしています。農業委員会【主催】道の駅青雲橋野菜生産者グループ◎問い合わせ先・名物道の駅青雲橋もも焼きせて行っていただくようお願いします。わ、お総菜の販売において、農地の名義変更の手続きもあわ・旬の野菜、農産加工品、赤飯、山菜おこなお、相続等がなされた場合は、法務局いの振る舞い業委員会への届出が義務づけられています。・先着100名限定絶品!猪汁・ぜんざショー、海産物の販売は、農地法により、農地のある市町村の農・島浦漁業後継者グループによる魚の解体相続等で、農地の権利を取得された場合【イベント】農地の相続等の届出のお願い【場所】道の駅青雲橋午前8時〜午前11時保健センター【日時】平成30年1月21日(日)◎問い合わせ先めに医療機関を受診ください。おかげ「青雲朝市」開催密検査が必要」との判定を受けた方は、早新春企画第32回おひさまのします。また、今年度のがん検診等で、「精6火遊びはしないこと。いない方は、ぜひ出席されるようお知らせを投げ捨てないこと。要ですので、健診の結果説明をまだ受けて5たばこの火は必ず消すとともに、吸い殻てよりよい生活習慣に結びつけることが重可を受けること。健診は受診するだけではなく、結果を受け4火入れを行う場合は、役場(消防)の許1月24日(水)に保健センターで行います。をしないこと。齢者健診について、追加の結果説明会を、3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れ保特定健診、協会けんぽ特定健診、後期高火すること。10月から12月にかけて実施しました、国2たき火の場所を離れるときは、完全に消は、たき火をしないこと。特定健康診査の結果説明会のお知らせ1枯れ草等のある火災が起きやすい場所でだきますようお願いします。日之影温泉駅いて十分注意し、山火事予防に努めていた◎問い合わせ先発する傾向にあることから、次の事項についたします。は例年1月から3月にかけて、山火事が多月曜日が定休日となりますので、お知らせ山火事予防運動を実施いたします。県内で休日としておりますが、2月からは、毎週一標語に、1月26日から2月2日にかけ、日之影温泉駅では、毎月第4月曜日を定「小さな火大きな森を破壊する」を統日之影温泉駅定休日の変更について山火事予防運動が実施されます22日巡回診療(見立・仲組)無料法律相談(社会福祉協議会)乳幼児健診(保健センター)21日障がい者就業巡回相談/(保健センター)20日子どもの予防接種「青雲朝市」(道の駅青雲橋)18日第33回おひさまのおかげ17日育児学級(保健センター)(保健センター)14日行政相談/人権相談(宮水小学校)11日第34回日之影町民のつどい5日健康ウォーキング(役場)2月の主な行事宮崎市佐土原町藤﨑義昭様●奨学資金寄付(教育委員会受付)大瀬中川節昭さん父學さん波瀬工藤久生さん母シノブさん高巣野甲斐正志さん妻安子さん住所遺族名続柄故人名●香典返し(社会福祉協議会12月受付)ありがとうございました人のうごき日之影町内の12月の事故・事件(12月24日現在)○事件(刑法犯)編集後記人口男女合計出生死亡世帯数転入転出○人身事故○死者○負傷者○物損事故厳しい寒さが続いていますが、12月になり、路面凍結に起因する交通事故が散発的に発生しています。凍結事故の多発する季節です。スピードを控えめに、より慎重な運転をお願いします。平成29年中に西臼杵郡内で、うそ電話詐欺4件が発生しています。うそ電話詐欺は身近な犯罪です。不審電話を受けたら、まず相談をお願いします。◆高千穂警察署からのお知らせ◆謹んで初春のお慶びを申し上げます。今年も、西臼杵郡内のうそ電話詐欺被害ゼロ、身近な犯罪防止を目指し、安全・安心のまちづくりに努めます。高千穂警察署一同新年あけましておめでとうございます。皆さん、どのようなお正月を過ごされましたか?今年の干支「戌」は、人に親しみ深いことから社会性があるとのいわれがあるそうです。たくさんの方に、またお世話になると思いますが、人とのつながりを大切に、元気で明るい1年にしていきたいと思います。今年もよろしくお願いします。(T・GO!)町の話題平成29年度第51回さんさんクラブ宮崎作品展示会【手芸】平川照榮氏宮崎県知事賞【工芸】佐藤正顔氏宮崎県社会福祉協議会長賞【書】真田八重子氏【工芸】甲斐忠夫氏アイディア賞【工芸】津島幸子氏12月2日メディキット県民文化センターにおいて、「第51回さんさんクラブ宮崎作品展会表彰式」が行われました。日之影町から5点の作品が出品され、手芸の部パッチワークで八戸東町の平川照榮さんが宮崎県知事賞を見事受賞されました。また、工芸の部で松の内の佐藤正顔さんが宮崎県社会福祉協議会会長賞、八戸駅の甲斐忠夫さんがアイディア賞を受賞されました。年末・年始地域安全運動出発式サンタがやって来ました年末・年始の地域安全運動期間にあわせて、12月13日「日之影・八戸駐在所連絡協議会」による防犯パトロール出発式が行われました。日之影地域安全少年隊と一緒に町内のパトロールを行い、防犯や交通事故防止について呼びかけを行いました。オレオレ詐欺や還付金詐欺など、県内では被害が出ています。一人ひとりが防犯に努めましょう。日之影町青年団による「サンタの宅配」が12月23日に行われました。サンタに扮した青年団員が、各家庭からお預かりしたプレゼントをお届けするもので、クリスマス恒例の行事となりました。青年団ではこの他にも地域や子ども達を通して様々な交流活動を行っています。青年団の活動に興味のある方は、教育委員会(℡87‐3919)までお問い合わせください。
1 4579 広報ひのかげ 第620号 2017年1月発行 20170116 1月 m19_acv-hinokage_201701_0620_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201701_0620_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第620号 2017年1月発行No.620「第67回日之影町成人式」(町民センター1月4日撮影)今月号の主な話題●新年のあいさつP2●平成28年主な出来事P3●消防始め式・成人式P4~5●住民税申告日程P10新年のあいさつ町民の皆様、新年あけましておめでとうございます。輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。年頭にあたり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年となりますようお祈り申し上げます。また平素から町政全般にわたりまして、温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、昨年を顧みますと本町にとりましては、町制施行65周年を迎えた記念すべき年でありました。9月の記念式典をはじめ、一年を通して行いました各種イベントは、議会をはじめ関係機関、各団体と町民の皆さまの積極的なご協力により、すべての行事を盛会に収めることが出来ました。温暖化による猛暑の中、台風による直接的な被害も少なく、比較的穏やかな年でありましたが、4月の「熊本地震」では、熊本県において甚大な被害が発生し、本町においても、住宅・道路等に被害を受けました。また、熊本県が早期の復興ができるよう職員の派遣等を行い支援をいたしました。そうした中、安心・安全な町づくりの要である本町消防団が「小型ポンプの部」で、全国大会に出場しました。惜しくも、上位進出が叶いませんでしたが、日頃から訓練に精励され、予防消防に徹していただいている事に対しまして、深く敬意を表するとともに誇らしく思っております。今後、「西臼杵消防本部」と連携を図りながら、町民の生命・財産を守るため、更なる大きな期待が寄せられています。農林業に目を移しますと昨年の10月に、農作業受託等の事業を行う農業法人「(株)ひのかげアグリファーム」を設立しました。今後は、作業の負担軽減、農地の維持に取り組むことで地域農業を維持したいと考えています。また、「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」が、ユネスコへの国内推薦が決定しました。平成27年12月に認定されました「高千穂郷・椎葉山地域」の世界農業遺産と合わせて、農業、6次産業化推進、グリーンツーリズムヘの活用など、認定効果が引き出せるよう努力してまいります。昨年、「高千穂ひのかげ栗」は、9年ぶりに販売額が1億円を超えるなど、農林産物は平年並み以上の出来であり、子牛価格も高値で推移するなど喜ばしい一年でした。福祉面では、「日之影町子育て応援基金」を活用しまして、これまで実施してきた事業助成に加え、新たに小学生から高校生までのインフルエンザ予防接種助成、出産祝い金の支給、第3子以降の保育料無料化を行い、子育て世代の支援に努めてまいりました。社会資本の整備では、九州中央道の一部となる高千穂・日之影道路の大平山トンネルが貫通し、平底トンネルも工事が着工しました。早期完成に向けて、関係機関と連携しながら働きかけてまいります。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化する中で、本町は人口減少や少子・高齢化の進行、安全な町民生活の確保、基幹産業である農林業の振興はもとより、商工業の活性化、雇用の剔出、住宅等の環境整備、道路交通網の整備促進、交通・情報ネットワークの利便性の向上、水源の里の振興等の諸課題を抱えており、財政事情が極めて厳しい中にあっても、これらの政策課題には的確に対応し、町民の皆さまの力をひとつに新しい日之影の創造を図っていく必要があります。町民の皆様とともに手を携え、「人と自然が光かがやくまち日之影町」づくりに取り組み、子どもから高齢者まですべての世代が「日之影町民として誇りと喜び」を持ち、「住んでみたい、住んで良かったと誰もが実感できるまちづくり」に向けて、一生懸命取り組んで参りますので、皆様のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びに、この一年が、災害もなく穏やかな年であるとともに皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢平成28年主な出来事9月町制施行65周年記念式典開催1月第6回宮崎県市町村駅伝競走大会町村の部第7位10月2月日之影町消防団第3分団第13部第25回全国消防操法大会出場森林セラピー基地認定10周年記念講演開催株式会社ひのかげアグリファーム設立ひのかげ渓谷まつり2016開催3月日之影町ロゴマーク決定11月町制施行65周年第30回日之影町神楽まつり記念大会開催【ぜひご活用ください。】4月広域営農団地農道整備事業西臼杵地区開通日之影温泉駅リニューアルオープン全国一斉WalkingDayin日之影開催12月民生委員・児童委員及び主任児童委員一斉改選田﨑優理さん全国高校駅伝競走大会出場監査委員選任監査委員は地方自治法の規定により設置されています。独立した職務権限内で町の予算執行や財産管理などの行政事務全般が適正に効率よく執行され、効果を挙げているかなどを監査する役割を担っており、町長が議会の同意を得て選任しています。今回、押方良章さんが選任されました。押方良章さん(松の木)【任期平成28年12月6日~平成32年12月5日】5月深角団七踊り保存会宮崎県地域づくり顕彰優秀賞受賞平成29年消防始式1月5日、平成29年日之影町消防始式が挙行されました。日之影小グラウンドで分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、役場まで行進し、河川敷駐車場で発水試験が行われました。また、消防団活動に功績のあった個人に対し表彰状が渡されました。「第17部団員」飯干綾「第17部班長」飯干誉○親子団員表彰◎宮崎県消防協会会長特別表彰「第18部部長」押方英隆「第16部部長」西村正綱「第9部部長」甲斐秀史「第7部部長」甲斐政則「第5部部長」関信秀「第3部部長」上田健児「機動部部長」甲斐友康○精績章「第4分団長」甲斐修治「第2分団長」津隈重人○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰「第11部班長」甲斐功「第3分団長」甲斐三夫「第2分団長」津隈重人「第1分団長」甲斐睦雄○勤続章「本部付分団長」杉田和彦「本部付分団長」工藤英之○精績章「団長」工藤久則○功績賞◎日本消防協会会長表彰(甲斐仁志本部長夫人)甲斐なおみ様○内助の功◎宮崎県知事感謝状「第12部部長」雨宮秀樹「第9部部長」甲斐秀史「第8部部長」堀口真嗣「第7部部長」甲斐政則「第3部部長」上田健児◎宮崎県知事表彰平成29年消防始式被表彰者名簿「第12部部長」雨宮秀樹「第8部部長」堀口真嗣「副分団長」津隈直人○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰「第18部団員」杉本憲亮「第13部団員」甲斐次延「第16部班長」甲斐裕樹「第14部班長」佐保彰彦「第12部班長」米田友己「第10部班長」佐藤尋範「第17部部長」橋本直樹「第1部部長」甲斐幸治「副分団長」飯干成大○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰(甲斐修治第4分団長夫人)甲斐加代子様(津隈重人第2分団長夫人)津隈喜美子様○内助の功◎宮崎県消防協会会長感謝状本田節立脇康佐藤松川甲斐福○退職団員表彰永年勤続15年以上◎日之影町長感謝状「第14部団員」羽賀寛「第13部団員」田﨑正也「第13部団員」一水新五「第12部団員」金丸素幸「第11部団員」戸髙雅晴「第9部班長」若杉直「第2部班長」藤田健生○団員表彰◎日之影町長表彰「第5部団員」森本慎一「第18部班長」橋本雅嗣「第18部班長」甲斐康弘「第16部班長」西道「第13部班長」戸髙浩二「第12部班長」田鹿司「第12部班長」甲斐鉄也「第10部班長」池田尚弘「第10部班長」工藤庄吾「第8部班長」平川誠二「第7部班長」山本恵「第6部班長」甲斐将史「第4部班長」岩本尚格「第18部部長」押方英隆「第5部部長」関信秀「機動部部長」甲斐友康○永年勤続20年表彰◎日之影町長表彰「第1部団員」坂本保徳「第12部班長」鳥飼清隆「第11部班長」坂本安史「第1部班長」春田直人夫三敬繁広「第13部補助員」甲斐達也「第13部3番員」奈須龍也「第13部2番員」工藤光弘「第13部1番員」坂本善行「第13部指揮者」戸高昭則「第13部部長」佐竹健児平成28年度第25回全国消防操法大会出場「小型ポンプの部」優勝平成28年度第35回宮崎県消防操法大会○最優秀消防団員◎日之影町消防団長表彰「第13部団員」坂本善行「第13部団員」大村強「第13部団員」関春生「第11部団員」坂本幸一郎「第10部団員」高木哲也「第5部団員」坂本和仁「第4部団員」大村祐介「第3部団員」髙岡博之「女性班長」谷川有美「第16部班長」甲斐将央「第13部班長」中山治「第5部班長」髙倉潤○団員表彰◎日之影町消防団長表彰(防火水槽土地無償提供)岩本立夫様日之影町椛木(防火水槽土地無償提供)佐保紀美代様日之影町見立(防火水槽土地無償提供)氏川利森様日之影町追川◎日之影町長感謝状消防ポンプ自動車引渡式12月19日役場前で、消防ポンプ自動車の引渡式が行われ、新しく購入した車両が機動部に配備されました。町長から「新しいポンプ車を導入しましたが、この車両が出動する機会が無いことを願って、今後も自分たちの地域は自分たちで守るという消防精神で頑張ってください」と、工藤消防団長から「今後もなお一層消防団活動に精進してください」とそれぞれ挨拶を述べられました。祝!成人おめでとうございます第67回日之影町成人式が、1月4日町民センターで行われました。今年成人を迎えたのは、平成8年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた38人で、式典に出席した30人(男性16人/女性14人)を代表して森山葵さん(大山)に、佐藤町長より成人証書と記念品が手渡されました。また、新成人誓いのことばを内倉奨也さん(崎の原住宅)、交通安全誓いのことばを甲斐満里奈さん(追川下)した。式典終了後の新成人意見発表では、髙橋留梨さんが述べま(高巣野)、佐藤勇太さん(平底)、山田誠貴さん(八戸駅)式典の様子が、それぞれ新成人としでの意見を発表しました。森山葵さん内倉奨也さん甲斐満里奈さん髙橋留梨さん佐藤勇太さん山田誠貴さんだからこそ若い世代ができるだけ早く社会の一員とへの一票を投じていきたいと思います。えていく高齢世代を支えていかなければいけません。生活に繋がるということを忘れず、これからは未来急速に少子高齢化が進んでいます。若い世代が、増第11回わけもんの主張発表大会一票を投じることは小さいことですが、私たちのり、こうした意見ももっともです。しかし、日本はうになります。未熟すぎる」「判断能力がない」など様々な意見があり、今後、より政治に若者の意見が取り込まれるよ以上に引き下げられました。「10代は投票するにはれば、若者は政治に参加する意欲があると国に伝わ2015年6月に選挙権年齢を20歳以上から18歳らないけど自分なりに考え投票するのです。そうすしょうか?からないから投票しないということではなく、分か家を選ぶ義務と権利があるのにこのままでいいので人の意見を求められているということです。よく分自分たちの生活や日本の将来を一人一人考えて政治れました。これは、今この国の在り方について若いいます。いわゆる「投票率の低下」です。私たちは、年7月10日には引き下げ後初めての国政選挙も行わ近年、選挙における投票の参加が悪くなってきて昨年6月19日に選挙権が18歳に引き下げられ、今たちの生活が維持されています。響するとても大事なことだと再認識しました。ちの生活のために政治があり、また政治によって私くれるリーダーを決める選挙は、私たちの生活に影私たちの生活は、深く政治と関係しており、私た住民が政治に参加するために住民の思いを反映して「これからの政治」甲斐優人いと思っていました。しかし仕事をしていく中で、生活には影響しない、自分の一票では何も変わらな※文章は表示しておりますが内容は要約しています。私はこれまで、なにか政策が決まっでも私たちのを深め続けたいと思います。」と感想を述べました。きました。今後も有権者として、政治に対する理解「未来へ繋げる一票を」佐藤弥生表を通して、改めて政治について考え直すことがで政治に対する意識を高めていくべきだと考えます。する考えが変わりました。」、佐藤さんは「今回の発出場して、様々な意見を聴くことができ、選挙に対まだ持たない年齢での主権者教育を充実させていき、た。この大会に参加して、甲斐さんは「この大会にいかなければなりません。そのためには、選挙権をともに優秀賞を受賞しまし参加することで何かが変わる」という考えに変えて左:甲斐優人さんー勤務)の2人が発表し、も何も変わらない」という意見を、「自分が政治にん(高千穂町・保健センタ若者の多くが抱えている「自分が政治に参加して町役場勤務)と佐藤弥生さいます。右:佐藤弥生さんらは甲斐優人さん(平底・動によって政治に関心を持つ人が増えるだろうと思町で開催され、日之影町かていく、主権者教育を行うべきです。このような活の主張」が12月10日高千穂うな問題を話し合い、自分たちなりに解決策を考え発表する、「第11回わけもんにも関わってきます。その若い世代の人達へこのよめていることについて意見現在日本が抱えている問題はいずれ今の若い世代て日頃考えていることや求います。若者が選挙や政治に対ししての「自覚」を持つことが必要とされていると思出場全国高校駅伝競走大会宮崎日大高校1年生田﨑優理さん(平底)が、12月25日に京都で開催される全国高校駅伝競走大会出場の報告に町長室を訪れました。田﨑さんは1年生ながら県予選大会において3区で区間賞を受賞するなどチームに勢いを与える活躍で、町民も元気をもらいました。全国大会でも頑張ってきてくださいとエールが送られました。全国大会では21位(区間14位)の結果でした。今後の更なる活躍を期待します。保健センターからこんにちは早期発見・早期治療定期的ながん検診で目指そうがん死亡ゼロ!!がんは、わが国において昭和56年より死亡の第1位であり、年間30万人以上の国民が亡くなっています。これは、3人に1人ががんで亡くなっている状態です。厚生労働省の推計によれば、生涯のうちにがんに罹る可能性は男性の2人に1人、女性の3人に1人とされています。がん検診を毎年(子宮がん・乳がん検診は2年に1回)受診される方もいれば、全く受診していない方もいます。検診を受診することで、毎年数名の早期がんが発見されています。がんはほとんどが症状のないうちに進行していきます。がんの早期発見・早期治療のため計画的に『がん検診』を受けることが大切です。日之影町では、様々ながん検診を実施しています。平成27年度に町のがん検診を受診した方の結果は以下のとおりでした。検診の種類胃がん子宮がん乳がん大腸がん肺がん前立腺がん対象年齢等40歳以上の男女20歳以上の女性40歳以上の女性40歳以上の男女(ヘリカルCT)(レントゲン)男40歳・女40歳以上45歳以上の男女40歳以上の男性受診者数535人260人168人669人254人128人295人要精密者数31人6人3人44人14人0人7人精密受診者数27人6人3人39人13人0人6人がん発見数1人1人0人0人1人0人1人※病院や職場で検診を受診された方は含まれていません。精密未受診の方は早めに病院を受診してください。地域健康協力員の方や事務連絡員の方を通じて「平成29年度がん検診一括申込書」が各世帯に配布されています。受診希望のがん検診に「○」を記入し提出していただきますようお願いします。申込書を提出されない方や「○」の記入がない場合には、検診案内が届かず受診できない場合がありますので、ご注意ください。【簡単野菜レシピ(白菜のツナマヨサラダ)】野菜摂取量95g104kcal塩分0.8g【材料:4人分】白菜・・・・300gにんじん・・・・・40g貝割れ大根・・・1パックツナ缶・・・・・・・1缶マヨネーズ・・・大さじ2薄口醤油・・・・小さじ11白菜を縦半分に切り、1cm幅に切る。にんじんは千切り、かいわれ大根は根元を落とし、水につけておく。2鍋に水を入れ、沸騰させる。白菜の茎を入れて2分茹で、さらに白菜の葉とにんじんを加え、2分茹でてザルにあげる。3白菜とにんじんの粗熱がとれたら、水気を絞りボウルに入れる。4かいわれ大根と汁気を切ったツナ缶を3のボウルに加え、マヨネーズと薄口醤油で味を整える。ひのかげの輪を忘れずに、今年も頑張りたいと思います。々に支えられて頑張れています。感謝の気持ち子育てと仕事に忙しい毎日ですが、周りの方寺尾和美さん(34歳:神影中)『子どもの成長が楽しみです。』ん」をご紹介したいと思います。一人でも多くの「ひのかげんもしていくものです。わずリレー式に友人・知人を紹介況を報告しながら、老若男女を問このコーナーは、町内の方が近若杉直さん(32歳:下小原)『中央保育園最後の会計です。』たいです。中央保育園!最高〜!!子ども達にはたくさんの思い出を作ってもらい3人の子ども達が通う保育園も残りわずか。ひのがげの丹羽(にわ)毎日、厳しい寒さが続きますね。南国は冬でも暖かいだろうという甘い考えは、見事に打ち砕かれたこの頃です(笑)さて、最近は「ふるさと通信」の作成に力を入れています。「ふるさと通信」とは協力隊が年2回発行する広報誌です。これは全国の各隊員とその自治体をはじめ、地球緑化センター事務局、後援団体、省庁などの関係者に配られることになります。今回、私は日之影町の象徴とも呼べる「橋」、その中でも際立った存在感を放つ天翔大橋や三毛入野命と鬼八についての伝承を記事のメインにして通信を書いています。私としては、三毛入野命と鬼八の伝承には強く惹かれるものがあります。日之影町内にも多くの逸話と史跡があり、神話を身近に感じる事ができるからです。以前、いかに日之影を知ってもらうことが大切か書きました。この「ふるさと通信」は、協力隊の自分が感じた日之影の魅力を知ってもらうチャンスだと捉えています。しっかり日之影の魅力をお伝えできるように頑張って作成します!◎問い合わせ先地域振興課緑のふるさと協力隊第23期生丹羽啓輔地域おこし協力隊通信山口晃史日之影町のみなさん、こんにちは!最近とても寒くなってきましたね。私が日之影町に来た頃もすごく寒かった・・・という事は、そろそろ1年が経ちます。本当にあっという間でした。今回は日之影町での1年間の感想をまとめたいと思っています。毎回書いていますが、とにかくイベントが多い。森林セラピーの強化も始まって、仕事に慣れようとしているうちに1年が過ぎてしまった気がする・・・。それでも今の自分の立ち位置もわかってきて、これから日之影町で何をやっていけばいいかも少しずつ見えてきた気がします。私の考えですが日之影町は今のままでも十分良い所。観光といっても色々な形があると思います。沢山の施設があり、1日中遊べる所も良いかもしれませんが、自然の中でのんびりとリラックス。日之影町の事を本当に好きな人が何度も来てくれる様な町。そんな事を考えています。これからも役場や観光協会、町民のみなさんといっしょにがんばっていきたいと思いますので、よろしくお願いします!!すくすく育ってね★平川遥愛ちゃん【平成28年5月23日生まれ】(東宮水)誠二さん・千佳さんの三女★工藤凛ちゃん【平成28年6月15日生まれ】(一の水)巧也さん・友美さんの長女●掲載を希望される方(3才前後のお子さんを対象)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。(保護者が町内出身の方のお子さんも募集しています)スピーチコンテスト体育大会。団が一つになって優勝を目指しました。今月は日之影中学校を紹介します。2学期、生徒達は学習や部活動、文化祭や生徒会活動など様々な活動に取り組みました。そして3学期がスタート、3学期は進級の心構えや準備期間となり、特に3年生は卒業、進学に向けての準備が始まります。2学期を振り返りながら、元気に活動している生徒達の様子をご紹介します。文化祭では、町の伝統芸能について学習しました。文化祭での合唱コンクール。職場体験学習「私の反抗期」2年大廣愛美私は、最近、素直になれません。ちょっとしたことでイライラして、家族に注意されるとすぐに言い返しでしまいます。私はこんな自分が嫌いです。そんな私を周りの人は、自己中心的だと感じているかもしれません。私は自分を変えたいといつも思っています。しかし、いざ行動するとなると、どうすればよいのかわからなくなります。そして、結局何も変わらないままの私か今ここにいます。母にはよく小言を言われます。それに対して私は生意気な口調で言い返してしまいます。世間では、よく「反抗期」と言われますが、私の母も「反抗期の子どもは難しい。」とつぶやいていたのを耳にしました。私は今まで「反抗期」がどのような状態を意味しているのかがわかりませんでした。反抗することが、目上の人に歯向かうことだとすると、「反抗期」というのは、私たち子どもが、「反抗」という手段を使っで周りの大人から、精神的に自立しようとしている時期なのではないでしょうか。そして、反抗期が終わるときが、親へ甘えている自分から卒業する時期なのだと考えました。このようなことが頭でわかっても、やはり、母には反抗してばかりです。母に対して言いたいことを言った後は、「やった、ついに言ってやったぞ。」というすっきりした気持ちになります。しかし、どんどん時間がたつにつれ、心の中にもやもやとした気持ちが広がり、「ああ、あの時、素直になっておけばよかった。」と後悔してしまいます。このような、後悔の連続を止めるためにどうすればいいのか。素直になればいいのはわかっていますが、素直になるためにどうすればいいのかがわかりません。また、私の反抗期がいつ卒業を迎えるのか、私の未来に暗雲が立ちこめているような気がして不安になります。しかし、エンドレス反抗期の人はいません。私もいつかこの「反抗期」という大人になるために避けては通れない試練の時期を乗り越えて、子どもの私から、自立した大人としでの私に変わっていきたいです。子どもの広場【日之影中学校編】住民税申告受付を行います申告は、早めに済ませましょう!2月14日(火)~3月15日(水)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。税務課では、平成29年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場と時間を確認しておいでください。また、次の事項にご留意ください。◎牛の飼青農家の申告は、2月第3週になります◎収入が年金だけの方は、申告は不要です(気になる方は、税務課へお電話ください)1.申告用書類をご用意ください領収書・控除証明など、特に農業経費調べはまとめていないと受け付けできません。2.2月15日から税務課でも申告を受け付けます平日の午前9時から午後6時、前日までに電話予約された方のみ受け付けます。3.申告相談を受け付けます申告についてご不明な方は、税務課(電話87‐3901)へお電話ください。必ず持参してください!★個人番号カードまたは個人番号通知書と運転免許証等平成29年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場牛飼育農家の受付椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区【牛飼育農家のみ受付】宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区※牛の申告に時間が八戸上地区、四ヶ惣地区、鹿川地区かかるため、日程岩井川中尾地区、追川地区、山附地区を別にしています。小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館牛飼育農家以外の受付末市、高巣野椎谷西深角東深角鹿川中川赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、諸和久下、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木、椛木住宅稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山乙草、上栃の木、栃の木、松の木、鶴の平、長迫、上小原糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹松の内、新畑、奥、大菅、楠原、谷下、吐の内平底、平底団地、一の水、影待徳富、七折中尾、長谷川波瀬追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅、新日之影上、新日之影中、新日之影下、神影上、神影中、神影下袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅、戸川竹の原、西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬中村、上下顔大楠、岩井川中尾、中崎、小崎予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)※問い合わせは、税務課(電話87-3901、ファクシミリ87-3911)へお願いします。椎谷営農研修館団七の館鹿川営農研修館中川営農研修館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館田植え踊りの館小川の郷さくら館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場・中央研修館償却資産(固定資産税)申告のご案内償却資産とは、事業で用いる資産(構築物、機械、器具、備品等)のことをいい、土地や家屋と同じく固定資産税の対象の一つです。資産の所有者は、その資産の所在する市町村に毎年申告しなければなりません。(地方税法383条)工場や商店などの経営だけでなく、農林水産業、アパート経営、太陽光発電による売電なども含まれますのでご注意ください。【申告の必要な人】平成29年1月1日現在、日之影町に事業用の資産がある人。【申告方法】毎年1月1日現在で所有している償却資産を、税務課に備えつけの申告書に記入をして提出。【提出期限】平成29年1月31日(火)◎問い合わせ先税務課固定資産係種類内容第1種構築物第2種機械および装置第3種船舶第4種航空機第5種車両および運搬具第6種工具、器具および備品償却資産の種類門、塀、広告塔、舗装路面、高架水槽、煙突、改装、簡易間仕切り、その他土地の定着施設など太陽光発電設備、金属加工機械、印刷機械、運搬設備(コンベア、クレーンなど)、木工機械、土木建設機械、冷凍設備、田植え機、もみすり機、乾燥機そのほか製造加工などに使用する機械および運搬設備ボート、漁船、貨物船、遊覧船、砂利採取船など飛行機、ヘリコプター、グライダーなどフォークリフト、トラクターなどの大型特殊自動車、そのほか自動車税および軽自動車税の課税客体とならないものレジスター、陳列ケース、各種自動販売機、冷暖房機、洗濯機、パソコン、音響機器、ネオンサイン、金庫、電子レンジ、冷蔵庫、テレビ、そのほかの什器設備元気発信!活力ある地域づくり支援事業の募集!!元気発信!活力ある地域づくり支援事業は、住民が中心となったまちづくり活動をより効果的に推進できるように設けられた事業です。◆助成の対象となる団体町内において地域づくり活動を展開する団体、グループ(会社・法人を除く。)◆補助の対象となる事業平成29年3月31日までに実施される事業で、地域資源を積極的に活用した事業を対象とします。◆補助の内容○対象となる事業に要する経費を助成します。○事業の計画期間はおおむね3年、補助対象経費は事業合計金額とします。○助成については、事業計画書により審査を行って決定します。◆随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。◎問い合わせ先地域振興課追川地区で造成した「こんにゃく畑」区分事業内容補助率補助限度額ソフト事業イベント、講演会等補助対象経費の1/2以内75万円ハード事業施設・備品整備等補助対象経費の1/2以内150万円いつまでもお元気で12月10日大菅大祭が行われ、神楽が奉納されました。この神楽に、町内最高齢の大村キヨノさん(102歳/大菅集落)が見に来られ、孫の神楽を舞う姿に喜ばれました。今月の絵本今月の絵本は、福音館書店から出版されているウクライナ民話「てぶくろ」です。(エウゲーニー・M・ラチョフ絵うちだりさこ訳)おじいさんが犬と散歩中、森の中に手袋を落としたまま行ってしまいました。雪の上に落ちていたその手袋に、ネズミやカエル、オオカミ、クマなどが次々と住み始め、最後にその手袋はどうなったでしょう?とても楽しいお話です。ぜひ家族で読んでみてください。◎本の貸し出しに関するお問い合わせ町民センターします。ろしくお願い杉をどうぞよ歳になった上生日を迎え341月3日に誕と思います。いに行きたい今年もお手伝穫はとても充実していました。また紅葉に彩られた山々を見ながらの収よね。トゲがあるから大変でしたがあっという間に過ぎてしまうんですた。ゆずの収穫をしていると時間が穫の手伝いに行かせていただきましら12月にかけて何度かゆず農家へ収温まりますよね。私は昨年の11月か呂に1は2月入2り1日まはし冬た至かで?し身た体がが、とゆてずも風ださいね。思います。見かけたら声をかけてく日一日を大事に過ごしていきたいと集落の方との信頼を築きながら、一年でした。今年も集落支援員としてい、多くの事を経験させてもらえたしてきてから、たくさんの人と出会年でしたか?私は日之影町に引っ越2016年は皆さんにとってどんな明けましておめでとうございます。集落支援員上杉佳代山村の風日之影の地方創生「生活支援!!」Part2先月号に引き続き「生活支援」について紹介します。○小児任意予防接種費用助成(保健センター)おたふくかぜ:3000円、B型肝炎:2000円×3回それぞれの接種費用の一部を助成します。○妊婦健康診査費用助成(保健センター)妊婦健診として受ける検査費用の全額を助成します。(14回分)○妊婦健診通院支援金(保健センター)妊婦健診通院のために使用するガソリン代相当額を商品券で交付します。○むし歯予防費助成(保健センター)2歳・3歳児の無料フッ素塗布券を交付します。保育園、小中学校でのフッ化物洗口費用の全額を負担します。○小児夜間救急センター運営負担(保健センター)延岡市夜間急病センターの運営費を負担し、利用できるようにしています。※詳しい内容については、保健センター(℡73‐7521)まで問い合わせください。また、子育てに関する「子育てガイドブック」、生活支援に関する「生活支援ガイド」は保健センター及び役場にありますのでご利用ください。収穫間近のキンカン枝つりしたキンカン枝つり作業ンカンを、ぜひご賞味ください。大きくて甘い皮ごと丸かじりできる完熟キいいます。イズが2L以上(32mm以上)の無傷のものを日之影の逸品またまエクセレント」は、糖度18度以上でサ上でサイズがL以上(28mm以上)のもの、「たます。その中で、「たまたま」は、糖度16度以210日以上を経過して栽培したものをいい完熟キンカンは、ハウス栽培で開花日からで出荷が続きます。ンカン出荷解禁日は1月16日で、3月下旬ましいです。」と話していました。今年度のキキンカン解禁日に間に合うように色づいてほいキンカンができています。あとは、1月の雨の多い日が続きましたが、今年も品質の良さんは、「夏場は雨が降らず、秋にくもりやます。生産者の一人、長谷川集落の一水秀樹つり」と言ってヒモで折れないように吊るしにしておくと、枝が折れでしまうので、「枝きくなるにつれて枝が垂れ下がり、そのままを行い果実の肥大に努めていきます。実が大ス内の温度をこまめに管理しながら適正施肥6月下旬頃から花が咲き実がつき始め、ハウは30℃、夜は23℃でハウス内を管理します。促進を行い、6月上旬から加温を始め、昼キンカンの年間作業は4月に剪定をして発芽り、今年度は35トンの出荷を予定しています。す。町内では12人の方が生産に取り組んでお今月は日之影のキンカンについて紹介しまお知らせのページ町民のつどい開催「第33回日之影町民のつどい」を次のとおり開催をします。町民の皆様の多数の参加をお願いします。【期日】2月12日(日)【時間】午前9時~午後2時(予定)【場所】宮水小学校体育館◎問い合わせ先教育課社会教育係戦没者等のご遺族の皆様へ第十回特別弔慰金の請求はお済みですか?戦没者等の死亡当時のご遺族で平成27年4月1日現在、公務扶助料や遺族年金等を受ける方がいない場合に、次の先順位のご遺族1人に対し、額面25万円、5年償還の記名国債が支給されます。1弔慰金の受給権者/2戦没者等の子/3戦没者等と生計関係があった1父母2孫3祖父母4兄弟姉妹(遺族以外と婚姻して姓が変わった方又は遺族以外の養子になった方を除く)/4前記3以外の1父母2孫3祖父母4兄弟姉妹/5前記1~4以外の遺族で戦没者等の死亡当時まで引き続き1年以上生計関係があった三親等以内の親族【請求窓口】町民課【請求期限】平成30年4月2日◎問い合わせ先町民課福祉係又は、宮崎県福祉保健課法人指導・援護室放送大学で学びませんか放送大学では、平成29年度1学期(4月入学)の学生を募集中です。出願期間は第1回が2月28日まで、第2回が3月20日まで。資料を無料で差し上げています。お気軽にお問い合わせください。◎問い合わせ先:放送大学宮崎学習センター人権相談開設延岡人権擁護委員協議会では、「人権相談所を開設します。相談は無料で、秘密は堅く守られます。どんな相談でもどなたでもお気軽にご相談ください。【期日】2月17日(金)【時間】午前10時~午後3時【場所】保健センター「総合相談室」◎担当者:人権擁護委員及び法務局職員日之影町で人権擁護委員として法務局から委嘱を受け活動されている方々は次のとおりです。押方光德さん(椎谷)細木栄子さん(中央通り)中内泰男さん(東宮水)「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が発行されます。~年末調整・確定申告まで大切に保管を!~国民年金保険料は、所得税及び住民税の申告において全額が社会保険料控除の対象となります。その年の1月1日から12月31日までに納付した保険料が対象です。この社会保険料控除を受けるためには、納付したことを証明する書類の添付が義務付けられています。このため、平成28年1月1日から9月30日までの間に国民年金保険料を納付された方には、11月上旬に日本年金機構本部から『社会保険料(国民年金保険料)控除証明書』を送付していますので、確定申告等の手続きの際には必ず添付してください。なお、ご家族の国民年金保険料を納付された場合も、ご本人の社会保険料控除に加えることができますので、ご家族あてに送られた控除証明書を添付のうえ申告してください。◎問い合わせ先:延岡年金事務所林野火災予防運動を実施します「火の用心森から聞こえるありがとう」を統一標語に、1月27日から2月3日にかけ、林野火災予防運動を実施いたします。町民の皆様には、下記の事項に重点を置いて、林野火災の防止に努めていただきますようお願いいたします。1枯れ草等のある火災が起きやすい場所では、たき火をしないこと。2たき火の場所を離れるときは完全に消火すること。3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと。4火入れを行う場合は役場(消防)の許可を受けること。5たばこの火は必ず消すとともに、吸い殻を投げ捨てないこと。6火遊びはしないこと。農林振興課林政係ありがとうございました●香典返し(社会福祉協議会12月受付)住所遺族名続柄故人名奥甲斐のぶえさん母チヨコさん尾村三宮正次さん母ツネさん竹の原橋本和夫さん長女恵津子さん袴谷永迫亮一さん父義春さん徳富工藤スミエさん夫文夫さん東町花畑諒計さん妻萬榮子さん●一般寄附(役場総務課受付)日之影中学校第20回卒業生代表田中亮様2月の主な行事6日健康ウォーキング(保健センター)8日行政相談(保健センター)12日町民のつどい(宮水小学校体育館)15日無料法律相談(社会福祉協議会)高齢者大学並びに高齢者教室(福祉館)乳幼児健診/障がい者就業巡回相談(保健センター)17日特設人権相談(保健センター)18日育児学級(保健センター)19日第21回おひさまのおかげ「青雲朝市」(道の駅青雲橋)21日子どもの予防接種(保健センター)23日巡回診療(見立・仲組)人のうごき人口男女合計出生転入死亡転出世帯数日之影町内の平成28年中の事故・事件○人身事故○死者○負傷者○物損事故路面凍結による事故が多発する季節となり、既に数件の凍結事故が発生しています。スピードを控えめにして、慎重な運転をお願いします。○事件(刑法犯)平成28年は、刑法犯認知件数が前年比で僅かに減少していますが、出店荒らしなどの事件が散発的に発生しています。鍵掛け防犯をお願いします。◆高千穂警察署からのお知らせ平成28年11月現在の県内の詐欺被害は22件、被害額約1億4200万円となっています。詐欺被害にあわないよう十分注意しましょう。迎春謹んで新春のお慶びを申し上げます。今年も西臼杵郡内の詐欺被害ゼロ身近な犯罪防止を目指し、安全安心のまちづくりに努めます。高千穂警察署員一同編集後記新年あけましておめでとうございます。今年の干支酉は、運気や人を「とりこみ」商売繁盛につながるといういわれや、にわとりは元旦に一番に鳴くことから縁起が良いなどのいわれがあるそうです。良いことはどんどん取り込んで、大きい鳥のようにいかなくても、小さくても自分なりに羽ばたけるような1年にしたいですね。(またバタバタとお騒がせするかもしれません。)今年もよろしくお願いします。(T・GO!)町の話題「人権の花」感謝状贈呈防犯パトロール出発式12月14日、日之影小学校へ人権の花に関する感謝状が延岡人権擁護委員協議会より贈られました。花を育てることで相手を思いやる心や一人ひとりが互いに認め合い尊重する事の大切さを学ぶなど、日頃の人権に関する活動が認められ贈られました。年末年始の地域安全運動にあわせて、12月14日「日之影・八戸駐在所連絡協議会」による防犯パトロール出発式が行われました。その後、高千穂警察署や日之影地域安全少年隊と町内で広報活動を行いました。犯罪のない安全で安心して暮らせるまちづくりのため、皆さん一人ひとりが防犯に努めましょう。健康づくりグラウンドゴルフ大会サンタがやって来ました。12月1日、癒やしの森運動公園で日之影町グラウンドゴルフ協会(甲斐聡会長)主催の健康づくりグラウンドゴルフ大会が開催されたました。この大会は、スポーツをとおして自らの健康づくり意識をさらに高めてもらうことを目的として開催されました。。当日は穏やかな天気に恵まれ、76人の方が参加し、ホールインワンが出ると歓声が上がるなど、和やかで楽しい一時を過ごしていました。今年も日之影町青年団による「サンタの宅配」が12月23日に行われました。サンタに扮した青年団員が各家庭からお預かりしたプレゼントをお届けするもので、クリスマス恒例の行事となりました。突然のサンタの訪問に子どもたちは驚きと喜びいっぱいでプレゼントを受け取っていました。青年団ではこの他にも地域や子ども達を通して様々な交流活動を行っています。青年団の活動に興味のある方は、教育委員会(℡87‐3919)までお問い合わせください。クリ剪定開始式日之影町柚子まつり日之影町果樹栽培受託組合(甲斐耕一郎組合長)クリ剪定班による剪定活動開始式が12月15日に宮水地区で行われました。クリの剪定作業はとても重労働で危険を伴いますが、品質と大玉率を向上させるための大切な作業です。現在、組合は剪定班(クリ・ユズ)、残幹処理班、防除班の3組織で構成され、農作業の負担軽減と産地の活性化を図るため活動を行っています。町内約30haのクリ園地で剪定作業を請け負い、3月上旬まで活動が続きます。「日之影町柚子まつり」が県庁前楠並木通りで、12月20、21日の2日間開催されました。大きく鮮やかに色づいた黄柚子は大変好評でした。その他様々な農産加工品や雑貨の販売、ジビエの試食、抽選会が行われ多くの方で賑わいました。
1 4553 広報ひのかげ 第608号 2016年1月発行 20160115 1月 m19_acv-hinokage_201601_0608_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201601_0608_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第608号 2016年1月発行No.608今月号の主な話題「第66回日之影町成人式」(町民センター1月4日撮影)●新年のあいさつP2●世界農業遺産認定P3●平成27年主な出来事P4●町制施行65周年P5●消防始め式・成人式P6~7●住民税申告日程P8新年のあいさつ町民の皆様、新年あけましておめでとうございます。ご家族おそろいで輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。年頭にあたり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年となりますようお祈り申し上げます。また平素から町政全般にわたりまして、温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、昨年を顧みますと、阿蘇山中岳の噴火、台風の襲来等、全国各地区で集中的な自然災害が発生した年でした。本町におきましては、8月に台風15号が接近し、出荷前の栗に大きな被害を受けました。また阿蘇山噴火の降灰により農作物に被害を受けた年でした。第三次安倍内閣が発足し「一億総活躍」という旗を高く掲げましたが、大都市部においては丁部景気回復の兆しはあるものの、本町のような中山間地域においては、その効果はいまだ見られず、景気の回復はまだ感じられない年でもありました。一方、重点施策に掲げる地方創生の取組が、全国の自治体において一斉に動き出すこととなり、人口減少への対応、経済・雇用の再生等様々な課題に対応すべく、本町も昨年10月、関係機関が一体となり、あらゆる分野の現状課題を分析し、それらの課題解決に的確に対応すべく「日之影町地域創生総合戦略」を策定しました。今後。「日之影町長期総合計画」や「過疎自立促進計画」等の各種施策と連動させ、持続可能な中山間地域づくりに取り組んでまいります。そうした中、危機管理能力に富んだ安心・安全な町づくりを進めるべく、西臼杵三町で設立した「西臼杵消防本部」が4月から運用を開始し、近年の大規模・複雑多様化した災害に対応出来るよう消防団と連携を図りながら、町民の生命・財産を守るため大きな期待が寄せられています。農林業に目を移しますと、昨年TPP協定が大筋合意に至り、中山間地域の農業に深刻な打撃を与えるのではないかと懸念しており、最重要の問題として今後対応して行かなければならないと考えています。また、西臼杵三町・諸塚・椎葉村を一つの地域とした「高千穂郷・椎葉山地域」が、世界農業遺産に認定されました。険しい中山間地で複合的な農林業の経営、地域一体となっての伝統文化の継承等が評価されたものです。今後は、魅力や価値を住民の方々とともに認識しながら環境を考慮した農業、6次産業化の推進、グリーンツーリズムヘの活用など、認定効果が発揮できるよう努力してまいります。社会資本の整備では、九州中央道の一部となる高千穂・日之影道路の大平山トンネル工事が順調に進められています。また、広域林道高千穂・日之影線が採択され、早期完成に向けて、関係機関と連携し働きかけてまいります。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化する中で、本町は今、人口減少対策・少子高齢化への対策、基幹産業である農林業をはじめとする産業の振興など課題をたくさん抱えています。財政事情が極めて厳しい中にあっても、これらの施策課題には的確に対応し、町民の皆さまの力を結集し新しい日之影の創造を図っていく必要があります。町民の皆さまとともに手を携え、豊かな自然と人の営みが奏でる活力あるふるさとづくりに取り組み、子どもから高齢者まですべての世代が「日之影町民として誇りを持てるまちづくり」に向けて邁進してまいりますので、皆様のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。結びにこの一年が、災害もなく穏やかな年であるとともに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢祝高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産認定平成27年12月15日イタリアローマにある国連食糧農業機関(FAO)の本部会議室において、世界農業遺産認定の可否を決定する「GIAHS運営・科学合同会議」が開催され、平成25年度から取り組みを行つできた「高千穂郷・椎葉山地域」が認定されました。GIAHS運営・科学合同会議には河野知事をはじめ、関係町村長が出席しました。プレゼンテーションでは河野知事が「棚田や肉用牛、茶、シイタケ、木材生産などを組み合わせた山間地特有の複合経営の農林業」や「自治公民館制度などの強固な地域コミュニティや神楽など【FAO本部でプレゼンする河野知事】の伝統文化の継承」などをアピールし、その後、五ヶ瀬中等教育学校6年の宮嵜麻由香さんが「認定に寄せる地域の若者の思い」を英語で訴えました。その後、非公開の審査が行われ、日本時間午後10時頃に「認定」が発表され、認定証が知事に手渡されました。また、高千穂町にある「ゆめゆめプラザ・TAC」には、内田副知事や関係町村の議長・副町長が待機。内倉高千穂町長から認定の電話報告が入ると会場は大きな拍手と歓声に包まれ、くす玉割りや内田副知事の音頭による万歳三唱で認定を祝いました。【今後の取り組み】世界農業遺産認定は地域創生に取り組んでいくうえでも大きな力になるものであり、5町村が連携して世界農業遺産のブランドを活用していくことが重要となります。【GIAHS認定証】本町は森林セラピー基地や現在認定に向けて関係自治体と動いているユネスコエコパークと併せて、自然と共生するまちづくりに取り組んでいきますので、町議会をはじめ、町民の皆様方の更なるご理解、ご協力をお願いします。【世界農業遺産認定までの取り組み】H26.3月高千穂郷・椎葉山世界農業遺産推進協議会設立H26.10月世界農業遺産国内候補地の承認を受けるH27.1月国連食糧農業機関(FAO)に申請書提出H27.5月国連食糧農業機関(FAO)現地調査H27.12月国連食糧農業機関(FAO)GIAHS運営・科学合同会議高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産認定【認定セレモニー(高千穂町)】【世界農業遺産】世界農業遺産とは、伝統的な農業・農法と、それによって育まれた文化や土地景観、生物多様性に富んだ世界的に重要な地域について、それらの保全と持続的な活用が図られることを目的として、国連食糧農業機関(FAO)が認定するものです。日之影町をはじめ、高千穂町・五ヶ瀬町・諸塚村・椎葉村で受け継がれてきた農林業(棚田・山腹用水路、畜産、茶、シイタケ、木材生産など)や伝統文化(神楽や地域コミュニティなど)が世界に認められたものであります。~認定に向けて応援いただき、ありがとうございました。~平成27年主な出来事9月1月◆第5回宮崎県市町村駅伝競走大会町村の部第4位◆婚活支援事業キックオフ・縁結サポーター立上げ会・日之影の未来を考えるシンポジウム2月◆高千穂日之影道路(末市工区)安全祈願祭・みんなのもちよりカフェオープン◆乳児を対象に町産材を使用した積み木の贈呈を開始4月◆西臼杵広域行政事務組合消防本部運用開始(高千穂町)◆全国一斉ウォーキングin日之影10月◆日之影町歴史民俗資料室リニューアルオープン◆森林セラピーウォーキングin棚田まつり◆北方延岡道路全線開通6月◆30年ぶり朝市開催◆ひのかげ渓谷まつり2015開催◆第59回宮崎県畜産共進会団体の部準優勝◆日之影町人口ビジョン・日之影町地域創生総合戦略策定11月◆第18回全国農業担い手サミットinみやざき7月◆森林セラピー基地認定10周年記念イベント癒しの森ピアノリサイタル開催◆婚活支援事業・キックボクシングでシェイプアップ教室・ボトルフラワー教室12月◆高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産認定◆中山間盛り上げ隊感謝のつどい8月◆第1回日之影の未来を考える100人会議「ヒノカフェ」開催平成28年1月1日町制施行65周年終戦当時、現在の日之影町域は七折村、岩井川村、岩戸村大字山裏の3つの行政区に分かれていましたが、昭和26年1月1日、七折村と岩井川村が合併して「日の影町」が発足、平成28年1月1日で町制施行65周年を迎えました。日の影町が発足したこの年の2月、初代町長に植野弘氏就任、4月には日之影中学校新築校舎落成移転、また社会福祉事業法が施行され日之影町社会福祉協議会が結成されました。合併当時は、小学校11校、中学校3校、分校2校がありました。昭和31年9月、岩戸村大字山裏を編入合併し、「日の影町」から「日之影町」に町名を変更、昭和32年には人口は16,133人で、戦後のベビーブームと見立・槇峰鉱山が盛んな時期でもあり、人口のピークを迎えていました。平成27年、日之影町人口ビジョン・日之影町地域創生総合戦略を策定、そして高千穂郷・椎葉山地域世界農業遺産認定など今また新たな日之影町が始まっています。旧町立病院合併当時の日の影町役場庁舎現在の日之影町役場昭和27年に日の出橋(現:日之影大橋)が架けられました。役場周辺の様子(昭和36年と現在)平成28年消防始式平成28年日之影町消防始式が1月5日日之影小グラウンドで挙行されました。分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、役場まで行進し、河川敷駐車場で撥水試験が行われました。また、消防団活動に功績のあった団員・関係者に対し表彰状が渡されました。「第12部部長」雨宮秀樹「第11部部長」平田吉人「第10部部長」松田博喜「第8部部長」堀口真嗣「第2部部長」平川一成飯干成人「第4分団副分団長」田﨑透「第3分団副分団長」○精績章「第3分団長」甲斐三夫「第1分団長」甲斐睦雄○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰「第3部団員」高岡昭二「第5部班長」松田英樹「本部長」甲斐仁志「副団長」榎木常市○勤続章「本部長」甲斐仁志○精績章◎日本消防協会会長表彰(工藤英之本部付分団長夫人)工藤輝子様○内助の功◎宮崎県知事感謝状「第11部部長」平田吉人「第10部部長」松田博喜「第6部部長」甲佐勝弘「第2部部長」平川一成津隈直人「第2分団副分団長」◎宮崎県知事表彰平成28年消防始式被表彰者名簿「第16部班長」戸高貴喜「第13部班長」関雅人「第12部班長」甲斐武○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰県協会親子団員表彰高岡昭二・晃平県知事内助の功工藤輝子様(甲斐睦雄第1分団長夫人)甲斐賀奈子様(甲斐仁志本部長夫人)甲斐なおみ様○内助の功佐藤靖則様○退職団長◎宮崎県消防協会会長感謝状谷川有美「女性消防団員班長」○女性消防団員表彰高岡晃平「第3部団員」高岡昭二○親子団員表彰◎宮崎県消防協会会長特別表彰「班長」山尾成人「班長」甲田元伸「部長」甲斐健正「部長」森山浩一「部長」坂本次夫「部長」佐藤尚「分団長」飯干真「団長」佐藤靖○退職団員表彰永年勤続15年以上◎日之影町長感謝状「第18部団員」甲斐健太「第13部団員」工藤建樹「第12部団員」米田大幸「第12部団員」工藤昌彦「第18部班長」黒田泰広「第17部班長」鶴留章広「第14部班長」井植博志「第7部班長」谷川誠「第7部班長」星本紘志○団員表彰◎日之影町長表彰「第3部団員」田中祐二「第11部班長」菊池利彦「第11部班長」清水順一「第8部班長」三浦正嗣「第3部部長」上田健児○永年勤続20年表彰◎日之影町長表彰「第18部班長」押方誠「第13部班長」谷川靖「第9部班長」廣島博憲○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰「第13部団員」坂本謙二「第11部団員」甲斐広樹「第9部団員」本田節夫「第9部団員」立脇康三「第8部団員」脇坂憲司「機動部団員」松川繁次則「前副団長」故興梠寿様○感謝状「第18部団員」飯干裕「第16部団員」甲斐和茂「第13部団員」工藤巧也「第12部団員」甲斐翔太「第12部団員」桝田怜「第10部団員」髙見慶太「第9部団員」真田佳洋「第8部団員」杉本道徳「第4部団員」佐藤佑耶「第4部団員」山本修三○団員表彰◎日之影町消防団長表彰(防火水槽土地無償提供)坂本惠喜夫様(防火水槽土地無償提供)甲斐建二様日之影町竹の原(防火水槽土地無償提供)飯干五男様日之影町椎谷◎日之影町長感謝状「団員」飯干雄介「団員」甲斐英吉「団員」甲斐猛「団員」甲斐勝志「団員」甲斐英樹「団員」平川浩二「団員」岩尾洋一「班長」丹波昌二「班長」甲斐寿治「班長」一水秀樹「班長」甲斐啓信「班長」工藤清「班長」藤本貴「班長」清水晃一「班長」坂本康法「班長」甲斐耕一郎祝!成人おめでとうございます式典の様子第66回日之影町成人式が1月4日に町民センターで行われました。今年成人を迎えたのは、平成7年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた45人で、式典の出席者(男性20人/女性20人)を代表して山尾祐太さん(糸平)に、佐藤町長より成人証書・記念品が手渡されました。また、新成人誓いのことばを藤本里奈さん(末市)、交通安全誓いのことばを甲斐瑞己さん(崎の原住宅)が述べました。式典終了後の新成人意見発表では、甲斐貴之さん(東深角)、谷口満里奈さん(袴谷住宅)が、それぞれ新成人としての意見を発表しました。山尾祐太さん藤本里奈さん甲斐瑞己さん甲斐貴之さん谷口満里奈さん住民税申告受付を行います申告は、早めに済ませましょう!2月15日(月)3月11日(金)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。役場税務課は、平成28年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場と時間を確認しておいでください。また、次の事項にご留意ください。◎牛の飼育農家の申告は、2月第3週になります◎収入が年金だけの方は、申告は不要です(気になる方は、税務課へお電話ください)1.申告用書類をご用意ください領収書・控除証明など、特に農業経費調べはまとめていないと受け付けできません2.2月15日から役場税務課でも申告を受け付けます平日の午前9時から午後6時、前日までに電話予約された方のみ受け付けます3.申告相談を受け付けます申告についてご不明な方は、役場税務課(電話87‐3901)へお電話ください平成28年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場牛飼育農家の受付椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区八戸上地区、四ヶ惣地区、鹿川地区岩井川中尾地区、追川地区、山附地区小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区【牛飼育農家のみ受付】※牛の申告に時間がかかるため、日程を別にしています。中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館牛飼育農家以外の受付末市、高巣野椎谷西深角東深角鹿川中川赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、諸和久下、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山乙草、上栃の木、栃の木、松の木、鶴の平、長迫、上小原糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹松の内、新畑、奥、大菅、楠原、谷下、吐の内平底、平底団地、一の水、影待徳富、七折中尾、長谷川波瀬追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅、新日之影上、新日之影中、新日之影下、神影上、神影中、神影下袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅、戸川竹の原、西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬中村、上下顔大楠、岩井川中尾、中崎、小崎予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)※お問合わせは、日之影町役場税務課(電話87‐3901、ファクシミリ87‐3911)へお願いします。椎谷営農研修館団七踊りの館鹿川営農研修館中川営農研修館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館田植え踊り館小川の郷さくら館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場税務課保健センターからこんにちは冬のお風呂に御用心!!寒い冬に温かい湯につかるのは、気持ちの良いものです。しかし、冬は年配の方のお風呂での事故が多くみられます。冬の入浴で一番恐いのは、部屋の温度と浴室の温度の違いによる、血圧の急激な変化です。温度差が大きいと脳卒中や心臓発作の原因となってしまいます。最近は脱衣所を暖かくする設備もありますが、体を洗ってから湯船に入り急に体があたたまったため浴槽内で血圧が急激に低下したときや、入浴後に着替えをしているときにも大幅な血圧変化があるので、そのときにも注意が必要です。入浴事故を防ぐ7つの法則1.脱衣所、浴室の温度差に気をつける。(暖房設備を取り付ける、または入浴前にシャワーなどで室内を暖めておく。実験によると、シャワーにより浴室温度は15分間で約10℃上昇させるとの報告がある。)2.お湯の温度は38~40℃にして、熱すぎるお湯には入らない。(冬は42℃以上の熱いお湯に入る人が多く、浴室とお湯の温度差が大きいと体に負担がかかる。)3.転倒防止のため手すりを取り付ける。滑らない素材の床にする。4.朝の3時、4時の入浴は控える。(この時間が一番体温が下がり、抵抗力が弱まり、適応能力も落ちている時間)5.食事直後の入浴は控える。深酒をしたときの入浴は厳禁。6.食欲がないとき、疲れすぎているとき、いつもと違う薬(特に降圧剤)を服用したときは入浴を控える。7.入浴前と後で水分補給をする。家庭血圧測定をしましょう一日の中でも変動する血圧は、家庭での測定が重要です。医療機関での測定は、日常生活とは異なる状況で行われるので、ふだんの血圧を反映していないことがあります。家庭で血圧測定をする目的は、「ふだんの血圧の状態を正確に知ること」です。保健センターでは、家庭での正しい血圧測定の方法などを記載した、血圧手帳を無料で配布しております。血圧手帳に、血圧の値、降圧薬の有無、症状などを記入し、主治医に見てもらいましょう。ひのかげの輪ださい。を走っていますので、見かけたら声をかけてく日之影郵便局に勤務しています。配達で町内星本竜宏さん(32歳:星山)『地域の人とのふれあい』ん」をご紹介したいと思います。一人でも多くの「ひのかげんもしていくものです。わずリレー式に友人・知人を紹介況を報告しながら、老若男女を問このコーナーは、町内の方が近碇山浩一郎さん(51歳:高巣野)『高巣野小学校へあそびに来てください。』PTAバザーがあります。是非お越しください。ます。1月31日には高巣野小学校の学習発表会、日31人の子どもたちと一緒に楽しく過ごしてい今年度から高巣野小学校で勤めています。毎山木だよりさて、皆さん。突然ですが、“藁綯い”を見たことはあるでしょうか?昔はどの家庭でも見られた藁綯い。今では、藁を綯える人は少なくなり、見る機会も随分と減ってしまったとお聞きしました。勿論のことながら、バリバリの都会っ子である僕は、藁綯いを見たこともなければ、知りもしませんでした。藁細工職人さんのお宅にお邪魔して、藁を綯っているところを初めて見せて頂いたとき、とても驚きました。両の手のひらを合わせて、藁を手の中で転がすと、するするすると藁が綯われていくのです。手の動きは無駄がなく、しなやかで、少しの間見とれてしまうほどでした。あまりにも素早く綯われるので、“もしかしたら簡単なのかも”と思い、僕も藁綯いにチャレンジしたのですが、これまた驚くほどぎこちなく、「同じ人間の手なのか」と思ったのを覚えています。これが夏頃。そこから今まで通い詰め、今では「お前、藁細工の職人にでもなるの?」と、方々で言われるほどになりました。藁細工や注連縄の魅力のひとつは、願いや想いが込められていることだと思います。良縁、家内安全、子授け、五穀豊穣。職人さんが想いを込めてつくり、それを求めた人たちが受け取り、願う。そうやって、人の想いは伝わっていく。殺伐とした社会のなかで、人の想いを大切にするという工藝品。なんだかいいですよね。◎問い合わせ先日之影町役場地域振興課緑のふるさと協力隊第22期生山木博文すくすく育ってね★戸高詩乃ちゃん【平成26年12月25日生まれ】(三重県津市)お父さんが西深角出身康裕さん・友美さんの長女★押方彩希ちゃん【平成27年4月13日生まれ】(高千穂町)お父さんが高巣野出身愼一さん・よしみさんの長女●掲載を希望される方(3才前後のお子さんを対象)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。(保護者が町内出身の方のお子さんも募集しています)【高巣野小学校編】「カラフルなかめをつくった」一年梅田大虎ぼくは、十一月六日、うみで、カラフルなかめをつくりました。ちあきさんとゆいとくんとあおいくんでしました。ぼくは、うみのかいがらをさがしで、かめのこうらにつけました。それから、カラフルなかめを大きくしました。でも、まだ大きくないとおもいました。だから、ぼくは、うみの水をくんできました。そして、水をかめのこうらにかけました。赤いかいがらをかめのこうらにおいたら、カラフルなかめができあがりました。カラフルなかめが、きれいになってよかったです。「おいもりょうりをした」一年鶴留颯人きょうは、ふれあいかいでした。ふれあいかいには、ばあちゃんがきました。ばあちゃんとおかしづくりをしました。いもをつぶして、ぎゅうにゅうとさとうとバターをまぜて、サランラップにつつんでいもまんじゅうをつくりました。ばあちゃんがてつだってくれたから、かんたんにできました。みんなとランチルームでたべました。しずなさんが、「おいしい。」といってくれました。ぼくは、じぶんでつくったのはおいしいなあとおもいました。二ねん生になっても、ばあちゃんとつくりたいです。「ドキドキした体けん活動」三年甲斐陽菜多十一月十八日に「土木の日」の体けん活動がありました。「土木の日」は十一を合わせて「土」になって、十八は合わせると「木」になります。それで、「土木の日」になるそうです。わたしたちは、一ぱんでした。まずレンガで橋を作りました。つくった後、じゃんけんをして、わたしがまけたので、一番さいしょにレンガの橋にのることになりました。ドキドキしました。やっと少しずつレンガの橋をわたりきりました。わたり終わったら、ほっとしました。つぎに、文字当てゲームをしました。きかいが、とてもすごかったです。その後、ビデオを見ました。土しゃくずれのビデオを見てひやあせびでました。レンガの橋をちえを出しで作るのが、いい勉強になりました。「いろいろやって楽しかった」三年丹波愛結十月十八日、今日は「土木の日」でした。さいしょに、土木についてのせつ明かありました。知らなかったことをいっぱい教えてもらったのでよかったです。次に、はんに分かれて、活動しました。わたしたちは、さいしょに文字当てゲームをしました。ふつうに見ると、何が書いてあるか分からなかっだけど、そくりょうのきかいで見ると、はっきりと見えたので、すごいなあと思いました。それから、土しゃさいがいのDVDを見ました。一回見たのもあったけど、二回見でもこわかったです。次に、れんがで橋を作りました。まず、下にかたみたいなものの上に、れんがをのせて、土をすき間に入れてかためます。それから、かたをはずします。みんながのってもこわれなかったので、すごいなぁと思いました。さいごに、土木の仕事をしている方から、「わたしたちは、町をまもるお医者さんだと思って仕事をしています。」と言ったのを聞いて、わたしもやってみたいなぁと思いました。「くり拾い」五年甲斐礼志九月二十七日にお父さん、おばあちゃん、お姉ちゃんといっしょにくり拾いをしました。家に近いところからどんどんやっていきました。くりを拾うときに「ただ拾うだけじゃおもしろくないから『大きいくりせんしゅけん』をやろう。」とお父さんが言ってきました。ぼくは、「これはおおきいかな。」と思いながらやっていました。するとまたお父さんが、「小さいくりせんしゅけんもやろう。」と言いました。ぼくは、「小さいくりと大きいくりだな」と思いながら拾いました。家に帰ったら見せ合いました。ぼくが選んだのはきずがあったけど、一番大きいのでした。ちいさいくりもでした。くり拾いが終わった後お父さんが「助かった、ありがとう。」と言ってくれました。おもしろかったです。子どもの広場中山間盛り上げ隊感謝のつどい開催12月20日大人歌舞伎の館で、「中山間盛り上げ隊感謝のつどい」が開催されました。平成21年度の開始から、集落の草刈り作業や交流活動の運営補助など、ボランティアで活動している中山間盛り上げ隊への感謝と、集落相互の交流を目的に開催され、県内外各地から参加した隊員32人を含む、約100人が集いました。各集落からは料理のおもてなしや、寿三番叟、大菅神楽を披露。参加者と隊員が思い出話に花を咲かせ、人と人のつながりを感じる温かなひと時を過ごしました。ます。きたいと思いて活動してい創出を目指した新たな魅力に活かし、ま魅力を最大限も日之影町のしょう。今後地域となるで日之影町も今後ますます注目される誇れる自然や伝統のある町として、れしい出来事がありました。世界に界農業遺産に登録される、というう町村「高千穂郷・椎葉山地域」が世昨年12月に日之影町を含む県北5期待されています。日保ちがするため、特産品としても出来栄えになりました。焼き菓子はの風味を引きたて、とてもおいしい実習。濃厚なバターの味がゆずや栗ドケーキなどの焼き菓子の作り方をを行いました。主にタルトやパウンと「栗」を使った洋菓子のセミナー昨年12月4日、日之影産の「ゆず」迎えのことと存じます。ございます。皆様お元気で新年をお2016年明けましておめでとう集落支援員岡田原史山村の風南三陸さんさん商店街海鮮丼キラキラ丼の愛称で親しまれています。もお越しください。ひ南三陸さんさん商店街に南三陸町レポート甲斐拓郎東北にお越しの際は、ぜきます。た海鮮丼を食べることがで節はいくらがたくさん入っではの海鮮丼です。今の季豊富にとれる南三陸町なら私のオススメは、海産物がなど様々なお店があります。店やお土産屋さん、鮮魚店ねる仮設の商店街で、飲食元の事業者32店舗が軒を連いと思います。ここは、地んさん商店街」を紹介したさて、今回は「南三陸さなってしまいました…。いな」と感じられるようにが5℃あれば「今日は暖かりました。最近では、気温℃」と表示されることもあ気温を見ると「マイナス3てきました。朝の通勤時にちらほら雪が降る日が増え南三陸町では12月に入り、全日本男子バレーボールチーム南部正司監督来庁全日本男子バレーボールチームの南部正司監督が来庁されました。日頃のバレーボールチームへの応援の感謝とともに、昨年開催されたワールドカップの報告や次期オリンピックに向けての意気込み、また「選手づくりは人づくりである」など、バレーボールを指導するうえで大切にされていることも話されました。お知らせのページ町民のつどい開催「第32回日之影町民のつどい」が次のとおり開催されます。またその中で、森林セラピー基地認定10周年記念講演が、全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施されます。町民の皆様の多数の参加をお願いします。【期日】2月21日(日)【時間】午前9時~午後2時(予定)【場所】宮水小学校体育館◎問い合わせ先役場教育課社会教育係林野火災予防運動を実施します「誓います森の安全火の始末」を統一標語に、1月29日から2月4日にかけ、林野火災予防運動を実施いたします。町民の皆様には、下記の事項に重点を置いて、林野火災の防止に努めていただきますようお願いいたします。1枯れ草等のある火災が起きやすい場所では、たき火をしないこと。2たき火の場所を離れるときは完全に消火すること。3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと。4火入れを行う場合は役場(消防)の許可を受けること。5たばこの火は必ず消すとともに、吸い殻を投げ捨てないこと。6火遊びはしないこと役場農林振興課林政係人権相談開設延岡人権擁護委員協議会では、「人権相談所を開設します。相談は無料で、秘密は堅く守られます。どんな相談でもどなたでもお気軽にご相談ください。【期日】2月19日(金)【時間】午前10時~午後3時【場所】保健センター「総合相談室」◎担当者:人権擁護委員及び法務局職員日之影町で人権擁護委員として法務局から委嘱を受け活動されている方々は次のとおりです。押方光德さん(椎谷)細木栄子さん(中央通り)中内泰男さん(東宮水)今月の絵本今月の絵本は(株)ほるぷ出版から出版されている「さるじぞう」です。(文:鈴木喜代春氏絵:北島新平氏)この話は、思いがけないことからお地蔵さまと間違われた人の良いおじいさんがさるの宝物を手にいれて幸福になり、それをまねて同じようにさるの宝物を手に入れようとした欲張りなおじいさんはひどいめにあってしまうという日本の民話です。話の中でさるたちが歌ううたはおもしろく、日本の民話らしい絵は私たちを和ませてくれます。ぜひ読んでみてください。◎本の貸し出しに関するお問い合わせ町民センター放送大学で学びませんか放送大学では、平成28年度第1学期(4月入学)の学生を募集しています。放送大学はテレビ等の放送やインターネットを利用して授業を行う通信制の大学で、幅広い分野を学ぶことができます。出願期間は第1回は2月29日まで。資料を無料で差し上げています。お気軽にお問い合わせ下さい。◎問い合わせ先放送大学宮崎学習センターありがとうございました●香典返し(社会福祉協議会12月受付)住所遺族名続柄故人名高校通り坂本道惠さん伯父佐藤祝さん平清水菊池利彦さん祖父只雄さん本町甲斐恒生さん妻知津子さん新町甲斐かよ子さん夫誠喜さん上下顔甲斐トシ子さん夫國夫さん竹の原甲斐千恵子さん義父保さん一の水谷川臣國さん義母フサエさん平底田﨑透さん父則夫さん●一般寄付(社会福祉協議会12月受付)日之影中学校昭和25年(第3回)卒業同窓会一同●ふるさと応援寄附(役場総務課受付)兵庫県西宮市氏名は本人申し出により非公表千葉県千葉市有井光子様住所は本人申し出により非公表富士本行男様2月の主な行事1日健康ウォーキング(癒しの森運動公園)3日第4回「ヒノカフェ」(福祉館)10日行政相談(保健センター)14日日之影縁結イベントひのかげde美しくなろう!の巻(みんなのもちよりカフェ/大人日之影ハーネス跡)16日子どもの予防接種(保健センター)17日高齢者大学(福祉館)乳幼児健診/障がい者就業巡回相談(保健センター)19日特設人権相談(保健センター)21日おひさまのおかげ「青雲朝市」(道の駅青雲橋)町民のつどい(宮水小学校体育館)24日こころとカラダの相談日(保健センター)25日巡回診療(見立・仲組)27日育児学級(保健センター)人のうごき日之影町内の平成27の事件・事故年中○事件(刑法犯)編集後記人口男女合計出生転入死亡転出世帯数○人身事故○死者○負傷者○物損事故町内で人身事故が発生しました。スピードの出し過ぎに注意しましょう!!平成27年西臼杵郡内事件の特徴は、万引き事件が前年比+10件と大幅に増加した点にあります。非常に残念な結果となりました。◆高千穂警察署からのお知らせ迎春謹んで新春のお慶びを申し上げます。平成28年は、犯罪被害ゼロ・交通事故抑止を目指し、安全安心のまちづくりに努めます。高千穂警察署員一同新年あけましておめでとうございます。みなさんはどのようなお正月を迎えられましたか?今年1月1日で町制施行65周年を迎えたことをはじめ、成人式や消防始め式、様々なことがスタートしました。今年の干支申は「器用で臨機応変」といういわれもあるそうです。今年こそは○○!とか、今年はこうなるといいなあなどいろいろと考えて力が入ってしまいがちですが、器用にうまくいかなくでも、まずは健康第一で(自分らしくも忘れずに)この1年を乗り切りたいと思います。今年もよろしくお願い致します。(T・GO!)町の話題「新聞」感想コンクール最優秀賞受賞グラウンド・ゴルフで健康に!県内の小中学生を対象にした第13回「新聞」感想文コンクール(宮崎日日新聞社、宮日会主催、県教育委員会、県市町村教育委員会連合会後援)で、宮水小学校5年橋本和憲君が最優秀賞を受賞しました。新聞で自分の住んでいる町の果実の現状について知り、シェフになりたいという夢から、日之影のために頑張るシェフになりたいとういう現実的な夢を持つようになり、新聞を読むことで自分の物の見方や考え方が広がったという感想文でした。橋本君は、「初めて応募したけれど、こんなよい最優秀賞を受賞できてとてもうれしいです。またこのコンクールに応募したいです」と話していました。12月1日国保の保健事業の一環としてスポーツを通して自らの健康づくりへの意識をさらに高めてもらうことを目的に「健康づくりグラウンド・ゴルフ大会」(主催:日之影町グラウンド・ゴルフ協会:甲斐聡会長)が平底の癒やしの森運動公園で開催されました。小春日和の穏やかな天気に恵まれた中、70人の方が参加され、ホールインワンや珍プレイに歓声や笑い声が上がり、和気藹々の中に楽しい一時を過ごしていました。クリ剪定開始式宮崎県警察音楽隊演奏会開催日之影町果樹栽培受託組合(甲斐耕一郎組合長)クリ剪定班による剪定活動開始式が12月14日に宮水地区で行われました。クリの剪定作業はとても重労働で危険を伴いますが、品質と大玉率を向上させるための大切な作業です。現在、組合は剪定班(クリ・ユズ)、残幹処理班、防除班の3組織で構成され、農作業の負担軽減と産地の活性化を図るため活動を行っています。町内約30haのクリ園地で剪定作業を請け負い、3月上旬まで活動が続きます。12月15日、八戸小学校で宮崎県警察音楽隊の演奏会が開催されました。生の演奏を聴くだけでなく、カラーガード隊による演技も間近で見ることができ、子どもたちは躍動感あふれる演奏会を楽しみました。子どもたちは、「カラーガードのお姉さんがジャンプするのがすごかったです。」「演奏の音色は美しく、みんなの心がーつになり、聴いていてとても気持ちがよかったです。」と話しており、貴重な体験ができました。地域安全出発式日之影サンタがやって来ました【青年団の皆さんです】年末年始の地域安全運動にあわせて、12月16日、「日之影・八戸駐在所連絡協議会」による防犯パトロール出発式が行われました。その後、高千穂警察署や日之影地域安全少年隊と町内で広報活動を行いました。町民の皆さんも身近なところからの防犯対策をお願いします。クリスマス恒例日之影町青年団による「サンタの宅配」が12月23日に行われました。サンタに扮した青年団員が、各家庭からお預かりしたプレゼントをお届けするもので、突然のサンタの訪問に子どもたちは驚きと喜びでいっぱいでした。青年団ではこの他にも地域や子どもたちをとおして様々な交流活動を行っています。青年団の活動に興味のある方は、教育委員会(℡87‐3919)までお問い合わせ下さい。
1 4628 広報ひのかげ 第668号 2021年1月発行 20210115 1月 m19_acv-hinokage_202101_0668_20210413_01 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_202101_0668_20210413_01/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第668号 2021年1月発行№668初日の出天空の丘(大人)《1月1日撮影》今月号の主な話題●新年のあいさつP2●令和2年町の主な出来事P3●町制施行70周年P5●わけもんの主張P7新年のあいさつ町民の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年中は。本町の振興発展のために、様々な立場から、ご尽力とご協力を賜り、心から御礼を申し上げます。年頭にあたり、本年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年でありますようお祈り申し上げます。さて、私たちは現在、新型コロナウイルス感染症の拡大という、未曽有の困難に直面しています。全国各地で依然として厳しい感染状況が続き、国・地方の行政、医療従事者をはじめ、皆さんが一丸となって懸命の努力が続けられていますが、国内だけでなく、世界に広がる感染は、我が国の社会経済に甚大な影響を及ぼし、農林業や観光業、飲食業などに与える影響は深刻です。新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立のために、一人ひとりが意識をもって行動していただきますよう重ねてお願いいたします。農林業につきましては、外食産業の需要や食肉輸出が減った影響で、子牛の価格が落ち込みました。需要減に伴う価格下落は、花き、水稲においても大きな打撃となっており、農業経営の安定に向けて必要な施策を講じてまいります。集落全体で取り組む農業生産活動の継続や体制の整備では、中山間地域等直接支払制度の第5期対策が始まりました。急傾斜の棚田等の保全が新たに交付金の加算対象になるなど、これまでの農地を守る活動が高く評価され、制度の継続と拡充に結びつきました。本制度を有効に活用して、農業生産の維持・発展や地域の活性化に取り組んでまいります。社会資本の整備では、今年は、九州中央自動車道内の高千穂日之影道路のうち、日之影深角IC〜平底交差点間を繋ぐ「新平底トンネル」が完成し、既に開通している大平山トンネルと併せ、全線が開通する見通しです。供用開始に伴う利便性の向上や地域経済への波及など、相乗効果に期待が高まります。教育の新たな取り組みでは、全世帯に繋がる「ひのかげケーブルネット」の通信網を活用し、全ての小中学生にタブレット端末を配布し、オンライン授業の体制を整えます。昨年11月に開催された「ひのかげ近未来会議」では、中学生の皆さんと地域の課題について学びを深めましたが、今後も地域との協働によるキャリア教育の推進を応援いたします。役場新庁舎につきましては、順調に建築工事が進んでおり、4月には町民の皆様を内覧会にご案内できる予定です。新庁舎は、鉄筋コンクリート造3階建て、図書館、町民ホール等の文化交流機能を併せ持ち、図書館の2階部分には、図書閲覧・学習スペースを設けていますので、広々とした空間で読書を楽しむことができます。バリアフリーに対応した、誰もが利用しやすい安全な新庁舎の完成により、今後ますます多様化する行政需要に対応する基盤が整うものと考えております。本町は、今年、町制施行70周年の節目を迎えました。新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化していく中で、町民生活の安全・安心の確保、過疎化・少子高齢化対策、基幹産業である農林業の振興、商工業の活性化、雇用の創出、住環境の整備、交通・情報ネットワークの利便性の向上、水源の里の振興等の課題に的確に対応し、町民の目線で町民とつくる対話と協働の町政を基本姿勢に、誇りを持って住み続けたいと思える町づくりに取り組んでまいりますので、町民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。結びに、皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。町長佐藤貢11月治山・林道コンクール林野庁長官賞受賞林道竹の原・中川線令和2年町の主な出来事1月戸髙保さん(阿下)旭日単光章受章伝達12月世界農業遺産認定5周年3月八戸小学校閉校宮崎県森林土木協会高千穂支部との協定調印式旧第三五ヶ瀬川橋梁・旧綱ノ瀬橋梁国の重要文化財に12月23日付で指定4月西臼杵子ども・障がい者ネットワークセンター聞所宮崎県森林土木協会高千穂支部との協定調印式12月18日、町は宮崎県森林土木協会高千穂支部と林道施設の維持及び整備に係る協定を締結しました。近年、局地的な豪雨災害や大型台風の襲来により、道路の寸断、倒木による電線等のライフラインの被害が増加する傾向にあります。このため、町民の居住地から町中心部にアクセスする林道において、町と宮崎県森林土木協会高千穂支部が協定を締結し、平時の点検・維持管理及び災害時の応急復旧を行うことにより、地域住民の生活の安定を図ります。監査委員選任監査委員は地方自治法の規定により設置されています。独立した職務権限内で町の予算執行や財産管理などの行政事務全般が適正に効率よく執行され、効果を挙げているかなどを監査する役割を担っており、町長が議会小林政隆さん(高巣野)【任期:令和2年12月6日~令和6年12月5日】の同意を得て選任します。今回、小林政隆さんが選任されました。令和3年消防団表彰〈第16部部長〉甲斐裕樹長年、消防団活動に功績のあった方々が表彰されました。〈第13部部長〉佐藤雅宏(第8部部長〉松中伸悟〈第5部部長〉瀧川雅大〈第3部部長〉佐藤文昭〈第2部部長〉中山雄治〈本部付分団長〉佐竹健児○精績章〈第1分団長〉甲斐友康〈本部付分団長〉西村正綱○功績章宮崎県消防協会会長表彰〈本部付分団長)田﨑透○精績章〈副団長〉津隈重人○功績章日本消防協会会長表彰(津隈直人本部付分団長夫人)津隈富美様○家族表彰宮崎県知事感謝状〈18部部長〉甲斐康弘(12部部長〉田鹿司〈11部部長〉坂本安史〈10部部長〉工藤庄吾〈6部部長〉甲斐将史宮崎県知事表彰■令和3年消防始式被表彰者〈第16部班長〉戸高貴喜〈第13部班長〉坂本謙二〈第13部班長〉関雅人〈第12部班長〉甲斐武〈第11部班長〉甲斐広樹〈第8部班長〉脇坂憲司○永年勤続20年表彰日之影町長表彰〈第3部団員〉田中祐二〈第3部団員)上田健児〈第11部班長〉菊池利彦〈第8部班長〉三浦正嗣○永年勤続25年表彰日之影町長表彰〈第13部団員〉田﨑正也〈第12部団員〉金丸素幸〈第13部班長〉一水新五〈第11部班長〉戸髙雅晴(第9部班長〉若杉直○勤続15年宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰(堀口真嗣第2分団長夫人)堀口理香様(西村正綱本部付分団長夫人)西村日登美様○家族表彰内助の功宮崎県消防協会会長感謝状〈第4分団第16部〉甲斐智樹〈第4分団第16部〉甲斐貴之○兄弟団員表彰宮崎県消防協会会長特別表彰〈第16部団員〉甲斐拓〈第13部団員〉甲斐達〈第13部団員〉工藤範〈第12部団員〉河野大樹〈第12部団員〉津嶋竜平〈第7部団員〉杉田達朗〈第4部団員〉甲斐優〈第1部団員〉甲斐有〈機動部団員〉飯干和基〈第12部班長〉有友敏〈機動部班長〉黒川哲男〈第9部部長〉今村浩二三○団員表彰日之影町消防団長表彰〈鹿川〉西村正雄○防火水槽設置土地無償提供日之影町長感謝状〈班長〉飯干直〈班長〉後藤〈班長〉大村昭〈班長〉吉村春○退職団員表彰永年勤続15年以上日之影町長感謝状〈第4部団員〉大江一〈第1部団員〉甲斐〈第1部団員〉甲斐崇〈第17部班長〉飯干良〈第17部班長〉甲斐勝〈第3部班長〉岡田原〈第3部班長〉上田康○団員表彰日之影町長表彰郎也一人人博様樹真広光禎翔志友行史徳伝統を継承日之影町みどりの少年団結団式12月23日に宮水小学校で日之影町みどりの少年団結団式が行われました。昨年度3月末で八戸小学校が閉校となり、八戸小みどりの少年団の伝統を継承した日之影町みどりの少年団が新しく発足し14人の児童が入団しました。結団式では、みどりの少年団の制服が配布され、帽子とスカーフを身につけ結団式に臨み、みどりの少年団としての活動が楽しみなようでした。団長の津隈絢音さんは、「緑を愛し、守る活動を通して、心豊かな人間に育っていくことを誓います。」と誓いの言葉を述べました。今後は、日之影町内を中心に植樹活動やみどりの募金、キャンプなど、自然に触れ合う活動をしていきます。【誓いの言葉を述べた団長津隈絢音さん】令和3年1月1日で町制施行70周年を迎えました!終戦当時、現在の日之影町域は七折村、岩井川村、岩戸村大字山裏の3つの行政区に分かれていましたが、昭和26年1月1日、七折村と岩井川村が合併して「日の影町」が発足、令和3年1月1日で町制施行70周年を迎えました。合併当時は、小学校11校、中学校3校、分校2校がありました。昭和31年9月、岩戸村大字山裏を編入合併し、「日の影町」から「日之影町」に町名を変更、昭和32年には人口16,133人で、戦後のベビーブームと見立・槇峰鉱山が盛んな時期でもあり、人口のピークを迎えていました。平成27年に世界農業遺産認定、平成29年にユネスコエコパークの登録、元号も平成から令和に移り変わる中、道の駅青雲橋がリニューアルしました。また70周年の節目に役場庁舎が宮水に移転します。今日之影町今と昔今昔昭和26年【建設中の新庁舎】今【現在の日之影町役場】昔昭和27年【合併当時の日の影町役場】【現在の役場周辺の様子】【日の出橋(現:日之影大橋)が架けられました。】【九州中央自動車道高千穂日之影道路(雲海橋交差点~日之影深角IC)開通】【リニューアルした道の駅青雲橋】総務課◎問い合わせ先ってください。年末年始の地域安全運動出発式年末年始の地域安全運動期間にあわせて、12月9日「日之影・八戸駐在所連絡協議会」による防犯パトロール出発式が行われ、日之影地域安全少年隊がパトカーから、うそ電話詐欺の被害防止などを呼びかけました。また、「安全で安心なまちづくり県民のつどい」において日之影地域安全少年隊が、「令和2年度宮崎県安全で安心なまちづくり活動知事奨励賞」を受賞し、伝達を行いました。日之影地域安全少年隊の防犯啓発活動が安心・安全なまちづくりの一翼を担うとして評価されたものです。務課で支援の手続きを行どで行ったあと、役場総の返納手続きを警察署なは、有効期間内の免許証援事業の支援を受けるに運転免許証自主返納支めにお使いください。有効期限を確認し、お早お持ちのタクシー券のん。シー券の使用はできませ有効期限を経過したタクは交付の日から3年です。タクシー券の有効期限(500円20枚綴り)5組2タクシー利用券(10枚綴り)5組1すまいるバス回数券〇支援の内容3町税等の滞納がない方自主返納した方間内のものに限る)をに運転免許証(有効期2平成29年4月1日以降1町内に住所のある方○対象者行っています。許証自主返納者の支援を日之影町では、運転免運転免許証自主返納実践しましょう!会食は「みやざきモデル」でみっつの密を避けてやめよう大声、大人数、長時間静かなマスク会食をざせきは間隔を空けてきれいに手指消毒もりつけは小皿で一人ひとりでんわ連絡先をお店に告げてルール、ガイドライン遵守のお店を利用しましょう。みやざきモデルで会食を楽しみましょう!「身近な政治を考える」佐藤将仁若者の選挙離れや投票率の低下など、若者の政治離れが問題視され、近年その対策が議論されています。投票率をあげるため、広報活動が行われている訳ですが、なかなか投票率はあがりません。それはなぜでしょうか。若者が、「自分が投票しても何も変わらない、政治が自分の住んでいる地域とは関係ない」と思っているからではないでしょうか。私自身、「政治は難しい」、「誰に投票すればいいか分からない」と思い、学生時代を過ごしていたのですが、最近、政治を身近に感じる機会がありました。私の母校である日之影中学校は、「地域との協働によるキャリア教育」に取り組んでおり、3年生が日之影町の抱える地域課題について学習し、その解決策を探求していく「ひのかげ近未来会議」が行われました。これは、「移住促進」など、5つのテーマについて、それぞれの課題をグループで考察し、有識者や住民の前で解決策を提言するという取り組みです。例えば、移住促進のグループは。「仲良しプロジェクト」と題し、移住者が地域に馴染めるよう交流会、いわゆる「飲み方」を開催しようと具体策を考えました。日之影に移住して生活を営んでいくには、人と人との繋がり、顔の見える関係づくりが重要だと考えたのです。当初は、「企業を誘致する」などを企画していましたが、まちの魅力である「人のあたたかさや美しい自然環境をアピールした方が、移住者は魅力的だと感じるはずだ」と、方針を切り替えたそうです。何より驚いたのは、「移住は促進しません!住んでいる住民を幸せにします!」という斬新な提言が出てきたことです。真剣に町のことを考えた結果、「今ある素晴らしい資源を活用し、住んでいる町民の生活を大事にしたい」という考えに至ったのです。この近未来会議の発表に向けて、約半年間、総合の時間の他に昼休みや放課後もグループで話し合い、家に帰ってからも課題テーマについて家族と議論したりと、日之影町が抱える課題に真剣に向き合ってきたそうです。これは、まぎれもなく立派な政治参加だと思います。政治に参加するには、誰かに任せるのではなく、積極的に課題を調べ、考え、自分なりに判断していくことが大切です。まずは身近な課題に目を向けることで、自然と政治に関心を持つようになるのではないでしょうか。冒頭に述べた若者の選挙離れや投票率の低下は、きっと、若者の地域に対する愛着が欠如していることが原因だと思います。だから政治に無関心になるのです。自分の住むまちに誇りと愛着を持ち、まちの理想を考えること。それが政治参加への第一歩なのではないでしょうか。「意味のある選挙」佐竹日向子2019年7月参議院議員通常選挙。これは、私が人生で初めて投票した選挙です。高校3年の7月に18歳の誕生日を迎え、私は有権者になりました。参議院選が近づく頃、選挙について知識のない私は、参議院選について調べ、初めての選挙ではりきっていたと思います。ですが、いざ投票する時、誰に投票するべきなのか、私の考えは定まっていませんでした。その理由は、政治についての知識が少なかったこと、心のどこかで誰に投票しても同じではないかという気持ちがあったからだと思います。私は今年4月から新社会人として日之影町役場で働いています。国の変化で町の仕事も変化するということを、仕事をする中で実感しました。ふと朝のニュースを見ていると、アメリカ合衆国の大統領選についての話題が流れていました。日本の政治について未だに深く理解できていない私が、どうして国や言語も違うアメリカ合衆国の大統領の選挙のニュースに目がいくのか、私は考えました。それは、アメリカ合衆国の大統領が変われば、アメリカ合衆国の政治も変わります。アメリカの政治が変われば、日本にも影響が出てくる。何かが変わる。変化するのがわかるからだと考えました。私のような政治や選挙について、感心の薄い若者は結構多いと思います。自分の一票で日本は変わらない、投票してこの一票に意味がなかったと実感する。これが若者の選挙離れにつなかっていると考えます。投票もしないで、選挙結果を批判する人や、日本の政治について不満を口にする人を見かけたことはありませんか。日本は民主主義国家です。どんな一票でも選挙の結果が変わってきます。私は、国と地方は連携しているということを実感してから、国の選挙は重要だと知らされました。立候補する人を理解することは、有権者にとって大切で必要なことだと思います。日本国民が、また若者が政治、選挙と向き合うことで、日本の政治が、国民の意見がより反映された政治となり、意味のある選挙になると思います。一票が大切です。私達の将来はこれからを生きる私達で決める。私はこれからの選挙にも積極的に参加していきたいです。わけもんの主張西臼杵支会予選会若者が選挙や政治に対して日頃考えていることや求めていることについて意見発表する、「第15回わけもんの主張西臼杵支会予選会」が12月19日、高千穂町で開催され、日之影町からは佐藤将仁さん(地域振興課)と佐竹日向子さん(教育委員会)の2人が発表しました。審査の結果、佐藤さんが最優秀賞、佐竹さんが優秀賞を受賞し、佐藤さんは2月に宮崎市で開催される県大会に出場します。※発表内容は要約しています。ひのかげの輪安全で安心な日之影町を目指して頑張ります。大きな事件等はあっていません。これからも、日頃から地域の方々のご協力もあり、管内で八戸駐在所で勤務して3年目になります。内嶺良則さん(40歳:八戸駅)「日々感謝」ん」をご紹介したいと思います。一人でも多くの「ひのかげんもしていくものです。わずリレー式に友人・知人を紹介況を報告しながら、老若男女を問このコーナーは、町内の方が近本田サツキさん(88歳:興地)「地区の人が良くしてくれます。地区の人に感謝」で頑張っています。吾味駅、吾味橋周辺の草切りを出来る範囲《日之影BOYへの道》あけましておめでとうございます。令和3年がいい年になりますように。あっという間に1月を迎え、残りの活動期間も僅かになりました。協力隊終了後のことを何も考えずにここまで来てしまったので、何をしようか今更になって考えてます。時間がたくさんあったので早くから考えておけばいいものを、追い込まれてからやるタイプなのが仇となってます。町内の小学5年生が各学区内を回り、日之影町のいいところを発見するHY(日之影よかとこ)ツアーにスタッフとして参加しました。まだまだ日之影について知らないことばかりなので子供たちの場所案内と発表は初めて聞くこともあり、いい勉強になりました。その夜はキャンプ場に泊まりました。キャンプ場では裏方作業が多く、子供たちが寝付くまで落ち着けず動きっぱなしでした。翌朝は5時前から火をおこして朝食の準備でした。めちゃくちゃ寒かったですが、早朝に火を見ながら飲むコーヒーは格別でした。今まで裏方で作業することがなかったし、そういう機会もなかったのでとてもいい経験になりました。自分が小学生のころは地元探検も低学年の時にさらっとやっただけで、他の学区内について学ぶということはなく、学校ぐるみで他【町内小学5年生との集合写真】校との交流もなかったので、とても羨ましいなと思いました。◎問い合わせ先地域振興課緑のふるさと協力隊第27期生竹内優斗地域おこし協力隊通信重信誠明けましておめでとうございます。着任からもうすぐ2年、地域住民の皆さんに支えられながら生活できている日々に感謝です。さて、私の任務は「中央地区活性化」となっております。今年いよいよ役場が宮水に移転しますが、役場跡地の利活用も中央地区活性化協議会にて視察や意見交換を行っているところです。12月には、「ひのかげイルミネーションドライブスルーテイクアウトフェア」を中央地区で実施しました。120組ものお客様が来場され、大盛況で終わることができました。昨年は、竹【UMKニュース放映時の写真】影ひな祭りや夏まつりひのかげなど中央地区でのイベントが全て中止になり、年の瀬を明るく終わらせたいという目的で実施しました。温かいイルミネーションの灯りもとても素敵でした。まだまだコロナウイルスの終息は見えてきませんが、できることをコツコツと取り組んでいきたいと思います。集しています)が町内出身の方のお子さんも募までご連絡ください。(保護者地域振興課(87‐3910)後のお子さんを対象)は、役場●掲載を希望される方(3才前あれ!!お父さんより大きくな楽しみがいっぱいだよ。ありがとう。毎日、になれました。てくれてみんなが笑顔あなたが生まれてき紀子さんの長男紘志さん(【星令和山元)年11月21日生まれ】星本哲芯くんすくすく育ってね子どもの広場【日之影中学校編】12月11日(金)に、日之影中学校でヒノカフェ・フェーズ2「日之影中・ひなた場」が行われました。この行事は、中学生が、地域で活躍している若手社会人や大学生と対話することにより、日之影で暮らし働くことの魅力を再発見したり、将来の生き方についての考えを広げたりすることをねらいとしています。講師として、地域で活躍していらっしゃる社会人の方12人、日之影町出身の大学生2人に、お忙しい中ご協力いただきました。講師の皆様のお陰をもちまして、3年生は、今後の自分の人生や今後の日之影町の在り方について深く考えたようでした。そして、何よりも悩みが解消されたすがすがしい晴れ晴れとした表情をしていたのが印象的でした。ありがとうございました。芝居」を聞きました。重信誠とや楽しかったこと、迷ったとができました。次に、代表講師の「人生紙今までの人生で、辛かったこ分自身について深く考えるこ2、人生紙芝居対1対話もしました。生徒は、た。その中で、日之影町や自一方で、講師の方々との1ん大人の方々と交流できまし3、1対1での対話なた場」をとおして、たくさいです。「近未来会議」や「ひャンスだと思ってがんばりたすが、自分で自分を変えるチうでないときはあると思いま肢はあって、順調なときやそした。人生にはいくつも選択大切なことをいろいろ学べまの力で道を切り拓くことなどツコツとがんばることや自分消できました。夢に向けてコ話を伺えたことで、悩みが解たくさんの人生の先輩方にお今回の「ひなた場」の中で、ことで悩んでいます。しかし、私は今、受験勉強や将来の4、生徒の感想た。となどを語ってくださいましや楽しかったこと、迷ったこておられました。生を振り返り、辛かったことだが役に立つ。」と熱く語った。講師の方々は、自分の人ことは怖い。でも逃げるは恥人生グラフの説明を聞きまし中途半端はいけない。逃げるまず、生徒達は、講師からたとき、戦うか逃げるかだ。人生グラフの説明その中で「人生の岐路に立っした。1、講師によるさん(地域おこし協力隊)は、ことなどを率直に話していま保健センターからこんにちは■一般不妊治療費の助成不妊治療費の助成制度について【助成金額/助成期間】●1年度当たり上限10万円●助成期間・・・2年間●助成対象期間・・・令和2年3月から令和3年2月分までの診療が対象となります。●申請期限・・・・・令和3年3月末日までに保健センターに申請してください。【対象となる一般不妊治療】●不妊症スクリーニング検査●排卵誘発法●タイミング法●精液検査●精巣精検●人工授精●その他、医師が必要と認めた検査及び治療■特定不妊治療費の助成【申請方法/申請先】※高千穂保健所または宮崎県内の保健所で「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の申請が必要です。【助成金額/助成期間】●1年度当たり上限20万円●助成期間・・・最長5年間【対象となる特定不妊治療】●体外受精および顕微授精※詳細は宮崎県のホームページをご覧ください。☆詳細は日之影町のホームページをご覧になるか。保健センターまでご連絡ください。子どもの任意予防接種費用助成について○インフルエンザ予防接種町外の医療機関で受けた生後6ヶ月から高校3年生に対して、接種費用の助成があります。3月末までに申請をお願いします。日之影町立病院で接種した場合は、申請手続不要です。○おたふくかぜ予防接種1~2歳と小学校就学前1年該当児で受けた場合に町の費用助成があります。★申請書類・・・領収書と接種証明(母子手帳記録)印鑑を持参ください。◎詳細は保健センターまでお尋ねください。【材料:4人分】小松菜・・・1束(200g)にんじん・・・1/2本(60g)水煮ツナ缶・・・1缶マヨネーズ・・・大さじ2ポン酢・・・・・小さじ1野菜で免疫力を高めよう小松菜とツナのマヨポン酢和え野菜摂取量65g76kcal食塩相当量0.4g1小松菜を茎と葉に分け、2cmの長さに切る。にんじんは2cmの長さの細切りにする。2鍋に水・にんじんを入れ、沸騰させる。沸騰したら小松菜の茎を入れ2分茹で、さらに小松菜の葉を加え、柔らかくなるまで茹でてザルにあげる。3小松菜・にんじんの粗熱がとれたら、水気を絞りボウルに入れる。4ツナ缶の汁気をきり、3のボウルに加え、マヨネーズとポン酢で味を整える。《日之影町観光協会通信》謹んで新春の祝詞を申し上げます。旧年中は、新型コロナ禍の下、日之影町観光協会のご支援をいただき誠にありがとうございました。本年も新型コロナ感染防止に務めながら、更なる日之影町の観光発展に向け、気持ちを新たに取り組んでまいります。変わらぬご支援・ご協力のほど心よりお願い申し上げます。一般社団法人日之影町観光協会会長姫野建夫【日之影町観光協会インフォメーション】昨年の12月17、18日の2日間、宮崎市県庁前楠並木通りにおいて毎年恒例「柚子まつり」を開催しました。新型コロナウイルス感染症の影響でぎりぎりまで開催が危ぶまれましたが、事業者様との協議の末、開催する運びとなりました。自粛モードが広がる中、お客様が来てくださるのか不安がありましたが、例年以上の賑わいを見せ、ゆずは早々に完売し、沢山のお客様に日之影の特産品を届けることができました。イベントの中止が相次いでいたので、お客様も楽しんで買い物してくださったのではないかと思います。今年、またどのような状況になるか分かりませんが、感染予防対策をしっかりと行ったうえで、できるだけ多くのイベント活動ができればと考えております。今年も町民の皆様のご協力宜しくお願いいたします。【県庁前楠並木通り「柚子まつり」】高千穂郷・椎葉山地域の特産品セットができました!令和2年12月18日(金)、(一社)ツーリズム高千穂郷の職員が町長室を訪れ、特産品セットの「山香蔵(やまかぐら)」と「里の小昼(さとのこぶり)」の完成を町長に報告しました。それぞれ高千穂郷・椎葉山地域5町村の特産品詰め合わせとなっており、山香蔵に「栗きんとん」、里の小昼に「柚子ようかん」が本町の特産品として入っています。この特産品セットは、道の駅青雲橋やオンラインショップで販売され、当地域の魅力を発信することが期待されます。【オンラインショップ】九州中央堂【お問い合わせ】一般社団法人ツーリズム高千穂郷電話メール確定申告について、お知らせします所得税などの確定申告の期間は、2月16日(火)から3月15日(月)までですが、日之影町は住民税の申告とあわせて、2月10日(水)から申告受付を開始します。詳しい日程は、次のページでご確認<ださるようお願いします。申告の対象は、令和2年1月1日から12月31日までの所得となりますが、今回は新型コロナウイルス対策など例年と対応が変わっていますので、概要を次のとおりまとめてお知らせします。◎令和2年分確定申告の納期限及び振替納税の振替日は下の表のとおりです。申告期間納期限振替納税の振替日申告所得及び復興所得税2月16日(火)~3月15日(月)3月15日(月)4月19日(月)消費税及び地方消費税1月4日(月)~3月31日(水)3月31日(水)4月23日(金)◎所得税及び消費税の納税は、金融機関口座から引き落とされる「振替納税」が便利です。◎確定申告書等にはマイナンバーの記載が必要で、申告されるご本人の本人確認書類の提示又は、写しの添付が必要となります。◎新型コロナウイルス感染症対策のため、手指の消毒やマスクの着用など、感染予防へのご協力をお願いします。◎確定申告書は、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を利用し自宅で作成して、e一Tax又は郵送等により提出することもできます。◎自宅等からe一Taxで確定申告書等を送信する際には、本人確認書類の提示又は写しの添付が不要となります。◎国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」は、スマートフォンやタブレットでも所得税の確定申告を作成することができます。◎新型コロナウィルス感染症の影響や、災害による損失は、「納税の猶予」などの納税の緩和制度が適用される場合があります。ご不明な点など、詳しくは、税務課(℡87-3901)または延岡税務署(℡0982-32-3301)まで、お問い合わせをお願いします。住民税申告受付を行います申告は早めに済ませましょう!2月10日(水)~3月15日(月)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。税務課では、令和3年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場と時間を確認してお越しください。また、次の事項にご留意ください。(転た★必通確利免はマず知◎牛の飼育農家の申告は、2月第2週、第3週です。定用許個イお書申者証人ナ持◎収入が年金だけの方は、申告は不要です。(気になる方は、税務課へお電話ください。)で告ちに識等番ン1、申告用書類をご用意ください。すく使別号バ。だ領収書・控除証明など、特に農業経費調べはまとめていないと受付けできません。)う番通ーさ番号知カい2、2月10日から役場税務課でも申告を受付けます。号通書ー!の平日の午前9時から午後6時(前日までに電話予約された方のみ受付ます。)知とド書運ま3、申告相談を受付けます。申告についてご不明な方は、税務課(℡87‐3901)へお電話ください。令和3年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場牛飼育農家の受付【牛飼育農家のみ受付】椎谷地区、深角地区、平清水地区長谷川地区宮水地区、中村地区、松の木地区大菅地区、八戸上地区、四ヶ惣地区、岩井川中尾地区、追川地区、山附地区小川平地区、大人地区大川平地区、下組地区末市、高巣野椎谷西深角牛飼育農家以外の受付東深角鹿川(牛の所得申告も含む。)中川(牛の所得申告も含む。)赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村白仁田、戸の口、諸和久、下鶴、川中、高橋、上高橋舟の尾、新町阿下、椛木、椛木住宅稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山松の内、新畑、奥、大菅、楠原、谷下、吐の内2/10(水)~2/15(月)※牛の申告に時間がかかるため、日程を別にしています。中央研修館中央研修館中央研修館椎谷営農研修館団七の館鹿川営農研修館中川営農研修館せせらぎの里仲組公民館黎明館黎明館黎明館さくら館乙草、上栃の木、栃の木.松の木、鶴の平、長迫、上小原糸平、大平、二又、鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹徳富、七折中尾、長谷川、波瀬平底、平底団地、一の水、影待追川上、追川中、追川下矢形的、大瀬、横迫、後梅古園大人上、大人西大人東、仁田野、大人下中大迫住宅、新日之影上、新日之影中、新日之影下、神影上、神影中、神影下袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅、戸川竹の原、西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、下日之影、竹の瀬中村、上下顔大楠、岩井川中尾、中崎、小崎(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)予備日(申告期間に来られなかった方、電話予約をお願いします)田植え踊り館小川の郷中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館役場税務課役場税務課※問い合わせは、税務課(℡87―3901、FAX87―3911)へお願いします。令和3年度日之影町奨学資金新規貸付日之影町教育委員会では、大学・高校・各種専門学校生を対象に「令和3年度日之影町奨学資金新規貸付」の受付を行います。【貸付額】〈定期貸付(月額)〉・大学等30,000円・高校等15,000円〈入学一時貸付〉(入学時に1回のみ)100,000円単位で・大学等上限600,000円・高校等上限300,000円の内,必要とする額。無利子ですが、卒業1年経過後に定期貸付は「貸付を受けた3倍の期間内」に、入学一時貸付は月額5,000円ずつ、全額を返済していただきます。留年、退学の場合はその時点から返還となります。卒業後、日之影町へ定住する場合は返済免除の制度があります。【申請書等の提出期限】1入学一時金についての受取を3月末日までに希望される方は、令和3年3月5日(金)2入学一時金の受取が月々の貸付金の初回分と同じ(4月下旬)で良い方は、令和3年3月19日(金)【提出していただく書類】貸付申請書・合格通知書(写)・卒業する学校の成績証明書・所得証明書※合格発表前でも申請受付出来ます。(不合格時には取消となります)※成績証明書は学校へ早めに申請必要【問い合わせ先】教育委員会町では、行政相談を開設します。相談は町民課委員にご相談ください。◎問い合わせ先など、困りごとがありましたら、行政相談ださい。4どこに相談したらよいか分からない前にご連絡のうえ町民課窓口までお越しく3制度の仕組みが分からないの申請はできますので、希望される方は事2相談してみたが説明に納得がいかないカードの申請は任意です。役場でもカード1苦情や困っていることがあるコード付きの申請書が順次送付されます。されていない方につきまして。申請用QR困ったら一人で悩まず行政相談顔写真付きのマイナンバーカードを作成◎問い合わせ先総務課マイナンバーカード申請書の送付について・細木栄子さん(中央通り)・中内泰男さん(東宮水)保健センター保健予防係・甲斐秀明さん(西深角)◎問い合わせ先のとおりです可能性がありますのでご注意ください。ら委嘱を受け活動されている方々は、次希望する「がん検診」を受診できなくなる※町内で、人権擁護委員として法務大臣か提出がない場合や記入漏れがありますと、【相談員】人権擁護委員ターに提出されてもかまいません。「総合相談室」29日までにご提出ください。直接保健セン【相談場所】保健センター記入後、各地区の地域健康協力員へ、1月午前10時から午後3時まで同封の説明書を参考に「一括申込書」をご【日時】2月10日(水)各世帯に配布しました。必ず中身を確認し、どなたでもお気軽にお出かけください。「令和3年度がん検診一括申込書」を、密は堅く守られますので、どんな相談でも、相談所」を開設します。相談は無料で、秘令和3年度がん検診一括申込について延岡人権擁護委員協議会では、「特設人権行政相談センター特別人権相談所を開設します総務省宮崎県行政監視総務課◎問い合わせ先教育課社会教育係◎問い合わせ先INFORMきます。響が懸念されるたは、新型コロナウに開催予定の「第めイ37、ル回中止とさせていただスの感染症に伴う影日之影町民のつどい」ご利用ください。情110番℡0570‐090110をこからでも同じ番号でかけられる行政苦行政相談でも受け付けています。全国ど影町駅伝競走大会」並びに2月7日(日)※なお、行政相談は、総務省宮崎行政監視ATION1月24日(日)開催予定の「第50回日之【行政相談委員】米田正さん【場所】保健センター教育委員会関係行事の中止について【日時】2月10日(水)午前9時〜正午にご相談ください。お知らせのページ無料で、秘密は固く守られますのでお気軽INFORMATIONす2たは1枯努めの事山火るき、れて項事たこ火き草いにがとの火等たつ多。場をのい発しだ所なあきてすをいるま十るこ離と火す分傾れ。災よ注向るときは完全に消火が起きやすい場所でうお願いします。意し、山火事予防ににあることから、次宮崎県内では例年1月から3月にかけてけ、林野火災予防運動が実施されます。を統一標語に、1月25日から1月29日にか「あなたです森を火事から守るのは」林野火災予防運動が実施されますポリテクセンター延岡訓練課◎問い合わせ先ポリテクセンター延岡【見学会申込先】(ただしテキスト代等は必要)【受講料】無料【入所資格】求職中の方令和3年1月18日〜2月25日【募集期間】電気設備技術科15人福祉住環境リフォーム科15人金属加工技術科15人テクニカルオペレーション科15人【訓練科】9月30日(6ヶ月間)令和3年4月6日〜【訓練期間】知識を身につける訓練を行っています。ポリテクセンターは、ものづくりの技能・職業訓練生4月入所生募集(離職者対象)教育委員会◎本の貸し出しに関する問い合わせ先夜長をすごしてみませんか?ります。親子で一緒に歌いながら冬の実においしそうで思わず味見したくな〃むしゃむしゃむしゃまだにえない〃うだかたべてみよ〃〃あぶくたったにえたったにえたかどています。大きなお鍋に湯気を立ててあずきを煮歌絵本です。ネズの一家が楽しそうに歌に合わせてみんなで遊べるわらべひさかたチャイルド〔さいとうしのぶ〈構成・絵〉〕「あぶくたった」今月の絵本は、わらべうたえほん今月の絵本6火遊びはしないこと。を投げ捨てないこと。5たばこの火は必ず消すとともに、吸い殻を受けること。4火入れを行う場合は役場(消防)の許可をしないこと。3強風時及び乾燥時には、たき火、火入れ「青雲朝市」(道の駅青雲橋)2118日日第68回おひさまのおかげ巡回診療(見立・仲組)乳幼児健診(保健センター)17日障がい者就業巡回相談/(保健センター)16日子どもの予防接種(保健センター)行政相談/人権相談10日住民税申告受付開始2月の主な行事(松の木)押方良章様●奨学資金寄附(教育委員会12月受付)(波瀬)佐藤正明さん(姉)ハルノさん(大人下中)大村シズ子さん(夫)弘壽さん住所遺族名続柄故人名●香典返し(社会福祉協議会12月受付)ありがとうございました誠にありがとうございました。きます。て、町立図讐館の整備に活用させていただ書施設や文化交流拠点施設等の整備」とし略に記載されている「親子で利用できる図ごと創生寄附金は、本町の地域創生総合戦をいただきました。今回のまち・ひと・ししごと創生寄附金(企業版ふるさと納税)田龍1男1月代30表日取に締森役塗)装様株か式ら会、社ま(ち宮・崎ひ市と・園をいただきましたまち・ひと・しごと創生寄附金人のうごき◎人口男女合計出生転入死亡転出◎世帯数日之影町内の12月の事件・事故(12月末現在)○人身事故○死者○負傷者○物損事故○事件【刑法犯】(12月末現在)★うそ電話詐欺の被害や不審電話が多発しています!電話でお金の話は全て詐欺!と疑い。高齢者はもとより、家族・近所の方々も互いに注意を呼びかけるなど、町民総ぐるみで特殊詐欺被害防止に努めましょう。【被害を防ぐためには・・】○すぐにお金を準備しない。○自分が把握している家族の電話番号にかけ直して確認。○知らない電話番号には出ない。○警察署や最寄りの駐在所に、すぐに相談。○家族の方は、一人暮らしの高齢者に電話をかける。○日頃から友人・近所の方で声かけを。編集後記あけましておめでとうございます。今年日之影町は、町制施行70周年を迎え節目の年となります。芽吹きを迎えようとする丑年でもあります。牛のように、ゆっくりと1歩、1歩でもいいので希望に満ちた、もーこれ以上のない良い年になりますように。明るく、楽しい、元気になる話題で紙面をたくさん飾ることができるように今年も頑張りますのでよろしくお願いします。(こよし)町の話題祝!成人おめでとうございます新成人誓いのことばを述べる甲斐響太郎さん配信しました。また、出席できなかった新成人のために、式典の模様を動画で響太郎さんが述べました。して俵ほのかさんに記念品を贈呈、新成人誓いのことばを、甲斐式典に出席した6人に佐藤町長より成人証書が授与され、代表イルス感染拡大のため、規模を縮小しての開催となりました。までに生まれた42人です。今年の成人式は全国的な新型コロナウ今年成人を迎えたのは、平成12年4月2日から、翌年4月1日れました。第71回日之影町成人式が1月4日に役場中央研修館で執り行わ【成人証書を受け取る多賀翔吾さん】【記念品を受け取る俵ほのかさん】日之影の星がんばっています負って走る姿を期待しています。ています。いつの日か日の丸を背イーンズ駅伝でも6位でゴールしした。また、11月に開催されたクベストを更新しての入賞となりました。記録は15分24秒61で、自己の部に出場し6位入賞を果たしまいる田﨑優理さんが、5000mールディングス陸上部に所属しておいて、本町平底出身でヤマダホ第104回日本陸上選手権大会に12月4日、大阪市で開催された【日本陸上選手権大会】議会傍聴「勉強になりました」メリークリスマス今年もサンタがやって来た!12月8日に、町内小学校6年生30人と日之影中学校3年生30人が、社会科の授業の一環として第4回定例会の一般質問を傍聴しました。最初は緊張した面持ちでしたが、熱心にメモをとる姿が見られました。町に関する質問や答弁の様子を目の当たりにし、普段味わえない貴重な体験ができたようです。町青年団による子どもたちに夢を届ける「サンタ宅配」が12月23日に行われました。突然のサンタの訪問に子どもたちは驚きと喜びでいっぱいでした。欲しかったプレゼントは届いたでしょうか?青年団では、この他にも地域との様々な交流活動を行っています。青年団活動に興味のある方は教育委員会(℡87-3919)までお問い合わせください。
1 4214 広報ひのかげ 第201号 1982年1月発行 19820130 1月 m19_acv-hinokage_198201_0201_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198201_0201_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第201号 1982年1月発行広報発刊200号記念特集号恒例の大人岩井川神社大祭ことしも1月14日、岩井川神社の夜神楽が盛大に行なわれました。例年14日は正午頃から神社で、かぐらの奉納と大弓が行なわれ、午後7時半から場所を民家に移し、夜を徹して翌日の午後2時頃までかぐらが奉納されました。二〇〇号のあゆみ昭和四十年一月、第一号を発刊して以来、十七年で二〇〇号を発刊することができました。この長い年月、町民のみなさんの暖かいご指導と、変らないご協力でご愛読いただきましたことを厚くお礼申し上げます。今回、発刊二〇〇号記念特集号を発刊するにあたり、現在までの経緯を記してみたいと思います。昭和三十二年頃から全国的に普及しました有線放送業務を、当町も取り入れ、昭和三十四年八月有線放送電話業務を開始しました。全集落のすみずみまで、いろんな周知事項、社会生活の動きなど一斉に放送され喜ばれてきましたが、交通通信施設の充実、情報社会の変革等で、昭和四十八年四月には有線放送電話の一切が廃止されました。かわりに登場したのが、「町広報ひのかげ」と「旬報ひのかげ」であります。「広報ひのかげ」は、町の広報紙として昭和四十年一月から発刊していたわけですが、「旬報ひのかげ」は、前身の「週報ひのかげ」が有線放送廃止と同時に広報ひのかげを援護する意味で週発行していたものが旬報となったものです。(現在は旬報、十日と三十日発行)その広報も初めのうちは原版をつくるのに延岡の印刷所に原稿を持参して原版をつくり、役場の印刷機で約二千八百部を刷り各家庭に配布していました。また、第十八号頃からは内容も豊富に増ページもするようになりました。広報ひのかげの配布状況は広報ひのかげの配布内容は、現在、町内各世帯約ニ一五〇部町内官公署関係一〇〇部、その他約一〇〇部を毎月配布しております。この中で、とくに目だつのは、自衛隊関係(全国各地に配属されている町内出身者)宛に五十部と日之影町から各地に出かせぎに行っておられる方(連絡のあった分)また、日之影町出身者で他県に住んでいて、ふるさとのたよりが忘れられない方などに送付して、喜んでいただいております。今回は、広報を送っている。自衛隊員の方、県外に行っておられる方の声を聞いてみました。山本健二さん大楠出身で、現在福岡県行橋市に住んで航空自衛隊に勤務していいらっしゃいます。「五十年十二月に福岡に来て以来の愛読者で、「ふるさとの出来ごとがわかって嬉しいものです。広報に対しての希望は、小さなできごとまで、たくさんのせてほしい」と語っていらっしゃいました。森和夫さん主人は高千穂町出身、奥さんは日之影町新町出身の旧姓奈須さん主人が自衛隊勤務で、五十五年十二月から長崎県上県郡上対島町比田勝に住んでいらっしゃいます。電話をかけると奥さんが出られ「あゝ、広報ひのかげを送っていただく方ですか。はじめはだれが広報を送ってくれるのかもわからず?、一、二度ならず、続けてずーっと、大変嬉しいことです。主人はあまり興味がなさそうですが、私はふるさとの出来ごとが遠く離れていても目に見えるようで、毎月楽しみに待っています。」と喜んでいらっしゃいました。佐藤鉄雄さん鳥屋の平出身の佐藤鉄雄さんは現在、都城陸上自衛隊に勤務しておられます。「学業を終えるとすぐ自衛隊に勤務、友達もいるけどやはりふるさとからのたより広報ひのかげは嬉しいものです」と、若者らしい元気な返事がかえってきました。甲斐今朝芳さん上下顔出身で、最近千葉県木更津市岩根に住んでいらっしゃる甲斐さんは、電話をかけるとすぐ、「広報紙を送っていただきありがとうございます。大変嬉しく読ませていただいてもらっています。ふるさとになかなか帰れなくて(遠いため)この広報ひのかげが唯一つのつながりです。近くにも、日之影出身の人がおり。その人達とみんなでふるさとの広報紙をかこんで見ています。とくに広報ひのかげは、町民みんなの新聞という感じがします。」と話しておられました。また、大平出身の広瀬さんは、現在親戚関係で六人が、東京近辺に住んでおられ日之影のことがよくわかっていいものですと喜んでいらっしゃいました。そのほか仕事などの都合で県外に行かれた方も、やはり広報紙に目を通すと集落の様子が見られるようで、大変いいものですと話しをしていらっしゃいました。このように出かせぎ等で町外に長期滞在の方は、役場企画広報係まで、行き先を連絡していただきますと送付手続きをしますのでお知らせください。広報ひのかげ広報ひのかげの主な記録創刊から二〇〇号までの主なできごととしては、毎年末十大ニュースで取りあげ、昨年記念発行しました「年輪」に掲載しましたので、特集号ではその他のものを拾いました。昭和四十一年追川上集落に、四十一年七月六日から通学バスの運行が始められ、子どもたちをはじめ、集落をあげて喜んでいます。追川集落は町内でも最も地形が悪く、十kmもある遠い道のりを毎日通学することは大変なことでした。そこで、教育委員会でスクールバスを購入して送り迎えをするようになったものです。追川上に通学バス運行昭和四十二年きれいになった新日之影新日之影地区の都市づくりが完成して、商店街が面目を一新しました。新日之影地区の都市づくりは三十八年度から工事が進められ、四十一年度までに総額五千八百三十万円で、マサノ屋から独身寮までの延長四百九十mがこのほど完成しました。昭和四十三年がんばれ、菊池孝夫君日之影町から晴れの甲子園へ夏の全国高校野球大会は。八月九日から開かれ、今年の県代表は延岡商業高校の初出場がきまり、晴れの代表の中には、上日之影の菊池孝夫君(日之影中出身)が遊撃手として出場します。県予戦の大宮戦で殊勲を立てた菊池君は、強打を誇る延商の六番打者として、また守っては、遊撃手として、すばらしいプレーを見せてくれることでしょう。※現在、菊池さんは、旭サービスの都城店でがんばっておられます。昭和四十四年国鉄高千穂線第一日之影トンネル着工昭和四十一年二月から始まった国鉄高千穂線の建設も、第二・三工区が完成。未着工でした第一工区の日之影第一トンネルが発注され、今準備作業が進められています。この第一工区の着工により、高千穂線建設は九十五%が進捗されることとなり、残りは昭和四十七年三月までに全線が完成する予定です。昭和四十五年竹の原のほ場整備事業が八十%完成山村振興特別対策事業の一環として整備事業が進められている竹の原では、その工事の八十%が完成しました。この工事は、総事業費二百九十三万一千円で、今まで傾斜が急で農道もなかった耕地に幹線一、支線九の農道が貫通し、すべての畑に耕運機や自動車がはいるようになりました。昭和四十六年夏休みに、最高の贈物日之影小プール完成子どもたちが待ちに待っていた日之影小学校のプールがこのほど完成し、七月二十七日にプール開きが行なわれました。近くからは父兄もつめかけこれで安心といったように笑顔をみせ、子供たちのうれしそうな姿に見入っていました。昭和四十七年東南アジア青年指導者研修生来町五月二十日、日之影町に東南アジア青年指導者研修生八名が来町しました。この研修生は、インドネシア青年指導者五名とシンガポール青年指導者三名で、五月八日から四十日間、日本の青少年対策やそのための施設、青少年の活動と組織、公民館活動などについて研修視察するために来日したもので、日之影町では公民館活動の説明と、青年の山の視察を行ない山の管理や分収などについて見学して翌日大分県へ向いました。昭和四十八年夏休み青少年剣道教室暑さを吹きとばし早朝練習町教育委員会では、七月三十日から八月十日までの十一日間(日曜日を除く)町体育館で青少年剣道教室を開きました。この剣道教室は、剣道の基礎を覚えていただこうというもので、連日約五十人の剣士が参加し、朝の六時から七時三十分まで熱心に指導をうけました。昭和四十九年さようならSL走り・運び続けた三十四年国鉄日之影線は、昭和七年十月に着工され、昭和十年には延岡〜岡元、そして十四年十月には日之影まで全線三七・八kmが総工費四百三十八万円で完成しましたが、三十四年間黒い煙を出しながら走り続けて、皆んなに親しまれてきた機関車も、四十九年三月三十一日日之影線貨物取扱廃止と同時に姿を消しました。昭和五十年カモシカ見立の林道にヒョッコリ国の特別天然記念物に指定されているカモシカが二月二十七日に、見立乙ヶ渕上の黒仁田林道に出てきているのを、通りがかりの人が見つけました。カモシカは標高約千mから千四百m位のところに生息しているといわれていますが、どうして人里近い林道までおりてきたのか…?昭和五十一年松本佳祝子さん県の健康優良児に今年の県内一の健康優良児を決める審査会が八月三十日に宮崎市で開かれ、女子の部で大菅小学校六年の松本佳祝子(かおり)さんが選ばれました。佳祝子さんは松の内の松本学さんの長女で、身長一五八・一cm、体重四七・五kgと恵まれた体格で責任感が強く、学校では全校委員長もやっています。なお、県の審査には県内各校から一六〇人(うち女子八十四人)の応募があり、審査の結果佳祝子さんが運動能力、学業ともにすぐれており、女子の部の健康優良児に選ばれたものです。昭和五十二年日之影町を横断する九州自然遊歩道九州のすぐれた文化財と、その興味点を結ぶ九川自然遊歩道の建設は、ただ今九州各県ですすめられていますが、県内では、延岡市北方町、高千穂町、日之影町の四つの地区で工事が行われています。この工事は、幅一・五mの遊歩道を建設する工事で、上野峠から中尾、宮水、平清水、竹の原、丹助岳、北方町のコースで建設されることになっております。昭和五十三年日之影町駅伝大会開催中学校の部で鹿川中一般の部で椎谷青年が優勝日之影町駅伝大会は、二月二十六日(日)、午前十時に役場前をスタート、雲海橋折返し十一区間二十六kmのコースに十六チーム、約二百名の選手が参加して健脚を競いました。中学校の部優勝・鹿川中学校一時間二十九分〇三秒二位・日中ベスト一時間二十九分二十四秒一般の部優勝・椎谷青年一時間三十二分五十八秒二位・山附青年一時間三十五分四十秒昭和五十四年やったぞ!!「宮崎県一」日之影少年剣道クラブ県下三千二百名あまりのちびっ子剣士を集めて、このほど開催された。第十八回県下少年剣士学年別選手権大会で、新日之影の小林仁君(日之影小学校三年)が三年生の部で並み居る県下の強豪をやぶり見事優勝しました。小林君は、小学校入学と同時に日之影少年剣道クラブで剣道をはじめたもので、五十二年の同大会でも一年生の部で優勝しています。昭和五十五年「空手道世界一」影待の中村誠さん帰郷空手道にあこがれ高校卒業後に上京、努力が実って昨年念願の全日本選手権と世界選手権でチャンピオンになった本町影待出身の、中村誠さん(27)=東京都在住がこのほど「空手世界一」を手土産に里帰りをし、地元民の大歓迎をうけました。昭和五十六年町制施行三十周年記念事業を実施十一月一日から三日間、町制施行三十周年記念と併せて行なわれた・第七回日之影町産業文化祭は、主会場を役場周辺にして開かれ、三日間の人出は、およそ一万人と最高のにぎわいをみせました。また、十二月十七日には、町制施行三十周年記念行事のしめくくりとして、宮水地内に記念植樹と三十周年にちなんで三十年後に開筒する「タイムカプセル」の埋設を行ないました。そのほか、五十六年は国際障害者年で、いろいろな行事を開きましたが、この中で全国身体障害者スポーツ大会に大菅の緒方ヒフミさんが、出場しやり正確投げの部でみごと優勝しました。担当者あれこれ談義甲斐袈裟雄発刊第一号ですね、もう大分前のことですが、苦労したことといえば、当時はまだ印刷技術が幼稚で、原稿づくり、構成までは計画どおりに進むが、印刷の段階になると機械の調子が悪くて、きれいな紙面に刷りあげることが至難の業でした。町民のみなさんに喜んで見てもらえる紙面、楽しく読んでもらえる紙面づくりをモットーに研究もしましたが、結局、経済的なこと、みんなに読まれる広報をということで、印刷所に頼んで印刷するようになったのが第十八号からだったように記憶しています。また、四十年頃は、写真製版も技術的にできなくて、現在ののように印刷できるようになったことはすばらしいですね。広報紙作りをふり返って甲斐秀明広報ひのかげ二〇〇号記念特集号発行おめでとうございます。二〇〇号記念にあたり、広報紙つづりを開いてみると、昔の仕事の跡が、そのまま紙面に残っており、大変なつかしく思いました。私が広報紙作りを担当したのは昭和四十五年の六十六号から、五十二年の一四八号までだったと思います。この間約七年、町や村で大小たくさんのできごとを取材して歩き、カメラをかついでの、住民との暖かい心のふれあいが一番心に残っています。今でも時々仕事で地区に出ることがありますが「今日はどこに写真とりの…」と声をかけられると、担当当時のことを思いおこします。係から「広報ひのかげ」も昭和五十七年の正月号で二〇〇号を発行することができました。毎月、町民のみなさんと町行政とを結ぶパイプ役としての紙面づくりを心がけがんばっています。その意味で、町民のみんさんの広報紙、一般行政に対する建設的なご意見をお寄せいただくようご協力をお願い申し上げます。
1 4213 広報ひのかげ 第200号 1982年1月発行 19820101 1月 m19_acv-hinokage_198201_0200_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198201_0200_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第200号 1982年1月発行今年は戌年今年は、戌(イヌ)年。どちらの解釈をとるにしても、慎重な心配りのもとに積極的な努力を惜しまず、開運間違いなし…といきたいものです。戌といえば、知恵・勇気・誠実の代名詞のような動物「桃太郎」や「花咲爺(はなさかじじい)」に登場するのも、そういう犬たちです。また、遠く「日本書紀」には、白犬が倒れた主人を守って餓死するまでそばを離れず、その心を哀れんだ天皇の命で、主人と並べて墓に葬られたという、忠犬(チ公の先祖みたいな話が記録されています。そんなはるかな昔から、犬は人間の大切な。協力者”たったわけです。いま新しいところでは盲導犬、求助犬、警察犬などとして優れた能力を発揮しています。そんなわけで、十二支も一種の生活美学とみれば、なかなか趣深いもの。犬の特徴にあやかって、ことしもすばらしい年にしたいものですが「一犬虚に吠ゆれば万犬実に伝う」のことわざもあります。今年もみなさんにとって素晴らしい年となりますようお祈りいたします。いろはガルタの一枚目は、ご存知「犬も歩けば棒にあたるJこれは「物事をなそうとする者は、それだけ災難に遭うことも多い」という意味とも、又「やっているうちには、思いがけない幸運に会うこともある」という意味だともいわれています。昭和57年元旦あけましておめでとうございますひのかげ町広報No.200編集と発行宮崎県西臼杵郡日之影町役場企画財政課(毎月1回20日発行)新年号その事業費のかなりの部分は、町民の生活源となって流通されることになりますので、有難いことだと存じて居ります。さて、迎えました年は「行政改革」の年であります。真剣に審議中の第二次臨時行政調査会の答申が出て、政府がこれにどのように対応するかが焦点でありますが、収入を増やさずに、支出を抑えることが基本の審議でありますから、どうころんでも町政がよりやり易くなるケースは考えられません。従って、目減りを如何に小さくくい止めるか、又抑制の網の目をどう潜ってもぐり込むかが勝負どころだと思います。行政当局はそのためには随分と忙しく立廻らねばならないことと覚悟しているところであります。しかし行政が何如に立廻ったとしても、その成果を得るためには、何と云っても町民の協力実績と、財政の確実性がなくてはどうにもなることではありません。上部機関は常にそのことに注視して採択の基準として居ります。今迄はこの点では合格して参りましたが、今後は一段と審査にきびしさが加わることは必定であります。従って町民各位には、かなりご無理なお願いもしなくてはならないことかと思いますが、時勢の流れとよくご理解頂きながら、ご協力できるようお願いいたします。各位のご健勝をお祈りして年頭のごあいさつと致します。業の指定を受けています。その内主なものは、農村総合整備モデル事業・新農業構造改善事業・第三期山村振興事業・林業地域総合整備事業・森林総合整備事業・間伐促進総合対策事業等であります。計画年次で予定したほどの事業の伸びはありませんが、数の多いことで救われ、かなりの事業が出来ました。この外宮水小学校の校舎改築を始め、各般例年通りの一般会計は三十億円に迫りました。尚この外、国県事業として実施される日之影バイパスを始め、県道関係の各種事業、大規模・広域基幹林道、県代行の町・林・農道、治山、河川事業等およそ二十数億円の事業が町内に展開されています。これらの事業は即町内の基盤整備や保全になると共に、藤寺盛夫町長明けましておめでとうございます。昨年は町制施行三十周年記念の年として、記念式典を始め、産業文化祭・植樹祭・タイムカプセル埋設等の外、各団体にもこれに結びつけた行事をお願いしましたが、町民各位の絶大なご協力により諸事滞りなく、しかも盛大に終りましたことに対し心からお礼申し上げます。かつての高度成長時代は終りを告げ、愈々低成長期に入り、国の財政では事業費を抑え、貸付金の枠も制限が強まり緊縮国政となりました。その流れを受ける町政は当然窮屈になりますが、単一事業費が仲びないのなら事業の数を増やすしかありません。しかし新規事業は仲々採択困難でありますが、幸い当町はいくつかの制度事て国は、行財政の改革を断行するため、その準備を着々と進めています。その第一弾が、財政立て直しのため歳出を抑制し、予算規模は昨年並みに抑えようということです。また、国鉄再建整備の中で県内の妻線が廃止路線になりましたが、廃止反対を続けている高千穂線については、現在沿線町村あげて乗車距離を伸ばす運動を続けています。町議会といたしましても、地域の発展に大きな役割を担う高千穂線は、その存続のため特別委員会を設置し、隣接町村と行動を共に強力に存置運動を続けなければなりませんし、高森・高千穂間の建設路線についても、九州横断鉄道として早期完成に一層の努力を払わねばなりません。町民の皆さんをとりまく生活環境をより豊かにするために、交通通信体系や、教育福祉の施設の整備、あるいは産業振興に必要な基盤整備など、まだまだやらなければならない仕事が山積しています。新しい年を迎えるにあたり「豊かで活力ある町」づくりを基本とし、町民一人一人の英知と力を結集して、行財政の面からの困難を、乗り越える活力の原動力となりうるため、今一層のご指導、ご協力をお願い申し上げ、年頭のご挨拶といたします。から感謝と敬意を表し、さらに豊かな活力ある日之影町の将来に向かって、より一層の精進を誓いました。なお、名誉町民の中谷先生、特別功労者の興梠先生、有田先生、今は故人となられました中村先生の偉業に、心から敬意と感謝を申し上げます。今後ますますご壮健で、ご指導くださいますようお願い申し上げるものであります。さて、迎えた昭和五十七年は、構造的に好不況はありましょうが、中でも本町のような山間地帯では、不況の嵐の中にあります。特に、木材、乾しいだけ、畜産はその代表的作目といえましょう。暗いトンネルの中に入ったきり、出口のない状態が依然として続いています。加え町民の皆さん明けましておめでとうございます。昭和五十七年の輝かしい新春を迎えるにあたり、皆さんのご健勝となお一層のご活躍をお祈り申し上げます。昨年は、町制が施行されて満三十年目を迎え、皆さんと共に、一年間のすべての行事を記念行事として、十一月の文化の日を中心に三十周年の節目をお祝い申し上げました。飛躍した日之影町として育ちますまでに、私共の先輩の皆さんのご苦労は大変なものであったと思います。幾多の困難を克服し、喜びと、苦しみを分かちあいながら築きあげた先人の遺業に対し、心町議会議長佐保博宣昭和55年度日之影町決算報告表1一般会計歳入歳出決算総括グラフ歳入2,542,223,960円歳出2,516,873,306円交通安全安全対策特別交付金寄附金繰越金使用料及び手数料財産収入自動車取得税交付金諸収入地方譲与税分担金及ぴ負担金町税国庫支出金町債県支出金地方交付税商工費議会費消防費衛生費災害復旧費公債費総務費民生費教育黄土木費農林水産業費単位:千円昭和56年度第4回定例町議会が12月11日から21日までの日程で開かれ、昭和55年度日之影町一般会計決算など10件の提出議案が原案どおり可決されましたので、昭和55年度日之影町各会計決算の財政事情を公表いたします。昭和55年度日之影町一般会計決算は、歳入総額2,542,223,960円、歳出総額2,516,873,306円で前年度にくらべて歳入で7.36%、歳出で7.37%の伸びとなり、歳入、歳出差引25,350,654円のうち10,000,000円は財政調整基金へ繰入れ、15,350,654円は翌年度へ繰越しとなりました。歳入歳出を性質別(表2)にみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が87.65%をしめており、町税などの自主財源は12.35%となっています。歳出では、義務的経費が39.60%、投資的経費42.71%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりですが、各会計とも実質収支は黒字となっています。歳入歳出差引残額25,350,654円表2翌年度への繰越15,350,654円基金への繰入10,000,000円性質別歳入歳出決算その他諸収入分担金及び負担金自主財源その他その他維持補修費補助費等物件費地方交付税歳入町債国県支出金依存財源義務的経費人件費歳出普通建設事業費投資的経費災害復旧事業費表5人件費・役場などで働く人達に支払われる費用公債費・町の借金を返済していくための費用扶助費・生活扶助・教育扶助・医療扶助など、現金又は物品等の別表6たばこ町民税を問わず支払われる費用道路建設事業費・道路や橋を作ったり、建物を建てたりするために消費税支払われる費用災害復旧事業費・災害等によってこわれた道路などを、もとの形になおすために支払われる費用物件費・後々に形を残されないもの(郵便・電話・電気料や旅費など)又は、消耗するもの(用紙代等)に支払われる費用補助費等・いろいろな補助金や保険料や報償金などを支払うための費用維持補修費・道路や建物などを修理するために支払われる費用依存財源・いろいろな仕事をしていくために、国や県から町に配分されるお金自主財源・私たちの町において集める事ができるお金電気税町軽自動車税税木材引取税等固定資産税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く48.26%、ついで町民税が32.97%、たばこ消費税10.44%の順となっています。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内QJ坂売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入りたばこで約30円が町の収入になります、喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。※(表6)の図は、昭和56年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したものです表3昭和55年度投資的経費の主なもの単位:千円事業名事業費<普通建設事業>●新農業構造改善事業●農村総合整備モデル事業●野菜生産集出荷貯蔵施設肉用牛経営規模拡大●促進事業補助金●土砂崩壊防止事業(深角外)●林業構造改善事業●林道舗装(大山、内の口)●日之影諸塚線道路舗装●公営住宅建設事業●消防施設整備事業●宮水小学校屋内運動場建設事業●へき地教職員住宅建設事業●公有林整備事業●マイクロバス購入●農道舗装事業補助金●椎茸集約栽培促進事業補助金●県単林道舗装負担金●広域基幹林道開設負担金●近隣緑地公園設置事業●交通安全施設設置事業●道路新設改良●尾払橋架替●小中学校改築事業●県単かん排事業補助金<災害復旧事業〉●土木施設災害復旧事業●農林水産施設災害復旧事業●文教施設災害復旧事業43,95586,19551,9466,14425,83855,80016,05010,00067,0078,082118,92610,0675,8474,87011,5304,95412,6008,1585,1506,406215,1605,00810,3004,954137,15344,3141,685住民一人当りに使われたお金一世帯当りに使われたお金表4特別会計決算表約303,677円約23,875円一人当りの納税額約1,169.008円一世帯当りの納税額単位:千円会計名歳入歳出残高国民健康保険簡易水道奨学資金463,55038,0333,849447,29537,9253,83416,25510815の主な出来ごと町制施行30周年記念事業・行事が数多く実施さる。昭和26年、当時の岩井川村、七折村が合併し「日之影町」がたんじょうして昨年がちょうど30周年にあたることから、記念式典を始め、スポーツ、文化、産業福祉の各分野にわたって数多くの行事が実施されました。(実施行事は、その他の出来ごとをご覧下さい)努力に対し贈られたものです。員を年通住さ間算民れ活二十福る躍九祉等さ年の、れ間向万。、上般町議にに政長献わのと身た振して的り興四に町に期貢勢大十献のき六さ発くれ展寄たと与、中谷鐵治氏85は、七折村議会議員、町議会議元日之中影谷町鐵議治会氏議に贈長呈名誉町民称号町生ば千工つ民し、三さつ全もま日百れあ国大す之k完る的き。影w成時にな土町で間期水期地の、近に力待改二一か、発を良ヵ年で五電し区年間す十所て順は分。六調がおものに最年見りち電発大一なまろ力電出月おすんをす力にさ。、発れ二着れ建日設之は影じ土地ま改る良区発電所出来ごと甲斐前議長に表彰状贈られる56年度町予算27億7千441万円に決る・前県教育長の四本さん再び小原小学校を訪れる・第一回県少年の船が実施され町内から4名が参加・椎谷地区多目的研修集会施設着工・国道218号バイパスの中村トンネル着工・産業文化祭最高の人出(約1万人)でにぎわう行事のおもなもの6日)・登山大会(5月3日)・壮年ソフト・バレーボール6日)・公民館対抗ソフトボール大会(9月6・13日)12月17日)・公民館対抗バレーボール大会(8月2日)のです。位の鉱石に目をつけ操業を開始したも東京に本社のある三協鉱山㈱が、高品ないスズ鉱山の一つです。九月三十日、水無平の嘉納鉱山は、全国でも数少見立嘉納鉱業所操業開始昭和56年、町椎谷地区営農飲雑用水施設完成農村総合整備モデル事業で、建設中であった椎谷高巣野地区の営農飲雑用水施設が、総工費9,990万円をかけ今年8月に完成しました。林業地域総合整備事業開始林業地域総合整備事業は、昭和56年指定を受け、5年間で総事業費9億円で実施するものです。この戸川林道は、延長1,200メートル、事業費6,200万円で、2ヶ年継続で実施しているものです。国鉄高千穂線廃止予定線になる昭和7年国鉄日ノ影線の建設着工。昭和14年に日ノ影まで開通し、昭和47年7月に高千穂まで開通した高千穂線、地域住民の交通機関として大いに利用された同線も、56年3月、国鉄再建法に基づく政令が公布され、昭和60年度末までに廃止予定線となりました。宮水小学校屋内運動場完成宮水小学校は、危険校舎改築事業で、体育館の改築を行ない、3月に床面積975平方メートル、総事業費1億1,682万円でりっぱな屋内運動場が完成し、町内のススポーツの中心として、大いに利用されています。大菅の緒方さん全国大会で金賞(10月24日)滋賀県で開かれた第17回全国身体障害者スポーツ大会に、出場した大菅の緒方ヒフミ(44)さんは、ヤリ正確投げの部で70点の大会タイ記録で優勝しました。また、翌日の障害競歩でも4位の成績をあげ、一生に一度のチャンスに最大限の力を発揮しました。成の対緑設し水策地の長ま神事計充谷し社業画実川た前でとを地。に運、図区見動県る公事公単た民な運園地め館動を域。は場造農近、が成政隣運完、特共動一別同施長谷川地区運動公園が完成その他の・1月4日に成人式、今年は約140名が大人の仲間人り・高橋歯科医院の高橋先生国保関係功績者として、厚生文部両大臣賞受賞・藤寺町長「日中友好親善」訪中団長として中国を訪門・日之影町議会、任期満了に伴なう改選で議長に佐保氏選ばる・「国鉄高千穂線廃止反対」と「延長工事促進」運動に町民立ちあがる町制施行30周年・駅伝大会(2月15日)・天神山公園つつじ祭(4月1大会(5月10日・6月7日)・日之影花火大会(8月1・町制施行30周年記念式典(11月1日)・植樹祭(タイムカプセルの埋設昭和56年度冬の青少年を伸ばす運動実施について記念植樹をする町三役昭和五十六年は、町制施行30周年一色でぬりつぶされ、記念行事最後の事業となった植樹祭とタイムカプセル埋設事業が十二月十七日木、おだやかな天候のもとで行なわれました。植樹祭の会場となった新日之影大僑(仮称)の北側町有地では約七十名の関係者が集まり、町の木「ケヤキ」をはじめ約三十種、八百本の樹木が植えられたほか、植樹に先だって行なわれた式典では、土地の前所有者である仲畑の工藤良一さん、工藤文雄さんに感謝状が贈られました。また、このあと場所を天神山つつじ公園下に移してタイムカプセル埋設式が行なわれました。式典は午後三時三十分から始まりましたたか造園事業に協力された業者への感謝状贈呈のあと、約百名が見守る中でカプセルが埋設され、同時に記念碑の除幕も行なわれました。このタイムカプセルには、83点にのぼる貴重な資料、写真などがつめられており、三十年後の西暦二千十一年に開筒されることになっています。ながく感じた一年でありましたが、これで町制施行30周年記念事業のすべてが終了したことになりました。植樹祭・タイムカプセル埋設町制施行30周年記念事業終る『趣旨青少年健全育成運動の一環として、関係機関や団体が協力し、冬季における地域ぐるみ、家庭ぐるみの青少年健全育成の推進によって、青少年自身の自律の精神を助長し、明るくたくましい心身をもつ青少年の育成に寄与しょうとするものである。二。期間昭和五十六年十二月二十一日から昭和五十七年一月十五日まで。三、主唱宮崎県、宮崎県教育委員会、宮崎県警察本部。四、実施重点1明るくたくましい心身の鍛練。2規律と節度ある生活態度の確立。3心のふれあう家庭づくりの促進。4良い環境づくりと非行や事故の未然防止。たくましい体とねばり強い心をもつ青少年を育てるため、家族ぐるみ、地域ぐるみの青少年を伸ばす運動を展開しましょう。毎月第三日曜日は家庭の日です。高千穂神社がゴールの予定です。くわしいことは、町民センター電話七局二三〇九番におたずねください。町教育委員会では、明日を築く人づくり運動の一環として、今年も町駅伝大会を二月七日に開催します。大会は、昨年同様中学生の部と一般の部にわけられ、コースは、町民センターをスタートして、雲海橋折り返しのコースです。くわしいことは、町民センター電話七局の二三〇九番へおたずねください。また、二月二十一日間には、第三十四回県青年駅伝大会が開催され、コースは昨年同様、延岡市役所をスタートして、県庁前がゴールの予定です。二月七日日之影町駅伝大会西臼杵郡青年連絡協議会では、今年も一月三十一日日、午前十時から駅伝大会を開催します。コースは、高千穂町上野をスタートして、日之影町宮水折り返し一月三十一日日郡青年駅伝大会町陸友会では、今年も一月十五日金、午前九時から、ロードレース大会を開催します。参加については、小学生、中学生、一般、四十才以上と五クラスになっておりますが、男女は問いません。コースは、町内一周で役場をスタートして神影、竹の瀬、下日之影を廻る予定になっております。くわしいことは、陸友会事務局杉本道生、電話○九八二七ー2ー六六三八番へおたずねください。一月十五日ロードレース大会社会体育初春行事それでは、物が燃えるにはどのくらいの空気が必要なのでしょうか?例えば、都市ガスを燃やすには、千キロカロリー当たり約〇・九立方メートルの空気が必要とされています。つまり、家庭で使われているガスコンロを一時間続けて使用する場合は、ドラム缶十二本分、小型ガス瞬間湯沸器だとドラム缶三十本分もの空気が必要ということになります。閉めきった部屋で、寒いからと、ストーブやコンロをつけっ放しにしていると、燃焼に必要な空気の量が不足して不完全燃焼を起こします。頭痛やめまいを感じたら、酸素欠乏症か一酸化炭素中毒。場合によっては、命をも失いかねません。火を使うときは火の用心はもちろんのこと換気の用心もお忘れなく。また、物が燃えるときと同じように、わたしたち自身も空気中の酸素を吸収し、二酸化炭素とともに、わずかの一酸化炭素を出しながら生きています。火を使わない部屋でも、換気には十分気を配ることが大切です。一月の不用犬買い上げ日一月中の不用犬買上げ日は、一月二十日水曜日です。午前八時三十分から、十一時までです。印かんをご持参ください。燃えているロウソクにコップをかぶせると……。小学生の時に習った理科の実験を思い出してみましょう。ロウソクの火が消えてしまうことはもうおわかりですね。物がもえるためには、空気の中に含まれる酸素が必要なことは、言うまでもありません。ることになりました。「一般用」の申告書とは別様式ですから、記載例など参考にして、ご自分で記入して提出してください。また、昨年から還付を受ける金額が三万円以下であっても、あなたの銀行口座に振込ができるようになりました。申告のことでおわかりにならないことがありましたら、最寄りの延岡税務署(電話○九八二ー二二ー三三〇一)にお気軽にご相談ください。火の用心と換気の用心酸欠事故をなくそうとることによって、納税者に有利ないろいろの特典があり、税金についてわからないことや知りたいことがありましたら、お近くの税務相談室や税務署にお気軽に相談してください。還付を受けるための申告はお早目に今年も確定申告の時期が近づきました。ところで、サラリーマンの方は、勤務先で年末調整を済ませると、ほとんどの方は確定申告をしなくてもよいしくみになっていますが、次のような場合は、確定申告をすると、すでに源泉徴収された税金が返ってくることがあります。例えば、1災害を被ったり、多額の医療費を支払ったり、住宅を新築したりした方、2年の途中で退職したり、年末調整を受けていない方、3源泉徴収された利子、配当、原稿料などの収入があって全体の所得があまり多くない方などです。この還付を受けるための申告はいつでもできますが、確定申告の時期になりますと、会場が混雑しますので、早目にお願いします。なお、給与所得について年末調整を受けた人が還付を受けるための申告をする場合は、昨年から「給与所得者の還付申告用」で申告すサービス」と呼んでいます。電話相談はオフィスからでも自宅からでも電話一本で気軽に相談できるため、便利な相談窓口として多くの方に利用されており、相談件数の七十七パーセントはこのテレホン・サービスとなっています。税務署は、納税者のみなさんからの申告などを直接受付けて、処理する窓口ですが、いろいろな税金の相談についても、それぞれの担当の職員が、お答えしています。例えば、青色申告の帳簿のつけ方の相談は、青色申告指導担当が承っていますし、相続税や、贈与税などの相談は資産税担当が承っています。税金には、決められた手続きを税務署での相談今年も贈与税や所得税の申告期が近づいてきました。毎年この時期になりますと「贈与税の計算の仕方を教えてほしい」とか「土地を売ったときの税金はどうなるか」、とか「住宅取得控除を受けるためにはどうすればよいか」とか「医療費控除について教えてほしい」など、税金についての相談が多くなっています。そこで、こんなとき気軽に相談できる税務相談の窓口をお知らせしましょう。税務相談室税務相談の窓口として、全国の主要都市にある税務署に「税務相談室の分室」があります。この税務相談件数は、昭和五十五年度にはニ一七万件に達し、発足時の約十七倍にもなりました。税務相談室には、知識・経験の豊富な相談官が配置されており、納税者のみなさんの税金に関する相談や苦情に対して、親身になって相談に応じています。また忙しい人や、遠隔地の人ののためには、電話による相談も行なっています。これを「テレホン・税の相談はお気軽に国税だよりはたちのみなさん国民年金に加入しましょう省エネをもう一歩進めるためにもう一歩進めませんか冬の省エネ……成人晴れて大人の仲間入りをされた二十歳のみなさん、法律的にも一人の社会人として、新しいスタートに胸をふくらませていることでしょう。二十歳になった記念にと、旅行の計画を立てたり、ボランティア活動への参加を決意したり、それぞれ自分なりの思い出のプログラムを考えている方もおられるでしょう。そうした記念行事の一つにぜひ加えていただきたいのが「はたちの献血」です。社会人としての第一歩を記念する意味からも、献血を通して助け合う社会の連帯の輪の中に、あなたも加わりませんか。血液は、現代の科学の粋を集めても、いまのところ人工的に造ることはできません。その一方では、医療に必要な血液は年々その需要が増えています。ことに、一月〜三月の冬場は献血者が少なく、血液は不足しがちです。若さにあふれるあなたの健康な血液を待っている方が大勢いるのです。一回当たりの献血の量は、二百ミリ・リットルです。わたしたちの体には、ふつう約四リットルの血液が流れていますから、献血の量は全体の約五%ということになります。つまり、あなたの血液の五%が、輸血を必要とする病気の方や交通事故に遭われた方々の尊い生命を救うのです。一方、献血は、あなた自身の健康管理にも役立ちます。献血された血液について、液型の判定をはじめ肝機能や腎(じん)機能などのチェック、コレステロールの測定などいろいろな検査が行なわれます。ですから、献血は、病気の早期発見と予防の一助にもなるというわけです。もちろん、二百ミリーリットル採血したからといって、あなたの仕事や日常の活動には少しも影響はありません。体内の血液量は、数時間で元の量に戻ります。尊い生命を救うために、また、あなたの健康管理のためにも「はたちの献血」で社会人としての新しいスタートをー。「はたちの献血」で社会人としての第一歩を〔省エネ運転七つのポイント〕イ、安全速度は経済速度一般道路で四十km/H、高速道路で八十km/H。これが最も経済性の高い速度。高速で八十km/Hから百km/Hにスピードアップすると約六%の燃費増になります。口、余分な荷物、燃費のオニモツ。不必要な荷物はこまめに下ろしたいもの、ゴルフバックなど…十kgの不要な荷物をのせ五十km/H走ると約八十CCのガソリンがムダに。ハ、クルマに負担、急発進。タイヤをきしませての急発進はクルマがいたみ燃料のロスです。急発進十回で約百CCのガソリ『もう一枚、厚着して、省エネ温度に調整する。二、カーテンやブラインドを閉めれば、室温は逃げない。三、退室時には、消灯する習慣をつける。四、テレビは、時間をきめてみるように。五、食事や入浴は、続けて、まとまって行なう。ンの浪費。これで約七百メートル余分に走れます。二、急加速、危険な上に燃料の浪費。無理な追越しでの急加速は危険な上に燃費向上の大敵。ホ、百害あって一利なし空ぶかし。信号待ちで停車中にアクセルを踏み込んでの空ぶかしは、ガソリンの浪費です。へ、うっかりではすまないエンジンのかけっぱなし。人待ちや荷下ろしの際のエンジンのかけっぱなしや長すぎる暖機運転も燃料のムダです。卜、無計画なドライブ、燃料も計画を。ズサンな計画のため迷い込んだ道をグルグル。十分間の迷走で五百CCのガソリンを浪費。これで約三千五百メートルは走れます。みんなで、省エネに努めましょう。第13部に配置された積載車と(二十トン級一基)が昭和五十六年度に整備されることになっております。いよいよ本格的に寒くなります町民一人一人が火の取り扱いに注意し、火災を起こさないよう心がけましょう。町では国の補助を仰ぎながら、年次計画で消防施設の整備を進めておりますが、昨年十二月小型動力ポンプ付積載車を購入し、その引渡式が役場下広場で行われました。引渡しは、田尻助役から高橋団長に引渡され続いて高橋団長から第十三部長に引渡されました。積載車には、四十馬力の小型動力ポンプと、ホースその他の付属品が積載してあり、団員も七人までは乗って、現場に行けるようになっています。これで町には、消防自動車二台と積載車が六台になり一段と機動力もアップしました。町では、道路事情の完備に伴ない、今後も年次計画で整備していく計画です。このほかの消防施設の整備として防火水そう(四十トン級三基)小型ポンプ付積載車を配備消防団第十三部(大人)にり扱った事件は五万件を超えます。その中には、交通事故や詐欺などの事件のほか、心臓移植やサリドマイド薬禍などの医療過誤事件、企業公害事件や大がかりな選挙違反事件など国民の間に大きな関心を呼んだ事件も多数含まれています。また、検察審査会の議決を基に、検察官が再考の上起訴した事件は七〇〇件を超え、その中には、判決で懲役八年という重い刑が言い渡された例もあります。もし、検察審査会で審査をしていなければ、このような事件でも不起訴処分のままで終わったことを考えると、検察審査会が極めて重要な役割を果たしていることがお分かりでしょう。○気軽に検察審査会事務局にご相談ください。○相談や申立てについての費用は一切無料です。○秘密は固く守られます。捜査をやり直すこともあります。その結果、起訴するのが相当であるとの結論に達したときは、起訴の手続がとられます。○検察審査員はどのような方法で選ばれるかまず、市町村の選挙管理委員会が選挙人名簿を基に、くじで検察審査員の候補者を選びます。その中から、検察審査会事務局長が再びくじで検察審査員を決めます。また、検察審査員に欠員ができたときや検察審査員が審査会議に欠席したときに備えて、同様の方法で、同数の補充員が選ばれます。○検察審査員に選ばれた人は検察審査貝の仕事は、市町村民としての健全な常識を備えていれば十分果たすことができます。法律などの特別の知識は全く必要ありません。検察審査員、補充員の任期は六ヶ月で、その間、審査会議に出席する回数は、いちがいには言えませんが、月に二回か三回ぐらいです。出席したときには、旅費、日当などが支給されます。あなたが検察審査員に選ばれたときは。検察審査会の役割を理解され、進んでこの務めを果たすようにしてください。○検察審査会のいままでの実績昭和二十三年に検察審査会の制度ができてから昭和五十一年末までの間に、全国の検察審査会が取くしょうとする目的で設けられているのです。○審査はどういうときに行うか犯罪の被害にあった人や犯罪を告訴。告発した人から、検察官の不起訴処分を不服として、検察審査会に申立てがあったとき、審査を始めます。また、検察審査会は、被害者などからの申立てがなくても、進んで検察官が不起訴にした事件を取り上げて、審査をすることもあります。○審査はどのような方法で行うか検察審査会では十一人の検察審査委貝全員が出席する検察審査会議を開いて事件の記録を調べたり必要に応じて証人を呼んだり、実地見分をしたりして、検察官の不起訴処分のよしあしを慎重に審査します。この会議は、非公開で行われ、検察審査員はだれからも干渉されることなく自由に発言し討論しあって、検察審査会としての結論を出します。○捜査のやり直しも検察審査会で審査した結果、捜査が不十分であるとか起訴すべきであるという議決があった場合には、検察庁では、この議決を参考にして事件を再検討します。交通事故、詐欺、おどしなど、犯罪の被害にあったのに「検察官が犯人を裁判にかけてくれない」選挙違反や汚職など、社会の耳目をひいた重大な事件を「検察官が起訴しなかったのはどうも納得できない」そういう不満のある人のために検察審査会があります。○検察審査会とは広く選挙権のある人の中から選ばれた十一人の検察審査員が、いわば一般の国民を代表して、検察官が事件を起訴しなかったこと。(不起訴処分)のよしあしを審査するのを主な仕事とするところです。検察審査会は、全国の地方裁判所と主な地方裁判所の支部の所在地二百七ヶ所にあります。○検察審査会制度はなぜ設けられているか刑事事件では、裁判所は、検察官が起訴した事件についてだけ裁判をすることができるのが原則です。したがって、起訴するのが相当と思われる事件を、検察官が不起訴にしてしまったならば、犯人を処罰することができないという不合理なことになります。検察審査会制度は、この大切な検察官の仕事に国民の常識的な意見を反映させ、これを明るく正し検察審査会のしくみとはたらきがんばってまスあけまして、おめでとうございます。九州電力延岡営業所、高千穂営業所では、電柱移転工事と高圧絶縁化工事のための作業停電を行ないますので、ご協力ください。○一月十九日火午前九時から十三時まで平底、徳富から末市までの七折全域と大人、高松、乙女までの岩井川全域○一月二十二日金午前九時から十三時まで神影、上下顔、追川、大瀬方面全域○一月二十八日木午前九時から十三時まで鹿川西の内、中川なお、作業が早く終りましたときは、予定時刻より早く送電いたします。作業停電のお知らせ究しておくこと。六、幕営地の選定にあたっては、特に雪崩、雨、風について注意すること。七、山に入ったら無理な行動を慎しみ、リーダーの指示に従うこと。八、入山前に、家族に計画を知らせ、もよりの警察署(外勤課、係)に登山計画書を必ず提出すること。なお登山口の登山者名簿には必ず記入しておくこと。九、山火事防止のため、特に火の取扱いに留意し、また、自然破壊につながる空かんや空びんを放置しないこと。係から広報ひのかげ発刊二〇〇号記念特集増刊号を一月に発行する予定です。編集室からあけましておめでとうございます「広報ひのかげ」「旬報ひのかげ」の昨年中のご愛読ありがとうございました。おかげをもちまして、「広報ひのかげ」も新年号で二百号を発行することができました。今年は、「戊年」スタッフもこまめに走り廻って皆さんと行政のパイプ役である広報づくりに努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。町民のみなさんに、しあわせ多き年となりますようお祈りいたします、にとっては楽しい計画を準備中のことと思われます。しかし、山は美しく、だれでもこころよく迎え入れてくれる反面、容赦なく人命を奪う厳しさをもそなえているので、決して山をあまくみてはいけません。年末から年頭にかけて冬山登山をする人は、次のことに注意して、絶対に遭難事故を起さないよう安全登山に心掛けましょう。一、初心者だけの登山、または単独行動を絶対に避け。必ず経験豊かなリーダーに同行すること。二、山岳会等組織に入っていない人は、できるだけ山岳会等の組織に入りトレーニングを積み、気力、体力、知織を十分備えておくこと。三、できるだけ夏山等の経験をした山を選び、リーダー、メンバーとも確かな人を選ぶこと。四、メンバーの体力に合った山を選び、行程、日数には余裕を見込み、計画コースは、メンバーの中で一番体力の弱い人を基準にして決定すること。五、目的とする山の、地元山岳会や経験豊かな人に照会して、山の特徴や気象状況等を勉強しておくこと。なお、県外の北アルプス等、雪崩の危険のあるところについては、雪崩の発生しやすい場所、時間、過去の発生時の気象状況等について、十分研※工事名・日之影発電所工事機器搬入のため○期間・昭和五十七年一月八日金一日間昭和五十七年一月十五日金から、一月二十一日出までの七日間○通行止時間・午前九時から午前十一時まで正午より、午後二時まで午後三時より、午後四時三十分まで。冬山登山についての注意今年も、いよいよ冬山シーズンとなり、県内外の冬山を目指す人明けましておめでとうございます。ぼくたちのグループは、社団法人日本少林寺拳法日之影青少年支部と申しまして、昭和五十一年五人でスタート、以来部員も二十人になり、最年少は七才から最高は三十九才まで、徳富の甲斐安志さんの指導のもと、毎週金、土の二回午後五時三十分から、午後七時三十分まで一生懸命汗を流しています。ぼくたちの目的は、精神修業と健康増進を兼ねて自分自身を鍛え、ひいては青少年の健全育成につなぐことを願い、部員一同元気一ぱいがんばっています。日之影町大字七折の赤石バス停附近では、機器搬入のため、つぎのとおり時間規制を行ないますので、ご協力ください。※場所・日之影町大字七祈の県道南田原・日之影線の赤石バス停附近道路通行の時間制限のお知らせコーナーお知らせ
1 4202 広報ひのかげ 第188号 1981年1月発行 19810101 1月 m19_acv-hinokage_198101_0188_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_198101_0188_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第188号 1981年1月発行ひのかげ町広報No.188新年号編集と発行宮崎県西臼杵郡日之影町役場企画財政課(毎月1回20日発行)トリ年今年は昭和56年元旦あけましておめでとうございますいわれていますが、日本には中国、朝鮮半島を経て伝わり、有名な天の岩戸の神話にニワトリが登場していることはよく知られています。天照大神(あまてらすおおみかみ)が、岩戸にたてこもった時、ほかの神々が困って常世の長鳴鳥を鳴かせたりして、天照大神を岩戸から出そうとした話また酉の方角というのは西の方だそうですが、ニワトリというと何となく日の出る方向、つまり東の方向が似合うように思えるのですが……。それはともかく、ニワトリと人間とのつき合いはきわめて古く、インドでは紀元前一七〇〇年ごろにはすでに家畜化され、その後各地に広まったとサル年が去ると次はトリ年。トリ年は、十二支の十番目の「酉」にニワトリをあてはめたものですが、考えてみるとちょっとゆかいなのは、昔酉の刻といわれた時刻が、今の午後六時ごろと、その前後約二時間で、どう考えても夜明けを告げる二ワトリにふさわしくないこと。がそれです。それにしてもニワトリは、昔は暁を告げる霊鳥として宗教的に用いられたり、また、ヨーロッパやアジア各地では闘鶏として娯楽用に飼われていたことが多く、どちらかというとオンドリが主役でした。もちろん、肉や卵も食べられていたようですが……。ところが今では、多くの人にとって卵が朝食に欠かせないものになり、メンドリ主役の時代になりました。とくに日本では、このところ卵とトリ肉が物価の優等生として歓迎されています。そのわりには、ニワトリは集団生活を強いられるようになってしまって、今はニワにニワトリの姿を見ることはまれになりました。かといってニワトリのいる動物園は少ないし、ニワトリの声をテレビやラジオでしか聞いたことのない子どもが増えているようで、ちょっとさみしい気もしますね。ともあれ、よい年でありますように。新年長年にわたり統合廃止を反対し続けた法務局もついに高千穂に統合されました。国鉄の廃止問題も益々深刻になり、具体化し始めました。稲の生産調整の増反に追打ちをかけた台風十三号、十九号の被害は優に二億円を突破いたしました。木材と椎茸は依然として不況、せめて子牛の価額上昇のみが、ほっとさせた位いのものではなかったでしょうか。しかしこの逆境の中においても、予定した事業や行事は何とか遂行され、特に諸スポーツや産業文化祭の成功は感謝に耐えないところでありますが、これは偏に町民各位の旺盛な意志の下、絶大なる協力の賜であります。日之影町民の力であることをうれしく思い、深く敬意を表するところであります。本年は宮水小の大体育館も完成し、待望久しかった大規模林道の宮水〜大人間の架橋実現に向って歩を進め、モデル事業、第三期山村振興事業、林業地域振興事業等、その他の指定事業を着々実現に努力することは勿論でありますが特に本年は、日之影町誕生三十周年の記念すべき年であります。町民挙ってこの記念すべき年の新年を祝うと共に、公私夫々の立場で英知をしぼり、何らかの形を残す手段を考え、かつ努力していただきたいものと念願いたします。町民各位の御多幸を祈り、希望を述べて年頭の御あいさつと致します。明けまして、おめでとうございます。昨年は庚申の年、即ち庚申塚を建てて、厄払いをする年でした。六十年に一回廻って来る申年でしたが、各位の家庭では、如何な年だったでしょうか。幸の多い方も不幸の重なった方もあったと思いますが、幸は続くよう、不幸は改まることを祈る次第であります。町行政上から見ると、必らずしも幸の年だったとはいえない様です。国の財政の四割国債の現状は、事業予算の伸びを押え、このことは直接町の事業予算に影響し、国県の事業も伸びはありませんでした。三月の桂峠の林道災害は、五名の生命を奪いその救出のために、町内の各位には随分と御世話をかけたし、関係市町村の各位にも御厄介になりました。町長藤寺盛夫恭賀う不均衡を生じ、社会福祉、生活環境、教育文化、交通通信網等に大きな格差をつけられつつあります。とりわけ住民にとって最も安定した交通機関である国鉄においても、国鉄再建法案の成立に伴い、高千穂線を含む赤字ローカル線廃止に向けて、その基準となる政令案づくりが焦点となっています。町議会といたしましても地域の発展のため大きな役割を担う高千穂線は、これまで通りの存続と、一方、工事が進められている高森までの延長線も早期に実現するよう強く要望を重ねてまいりましたが、今後においても更に強力な運動を続けてまいりたい所存であります。地方には、その土地柄に応じた民族、風土にあわせて産業にも特殊性があります。その良さを見直し、育てて残すことこそ地方自治の根幹であって、これに向い、独自の方向を極めなくてはなりません。特に本町のような国・県の依存度の高い財政構造では政府の施策動向に大きく左右されますが、本町の発展にマッチする各種制度事業は今後とも積極的な導入を図りながら、豊かで住みよい活力に満ちた町づくりに邁進いたしたいと存じますので、皆さま方の絶大なるご協力をお願い申し上げますとともに、町民各位のご繁栄を祈念いたしまして新年のごあいさつといたします。町民の皆さん、明けましておめでとうございます。一九八一年の輝かしい年を迎えるに当り、皆さまのご多幸と尚一層のご活躍をお祈り申し上げます。さて、八十年代は地方の時代といわれます。このような地方自治の転換期に、本町では町政施行三十周年を迎えましたが、この記念すべき意義ある年が、今後の日之影町発展のための再出発の年でもあると深く感銘いたしております。この間には難かしい問題も数多くありました。しかしながら町民一同、これにもめげず皆さま方の熱意とご努力によって数々の輝かしい実績を積み重ねてまいられましたことは誠に素晴しく、ここに深く感謝の意を表する次第であります。かっての高度成長期からわが国の人口は地方から大都市へ集中したため過疎化、過密化とい町議会議長甲斐久雄昭和54年度日之影町決算報告表1一般会計歳入歳出決算総括グラフ単位:千円歳入2,367,968,282円歳出2,344,177,104円交通安全対策特別交付金使用料及び手数料財産収入商工費繰越金議会費自動車取得税交付金諸収入分金及び負担金等歳入歳出差引残額23,791,178円消防費衛生費災害復旧費地方譲与税公債費町税教育費国庫支出金民生費町県支出金債総務費土木費農林水産業費地方交付税翌年度への繰越8,791,178円基金への繰入15,000,000円昭和55年第4回定例町議会が、12月10日から20日までの日程で開かれ、昭和54年度日之影町一般会計決算など13件の提出議案が原案どおり可決されましたので、昭和54年度日之影町各会計決算の財政事情を公表いたします。昭和54年度日之影町一般会計決算は歳入総額2,367,968,282円、歳出総額2,344,177,104円で前年度にくらべて歳入で8.3%、歳出で7.8%の伸びとなり、歳入、歳出差引23,791,178円のうち15,000,000円は財政調整基金へ繰入れ、8,791,178円は翌年度会計へ繰越しとなりました。歳入歳出を性質別(表2)にみてみますと、歳入では地方交付税、国県支出金、町債などの依存財源が88.43%をしめており、税などの自主財源は11.57%となっています。歳出では、義務的経費が38.70%、投資的経費42.09%となっています。この投資的経費の主なものについては(表3)のとおりです。なお、各特別会計の決算については(表4)のとおりですが、各会計とも実質収支は黒字となっています。表2性質別歳入歳出決算その他諸収入分担金及び負担金その他その他維持補修費積立金災害復旧事業費自主財源町税物件費地方交付税歳入町債国県支出金依存財源義務的経費人件費歳公債費出扶助費普通建設事業費投資的経費人件費・役場などで働く人達に支払われる費用公債費・町の借金を返済していくための費用扶助費・生活扶助・教育扶助・医療扶助など、現金又は物品等の別を問わず支払われる費用道路建設事業費・道路や橋を作ったり、建物を建てたりするために支払われる費用災害復旧事業費・災害等によってこわれた道路などを、もとの形になおすために支払われる費用物件費・後々に形を残されないもの(郵便・電話・電気料や旅費・など)又は、消耗するもの(用紙代等)に支払われる費用補助費等・いろいろな補助金や保険料や報償金などを支払うための費用維持補修費・道路や建物などを修理するために支払われる費用依存財源・いろいろな仕事をしてぃくために、国や県から町に配分されるお金自主財源・私たちの町において集める事ができるお金表3昭和54年度投資的経費の主なもの<普通建設事業〉1)補助事業・新畑地区テレビ共同受信施設・中央研修館・日之影水無平線他道路整備・戸川岳他林道開設整備・上下顔農村公園設置・畜産関係補助金(中尾他)・作業路開設整備(竹の平他)・大人、深角土砂崩かい防止単位:千円事業名事業費表5たばこ消費税表6町民税電気税軽自動車税町木材引取税等税固定資産税町税の内訳町税の内訳については(表5)のとおりですが、固定資産税が最も多く48.3%、ついで町民税が32.42%、たばこ消費税11.27%の順となっています。「たばこは町内で買いましょう」たばこ消費税は町内の販売店で販売された本数によって町の収入の額が決まります。20本入りたばこで約25円か町の収入になります喫煙者の皆さん、たばこは是非町内で買いましょう。※(表6)の図は、昭和55年4月1日現在の人口と世帯数を基準にして、一世帯当り及び1人当りの納税額と使われたお金を単純計算により示したもめです・その他林業関係補助・宮水、八戸公営住宅建設・消防ポンプ等購入・八戸小プール建設2.単独事業・農道整備補助金(大人他)・林道・道路新設改良・畜産関係補助金・作業路整備・林業関係補助金・安全施設整備・町有財産施設等整備・教育関係事業・生活環境整備・土地改良関係災害復旧事業1補助事業2単独事業住民一人当りに使われたお金約276,371円約21,334円一人当りの納税額一世帯当りに使われたお金約1,097,461円約84,715円一世帯当りの納税額表4特別会計決算表単位:千円会計名歳入歳出残高国民健康保険簡易水道奨学資金417,11411,1743,978399,55410,3643,96817,560810105年、町の主な出来ごと着工(4月1日)に、生産基盤、集落向上をはかろうとい、深角地区が指定さ農道整備をはじめ、なりました。(写真は定時制高校閉校(3月2日)多くの農業後継者が巣立ち、町民から親しまれつづけた県立高千穂高校日之影分校(写真)が、開校以来32年の歴史に終止符をうち、その最後の卒業式と閉校式が3月2日に行なわれました。日之影登記所、高千穂に統合(4月1日)明治26年以来、86年の永きにわたって、町民から親しまれ、利用されてきた宮崎地方法務局日之影出張所(写真)が多くの町民、関係者の期待もむなしく、国の行政機構の簡素合理化により、3月24日付をもって宮崎地方法務局高千穂支局に統合されました。ごと公民館、浪川公民館、阿下公民館が新たに交通モデル地区に壮年球技大会を開催県民学校に、宮水、神影、舟の尾の婦人59名が参県北部信用組合発足会法施行20周年記念、商工業大会開催司政行なわる中尾出身の寺尾ヨシノさん、39年ぶりに中国よ郡産業文化祭大成功小学校、交通安全優良校として知事表彰受く住宅宮水に6戸.八戸に4戸が完成、鹿川には教住宅完成興地にTV共同受信施設完成(写真は救出作業をする救助隊)む五名の作業員が犠牲となりました。町場村で境、付土近砂のく広ず域れ基が幹発林生道し(、二町子内山の西方線二)名工を事含現三月十二日午後四時四十分頃、日之影町と諸塚村の桂峠で土砂くずれ(三月十二日)町中央研修館完成(3月20日)山村地域集落環境整備等緊急特別対策事業により、総工費5.400万円で300名を収容できる会議室をもつ建物(写真)が役場前に完成、地域産業の振興と住民福祉の向上をはかるため、大いに利用されています。学することになりました。児童は日之影ふ学校にスクールバスで通十三年の歴史を残し、閉校となり、同校の見立仲組にある、仲組小学校(写真)が九仲組小学校閉校(三月二十六日)昭和51野菜生産集出荷貯蔵施設完成(10月30日)昭和55年度転作促進特別対策事業により、総工費8.000万円で、宮水に野菜生産集出荷貯蔵施設(写真)が完成、このことにより野菜類の集出荷選別等をはじめ、計画出荷も容易になりました。「地区再編農業構造改善事業」を土地の有効利用や農業後継者育成を目的環境の整備をすすめ.地域住民の福祉のう「地区再編農業構造改善事業」に椎谷れ、3年計画、1億7千万円の事業費で、各種農業施設の建設が進められることに同事業により建設されたユズ貯蔵庫)沿完地昭い成改和団のし良五体大ま区十営人し(年大用た業か人水。主ら用路写)総水)真工路はが費着完大一工成規億し(模一て七林千目道い万七(た円日宇大で)目人、須用大木水人線路Lが真)をはじめとする多くの事業はほぼ完全に実施されました。なおされるもので、前回に計画された町民センター建設(写を策定し、町議会の議決を得ました。同計画は五年ごとに見的に計画した、町過疎地域振興計画(総事業費五十六億円)の交通通信、教育文化、生活環境、医療、産業問題等を具体町では、過疎地域振興特別措置法にもとづく、むこう五ヵ年町過疎地域振興計画を策定(八月八日)上下顔に農村公園完成(3月31日)農村総合整備モデル事業により、総工費880万円で建設が進められていた、上下顔の農村公園(写真)が完成しました。同公園は広さが2、200m2、4基の夜間照明をもち、バレーボールコート1面のほか子供のための遊具施設等もある立派なものです。その他の出来,・1月4日に成人式、男女あわせて170名が大人の仲間・椎谷入り安全・町内初の歩け歩け大会開催110名が参加・第1回・SAP会員一の水の一水輝明君、研究発表で全国大会・移動へ出場加・沖縄からの疎開者、30年ぶりにお礼に来町・宮崎県・交通災害共済事業スタート・商工会・空手道世界チャンピオンを手土産に影待出身の中村誠・国勢調さん帰郷・岩井川・55年度町予算23億5千6百万円に決るり帰郷・元教育長興梠実氏春の叙勲で勲五等双光旭日章に輝く・今年も・椎谷に駐在所完成・高巣野・宮崎県育林祭で徳富の坂本筆雄氏【枝打の部】最優秀・町営賞、中川の中川幹愛氏【除伐の部】、上小原の馬崎力職員氏(間伐の部)でそれぞれ優秀賞を受賞・新畑、育成推進地区に指定椎谷深角地区を青少年健全場となり楽しく安心して生活できる家庭づくりをしようと、地域ぐるみでその運動が押し進められています。県ではこうした自ら積極的に青少年の健全な育成に関する活動を実践している地区を育成推進地青少年による犯罪は、年々増加凶悪化し、今、全国的に社会問題となっています。本県でも、その例にもれず青少年非行は漸増の傾向にあり、県内の各機関や関係団体で、その防止対策について真剣に取り組まれていますが、青少年非行の一番の原因は、家庭での親と子のふれあい不足ともいわれていることから、県内各地域で、子供達のいこいの区に指定し、その活動に対する補助や指導を町村を通じて行なっていますが、今年度は椎谷、深角地区を含む県内八地区が指定地域となりました。今回指定を受けた椎谷、深角地区は高巣野小学校区ですが、以前から、学校、地域、家庭の連絡を密にするとともに地域をあげて青少年の非行防止、安全教育に取り組んでおり、その実績は高く評価されています。高橋歯科医院の高橋義夫先生剛は、昨年の十月二十九日東京の厚厚生・文部両大臣賞受賞高橋歯科医院の高橋先生生省講堂で行なわれた国民健康保険関係功績者表彰式で、厚生大臣賞を、十一月八日山口市で行なわれた全国学校保健大会の席上で学校保健功労者として文部大臣賞をそれぞれ受賞されました。高橋先生は戦争から帰られると昭和二十三年に歯科同地区では、活動の一環として「映画の夕べ」「駅伝大会」などの行事を計画していますが、昨年の十二月十三日には、地域をあげての駅伝大会を開催しました。これは、スポーツやレクリエーションを通して、社会に対する連帯感を育成し、地域のふれあいを地域ぐるみで駅伝大会図かろうというもので、この日は折からの寒風の中、推進地区会長である梅田稲生氏46をはじめ地区民、子供達と町関係者など百五十名が参加をし、地区内に設けられたコースで親子全員で元気に走り、楽しい一日を過しました。同地区、推進地域指定は今年までの二年間ですが、町では今後も町内各地区を指定地域に推薦し、地域指定を受けることにより、地区の青少年の健全育成に対する考え方を深めていこうと計画しています。医院を開業され、同時に八戸地区を除く町内小中学校の学校医として町教育委員会の委嘱を受けました。以来、三十数年間町内の児童生徒の歯の健康管理のために各学校を定期的に巡回されています。又、昭和二十六年町政が施行されるとともに発足した日之影町国民健康保険運営協議会委員にも発足と同時に選ばれ、現在に至る三十三年開国保の運営にも協力していらっしゃいます。先生は現在では、宮崎県学校歯科医師会副会長、西臼杵郡歯科医師会会長、西臼杵郡学校保健会会長などの要職にも就かれ、医師としての地域住民の健康づくりは勿論、幅広い分野で活躍されておりそれが今回の受賞となったものです。わずか二週間という短かい期間ではあったが、私にとって一生忘れる事の出来ない素晴らしい思い出と貴重な体験となった中国訪問であった。そしてこの機会を与えて下さった回りの人達に、心から感謝申しあげます。「中国は暗くて貧しい国」というイメージを持っていた私にとって九月十一日の天津新港での熱烈歓迎、バスの窓から手を振る私達に「ニイ「オ」と笑顔で答えてくれる市民。確かに町並を見ても日本ほどカラフルさはなく、市民の服装、住宅は日本とは比べ物にならない程お粗末な物だが、それは私達日本人が豊か過ぎるからそう見えたのであつて、中国は真に貧しく暗い国とは思えなかった。いやむしろ私達日本人の忘れかけている、心の豊かさというものを強く感じた。私達を乗せた特別夜行列車は朝七時過ぎに済南駅に着いたがそれを五時過ぎから待ち続けた約七百名の子供達そして下車する時の熱烈歓迎、又街は雨が降ったのかと思うと、私達の為に水のまいてあった道路。これには私も中国人民に対して、感謝の気持ちと計り知れない感動を覚えた。それから私の班の通訳の人は、風邪の為四十度近い熱を出していながら苦しい顔一つ見せず、常に私達に対して笑顔で接してくれ、積極的に話しかけて来て私達から何かを学び取ろうという情熱さえ感じられた。この人の目を見た時、目標をもってひたむきに情熱を燃やし意欲をもってやる姿の美しさを感じ私達の欠けている所をまざまざと見せつけられた様であった。松の内佐藤功九州青年・船に参加してまた今回の中国訪問で九州にも多くの友人が出来た。職場が違い、地域も異った若者だが同じ目的を持ち限られた船上での生活は、いやがおうでも彼等がかけがえのない者に思えて来たのだ。船酔いの者を励まし合い風邪をひいた時は看病してもらい、私達はいつも助け合った。まさしく「九州は一つ」だと感じた。私は「九州青年の船」に参加して、日本のそして我々青年のあるべき姿、生き方を数多く教えられた。今まで私は、回りが豊か過ぎて、与えられたものを消化するだけにすぎなかったが中国の人達の「四つの近代化」に向かって進む生き生きとした姿をみて、自分で目標に向かって進み、常に情熱を燃やして何かをつかむ事こそ真の若者であると思った。私はこの事業に参加できて本当に良かったと思うと同時にこの貴重な体験は決して無駄にしたくない。その為にもこれからの活動に精一杯努力し、宮崎をそして日本を、そして何よりも自分自身を見直す為にも、同世代の多くの若者が、この「九州青年の船」に積極的に参加する様希望してやまない。平底に消防ポンプ積載車を配置町では、消防団第九部(長谷川地区)に積載車を配置し、その引渡式を、昨年の十二月に役場で行ないました。引渡しは、田尻正光町長代理から高橋久町消防団長に、高橋団長から、第九部部長に行なわれ、九部では平底班に配置しました。これで町消防団には、二台の自動車ポンプと、五台の積載車が配置されたことになり、一段と機動力もアップしました。町では、道路事情の完備にともない、今後も、年次計画により現在の小型ポンプから、積載ポンプに変え、又、小型ポンプの必要な地区については、新型ポンプとの入替えを行っていくことにしています。尚この日は、十二部(追川)の小型ポンプの入替えも行なわれました。昭和56年交通安全年間スローガン一人でもまちますきちんと青信号こどもからの募集歩行者・自転車乗用者に対するもの待ちましょうはらはらどきどき渡るよりゆっくり走ってみませんか運転者に対するもの(財団法人全日本交通安全協会)みんなが参加しみんなが平等に暮らせるよりよい社会づぐりを1981年特集・国際障害者年国際障害者年昭和56年(1981年)国際障害者年〈テーマ〉完全参加と平等昭和56年障害をもつ人の社会への完全参加と平等お母さんに見守られて歩行訓練国際障害者年のシンボルマークわが国では、役三百五十万人以上の人が心身に障害をもっていると推定されています。障害者とは、病気あるいは事故などのために身体的・精神的な機能が損なわれ、自分自身では通常の個人生活や社会生活を完全に、または部分的に行えない人をいいます。わが国には、大きく分けて身体障害者約二百十万人、精神薄弱者約四十万人、精神障害者約百万人-の障害者がいると推計されています。また、平均寿命が延び、高齢化社会が進むにつれて脳卒中の後遺症などによる障害者が増えるとともに、交通事故や労働災害などによる障害者が年マ増加する傾向にあります。わたしたちのだれもが障害者になる可能性をもっているといっでも言い過ぎではありません。障害者問題は、単に障害をもつ人だけでなく、わたしたち一人ひとりが自分自身の問題として理解し、幅広い社会的な連帯意識をもって解決していかなければなりません。昭和五十六年今年は「国際障害者年」です。昭和五十一年の国連総会で決定された世界的規模の行動で、テーマは、障害をもつ人の社会への「完全参加と平等」です。障害をもつ人に対する理解と関心を深め、みんなが参加し、みんなが平等に暑らせるよりよい社会づくりをしようという年―「国際障害者年」に当たって、みんなで考えましよう。2人の人間が連帯して手をとり合い、平等の立場から支えあっている姿を表現しており、平等・希望・支援を表しています。周囲の葉は、国連の紋章の一部です。国際障害者年推進本部を設置内閣総理大臣を本部長とするわが国では、昭和五十五年の三月二十五日、国際障害者年に積極的に取り組むことを閣議決定し、内閣総理大臣を本部長とする「国際障害者年推進本部」が設けられ、障害者問題についての認識を深めるための啓発活動、保健医療、福祉。教育、雇用、生活環境などの障害者対策及び国際協力について、総合的・効果的な推進を図ることとしています。啓発活動については、次のような事業を中心に実施されます。1国際障害者年記念集会の開催2国際障害者年の声明の発表3障害者の日の制定4記念切手の発行5国際身体障害者技能競技大会の開催6全国身体障害者スポーツ大会の開催7各種の広報活動一方、都道府県でも国と同じような推進体制がとられており、また、民間でも障害者団体などの関連諸団体が「国際障害者年推進協議会」を結成しており、また、この協議会に参加していない団体も、それぞれ積極的に国際障害各年に取り組んでいます。国際障害者年は、障害者のためだけにあるのではありません。社会を障害者や老人などにとって利用しやすくすることは、社会全体にとっても利益となるもので、障害者を締め出すような社会は、正常であるとはいえません。障害者を締め出す社会は正常な社会ではありません町民と考えることが先決です。係から生まれるという考え方に立つことが大切です。わたしたちの社会は、今なお身体的・精神的な機能を完全に備えた人々の欲求を満たす方向で動いています。したがって。障害者にとって社会的不利となるような条件がまだたくさんみられますが、障害者は、障害をもたない人とは異なった欲求を持つ特別な集団ではなく、一人の人間としての当然な欲求を満たすために特別な困難をもつ普通のができるようにすること。3障害をもつ人が社会生活に実際ご参加できるように、公共建築物や父通機関を利用しやすくすること。4障害をもつ人の経済活動や社会活動などへの参加の促進について広くPRすること。5障害の発生の防止及びリハビリテーションのための対策を推進すること。えているようです。しかし、一口に障害者といっても、さまざまなケースがあります。たとえば、耳がまったくきこえない人や難聴の人をはじめ、目の不自由な人、精神薄弱者や精神病者など、いろいろな障害をもっている人がいます。そのため。問題の解決法もさまざまです。このような障害者の実態を広く一般に知らせ、理解を得ることが重要です。障害者に不利な社会条件を見直そう障害という問題は、その人自身にあるのではなく、障害者個人とその社会環境との関ことができるように援助すること。2障害をもつ人に、援助、訓練、医療及び指導を行うことによって、適切な仕事につき、社会生活に十分参加すること国際障害者年行動計画から「完全参加と平等」の実現を障害とは何か多くの人は「身体の動きの支障」と考身体障害者だけが障害者ではありません障害をもつ人の問題は、特殊の問題として取り扱われるべきではなく、社会全体として考えられるべきことがらです。障害者問題は社会全体の問題について次のような原則を定めています。「国際障害者年」のテーマは、障害をもつ人の社会へのこ元全参加と平等という目標の実現にあります。「参加」とは単なる社会生活への参加にとどまらず、さまざまな分野で社会の発展に貢献することを意味します。また「平等」とは、障害者であるために不平等な扱いを受けることなく、経済的、社会的に他の一般の人と同じ生活を送ることができることにあります。このような目標の実現に向かって、国連では、国際障害者年国連は「国際障害者年」に当たって完全参加と平等を実現するために、次のような五つの目的を立てています。1障害をもつ人が、身体的にも精神的にも社会に適応する国際障害者年「五つの目的」みんなが参加しみんなか平等に暮らせるよりよい社会づくりをがんばってまス明けましておめでとうございます。新春第一号に私達のグループを紹介していただき恐縮しています。私達は、バレーボールのクラブで「日之影クラブ」と言いますキャプテンは私馬崎裕子22でメンバーは、十九才から二十五才までの独身女性十五名、結成六年目です。メンバー全員、プロポーション、マスク、技術には自信がありますが、精神面でやや弱くいつもあと一歩というところで涙をのみます。今年の目標は、打倒高千穂で、これを果せば郡体優勝、県体入賞も夢ではないと思います。練習は毎週月、水曜日です。試合の申し込み、クラブ加入希望者は、要件(?)さえそろえばいつでもOKです。お持ちしています。それでは町民の皆さん今年も大いに頑張りましょう。今年も確定申告の時期が近づきました。ところで、サラリーマンの方は勤務先で年末調整を済ませると、ほとんどの方は確定申告をしなくてもよいしくみになっていますが、災害を被ったり、多額の医療費を支払ったり、住宅を新築したりし税の還付申告はお早めにおしらせコーナーた方などについては、特別の控除があり、確定申告をすれば、すでに源泉徴収された税金が返ってくる場合があります。この還付を受けるための申告は一月から受けつけています。確定申告の時期になりますと、会場が混雑しますので、早めにお願いします。確定申告書は、記載例などを参考にして、自分で記入して提出してください。なお、本年から還付を受ける金額が三万円以下であっても、あなたの銀行預金口座に振込ができるようになりました。申告などのことでお分かりにならないことがありましたら、延岡税務署(○九八二ー三二ー三三町教育委員会では、明日を築く人づくり運動の一環として、今年も町駅伝大会を二月十五日に開催します。競技は、中学生の部と一般の部の二つにわけられ、いずれもコースは雲海橋折返し十区間、うち女性走者二区間の予定です。大会要綱等については現在作成中ですが、参加希望の方は早目にコンディションづくりにつとめておいてください。日之影町駅伝大会を二月十五日に開催火薬取扱保安責任者試験が、今年二月二十二日、宮崎市の県立宮崎工業高等学校で実施されます。受験受付は一月十日〜一月十七日までです。受験願書は、西臼杵支庁経済課内火薬協会又は、高千穂地区建設業協会に用意してあります。尚受験講習会は、一月十九日〜二十日、高千穂建設会館で開かれますが、受講料その他くわしくは願書を受取りの際にお尋ね下さい。火薬取扱保安責任者試験が行なわれます○一)か税務相談室宮崎分室(昔○九八五ー二四ー九三八〇・九三八九)にお気軽にご相談ください。編集室からフ一同「みんなに読まれる広報づくり」を合言葉に、行政広報ひのかげ愛読者の皆さん明けまして、おめでとうございます。希望に満ちあふれた輝かしい新春をお迎えの事と存じます。昨年一年間広報ひのかげを御愛読いただきありがとうございました。今年もスタッ励む所存です。どうぞよろしくお願い致します。尚、今月号からご覧のように、「がんばってます」の欄では町内の各種グループを紹介してまいります。皆さんの集落や身の回りに紹介したいグループがありましたら御連絡ください。と皆さんのパイプ役の広報づくりに
1 4563 広報ひのかげ 第561号 2012年1月発行 20120116 1月 m19_acv-hinokage_201201_0561_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201201_0561_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第561号 2012年1月発行「成人式」(町民センター)〈1月4日撮影〉No.561今月号の主な話題●新年のあいさつP2●平成23年の主な出来事P3●平成24年消防始式P4●成人式P5●ふるさとめぐりP7祉の推進・教育の振興等において一定ご挨拶といたします。安全安心の確保・産業の振興・保健福多幸をご祈念申し上げまして、新年のその結果、交通通信網の整備・生活の上げます。結びに、皆様のご健勝とごと工夫で諸施策を推進して参りました。協力を賜りますよう重ねてお願い申し「豊かな郷土」の実現を目指し、総意取り組んで参りますので、ご理解とごしい財政状況の中、「町民生活の向上」元気な日之影町」を目指し、全身全霊そのような中にあって、本町は、厳がらともに手を携え、「ひとも産業もった年でもありました。とも、町民の皆様との絆を大事にしな長雨による農作物等への被害も大きかであったのではないでしょうか。今後不足や田植えの遅れ、さらには秋口のとの絆の大切さを、改めて感じた一年ては、春先からの少雨による飲料水の友人といった身近でかけがえのない人い年となりました。また、本町におい定されました。多くの日本人が家族や日本大震災が発生するなど、災害の多昨年の世相を表す漢字に「絆」が選ては歴史上未曾有の大災害となった東求められております。ルエンザの発生や新燃岳の噴火、ひい新しい時代にふさわしい体質の強化がことができました。一方で、鳥インフに満ちた地域社会の実現を図るために、により、全ての行事を盛会裡に収める主性・自立性を高め、個性豊かな活力各団体と町民の皆様の積極的なご協力いくため、私たち地方公共団体は、自種イベントは、議会をはじめ関係機関、り、今後の状況変化に的確に対応してをはじめ、一年を通して行いました各治体の役割は益々大きくなってきておべき年でありました。9月の記念式典地方分権一括法の施行により、地方自ては、町制施行60周年を迎えた記念す多くの課題を抱えております。また、昨年を顧みますと、本町にとりましる農林業をはじめとする産業の振興等を賜り、厚くお礼申し上げます。・少子高齢化への対策、基幹産業であに対しまして、温かいご支援とご協力大きく変化する中で、本町は、過疎化上げます。また、平素より町政の運営さて、新しい年を迎え、社会情勢がにお迎えのことと、心からお慶び申しげる次第でございます。輝かしい希望に満ちた新春を健やかご協力の賜であり、心から感謝申し上とうございます。とえに、町民の皆様の温かいご支援と町民の皆様、新年あけましておめでーク」も完成いたしました。これもひ解消する「ひのかげケーブルネットワ町長津隈一成た、これまでの情報通信格差を一気に新年のあいさつの成果を収めることができました。まリ・リングひとつひとつが注連縄で出来ており、リングの大きさで七五三の房を表しています。人と人との繋がりを表しています。縁結び絆を表しています。12月27日(火)に穂積ツヤ子さん(椎谷)から贈られた注連縄です。「毎年、世相を反映した注連縄づくりを心がけています。東日本大震災など人と人との繋がりを深く感じた2011年。絆を表しました。」と穂積さん。ありがとうございました。役場玄関に飾り、新年を迎えました。平成23年主な出来事8月4月◆就労継続支援B型「フラワー◆グループホーム寿久の里パークのぞみ工房」開所開所(1日)(1日)j]廓◆第1回宮崎県市町村対抗駅伝競走大会(9日)9月◆町制施行60周年記念式典開催(30日)10月◆「全国過疎地域自立促進連盟会長賞」(13日)・「総務大臣感謝状」齋藤冨士子氏・「法務局長感謝状」松田絹子氏5月◆ひのかげケーブルネットワーク運用開始(1日)日之影町選手団5位◆第21回新春少年の主張発表大会(10日)◆第40回日之影町駅伝競走大会(16日)2月◆第27回日之影町民のつどい(20日)戸川地区石垣の村管理組合◆甲斐澪奈さん(大人上)やり投げで県高校新記録達成◆町制施行60周年渓谷まつリ開催(22日・23日)6月◆「九州・沖縄森林セラピー基地ネットワーク会議」設立(27日)7月◆第39回公民館対抗バレーボール大会(3日)第28回全国クリ研究大会(28日・29日)3月◆宮崎県農産園芸特産物総合表彰(14日)・「農林水産省生産局長賞」日之影町完熟きんかん研究会・「宮崎県農業共済連合会長賞」日之影町ダリア研究会11月◆みやざきの「道づくりを考える女性の会」交流会開催(13日)・「文部科学大臣表彰」甲斐歯科医院・甲斐壽男院長・「宮崎県青少年健全育成表彰」杜若學男氏◆「宮崎県むらづくりコンクール優秀賞受賞」(17日)12月◆林道黒原・煤市線開通阿下集落平成24年消防始式平成24年日之影町消防始め式が1月5日(木)平底癒しの森運動公園で挙行されました。分団ごとに通常点検、機械器具点検を実施したあと、撥水試験も行われました。また、消防団活動に功績のあった個人・団体に対し表彰状が渡されました。■日之影町消防団表彰者◎宮崎県知事表彰「第1副分団長」甲斐義浩「第3副分団長」工藤英之「第2部部長」中山照勝「第11部部長」坂本康法◎宮崎県知事感謝状○内助の功工藤真理子(工藤俊夫本部長夫人)◎日本消防協会会長表彰○精績章「本部付分団長」興梠寿○勤続章「副団長」寺﨑睦生「第2部部長」中山照勝「第5部班長」坂本豊◎宮崎県消防協会会長表彰○功績賞「第3分団長」工藤久則「第4分団長」甲斐栄喜○精績章「機動部部長」佐藤弘明「第1部部長」甲斐睦雄「第2部部長」中山照勝「第4部部長」古城修一「第10部部長」甲斐耕一郎「第11部部長」坂本康法「第17部部長」飯干誉◎特別表彰○兄弟団員表彰「第3分団第12部団員」金丸素幸金丸秀一〇親子団員表彰「第1副分団長」甲斐義浩「第3部団員」甲斐裕太「第1分団第3部班長」高岡昭二「本部団員」高岡佳菜美◎宮崎県消防協会会長感謝状○内助の功工藤加代子(工藤久則第3分団長夫人)◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰○勤続15年「第5部部長」森本慎一「第7部部長」甲斐英樹「機動部班長」甲斐友康「第7部班長」山本恵「第8部班長」平川誠二「第12部班長」甲斐啓信「第12部班長」甲斐鉄也「第16部班長」西道「第18部班長」押方英隆「第4部団員」岩本尚格「第5部団員」關信秀「第6部団員」甲斐将史「第10部団員」工藤庄吾「第10部団員」池田尚弘「第12部団員」田鹿司「第13部団員」戸髙浩二「第13部団員」甲斐猛「第16部団員」甲斐広次「第18部団員」甲斐康弘「第18部団員」橋本雅嗣◎日之影町長表彰○永年勤続25年表彰「第2副分団長」杉田和彦「機動部部長」佐藤弘明「第1部班長」佐藤学「第1部班長」佐藤尚「第1部班長」甲斐建二「第2部班長」坂本次夫「第2部班長」平川一成「第6部班長」西村久吉「第9部班長」広島誠「第10部班長」吉村春光「第12部班長」工藤清「第13部班長」佐藤雅洋「機動部団員」桐木誠也「第17部団員」押方徹○永年勤続20年表彰「第8部班長」堀口真嗣「第9部班長」津隈直人「第12部班長」鳥飼清隆「第12部班長」雨宮秀樹「第13部班長」甲斐勝志「第1部団員」坂本保徳「第1部団員」春田直人「第11部団員」坂本安史「第16部団員」甲斐英吉○団員表彰「第8部団員」脇坂憲司「第9部団員」本田節夫「第9部団員」立脇康三「第11部団員」甲斐広樹「第12部団員」甲斐武「第13部団員」關雅人「第13部団員」坂本謙二「第16部団員」戸高貴喜「第18部団員」橋本訓年◎日之影町長感謝状○退職団員表彰(永年勤続15年以上)(退職時階級)「副団長」甲斐幹男「本部付」髙見一行「分団長」飯干賢二「部長」甲斐義久「部長」新名勇生「部長」甲斐祐一朗「部長」本田孝年「部長」甲斐和幸「部長」多賀尉「部長」甲斐徹「班長」甲斐浩一「班長」大村和巳「班長」戸髙晴男「班長」工藤知彦「第18部団員」梅田一弥「第18部団員」飯干康弘「第16部団員」山本賢「第16部団員」戸髙靖友「第13部団員」髙舘英嗣「第12部団員」富士本憲「第12部団員」三宮憲悟「第8部団員」平川晋也「第1部団員」小川鉄平「第1部団員」髙山智徳「機動部団員」後藤武「本部女性班長」山口依子「第14部班長」羽賀文俊「第13部班長」佐竹健児「第11部班長」政岡和弘「第3部班長」佐藤芳久◎日之影町消防団長表彰(防火水槽土地無償提供)坂本泰雄(徳富)(防火水槽土地無償提供)河野保夫(岩井川中尾)○土地無償提供「団員」甲斐博文「団員」黒田正美「団員」工藤寿彦「班長」甲斐弘二「班長」甲斐幹章「班長」甲斐章彦「班長」飯干秀俊「班長」佐藤誠「班長」甲斐俊広「班長」甲斐秀明祝成人!おめでとうございます式典の様子第62回日之影町成人式が1月4日(水)町民センターで行われました。今年成人を迎えたのは、平成3年4月2日から平成4年4月1日までに生まれた43人で、式典に出席した40人の新成人を代表して西田晃史郎さん(西深角)に津隈町長より成人証書・記念品が手渡されました。新成人誓いのことばを橋本梓さん(高巣野)交通安全誓いのことばを佐藤将仁さん(東日之影)が述べました。式典終了後の新成人意見発表では、坂本和也さん(小崎)工藤瑞稀さん(楠原)が、それぞれ新成人としての意見を発表しました。工藤瑞稀さんけ負い、3月中旬まで活動が続きます。町内35ha余りのクリ園地で受託作業を請組合活動をしています。担の軽減と産地生産力の維持を図るために、防除班、の3組織で構成され、農作業の負受託組合では、クリ剪定班、柚子剪定班、坂本和也さん産の大切な作業のひとつです。の剪定作業は欠かせません。剪定はクリ生品質と大玉率を向上させるためには、毎年クリの剪定は危険が伴う重労働ですが、けられます。者の高齢化が進み、荒廃が進む園地も見受佐藤将仁さんして大変高い評価を受けていますが、生産品質日本一とのかげくり」は、「高千穂・ひした。区で行われま橋本(木)に乙女地式が12月15日梓さん剪定活動開始剪定班による組合長)クリ合(押方重利西田晃史郎さん樹栽培受託組日之影町果クリの剪定が始まりましたたいと心がけています。若く信念を持って、家のため、人のために役立ち喜寿を過ぎようとして居りますが気持ちだけは新名シナエさん(77歳:横迫)『何時も笑顔を忘れずに!』ひのかげの輪と思います。げんもん」をご紹介したい一人でも多くの「ひのかくものです。に友人・知人を紹介してい老若男女を問わずリレー式方が近況を報告しながら、このコーナーは、町内の甲斐勝仁さん(49歳:大人西)『日々努力!』と思います。年50歳になりますが、健康に留意して頑張りたい新年の第1号に掲載していただき光栄です。今フラワ―パークだより9あけましておめでとうございます本年もよろしくおねがいいたします昨年はたくさんの方にお世話になりながら、日之影町での暮らしを楽しみながらさせていただきました。ふるさと協力隊の活動は残すところ二か月!町のためになること、僕にできること、そのことの先っぽだけでもつかみ取れるように頭をグルグル、ペダルをこぐ足もぐるぐるとフル回転!悔いのないようにやっていきます。先月の活動では、栗の剪定班に同行させていただきました。いろいろな衝撃がありましたので順を追っでーつずつ、まず剪定班の十数人のメンバーの中に60、70代の方が多いこと。みんなが身軽に栗の木の上に登ったり、なが~い竿にノコギリがついたものでいらない枝を落としていきます。難しそうだな~としばらく剪定作業を観察、早熟ながら機は熟したりと思いわたくしもノコギリでぎこぎこすると後ろから、そこじゃねっちゃがぁ!の声が、あとはソコ切れココ切れと指導をいただきます。そして二日目には、乙女の栗山に雪が降りました。(12月16日)さかしい山の斜面を踏みしめる足はコッチコチに凍え縮んでいました。日之影町まだまだ底知れないところだな~と思いました。今ほしいものはポイント付きのあったかい長靴、サンタさんにお願いしながら枕もとに長靴をぶら下げでXmasイブは眠りにつきます。日本一の日之影栗その品質を守るため、剪定班は2月ごろまで委託のある栗林を回るげな、がんばれ!選定班、がんばれ!日之影栗。青島太平洋マラソンは沿道の方のたくさんの応援で楽しく走ってき指導をいただきながら剪定をしました。ました、かるいを背負って42.195キロを走り、なかなか気持ちが良かったです。残りの期間、そのあとのこと考えることが多いので皆さんと話をする場面を大事にしてやっていきます!緑のふるさと協力隊第18期生山田康司すくすく育ってね★工藤百桜ちゃん【平成23年4月19日生まれ】(西宮水)光弘さん・恵美さんの長女★甲斐美彩菜ちゃん【平成23年5月14日生まれ】(袴谷住宅)健太さん・砂也香さんの次女●掲載を希望される方(1才前後のお子さんを対象とします)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。ふるさとめぐり(集落紹介)66町史編集事業(日之影町史1から11巻)で、それぞれの分野にわたり詳しくまとめてありますが、刊行されている町史の内容も含め、紙面の都合上掲載されなかったものを連載していきます。〜古園〜地名の由来はいつ頃からこのように呼ばれるようになったのかは定かではないが、園については諸説があり、有力者のもとに耕作農民が田地・園地を持って居住した居園に由来するのではなかろうか。古園は、六世帯二十人の仁田原と古園・古城の地名の付く三集落からなっている。昭和二十年の統計では二十二世帯人口百六十人の集落であったが、平成二十二年、三月の統計では二十三世帯人口七十四人の集落になっている。住民の生業以前は農林業が中心であったが、現在は専業の農林業の家は少なく殆どが他に職を持つ兼業の家が多い。古城の東側は下城と呼ばれ昔の城址ではないかと伝えられていて、古城の姓を名乗る人家もある。下城とあるは高城(高城山)の下にある見張所としてっけられた名称ではなかろうか。下城の頂上にある石碑は、安政七年(一八七〇)に山本・古城・赤星の三家で建立されているが、石碑に見られる刻字のなかにかなり古い年代の刻字が見られるがはっきりしない。この地区は、江戸時代(文政三年一八二〇)頃から嘉永・文久・大正・昭和八年(一九三三)に至る百十三年間、用水路の開削が行われ、その後も改修が続けられ現在の田地が確保されている。集落の古さから有形の文化財等も多く見られる。集落中央に見られる古園神社(天満天神)祭神は管原道真公であるが、仁田原天神・古城天神を合祀して創建されたといわれ、南無天幡大自在天神元禄十五年(一七〇二)建立の棟札が見られ今から約三百年前になる。仁田原集落上方に稲荷大明神が祀ってあるが、伝えられるところによれば、明治時代に古園と上小原合同で、庄屋の子孫である甲斐宗四郎氏の山の一角を譲り受けて屋敷を開いて杜殿が作られた。古園神社前右横に地蔵堂があり不動明王・薬師如来その外木像・十一体・石像十二体の仏像が合祀されている。地蔵堂左横には、奉待月待御石塔(安永六丁酉歳・一七七七)・奉請本尊無垢法性圓位(文久三癸亥宿(一八六三)・水路記念碑(昭和十六年)の石塔が見られる。無形文化財の郷土芸能としては郡内でも珍しい神駒神陰鞍馬流の棒術が上小原から伝えられたと言われ現在も伝承されている。甲斐建一さん宅前の築山に山石が建っている。詳しいことは「町史資料編・村の歴史」を見ていただきたい。(執筆者)町文化財専門員小谷實男これは当家の先代が甲斐宗摂の側室の梅ヶ枝の墓石が大人上方の山中にあるので参ることが容易でないので、この場に墓石のかわりに山石を建て、この場所からお参りをしていたと言われている。古いものとしては、永禄十三年(一五七〇)に建立された阿弥陀三尊(観音・勢至)菩薩の卒塔婆も見られる。永禄十三年(一五七〇年)今から四四一年前安永六年(一七七七年)今から二三四年前文政三年(一八二〇年)今から一九一年前文久三年(一八六三年)今から一四(年前安政七年(一八七〇年)今から一四一年前古園集落古園公民館仁田原集落下城に建つ石碑古園神社仁田原稲荷神社地蔵堂木石像梅ヶ枝供養墓石危険ないびきに要注意!~睡眠時無呼吸症候群~保健センターお酒を飲んだり疲れたりすると、誰でも多少はいびきをかきます。ところが、ひどいいびきが毎夜続くと、周りの人に迷惑をかけるばかりでなく、本人の健康にも影響が及びます。重症になると、睡眠中の呼吸停止を繰り返す「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という病気が疑われます。わが国の患者数は約200万人と推定され、心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる病気を引き起こすだけでなく、昼間の強い眠気で事故を招くなど、社会生活の安全にも問題が生じてきます。良質な睡眠を得ることのできない睡眠障害が病気であるという認識を持ち、睡眠障害による事故やミスを未然に防ぎましょう。■睡眠時無呼吸症候群は本人には呼吸が止まっているという自覚がないのが特徴です。次のような症状が見られた場合には、危険ないびきが続いている恐れがあり、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。●起きたときに口が渇いている。●苦しくなって目が覚めることがあり、そのときに汗をかいている。●2~3回トイレに起きる。●昼間に異常な眠気を感じる。■睡眠時無呼吸症候群が疑われたら・・・睡眠時無呼吸症候群は適切な治療を受け、原因を取り除くことができれば治る病気です。まずは耳鼻咽喉科か呼吸器内科を受診し、そのうえでご自分に合った医療機関(神経内科、歯科など)を紹介しでもらいましょう。放っておくと生活習慣病を引き起こします。ご自分だけでなく、まわりに心配されている人がいたら受診を勧めて下さい。また、質の良い睡眠を得られるよう自分の生活習慣を次のように見直すことも大切です。●横向きに寝る●肥満を解消する●飲酒を控えるなど日之影町景観審議会の様子、活発な意見が出されました。くお願します。意見も募集したいと思いますのでよろしえています。また、景観計画についての催するなど、啓発に努めていきたいと考今後は、町民の皆様に対し説明会を開いただきました。を開催し、委員の方々から色々な意見を委員7名からなる「日之影町景観審議会」を作成していますが、条例制定を受け、ショップを開催し、日之影町景観計画(案)などを定めています。また、昨年ワークして、日之影の景観づくりに努めることこの条例では、町民・事業者・町が協力に「日之影町景観条例」を制定しました。後世に伝えていくことを目的とし、12月本町の豊かな自然と山村文化を守り、日之影町景観計画住民税申告受付を行います2月8日(水)~3月15日(木)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。役場税務課では、平成24年度の住民税・国保税の申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場によっては午前と午後を分けて行いますので、時間内においでください。また、以下の事項にご留意ください。○必要書類をきちんと用意してください。特に、農業経費は必ずまとめてきてください。まとめてないと受付できません。○収人小年金だけの方は、税務課で整理しますので、申告は不要です。不日月な方は税務課へお電話ください。○役場でも終日(午前9時から午後6時まで)受付けます。ただし前日までに電話予約された方のみの受付です。○3月に入ると申告受付が大変混雑します。確定申告示必要な方など、できるだけ早期に役場で申告をお済ませください。○農業と給与など複数の収入がある方、牛をたくさん飼育されている方などは、電話予約のうえ役場で申告をお済ませください。○役場内での受付け大変混雑しますので、前日すでに必ず電話予約されますようお願いします。(税務課・電話87-3901)平成24年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場末市、高巣野椎谷西深角東深角鹿川中川平底、平底団地一の水、影待徳富、七折中尾、長谷川波瀬松の内、新畑、奥大菅、楠原、谷下、吐の内白仁田、戸の口、諸和久、諸和久下、下鶴、川中、高橋、上高橋赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村舟の尾、新町阿下、椛木稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山糸平、大平、二又鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹追川上、追川中、追川下椎谷営農研修館団七踊りの館鹿川営農研修館中川営農研修館長谷川地区活性化センター長谷川地区活性化センターさくら館仲組公民館せせらぎの里黎明館黎明館黎明館小川の郷追川公民館矢形的、大瀬、横迫、後梅山附ふれあいセンター松の木、鶴の平、長迫、上小原乙草、上栃の木、栃の木古園大人上、大人西大人東、仁田野大人下中、大迫住宅袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅平清水、小菅戸川大檣竹の原岩井川中尾、中崎、小崎中村、上下顔西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、日之影営林、下日之影、竹の瀬楠元、神影上、神影中、神影下、新日之影上、新日之影中、新日之影下田植え踊り館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館中央研修館予備日中央研修館予備日中央研修館(川で鹿の皮を洗っている様子です。冬は寒いですね…)ろしくお願いします。はいつでもご連絡くださいね。今年もよ済活動に繋げていきます。興味のある方る年でしたが、今年は売る年にして、経流通ルートが見えできました。昨年は獲阜、と徐々にその連携も広がりつつあり、すが、高千穂、五ヶ瀬、宮崎、福岡、岐に、無償でご協力いただいでいます。でますね。鹿革の方は、今はまだ様々な方暮らしが出来たら幸せだなーと常々思いに行くと、本当に静かで、うわーこんなせわしい日々の中、久さんのお家兼工房いています。師匠は追川上の岩本久さん。口から、めんぱ作りを経験させていただ経済活動の実現」です。実は、昨年の秋「めんぱ作りを習う」、「鹿革を使ったしたいです。そんな今年の目標は2つ。で、区切れの年にし、変化のある一年に出しました。さらに、今年は年女ですのに経験していた、田舎での年越しを思い年の年越しとガラッと変わり、小さい頃影で年を越すこととなりました。ここ数域おこし協力隊の山上です。ついに日之あけましておめでとうございます。地山上智佳子地域おこし協力隊通信意見交換会の様子参加した皆さんと一緒にしみです。し合いでした。今後の追川上地区の動きが楽た。とても前向きで、展望のある有意義な話考えていく」などの意見・提案が出されまし館とは別の活動組織をつくつて地域おこしを出身者にも協力をお願いしていく」、「公民確立していけないか」、「近隣市町村に住むやデザインを考えて追川上独自のブランドをきないか」、「おもしろい商品のネーミング話し合いの中では、「豆腐や山菜を販売でで活かしこいくかが課題です。にあります。この地域にある資源をどうやっンマイなどの山菜や竹、木など山の幸が豊富いる山間地域です。山にはダラ、ワラビ、ゼ追川上地区は10世帯24人、高齢化の進んでり」について話し合いをしました。後、「追川上の地域資源を活かした地域づく準備をしながら交流をして、昼食を楽しんだ地区外の人たちが一緒に豆腐づくりと昼食の介したいと思います。この日は追川上住民と川上地区の地域づくり意見交換会のことを紹さて、今回は先月12月18日に行われた、追年もよろしくお願いします。新年あけましておめでとうございます!今集落支援員岡田原史山村の風法務局なんでも相談、人権、なやみごと相談【日時】平成24年2月12日(日)午前10時から午後3時(最終受付午後2時30分)【相談会場】延岡市社会教育センター(延岡市本小路39番1)【相談担当】法務局職員、人権擁護委員、公証人、司法書士、土地家屋調査士【相談内容】不動産の売買や贈与・相続の登記、会社の登記、隣地との土地境界問題、婚姻や離婚、養子縁組、帰化・国籍取得、成年後見制度、家賃の受領拒否や給与の差押え、親族や近隣間の問題、セクハラ、いじめ、体罰、DV、騒音などの人権問題、遺言・任意後見契約等の公正証書作成、定款の認証などについてご相談をお受けします。相談は秘密厳守で無料となっています。◎問い合わせ先宮崎地方法務局延岡支局祝110歳おめでとうございます12月28日に八戸上の坂田タケノさん(明治34年生)が、満110歳の誕生日を迎えられました。県内で一番の長寿になります。現在は、延岡市の施設を利用されていますが、町長からお祝いが渡されると「ありがとうございます。」と元気よくお礼を言われました。長寿日本一をめざして、長生きして下さい。お知らせのページ平成24年経済センサス‐活動調査を実施します!平成24年2月1日現在で全国一斉に、平成24年経済センサス‐活動調査が行われます。経済センサス‐活動調査は、商店、旅館、工場、倉庫、銀行、学校、病院、学習塾など、全国すべての事業所を対象に経済活動の実態を明らかにする調査であり、「経済の国勢調査」といえるものです。経営組織、事業所の開設時期、従業者数、事業所の主な事業の内容、売上及び費用の金額、事業別売上金額などを記入していただきます。総務省・経済産業省で調査結果を取りまとめ、刊行物、インターネットなどにより公表されます。◎問い合わせ先役場地域振興課企画調整係確定申告は正しくお早めに確定申告の時期が近づいてきました。平成23年分の所得税の確定申告期間は、平成24年2月16日(木)から平成24年3月15日(木)までとなっています。所得税は、納税者自身が所得金額や税額を正しく計算して納税する申告納税制度を採っていますので、申告と納税は、期限内にお済ませください。確定申告書の提出は、郵送等でもできます。申告期間が間近になりますと、申告会場は大変混雑し、長時間かかる場合もありますので、お早めに申告をお済ませください。なお、国税庁のホームページの「確定申告書類等作成コーナー」で簡単に申告書等の作成ができますので、是非ご利用ください。(http://www.nta.go.jp)◎問い合わせ先延岡税務署労働契約開設セミナー(厚生労働省委託事業)について雇用する側(使用者)と雇用される側(労働者)をつなぐルールである「労働契約」について、基本的な事項をわかりやすく解説するセミナーを開催します。【開催日時】2月21日(火)・基礎セミナー14:00~15:15(受付13:30)・判例セミナー15:30~15:50(受付16:50)【会場】東京海上日勤火災保険(株)宮崎支店【定員】50名*参加費無料◎問い合わせ先労働契約解説セミナー事務局第13回全国一斉「こころの健康電話相談」誰に相談したらいいのか、どこに相談したらいいのか、心配ごとや悩み事をかかえている方、一人で悩んでいませんか?みなさまのさまざまな心と行動の悩みについて、宮崎県臨床心理士会所属の臨床心理士が電話相談に応じます。【テーマ】相談してみませんか―家庭のこと、学校のこと、職場のこと―【日時】平成24年1月29日(日)午前9時から午後5時まで(一日限り)【電話番号】【主催】宮崎県臨床心理士会(共催日本臨床心理士会)*相談料は無料ですが、通話料は必要です。編集後記あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。―2012年・辰年―今年の正月は暖かい!!と聞かれたなか、成人式、消防始式と寒くなりました。まだまだ寒い日が続きます。体調管理は万全に、手洗い、うがいが基本です。(M)町民センター図書室だより町民センター図書室に新刊がたくさん入荷しています。写真で紹介している本以外にも、子ども向けの絵本などたくさん入荷していますので、ぜひ、ご利用下さい。ありがとうございました●香典返し(社会福祉協議会12月受付)住所遺族名続柄故人名一の水佐竹清美さん夫生至さん糸平立脇キヌエさん夫哲雄さん仲畑金丸祐子さん父米田益造さん五ヶ瀬町佐藤妹子さん母甲斐ツルエさん西都市佐藤千穂さん父菊池鶴喜さん2月の主な行事2日見立巡回診療6日健康ウォーキング(保健センター)7日飼えなくなった犬の引取(高千穂保健所・9日まで)8日行政相談(保健センター総合相談室)9日飼えなくなった猫の引取(高千穂保健所)11日建国記念日12日町民のつどい(宮水小学校体育館)19日宮崎地区町人会総会(宮崎市)21日飼えなくなった犬の引取(高千穂保険所)23日飼えなくなった犬・猫の引取(高千穂保健所)人のうごき◎人口男女合計出生転入死亡転出◎世帯数12月の交通事故発生状況○人身事故○死者○負傷者○物損事故○死亡事故「0」達成日数382日目乾椎茸入札速報(宮崎県経済連椎茸流通センター)品柄別箱数及び単価入札月日:平成23年12月12日箱数(箱)今回前回今回単価(円)概況前回香信系香菇系冬菇系特用系その他合計ほぼ秋子の出品で、1箱平均キロ数9.1kgの薄葉主体となった。全規格前回並みの相場展開で、スライスは在庫過剰傾向となり弱保合いでの取引となりました。町の話題功績を称えて議会傍聴平成23年10月6日に亡くなられた、故・木本孝良さん(65歳)が死亡叙勲(瑞宝単光章)を受賞され、12月6日に遺族(妻:照子さん)に町長から伝達されました。木本さんは、昭和46年4月1日、日之影町消防団に入団され、32年回の長さにわたり本町の安全と安心のためご尽力されました。この間、消防団長を4期8年務められ、本町の生命と財産を守るために多大な貢献をされました。功績を称えますとともに、ご冥福を心からお祈り申し上げます。12月8日(木)に日之影中学校の三年生33人、13日(火)に日之影、八戸、高巣野の各小学校の六年生13人と農業委員会より3人が議会の傍聴に訪れました。生徒たちは、町に関する様々な議案を討議する姿を目の当たりにし、真剣に議論が交わされ、安心して住めるまちづくりが成されていることを知ったようです。「貴重な見学が出来ました」とお礼の手紙もたくさん届きました。防犯パトロール出発式「地産地消」学校給食12月12日(月)に日之影・八戸駐在所連絡協議会の防犯パトロール出発式が、年末・年始の地域安全運動期間に合わせて行われました。日之影・八戸駐在所連絡協議会は、今年度、町から防犯活動団体に委嘱され、木下文生会長のもと16人で夕方の下校時間帯に町内の通学路の防犯パトロールを行っています。12月16日(金)町内小中学校学校給食地産地消メニューの日、町長・副町長が日之影小学校の児童と一緒に試食をしました。この事業は、地域の産物を町内小中学校給食に活用し、地域の食材を通して食に関する正しい理解と知識及び食習慣を身につけることを目的としています。イルミネーション祭りサンタさんがやってきた!12月22日(木)活性化センターで「第6回イルミネーションまつり(七折中央公民館主催)」が行われました。小学生以下先着100人にショートケーキがプレゼントされ、ぜんざい、豚汁の振る舞いもありました。また、青雲スタンプ2冊による抽選会は豪華な景品が用言されており、抽選の度に歓声があがっていました。12月23日(金)恒例となった町青年団による「サン宅」が開催されました。サンタクロースに扮した町青年団員があらかじめ各家庭からお預かりしたプレゼントに夢を添えてお届けしました。子どもたちの笑顔が続く限り、町青年団はサンタクロースに扮装し子どもたちに夢を届けていきます。
1 4519 広報ひのかげ 第537号 2010年1月発行 20100115 1月 m19_acv-hinokage_201001_0537_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_201001_0537_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第537号 2010年1月発行成人の花が咲きました。「成人式」(福祉館)No.537今月号の主な話題●新年あいさつP2~P3●平成22年消防始式P4●12月から1月にかけてP5●ふるさとめぐり(集落紹介)42P7●議会だよりP8~P12●住民税申告受付P14●町の話題P16町長津隈一成謹んで新春のお慶びを申し上げます。町民の皆様におかれましては、ご家族おそろいで輝かしい新春をお迎えのことと存じます。年頭に当たり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年でありますようお祈り申し上げますとともに、平素からの町政全般に対する温かいご理解とご支援に心から感謝申し上げます。昨年を顧みますと台風も上陸せず大きな災害もなく比較的穏やかな年でありましたが、雨不足で農作物等は、あまり豊作では無かったようでございます。更には、我が国の経済は、世界経済が減速する中で、景気の低迷状態にあり、政府においては、経済の危機と社会の危機を一体的にとらえ、「安心・活力・責任」の3つの目標を同時に達成するための筋道を示したところでありますが、景気は更に後退することが予想されております。その様な中にあって、本町は、厳しい財政状況の中、「町民生活の向上」・「豊かな郷土づくり」のために、第4次日之影町長期総合計画に基づき「ひと」・「わざ」・「しぜん」・「ちく」・「まち」の5つのキーワードを掲げ、創意と工夫で諸施策を推進して参りましたが、町民の皆様のご理解とご協力により、一定の成果を納めることが出来ました。「ひと」につきましては、日之影町いきいき女性アドバイザー「麦つつじの会」が、宮崎県男女共同参画功労賞を県知事より受賞、民生委員功労として、高見明さんが厚生労働大臣より特別表彰、桝田隆盛さん、坂本美智子さんが感謝状授与、甲斐重利さんが在宅介護で県知事表彰を受賞、小谷實男さんが教育功労・文化財保護功労で瑞宝双光章叙勲を受けられました。「わざ」につきましては、日之影町果樹栽培受託組合が、第51回宮崎日日新聞農業技術賞を受賞いたしました。又、廣島一夫さんの「暮らしの中の竹と木」展が総合博物館において開催されました。「しぜん」につきましては、スポレクみやざき2009森林ウオークinひのかげを誘致し、天候にも恵まれ多くの方々が町内外から訪れ、本町の自然を満喫して頂きました。「ちく」につきましては、中川チューリップの里づくり協議会が、宮崎県地域づくり顕彰奨励賞を受賞、町内13地区が、いきいき集落に認定され独自の地域づくりに取り組んで頂いております。「まち」につきましては、八戸清流園を旧八戸中学校グラウンド跡に移転新築いたしました。また、地上デジタル放送、携帯電話の不感地帯解消、告知放送システムによる防災情報、集落内放送の環境整備等の総合情報メディアとして、「ひのかげケーブルネットワーク整備事業」を導入することが出来ました。その他、各分野で多くの個人・団体等がご活躍された年でありました。さて、新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化する中で、本町は、今、過疎化・少子高齢化の進行、基幹産業である農林業をはじめとする産業の振興、自然災害への対策等様々な課題を抱えておりますが、このような政策課題に的確に対応するには、極めて厳しい財政状況ではありますが、限られた財源の重点的・効率的な配分に努めながら、この難局を乗り越え、時代を読み人も産業も元気な町づくりに取り組む所存でございますので、町民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして新年のご挨拶といたします。平成21年主な出来事1月9日「ふるさと祭り2009」宮崎県より唯一日之影町参加(12日まで)3月3日31日4月1日2月9日23日日之影町果樹栽培受託組合、第51回宮崎日日新聞農業技術賞受賞日之影町いきいき女性アドバイザー「麦つつじの会」宮崎県男女共同参画功労賞受賞下小原地区椎茸生産施設完成養護老人ホーム清流園閉園機構改革八戸清流園新築移転日之影町議会議長本本孝良あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、ご家族おそろいで輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申しあげます。年頭に当たり、議会を代表いたしましてご挨拶を申し上げます。昨年を振り返りますと台風の上陸もなく平穏な1年でありましたが、田植えの時期には大変な水不足にみまわれ、農家の皆様には大変なご苦労があったこととご推察いたします。しかし、秋の収穫時には、町内の米は豊作だったと伺い、このことが救いになったのではないかと思うところであります。また、経済面から見ますと一昨年の世界的な金融不安は、未だに日之影町には厳しい影響を与え続けており、昨年8月の政権交代によりその厳しさに一段と拍車がかかってきたような気がいたします。ご承知のように民主党の事業仕分けにより「農道の整備事業はその歴史的な使命は終わった」との理由により廃止という判断がなされました。また、公共事業においても「コンクリートから人へ」の政策を掲げ、新規の公共事業は認めないという方針であります。私ども中山間にある自治体にとりましては、農道であっても町道と同じく重要な生活道路であります。とりわけ高千穂町岩戸から本町の深角に建設中の農道はトンネル工事を残すだけとなったところでありますし、国道218号高千穂日之影道路につきましては、本年3月に国の直轄事業として新規事業の採択がなされ、沿線住民は大変喜んでいたところでありますが、これも一転して予算が「0から1億円」という事業の凍結にも等しい話がでています。企業の少ない本町にありましては、公共事業を行うことで、町民の雇用の場を確保してきた現状を考えますと、これから先危機的な問題になってくると考えます。こうした状況を踏まえ議会におきましては、国に対し「農道整備の継続的な実施と予算確保に関する意見書」「九州横断自動車道延岡線及び国道218号高千穂日之影道路の早期整備を求める意見書」を提出いたしたところでありますが、このような地方の声が届く政治であって欲しいと願うものであります。また、今後、道州制の議論も高まってくるかと思いますが、現在、中核都市の延岡市を中心に「定住自立圏構想事業」の作業が進んでおります。この事業は、本町と延岡市の間において医療・農業・福祉など23項目にわたって共同で事業を進めようとするもので、この先議会としてもしっかりとした対応をしていかねばならないと考えます。町内におきましては、温泉駅周辺の事業と森林セラピーロードとして八戸〜吾味駅間の道路の整備も進んでおり、町の活性化に繋がるよう期待をいたしているところであります。このような中、議会といたしましては行財政運営には厳しい目を向けると同時に町民の皆様の福祉の向上、さらには農林業・商工業の発展に繋がる施策につきましては力強く行政の後押しをしてまいる所存であります。また、町内のあらゆる情勢を的確に捉え、議会の発展と改革に取り組んで参りますので、今後とも町議会に対しましてご協力とご理解をお願いいたしまして、あわせまして町民の皆様のご多幸を心よりご祈念申し上げまして新年のご挨拶といたします。2日5月11日25日6月1日7日7月23日9月24日10月5日14日18日28日11月9日12日12月2日22日甲斐重利氏、県知事表彰を受ける小谷實男氏、教育功労・文化財保護功労で端宝双光章叙勲田﨑佐市教育長退任藤﨑義昭新教育長就任消防ポンプ自動車引渡式高見明氏、厚生労働大臣より特別表彰を受ける中川チューリップの里づくり協議会、宮崎県地域づくり顕彰奨励賞受賞NHKテレビ「ふるさと一番!」で戸川地区が紹介される景観行政団体に移行鹿川地区を対象に「土砂災害・全国統一防災訓練」実施いきいき集落認定交付式(13地区)桝田隆盛氏、坂本美智子氏へ厚生労働大臣より感謝状授与日之影ケーブルネットワーク整備事業に着手戸川の吊り橋完成スポレクみやざき2009森林ウォークinひのかげ開催平成22年消防始式平成22年日之影町消防始式が、一水輝明団長以下313名の団員が出動のもと、1月5日(火)日之影小学校グラウンド及び日之影大橋下駐車場において挙行されました。日之影小学校で分団ごとに通常点検や機械器具点検等を実施した後、ラッパ隊を先頭に日之影大橋まで行進、同大橋下で発水試験が行われました。このあと、消防団活動に功績のあった個人や団体に表彰状が手渡されました。坂本謙二・坂本善行[第3分団第13部団員]◇兄弟団員表彰○特別表彰[第18部部長]工藤富士[第16部部長]甲斐仁志[第13部部長]佐藤庫司[第12部部長]甲斐三夫[第2部部長]新名勇生[機動部部長]甲斐貴士[第2分団副分団長]榎木常市○精績章[分団長]佐藤靖則[分団長]谷口和利○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰[第1分団第2部班長]甲斐義久[本部付分団長]高見一行[団長]一水輝明○勤続章[分団長]佐藤靖則[分団長]谷口和利○精績章[団長]一水輝明○功績章◎日本消防協会会長表彰(植田育宏副団長夫人)植田典子○内助の功◎宮崎県知事感謝状[第16部部長]甲斐仁志[第13部部長]佐藤庫司[第12部部長]甲斐三夫[機動部部長]甲斐貴士[第2分団副分団長]榎木常市◎宮崎県知事表彰日之影町消防団表彰者[第13部班長]甲斐俊広[第12部班長]甲斐和幸[第11部班長]清水晃一[第11部班長]坂本康法[第10部班長]甲斐耕一郎[第5部班長]松田英樹[第4部班長]大村和己[第3部班長]高岡昭二[第1部班長]甲斐敏弘[第16部部長]甲斐仁志[第4部部長]甲斐祐一朗[第2分団副分団長]榎木常市[第1分団副分団長]飯干真次○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰[第13部団員]戸高亨二[第11部団員]藤本芳幸[第10部団員]大村昭広[第10部団員]福川勝志[第6部団員]飯干直樹[第6部団員]津隈健二[第4部団員]新名功和[第18部班長]甲斐修治[第13部班長]谷川宗利[第9部班長]甲斐秀史[第7部班長]甲斐政則[第3部班長]興梠秀忠○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰(工藤俊夫本部付分団長夫人)工藤真理子(高見一行本部付分団長夫人)高見満子○内助の功(前日之影町消防団団長)橋本典親◎宮崎県消防協会会長感謝状甲斐次延・甲斐友喜[第3分団第13部団員][第8部班長]三浦博文[第7部班長]新名貴[第7部班長]谷川郁彦[第7部班長]戸高孝洋[第3部班長]甲斐秀則[第18部部長]高橋健[第6部部長]甲斐雅之[第4部部長]甲斐充利[第4部分団長]松本透[第1部分団長]佐藤利次[本部長]三宮正次[団長]橋本典親(退職時階級)(勤続年数)(永年勤続15年以上)◎日之影町長感謝状[第18部団員]飯干宏充[第16部団員]甲斐幸太郎[第16部団員]甲斐裕介[第13部団員]甲斐洋平[第13部団員]甲斐尚[第13部団員]戸高昭則[第7部団員]甲斐強[第4部団員]米田英史[第4部団員]甲斐貴臣[第4部団員]菊池修二[第2部団員]中山雄治[第1部団員]佐藤秀樹[第7部班長]河野誠矢[第2部班長]鳥飼喜彦○団員表彰[第13部団員]甲斐美津夫[第12部班長]工藤正修[第9部班長]今村一雄[第4部班長]古城修一[第10部部長一工藤廣明○永年勤続20年表彰[第13部団員]工藤寿彦[第13部団員]黒田正美[第16部班長]西幸喜西臼杵生コン事業協同組合◎日之影町消防団長表彰(防火水槽土地無償提供)甲斐光子[大楠](防火水槽土地無償提供)甲斐幸市[星山]○土地無償提供[第18部団員]杉本泰章[機動部団員]木下光三[第18部班長]工藤強喜[第17部班長]松本健二[第12部班長]大里公宏[第11部班長]甲斐克重[第9部班長]萩原二三男12月(師走)から1月(睦月)にかけて県柚庁子前ま楠つ並り木・消引防渡ポ式ンプ自動車12月21日(月)22日(火)の2日間、県庁前楠並木通りで、柚子まつり(日之影町特産品開発協議会主催)が開かれました。ゆず湯に入る習わしのある冬至に合わせて、毎年開かれているもので、柚子の他にも日之影町の特産品や農産加工品などの販売も行われ、多くの人で賑わいました。12月22日(火)庁舎前で、消防ポンプ自動車の引渡式が行われました。地域活力基盤創造交付金事業で新たに購入したもので、機動部へ配備されました。町長より「新しいポンプ車を導入しましたが、この車両が出動する機会がないことを願って、今後予防消防に努められ消防団活動に力を入れて頑張ってください」と、挨拶を述べられました。小谷實男さんに叙勲小谷實男さん(87歳・椎谷)が平成21年秋の叙勲(教育功労・文化財保護功労者)で「瑞宝双光章」を受賞され、12月24日(木)宮崎県教育庁で伝達式が行われました。小谷さんは昭和23年から34年間にわたり県内の小中学校の教諭、教頭、校長を歴任、退職後は町の社会福祉協議会理事や選挙管理委員を務める一方、町文化財専門委員(現会長)県史編纂協力委員などを歴任し、西臼杵郡や日之影町内の歴史研究や文化財保護に尽力されました。現在も平成19年から町広報に「ふるさとめぐり(集落紹介)」を連載いただいています。これからも健康に留意されますますお元気でご活躍ください。祝成人!おめでとうございます。第60回日之影町成人式が1月4日(月)福祉館で行われました。今年成人を迎えたのは、平成元年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた男女57名で、式典に出席した49名の新成人の代表、押方秀樹さん(椎谷)に津隈町長より成人証書が渡されました。式典後の新成人意見発表では、工藤健さん(神影下)、寺﨑真璃英さん(糸平)がそれぞれ成人者としての将来の目標や決意を発表しました。成人証書と記念品を受け取る押方秀樹さん誓いの言葉を述べる木下菜奈さん(神影中)交通安全誓いの言葉を述べる甲斐優人さん(大人)工藤健さん寺﨑真璃英さん温泉質が更にアップしてます。温泉駅を利用しましょう!ひのかげの輪どうか、合格しますように…。娘の高校受験が終わることを願っています。毎日をしっかり見て行きましょう。早く、甲田しのぶさん(39歳:新日之影)『人生山あり、谷あり…』と思います。げんもん」をご紹介したい一人でも多くの「ひのかくものです。に友人・知人を紹介してい老若男女を問わずリレー式方が近況を報告しながら、このコーナーは、町内の瀧川ヒロ子さん(61歳:中川)『平穏なくらしに感謝』ぜひ、お越しください。四月上旬から見頃になります。なって定着して今年で五年になります。中川チューリップの里も春の風物詩とフラワーパークだより8新年あけましておめでとうございます。いや~早いもので、もう2010年ですね。今年も、この日之影でいろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。フラワーパークでは近頃、新たな町内の協力者が来てくれるようになりました。フラワーパークをよりよい施設にしていこうと、新メンバーで計画を練っています。去年の秋の花苗販売では苗を四千個ほ上栃の木でなば木天地返しどしか作ることが出来なくて、申し訳ありませんでした。今度の春の花苗販売にはたくさんの花(目標一万個!!)を用意しますので、いろいろなところに植えて、日之影を花でいっぱいにしましょう!11月、12月は町内各地のまつりりに参加させていただきました。神楽を奉納したり、自宅にお客を招待して宴をするなど集落ごとにまつりの形式が異なっていて、おもしろいと思いました。まつりでたくさんの人と話をし、「今度、うちにも来ねぇ」などと声をかけてくれて、また新たに日之影の輪を広げることができました。見立の仲組から高千穂の天岩戸神社までの山道を復活させようという計画があります。昔、見立が岩戸村だった時代に、天岩戸神社への参拝や、牛売りに使われていた山道を復活させるというもので、その山道の整備にボクも参加させてもらいました。見立地区、仲組地区の人たちと木を切ったり、岩を転がしたりしながら、道を作っていきました。道づくりはとても重労働で大変だったけど、みんなで力を合わせてやることで、とても楽しくやりがいのある作業になりました。終わった後に、仲組地区の岩戸‐仲組の中間地点「湾洞越え」でお母さん達が作ってくれた、おしるこの味が忘れられません。緑のふるさと協力隊第16期生岡田原史すくすく育ってね★鮫島亨くん【平成20年12月7日生まれ】(大迫住宅)伸也さん・麻衣さんの次男★飯干琴葉ちゃん【平成20年12月11日生まれ】(高巣野)幸弘さん・美香さんの長女●掲載を希望される方(1才未満のお子さんを対象とします)は、役場地域振興課(87‐3910)までご連絡ください。ふるさとめぐり(集落紹介)42町史編纂事業(日之影町史1から1巻)で、それぞれの分野にわたり詳しくまとめてありますが、刊行されている町史の内容も含め、紙面の都合上掲載されなかったものを連載していきます。〜見立地区〜(煤市・広瀬・煤市吐)〜煤市〜地名の由来は定かではないが、現在の道路が開通するまでは、この地区の人々は通行や物資の輸送には山道を利用していた。この当時の物資の輸送は主に馬の力によるところが大きく、山中を通るため熊などからの襲撃を防ぐ為に馬の首に鈴を付け鳴らして通っていたので、その馬鈴を商なう鈴の市場が時折開かれていたので当初は鈴市と言っていたが、いつの間にか煤市と言うようになったと伝えられている。この集落は佐保の姓が多く佐保家の先祖は天正六年(一五七八)に三田井右武に仕官した佐保玄藩頭鎮綱と言われている。昭和四十年の世帯数は十二戸六十一人の集落であったが、平成二十一年の七月の統計によれば、世帯数五戸人口九人の集落になっている。住民の生業は、ほとんど従前の農林業を中心にしているが、なかには季節的に他に職を求めている人もいる。なかには、ヤマメの養殖・梅の生産に従事している家もある。交通の不便なところであったが、昭和三十五年に県道に通ずる道路が開通し人の通行・物資の搬送が容易になった。なお、この道路は高千穂町の岩戸に通じている。平成十一年に改築された大師堂には八体の仏像が祀られているが、その中に三田井家落城の折に、煤市に奉持されたといわれる三田井氏の内仏もある。また、この集落は石器時代から縄文時代の遺跡出羽洞穴の入口にも当たる。〜広瀬・煤市吐〜広瀬の地名の由来は定かではないが、広瀬は煤市集落の入口にあたる集落で昭和二十年代初期頃までは、延岡・高千穂営林署直営の製材所があり多くの従業員もいて賑やかであったが、製材所の操業中止により、現在は戸数一戸で一人が住んで居られる。詳しいことは「町史資料編・村の歴史」を見ていただきたい。(執筆者)町文化財専門員小谷實男煤市吐は町内では吐のつく集落の一つでもある。地名の由来は煤市川が日之影川に合流しているところからつけられたものと思われる。この集落は大正末期から、昭和二十年代頃まで二十軒近くの人家があり、なかには旅館(宿屋)が二軒商店も二軒あり賑やかな集落であったが、見立鉱山営林署などの事業所などがなくなり、現在は戸数二戸人口五人の集落になり、住人の職業も小規模の農林業や他に職を持つ兼業の家もある。煤市集落道路開削記念碑三田井氏の内仏像大師堂煤市吐集落ひのかげ議会だより発行:日之影町議会編集:議会広報編集委員会一般会計補正総額1億6千994万8千円主なもの1森林整備地域活動支援交付金事業2温泉駅周辺整備事業約4千万円約1千100万円3農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業4地域活力基盤創造交付金事業約2千万円約2千600万円平成21年度一般会計補正予算の主な質疑【問】個人町民税、法人税が大きな減額になっているが。【答】長引く不景気で当初の予想を超える減額となった。【問】森林整備地域活動支援交付金事業を問う。【答】国の経済対策交付金で単年度事業である、林内の作業道等の崩壊、鹿の食害等の調査等を行う。【問】温泉駅周辺整備の補正の中身を問う。【答】車両内にトイレ設置、備品設置等宿泊施設としての充実を計るものである。【問】農業施設(町民センター)の改修を問う。【答】今年アスベストの検査で基準値を超えたので、天井(10Om2)の張替えの修繕料である。【問】特用林産物総合整備対策事業の中身を問う。【答】県単位事業であり、椎茸乾燥機が4基、散水施設を2基6共業体に補助する。所管事務調査総務文教常任委員会■期日10月20〜21日1きくちふるさと水源交流館・2000年3月菊池東中学校が閉校。・国の補助を受け宿泊施設、浴室等を整備。・2004年NPO法人きらり水源村を設立。・2006年に菊池市の指定管理を受け、NPO法人と管理運営を締結。現在はグリーンツーリズム、農業体験、韓国と日本の大学生との間で里山保全を目的とした活動で国際交流も始まっている。2阿蘇なみの高原やすらぎ交流館・平成11年村立小地野小学校が閉校。・都市と農村の交流を図るため宿泊研修施設として整備。・小学校の雰囲気をそのままに残し、太陽熱を利用した暖房施設を活用。・第3セクターとして館長を公募、現在の館長は静岡県出身である。・2つの交流館とも、多額の国庫補助を受けて改築がされており、有効活用にあたっては、施設を充分に活用できる有能な人材が求められており、本町にあっても、持続可能な交流施設を目指すことが必要である。経済建設常任委員会■期日10月28〜29日1県森連高千穂木材共販センター・買い手は主に熊本、大分県からであり、合法材を証明するため「伐採届け」「間伐証明書」の添付が求められる。・日之影の材は色が良く、暴れず素直と好評である。・大型製材所に安定供給できるよう努めたい。2福岡市木材協同組合・木材業界は工業界の煽りを受け、危機的状況にあり年商22億円から7億円へと落ちている。・小規模工務店では住宅施工ができにくい法律構造。・現政権の建築関連法の見直しに期待。2つの現場を視察して、今後集成材が主流となり需要喚起のためには、環境の時代に即した法制度の見直し、産地からの提言も必要と考える。3豊後高田市(ケーブルネットワーク事業)平成18年度から20年度にかけて、光ファイバーを各世帯へ敷設したもので、NTTが総事業費29億7000万円で取得、契約時に5年間の補修もあわせて締結。将来にわたり最先端のサービスを安定的に低コストで提供するためNTTとの共同事業を採用。平成20年度の管理費は補修委託料5500万円。本町が事業を進めるにあたっては管理費が町財政や住民の大きな負担にならないよう精査検討を望む。定住自立圏形成協定の締結について延岡市と本町との間で、医療体制、雇用の場の確保、消防相互応援体制、森林保全等23項目に渡り協定を結び、相互の役割分担と連携を図りながら安心して暮らせる定住自立圏を形成するというもの。可決しました日之影町営土地改良事業の施行について平成22年度から大瀬地区の「ため池等整備事業」を実施するもので、延長1220m、総事業費4900万円で用排水路を整備。■質疑から■事業の詳細説明を求める。辺地に係る公共施設の整備計画の変更について追川辺地、仲組辺地、見立辺地の公共施設整備計画に「携帯電話等エリア整備事業」を追加し、財政上の特別措置を受ける為のもの。■質疑から■辺地度点数には携帯電話の不感地帯は反映されていないのか?一般質問予算編成に対しての政治姿勢について谷川定士【問】基本的な方針は【町長】本町は過疎化・少子高齢化の進行、地形が急峻なため自然災害への対策、安全な町民生活の確保、基幹産業の農林業を始めとする産業振興等様々な課題を抱えている。政策課題に的確に対応するには極めて厳しい財政状況であるが町民総力戦で人も産業も元気な日之影町を創る。厳しい財政状況の中、町政の運営に当たっては町民の皆様の福祉の向上、更には豊かな郷土づくりの為に第四次日之影町長期総合計画に基づき各種の施策を着実に推進する。平成22年度の当初予算編成にあっては、各種施策を着実に実施して行く為に財政の健全性の確保は勿論であるが、多様な行政需要に対応するため職員一人一人がコスト意識を持って事務事業を徹底して見直し、既定計画に基づいて限られた財源の重点的配分に努めながら農林業等産業の振興、安全安心で利便性に富んだ町づくり、優しい福祉の町づくり、恵まれた自然環境を活かした交流の町づくり、子ども達を心豊かに育てる教育の町づくり、水源の里振興の町づくり等を重点施策として住民福祉の向上を目指し創意と工夫で予算編成を行いたい。新政権の成立により国の施策の見直し、制度改正、大きな変化が予想され、当面は現行制度を基に編成を進めるが常に情報収集に努め国の動向を把握し対応する。【問】予算規模は【町長】土地利用一体型水防災事業・災害復旧事業費を含めて45億円以内を目途に編成。【問】町単独事業の目玉につは【町長】産業振興と高齢化対策及び水源の里の振興を最重点策として予算に反映させる。日之影ケーブルネットワーク事業について佐藤功【問】「事業見直し」等による財源面の影響はないか【町長】現在総務省に補助金申請を行い事業内容の審査を受けている。新政権により二十一年度補正予算の見直しが行われたが影響はないものと思われる。【問】サービス内容の詳細は【町長】地上デジタルNHK第一第二、UMK、MRTの四波と多チャンネル。高速インターネット、町内電話、集落内放送、行政告知放送と独居老人見守りサービスを考えている。【問】回線使用個別負担額と運用経費の試算額は【町長】個別使用料は近隣町村の状況を勘案して検討する。運用経費の試算総額は3140万円で運用収入が1500万円、差し引き1640万円が一般会計からの持ち出しとなる。現在この持ち出し分を地方交付税算定基礎に入れてもらう様国に働きかける準備をしている。【問】実施計画のスケジュールは【町長】国の交付決定が1月上旬に出れば実施設計を1月中旬〜4月下旬。整備に関する地区説明会を2月〜3月頃予定。本工事期間が5月中旬〜12月中旬。一部試験運用を12月下旬。操作に関する地区説明会を1月。本格運用を2月上旬予定で作業を進めている。【問】既存の防災無線施設との運用面でのあり方については【町長】ケーブルネットワークが完成すれば防災無線による行政情報が告知放送に代わるが、災害時の光ケーブルの断線や、事故、火災時の移動系無線との関係もあるので当面の間併用を考えている。政権交代の影響と第四次長期総合計画を問う杉本道生【問】政権も代わり「仕分け」により国交省・農水省関係等の補助金、制度事業等も大幅な削減廃止により本町にとっても大変厳しい状況が想定されるが、今後の対応等を含め見解を伺う。【町長】最終結果ではないが費用対効果ばかりが論議され、中山間地域にとっては大変厳しい結果である。農道整備事業、里山エリア再生交付金の廃止、灌漑排水事業等が予算縮減、ため池等整備事業、中山間地域総合整備事業等は仕分け対象ではないが今後事業費の削減を危惧している。国交省の事業については地域活力基盤創造交付金事業の新規道路事業は認めない方針なので現在採択を受け実施中の事業は1〜2年延長されるかもしれないが事業完了に向け努力する。【問】平成17年策定の第四次日之影町長期総合計画も前期の五年が経過しようとしている。全体的な評価課題、見直し等について問う。【町長】12地区協議会を立ち上げたことにより、地域が自主的に創意と工夫で魅力ある地域づくりに取り組んでおり町内外に大きな反響を呼び総体的な評価は高いと認識している。毎年見直しを行い基本構想では「森林セラピーの町づくり」。「水源の里の振興」を新たに揚げた。平成22年4月に改訂版を作成する。課題としては広範囲にわたる地区や学校区の違う地区があり取り組み状況に地区間で差が出てきている。今後も活動が希薄している地区で、まずは集落単位でできることから始めていただき、全体へ広げていく働きがけを行いたいと考えている。次期出馬の政治判断は甲斐徳仁【問】町長就任37ヶ月経過し、課の統合や事務事業、行財政改革等に精力的に取り組み一定の成果は評価できる。一方で中山間地の抱えている諸課題等については努力に見合う成果を得るには時間がかかる。政権交代で地方情勢や環境が激変、自治体運営の根幹を揺るがす更に厳しい時代の到来でもあり今からが正念場、自身の表明について問う。【町長】工藤前町長の勇退後に立候補し無投票当選。責任の重さと期待の大きさを痛感した。自身の信条として「顔が見える町長」でありたいと会合や行事に参加。町内、県庁各課を回り制度事業獲得に全身全霊努力し、町民の幸せを基本理念に行政の推進に努めた。任期期間は任期まで全力を傾け今後については自分の思い描く夢もたくさんあり、まだ道半ばであるので課題解決、福祉の向上に向けて次期町長選については出馬する。【問】新教育長の教育基本理念を問う。前教育長田﨑氏の勇退を受け臨時議会で承認後教育委員会で教育長に就任。自身の教育の基本的の考えは【教育長】基本的には教育委員会で協議、議決し執行する。更には事務局長としての全ての責任を負う事を肝に銘じたい。生涯学習、学校、社会教育と全ての分野は町民憲章の5つの誓いが教育業務に携わる拠り所であり目指す方向である。【問】小学校の統廃合について伺いたい。【教育長】今後は関係学校保護者や地域の皆様の考え方、子ども達の将来を見据え、教育委員会、町当局、地区教育後援会等と一緒に課題解決していく事と理解している。農林業の振興について甲斐喜夫【問】用水路(水田農業)の改修工事、事業規模、予算の見直しは…。【町長】ため池等整備事業、農山漁村プロジェクト事業、県単事業等で整備。平成26年度迄に約8億円、約60路線計画策定中。今後も中山間地域の実情を訴えながら予算獲得に努力していく。【問】水不足に伴う田植えの出来ない集落を今後どうする…。ため池構想、ポンプアップ構想を考える必要があるのではないか…。【町長】郡内には高千穂に6つ(2つ使用)五ヶ瀬町に1つため池がある。ため池の規模は、最低でも1万トン以上のものが必要である。用地、事業費、洪水時の安全対策、漏水対策が必要であり、ため池の設置は、困難では…。ポンプアップ構想については、過去の事例として平成18年度に星山用水路において、県単事業、100万円でポンプを設置し現在大いに役立っている。古園地区でも過去ポンプ設置を検討した経緯がある。古園地区においては農地有効利用支援整備事業で水路の改修、今後制度事業等を活用して整備していく。【問】水田農業確立に向け今後、期待されるものは…。【町長】地域の特性、自然を最大限生かした収益性の高い、高品質の農産物を高く売る高付加価値型の農業を推進していく。そのためには、米と他作物を組み合わせると同時に振興作物等の定着、拡大に向け取り組みを推進していきたい。11月6日の臨時議会において議員発議議員の期末手当条例の変更諸般の状況を考慮して国の特別職と同様の率に改定、期末手当を0・2月分減額支給する旨の規定を設けました。意見書(1)農道整備の継続的な実施と予算確保に関する意見書【趣旨】政府の「事業仕分け」で廃止方針が打ち出された農道整備事業について、継続的な実施と予算確保を求めるもの(2)九州横断自動車道路延岡線及び国道228号「高千穂日之影道路」の早期整備を求める意見書【趣旨】政府の補正予算執行停止や事業廃止方針に対し、本県の高速道路供用率の低さ、産業文化振興の為には高速ネットワークの早期形成が不可欠であり、早期整備の充実強化を求めるもの。議員発議(意見書)1改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書【趣旨】生活苦での自殺者、自己破産者、多重債務者が急増するなか、この問題を解決するため2006年改正貸金事業法が成立。同法藤﨑義昭氏を教育委員に任命することに同意した。で改装し浴室トイレ等も完泊定員50名、全室防火耐壁アル後を視察しました。宿り、鹿川中学校舎リニュー去る12月15日全議員によ鹿川中学校校舎跡議員視察めるものものであり、この延長を求する事を目的に創設された上と電源立地の円滑化に資る周辺地域住民の福祉の向【趣旨】水力発電ダムに関わめる意見書制度の交付期間延長等を求3電源立地地域対策交付金よう国に要請するものの医療費総額の45%に戻す負担割合を1984年当時制度を継続するため、国庫保険制度がスタート、この【趣旨】1961年に国民皆へ4の意見書5%に戻すことを求める国庫負担割合を医療費総額の2国民健康保険財政への国ることを求めるものの法律を早期に完全施行すが完全施行される予定、この研修を行った。加。他方のかかえる諸問題た県1町0月村14議日会綾議町員で大開会催にさ参れ県議員大会す。区活性化協議会で行ないま用出来ます。運営は鹿川地備され体育館、プールも利します。M・Sの皆様の御健勝をお祈り致をお寄せ下さい。今年一年後も気軽にご意見ご感想等たいと思います。どうぞ今い知恵を出し合って努力しじており、広報委員一同なした便りとすべく責任を感した。これまで以上に充実別に発行する運びとなりま3月定例会より、町広報とましょう。さて議会便りも修を受ける。ってこの難局に立ち向かい事業の取り組みについて研備を訴える。るものです。町民一丸とな穂ムラ市場(仮称)」整備進他方大会に参加、早期整今年こそ景気回復を切望すの郡議員大会に参加「高千催の九州横断延岡線建設促さを増す経済状況ですが、11月4日高千穂町で開催11月5日、高千穂町で開ことと存じます。益々厳し穏やかな新春をお迎えの郡議員会大会九州横断道決起大会編集後記時の話題今回は本町に住まわれて約8年6ヶ月になろうとしている竹細工の小川鉄平さんにお話をお伺いいたしました。家族三人で仲良く暮らしておられ、本町の伝統竹細工を大変気に入られています。物を作って人が喜んでくれる事が職人であるという事を肝に命じ、淡々とこの仕事を続けて行きたいと語っておられました。日之影町は住みごこちも良いし、自然環境も良いがこの環境を大事にして次の次の世代までも引き継がなければいけない。竹細工は自然のサイクルの中で作られ人に役立つものであり地球温暖化にも影響が少ないと話され、最後に「皆様の応援もありこの仕事が続けられる」と語っておられました。今回快く取材に応じていただきました。お子様の健やかな成長を願っています。歯周病について~あなたの口の中は健康ですか~保健センター今回は、歯の病気である歯周病についてです。自分の口の中が健康なのか確認してみましょう。○歯周病とは・・歯と歯茎の間の溝(歯肉溝)に、プラーク(歯垢)がたまることでひきおこされる病気です。歯槽膿漏とも呼ばれる病気で、症状によって、歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯周炎になると歯の根元である歯槽骨の破壊が進むため、最終的には歯が抜けてしまいます。プラークとは食べ物の残りかすではなく、何十億個にも繁殖した歯周病菌という細菌のすみかです。歯を失うだけじゃない!歯周病と他の疾病との関係細菌のつくる毒素などが患部から血液中に入り、全身に悪影響を及ぼす危険性があります。主に関係があると言われているのが、糖尿病・心臓病・肺炎(特に高齢者は要注意)・メタボリックシンドローム・胃腸障害です。特に糖尿病については、歯周病が第6番目の合併症であり、歯周病を改善することで、血糖コントロールも改善すると言われています。また、生活習慣の不摂生によっておこる病気ですので、生活習慣病の1つとなっています。○歯周病の予防は?最終的には歯が抜けでしまう病気ですが、むし歯と違い、激しい痛みなどの自覚症状はありません。そのため、日頃のケアが大事になってきます。ケアには、セルフケアである歯磨きとプロフェッショナルケアである歯科医院での歯科検診があります。自覚症状がなくでも年に1回は歯科医院を受診し、歯の健康に努めましょう。下記の歯周病危険度チェックで、あなたの歯周病危険度状態をご確認ください。歯周病危険度チェック歯ぐきに赤く腫れた部分がある。口臭がなんとなく気になる。歯ぐきがやせてきたみたい。歯と歯の間にものがつまりやすい。ときどき歯が浮いた感じがする。歯を磨いた後、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある。指でさわってみて、少しグラつく歯がある。歯ぐきから膿が出たことがある。[チェックが0個]:今後もきちんと歯磨きを心がけて、年に1回は歯科検診を受診しましょう。[チェックが1~2個]:歯周病の可能性があります。かかりつけの歯科医院を受診しましょう。[チェックが3個以上]:歯肉炎に罹り、歯周病が進行しているおそれがあります。早めに歯科医師に相談しましょう。こころとカラダの相談日(要予約)2月4日(木)保健センターにて行います住民税申告受付を行います2月8日(月)~3月15日(月)※昨年と会場・時間が変更になっていますので、ご注意ください。役場税務課では、平成22年度の住民税申告受付事務を、下記の日程で実施します。会場によっては午前と午後を分けて行いますので、時間内においでください。必要書類をきちんと用意してください。特に、農業経費は必ずまとめてきてください。まとめていないと受付できません。《役場内での申告受付について》役場内での受付は大変混雑しますので、電話予約の方のみ受け付けいたします。(税務課87-3901)また、今年度は月~木曜日を会場受付、金曜日は役場受付とします。時間のかかりそうな方は電話予約のうえ、役場税務課へおいでください。受付時間は、月~木曜日は午後4時から午後6時まで、金曜日は午前9時から午後6時までです。平成22年度住民税申告日程月日実施時間地区名実施会場末市、高巣野椎谷東深角西深角鹿川中川平底、影待、平底団地徳富、長谷川一の水、七折中尾波瀬松の内、新畑、奥大菅、楠原、谷下、吐の内白仁田、戸の口、諸和久、諸和久下、下鶴、川中、高橋、上高橋赤川、仲村、広瀬、煤市、川の詰、上川下、上川上、中の詰、藤谷、奥村舟の尾、新町阿下、椛木稲荷町、駅前通り、中央通り、本町東町、八戸駅、八戸上、梁崎興地、河内田吹、星山、大山糸平、大平、二又鳥屋の平、樅木尾、下小原、今竹追川上、追川中、追川下椎谷営農研修館団七踊りの館鹿川営農研修館中川営農研修館長谷川地区活性化センター長谷川地区活性化センターさくら館仲組公民館せせらぎの里新町公民館黎明館黎明館小川の郷追川公民館矢形的、大瀬、横迫、後梅山附ふれあいセンター岩井川中尾、中崎、小崎中村、上下顔西日之影、上日之影、東日之影、高校通り、日之影営林、下日之影、竹の瀬楠元、神影上、神影中、神影下、新日之影上、新日之影中、新日之影下大楠竹の原袴谷、西宮水、仲畑、東宮水尾村、崎の原、仲畑住宅、袴谷住宅中央研修館中央研修館中央研修館福祉館平清水、小菅、戸川福祉館古園、大人上、大人西歌舞伎の館大人東、仁田野、大人下中、大迫住宅松の木、鶴の平、上小原乙草、上栃の木、栃の木予備日歌舞伎の館田植え踊り館中央研修館◎延岡税務署による確定申告受付及び申告相談は2月24日・25日、会場は高千穂町自然休養村センターです。力をお願いします。す。一人でも多くの方のご協*輸血用の血液が不足していま13時から14時30分○保健センター9時から11時30分○役場前1月29日(金)献お血願のいごし協ま力すを。い。℡87‐2309までご連絡くださ思うかたは、町民センター図書室本が図書室にあったらなぁ」そう意したいと考えています。「あのの皆様のご要望に添った本をご用町民センター図書室では、町民つづける美容師の感動の手記。ら、最期まで希望を捨てず、働き明日をも知れぬ命を見つめながともに生きています。の独身女性。彼女は4つのがんと今日も髪を切りつづける、47歳〜現役美容師、奇跡の物語〜「余命ゼロを生きる」佐藤由美本の紹介宮崎県臨床心理士会◎問い合わせ先と、学校のこと、職場のこと〜*相談してみませんか〜家庭のこ【℡番号】【時間】9時から17時まで【日時】平成22年1月31日(日)ついて無料で電話相談に応じます。まのさまざまな心と行動の悩みにに同時期に行うものです。みなさ都道府県臨床心理士会が全国一斉日本臨床心理士会主催により、各「こころの健康電話相談」は、「心の健康電話相談」の実施日之影町教育委員会◎問い合わせ先となっています。を受けた2倍の期間内に全額返納無利子ですが、卒業後直ちに貸付・高校等12,000円・大学等22,000円貸付額は、毎月門学校生となっています。対象者は、大学・高校・各種専付」の受付を行っています。成22年度日之影町奨学資金新規貸日之影町教育委員会では、「平資平金成新2規2貸年付度日之影町奨学お知らせ宮崎県司法書士会◎問い合わせ先・訴訟に関すること・借金の整理に関すること・成年後見に関すること・供託に関することすること・不動産、会社の登記手続きに関【相談内容】・日南会場まなびピアセンター・都城会場都城市コニュニティーにしもろ・小林会場司法書士総合センタ・日向会場日向市中央公民館ター・延岡会場延岡市社会教育セン・宮崎会場宮崎県立図書館【場所】(事前予約は不要です)で【受付】当日会場にて15時30分ま10時から16時まで【日時】平成22年2月7日(日)相談日は次のとおりです。相談を開催しています。本年度のにおいて司法書士による無料法律月の第1日曜日に宮崎県下6会場宮崎県司法書士会では、毎年2相県談下一斉司法書士無料法律(保健センター)乳児・幼児検診24日心配ごと相談(町民センター)(高千穂保健所)25日まで23日飼えなくなった犬の引取17日心配ごと相談(町民センター)(保健センター)16日子どもの予防接種(宮水小学校体育館)14日町民のつどい11日建国記念日行政相談(町民センター)10日心配ごと相談(町民センター)(高千穂保健所)10日まで9日飼えなくなった犬の引取3日心配ごと相談(町民センター)2月の主な行事神横奈浜川市県谷川栄子様(役場総務課受付)●ふるさと応援寄付宮崎市田﨑佐市様(教育委員会12月受付)●一般寄付舟の尾甲斐力さん妻アキエさん神影下藤並勇さん妻エミ子さん椎谷飯干安弘さん母ミヨ子さん平底甲斐久義さん弟敏さん一の水戸高和國さん母ヒサエさん七折中尾甲斐サツキさん夫藤男さん仲畑中山増男さん母キミ子さん住所遺族名続柄故人名(社会福祉協議会12月受付)●香典返しありがとうございました人のうごき◎人口男女合計出生転入12月の交通事故発生状況○人身事故○死者○負傷者○物損事故乾椎茸入札速報(宮崎県経済連椎茸流通センター)品柄別箱数及び単価入札月日:平成21年12月11日今回箱数(箱)前回今回単価(円)前回香信系香菇系冬菇系特用系その他合計出品は秋子で、全体に保合で推移したが、冬菇・ジャミ等の死亡◎世帯数転出○死亡事故「0」達成日数416日目概況小葉は弱保合、スライスは業者在庫過剰となり、値下げ傾向にある。町の話題九州大会出場決定!!青パト巡回開始!平成21年10月31日及び12月6日、第3回全日本小学生春季選手権大会兼第20回全九州小学生男女選抜ソフトボール大会宮崎県予選会が開催され、宮水ソフトスポーツ少年団が準優勝し、県代表として3月に鹿児島県で行われる九州大会の出場権を獲得しました。決勝戦では惜しくも破れましたが、準々決勝、準決勝では県内の強豪チームを接戦で制しての準優勝でした。日之影町青少年健全育成町民会議(工藤久則会長)では、この度自主防犯パトロール部会を結成し、青パトによる巡回パトロールを開始しました。メンバーは町内の有志者(26名)で、警察の講習を受講し、町長の委嘱を受けるなどの準備を進めてきました。これに合わせ、12月14日(月)に出発式が行われ、今後、毎週日曜日に交代でパトロールが行われます。第4回ひのかげイルミネーションまつり12月26日(土)活性化センター周辺で、イルミネーション祭り(七折公民館主催)が行われました。約2万個の電飾で彩られた会場には、親子連れなどたくさんの人が訪れ、クリスマスに関する絵本の読み聞かせや、ゲームなどを楽しみました。地元婦人会による豚汁やぜんざいなどの振る舞いもありました。地元有志でつくるイルミネーション倶楽部による設置状況。毎年10月末にひとつひとつ電球をチェックして飾られます。幻想的な光のイルミネーション婦人会の方々による舞踊の披露編集後記新年あけましておめでとうございます。今年もできる限りいろいろな場所に出かけて行こう!と決意をあらたに頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。成人式の取材に行き、知っている子供たちの昔のおもかげを探しては、大きくなったなぁ…と感慨にふけり、来年はうちの子だなぁなど考えて子供が大きくなったぶん、自分も年を取っているんだと改めて思う今日この頃。動ける体に感謝・働ける事に感謝しながら今年も頑張ります。(M)笑顔がいっぱい恒例となった町青年団によるサンタクロース。昨年12月23日に各家庭にプレゼントを届けました。一足早いクリスマスプレゼントに子どもたちは大喜びでした。
1 4507 広報ひのかげ 第525号 2009年1月発行 20090115 1月 m19_acv-hinokage_200901_0525_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_200901_0525_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第525号 2009年1月発行ご成人おめでとうございます。輝かしい未来に乾杯!今月号の主な話題●新年あいさつP2~P3●平成21年消防始式P4●トピックスP5~P6●ふるさとめぐり(集落紹介)31P9●議会だよりP10~P13●住民税申告受付P14●町の話題P16No.525町長津隈一成謹んで新春のお慶び申し上げます。町民の皆様におかれましては、ご家族おそろいで輝かしい新春をお迎えのことと存じます。年頭に当たり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年でありますようお祈り申し上げますとともに、日頃からの町政全般に対する温かいご理解とご支援に心から感謝申し上げます。昨年を顧みますと台風13号・15号が接近いたしましたが、大きな災害もなく比較的穏やかな年でありました。しかし、我が国の経済は、世界経済が減速する中で、景気が低迷状態にあり、今般の金融不安の高まり、あるいは株式・為替市場の変動から、景気は更に後退することが予想されます。その様な中にあって、本町は、厳しい財政状況の中、「町民生活の向上」、「豊かな郷土づくり」のために、町民と行政が協働で創り上げました第4次長期総合計画などの既定計画に基づき「農林業等産業の振興」・「安全安心で利便性に富んだまちづくり」、「高齢者にとって優しい福祉のまちづくり」、「恵まれた自然環境を活かした交流のまちづくり」。「子供達を心豊かに育てる教育のまちづくり」、を重点施策として、創意と工夫で諸施策を推進して参りましたが、町民の皆様のご理解とご協力により、産業・交通通信網・福祉・交流のまちづくり・教育の五つの分野で一定の成果を納めることが出来ました。また、社会貢献では、永年にわたり日之影町議会議員として、住民福祉・教育向上に、尽力された功績が認められ、橋本高重さんが旭日双光章(地方自治功労)を、吉村文市さんが高齢者叙勲旭日軍光章を受章され晴れの栄誉に輝きました。また、小谷實男さんが地域文化功労者として文部科学大臣から表彰され、更に、山本教生さんが綾町で開催された「水と緑の森林づくり」県民ボランティアの集いで県知事から表彰されました。団体では、日之影町消防団が土砂災害防止並びに生命及び身体の保護に尽力した功績が認められ国土交通大臣から表彰され、また、全国消防操法大会で第3分団第12部が全国第9位という輝かしい成績を納める等、その他、各分野で多くの個人・団体等が活躍された年でありました。さて、新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化する中でありますが、本町の現状を的確に捉え、限られた財源の重点的・効率的な配分に努めながら、この難局を乗り越え住民福祉の向上に取り組む所存でございますので、町民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして新年のご挨拶といたします。平成20年主な出来事1月25日河野一郎氏宮日農業技術賞受賞3月14日団七の館完成17日戸籍の電算処理開始31日男渕橋完成4月1日後期高齢者医療制度開始水源の里条例の施行26日森林ウォークinセラピー基地(全国スポレク祭プレ大会)6月2日日之影町コミュニティバス運行開始4日全国土砂災害防止推進の集い国土交通大臣賞功労賞受賞(日之影町消防団)7月3日県民フォーラムin日之影開催6日町農業委員改選新会長に河野学氏8月5日養護老人ホーム「清流園」の移転新築工事着工15日夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会夏期巡回ラジオ体操コミュニティーバス運行開始日之影町議会議長木本孝良あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、ご家族おそろいで輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申しあげます。年頭に当たり、議会を代表いたしましてご挨拶を申し上げます。昨年を振り返りますと台風の上陸もなく平穏な1年であったように思いますが、経済面から見ますと大国の原油の買い占め、さらには最近の金融の不安が私どもの小さな町日之影町にもその影響を直接与え、特に一時期の燃料を含めた物価の高騰などは生活面に限らず、本町の基幹産業である農林業をはじめ商工業においても大きな影響を与えました。国の厳しい財政状況の中にあって、本町の財政も大変厳しい財政運営をしいられており、特に町内で多くの方が従事されている土木関係の公共工事においては、国の財政削減計画のもと大変厳しい状況にあります。そのような中、21年度から民営化される老人ホーム「清流園」の工事は統廃合された八戸中学校跡地において着々と工事が進んでおり、この新しい老人ホームも高齢者の福祉の向上に大いに貢献するものと考えます。また、中央地区で平成19年度より実施されております「土地利用一体型水防災事業」も本年からさらに本格的に事業に取り組まれ「安全・安心」に向けた町づくりが進むものと考えますし、本事業と連携して日之影温泉駅周辺の町づくり計画により事業の推進が図られると思います。また、これから道州制の問題も話題になってくると思いますが、すでに講演会等も開催されており、いずれかの時期には大きな問題として議会で取り組まなければならない議題であると決意をいたしているところでございます。このような中、議会といたしましては行財政運営には厳しい目を向けると同時に町民の皆様の福祉・生活の向上、さらには農林業・商工業の発展に繋がる施策については力強く行政の後押しをしてまいる所存であります。新しい年を迎え社会(町内)のあらゆる情勢を的確に捉え、議会の発展と改革に取り組んで参りたいと考えますので、今後とも町議会に対しましてご協力とご理解をお願いいたしまして、あわせて町民の皆様のご多幸を心より深くご祈念申し上げまして新年のご挨拶といたします。10月3日「宮崎熱時間」安心して暮らしたい〜日之影町地域医療の現場から〜が放送される。12日全国消防操法大会出場第3分団第12部(宮水)9位優良賞22日日之影町議会構成替え24日ひのかげ渓谷まつり開催(〜26日)11月3日橋本高重氏秋の叙勲旭日双光章受章9日見立紅葉まつりの復活19日平成20年度林道維持管理コンクール林野庁長官賞受賞林道十二町線(古園)日之影町竹細工資料館開館28日小谷實男氏文部科学大臣表彰(地域文化功労者)12月1日吉村文市氏高齢者叙勲旭日單光章受賞28日高千穂鉄道廃止確定(高千穂〜槇峰間)全国消防操法大会出場日之影町竹細工資料館開館一致団結平成21年消防始式平成21年日之影町消防始式が1月5日(月)、橋本典親団長以下262名の団員が出動して行われました。日之影小学校での機械器具点検、通常点検のあとラッパ隊を先頭に市中行進し、日之影大橋下では発水試験が行われました。このあと行われた表彰式では、消防団活動に功績のあった個人や団体に表彰状が手渡されました。地域防災の要である消防団の皆さん、今年も頑張ってください。[第3部部長]高岡昭二[第1部部長]甲斐敏弘○精績章[分団長]高見一行[分団長]佐藤利次○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰[第7部団員]谷川郁彦[第6部部長]甲斐雅之○勤続章[分団長]工藤俊夫○精績章(※県消防大会伝達)◎日本消防協会会長表彰[三宮正次本部長夫人]三宮美恵子○内助の功◎宮崎県知事感謝状[第16部部長]甲斐徹[第13部部長]工藤久則[第12部部長]甲斐和幸[機動部部長]飯干真次◎宮崎県知事表彰日之影町消防団表彰者[第11部団員]甲斐誠[第18部班長]工藤富士[第7部班長]新名貴[第6部班長]戸高晴男[第2分団副分団長]谷口和利○永年勤続20年表彰[第11部団員]平田吉人[第9部班長]萩原二三男[第3部班長]高見誠一[機動部班長]瀧川[第17部部長]甲斐栄喜[第3分団副分団長]佐藤○永年勤続25年表彰◎日之影町長表彰[第17部団員]橋本修[第16部団員]甲斐清保[第7部団員]森山浩一[第6部団員]後藤真[第1部団員]佐藤敬[第17部班長]俵久永[第16部班長]甲斐幹章[第3部班長]山本英二○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰[寺崎睦生本部付分団長夫人]寺崎利恵○内助の功[第18部団員]丹波聖也[第18部団員]丹波雅雄[第14部団員]山口真司[第14部部長]山口泰聡◇兄弟団員表彰[第13部団員]工藤巧也[第3分団長]工藤俊夫◇親子団員表彰○特別表彰[第17部部長]甲斐栄喜[第16部部長]甲斐徹[第11部部長]菊池寿[第7部部長]杉田和彦[第4部部長]甲斐充利健二靖則[補助員]雨宮秀樹[三番員]工藤昌彦[二番員]田鹿司[一番員]工藤大祐[指揮者]甲斐啓信[部長]甲斐和幸全国消防操法大会第9位第3分団第12部◎日之影町消防団長表彰(防火水槽土地無償提供)日之影町鹿川杉平清重○土地無償提供◎日之影町長感謝状[第18部団員]甲斐真吾[第16部団員]甲斐友師[第16部団員]西村正綱[第16部団員]戸田博徳[第13部団員]一水秀樹[第11部団員]藤本貴[第3部団員]増田佳宏[第3部団員]田中信吾[第3部団員]岩尾洋一[第1部団員]甲斐紀夫○団員表彰[第17部団員]甲斐博文[第16部団員]甲斐章彦第59回日之影町成人式第59回日之影町成人式が1月4日、町民センターで行われ、艶やかな晴れ着やスーツに身を包んだ新成人が大人への一歩を踏み出しました。式典では津隈町長が「成人式を迎えた感激と、ふるさと「ひのかげ」の豊かな自然と人々の心の温かさを忘れず、大きな志を持って、輝かしい未来に向かって力強く歩んでいただきたい。」と式辞を述べ、新成人者を代表して佐藤沙耶佳さん(尾村)が「これからの社会を担う成人として、郷土日之影を愛し、日之影の発展のために尽力します。」と誓いの言葉を述べました。また、式後の新成人意見発表では、工藤巧也さん(一の水)と工藤夏紀さん(一の水)が、成人者としての将来の目標・決意を発表しました。今年は、昭和63年4月2日から平成元年4月1日までに生まれた男女56人のうち47人が出席し、会場内は友人同士との記念撮影や、再会を喜ぶ声であふれていました。わけもんの主張〜有権者意見発表会〜平成21年わけもんの主張〜有権者意見発表会〜宮崎県市町村選挙管理委員会連合会西臼杵支会予選会が、12月19日高千穂町で開かれました。青年が選挙や政治に対し、日ごろ考えていることや感じていること、求めていることを述べるもので、日之影町からは工藤巧也さん(一の水)が『有権者として』と題して、「超高齢化社会を迎え、各世代が役割を果たし、協力し合うことが大切」と述べました。また、山本唯衣子さん(大人)は『未来のための大きな一票』と題して、「自分の住む地域の未来の為に、責任を持って一票を投じたい」と、それぞれが社会情勢や地域での活動を通して考えることを発表しました。兄弟4人で神楽を奉納高巣野天神社例祭が12月13日(土)に行われ、同地区の永田4兄弟が神楽を奉納しました。例祭は高巣野公民館横の社殿から公民館までの舞い込みで始まり、4番の神楽が奉納され、3番目には地区の皆さんが見守る中、永田兄弟が「4人鎮守」を奉納しました。兄弟4人での奉納は初めてでしたが、ぴったりと息のあった神楽を披露し、大きな拍手が送られていました。これからも伝統芸能の継承に頑張ってください。弘由くん(高校1年)匠くん(小学5年)直樹くん(中学2年)和己くん(小学4年)TOPICS誓いの言葉を述べる佐藤沙耶佳さん成人証書と記念品を受けとる山本祐輝生さん工藤夏紀さん工藤巧也さん交通安全誓いの言葉を述べる興梠貴幸さん受賞式会場にて工藤巧也さん山本唯衣子さん「四人鎮守」を奉納森林ウォーキング大会地域の宝である日之影町の森林セラピーロードでの森林ウォークを通して、世代間の交流と親睦の輪を広げ癒し効果を満喫してもらおうと、日之影町森林ウォーキング大会(日之影町総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会主催)が12月23日に開催されました。冷たい風の中ではありましたが、町内外から195名の参加者があり、石垣の村トロッコ道ウォーキングコースと矢筈岳トロッコ道ウォーキングコースに別れて、約7キロのウォーキングを楽しみました。紅葉が終わったトロッコ道は、落ち葉のじゅうたんが敷きつめられ、季節の移り変わりが感じられます。交通安全に努めましょう11月10日に国道218号四ヶ惣村おこし広場前で発生した交通死亡事故の現場検討会が、12月22日に行われました。高千穂警察署、高千穂地区交通安全協会、役場から関係者が出席し、警察署から事故の概要説明を受けた後、ゆずり車線の標識を早めに設置することや、交通安全教育の徹底についで要望がありました。平成20年中は、西臼杵管内で3件の交通死亡事故が発生しています。また、日之影町内では、飲酒・酒気帯び運転及び速度違反の検挙数が増加しています。一人ひとりが、交通ルールを守り、安全で住みよい町づくりに努めましょう。交通死亡事故現場検討会を実施地区活性化活動へ参加をお願いします!日之影町12地区連絡協議会は、熊本県水俣市在住で地元学ネットワークを主宰されている吉本哲郎氏をアドバイザーにお願いしています。11月の役員会で講演を聞き、水俣市の視察を行いましたが、普段の生活を来客に紹介する「生活博物館」という手作りの実践活動に日之影町でも取り組んではと考えています。また、農水省のふるさと地域力発掘支援モデル事業の支援を受けて、ふるさとづくり計画を策定しました。今後はこれを基に地区活性化事業を行いますので、町民の皆さんの参加をお願いします。そして、宮崎県の募集した「いきいき集落」に本町から12の集落(地区)が応募しました。いきいき集落は、宮崎県が元気な集落を広く紹介するもので、これをきっかけに、今後ますます活発な活動が、期待されます。なお、日之影町も「水源の里条例」に基づく施策を検討していますが、現在、見立地区で聞き取り調査を行っています。役場職員が出向いて住民の方にお話を聞きますので、生活の様子など教えてください。これらに関するお問合せは、企画開発課(0982‐87‐3910)へお願いします。TOPICS水俣市頭石地区「地元の方の案内で水神様の祠を見る」水俣市大川地区「分校跡に貼られた地区絵地図」松の木地区健康教室保健センター松の木地区にて、昼間は仕事等でなかなか教室に参加できない方のため、夜間に健康教室を実施しました。実習をとおして、みんなで楽しく健康づくりを学びました。1回目これならできる!かんたん体操(7月25日19時~)保健師により血圧測定、体脂肪測定をし、計測結果についで説明がありました。その後体力チェックを行い、自分たちで筋力や体のゆがみをチェックしました。メタボリックシンドロームについての講話の後、自宅で気軽にできるストレッチや筋力トレーニングを行いました。2回目これならできる!高血圧予防(8月29日19時~)保健師による高血圧についての講話の後、管理栄養士の指導のもと調理実習をしました。メニューは減塩を考えた『そうめんのごまミルクだれ』です。男性も見事な包丁さばきをみせました。みんなで楽しく試食をしながら、管理栄養士により減塩のポイントについて講話がありました。自宅で漬ける梅干しの塩分についてなど様々な質問が出ました。3回目これならできる!認知症予防(10月31日19時半~)保健師により、認知症についての講話が行われました。認知症についての正しい理解を深め、認知症の人への接し方なども学びました。たくさんの質問や意見が出され、みんなで認知症について考えていくことが出来ました。「ぜひ、若い人にも認知症について正しく知って欲しい」という意見もいただきました。保健センターでは、出前健康教室を行っています。夜間でも、少人数でも大歓迎です。ご希望の方は、保健センター(℡73-7533)までご連絡下さい。ひのかげの輪皆さん是非見に来てください。水神社で神楽を奉納しています。年に2回、4月と11月の例祭日には宮富士本憲さん(25歳:袴谷)『花嫁募集中』と思います。げんもん」をご紹介したい一人でも多くの「ひのかくものです。に友人・知人を紹介してい老若男女を問わずリレー式方が近況を報告しながら、このコーナーは、町内の菊池司さん(76歳:本町)『健康が一番』を整えてあげたいです。しています。園児が元気良く走り回れる環境た夕方には、保育園横の児童公園の手入れをを楽しんでいます。休日や、人がいなくなっ朝・夕は愛犬「サブ」と散歩、夏は鮎釣りフラワーパークだより9まいど!この文章が広報に出る頃には大人神楽が無事成功しホッとしているヒデジです。先日、熊本県水俣市の視察に参加させていただきました。「丸ごと生活博物館」という取り組みでした。ある何の変哲もない集落を一つの博物館に見立て、学芸員と呼ばれる案内人が説明したり、料理や工芸に秀でた匠が居たりと、魅力的なものにしていました。視察に参加した人達からは「これなら日之影の方が見るものが多い!!」とと口々に話していました。つい「日之影にゃ、な~んも無え」と言いがちですが、外から眺めることで改めて自分達の住んでいる地域の事が“見えた”のではないでしょうか。日之影町には15年も続けて毎年1人訪れるお客さん(緑のふるさと協力隊)がいます。学芸員や匠は、フラワーパークのムツ子さんを始め、数多く居ます。私にとって日之影町は、あるものだらけ。自然もすばらしいし、こんな深い渓谷に集落があるのは珍しい。行事も多く、まつりもある。また、面白い話をする人や人間として魅力的な人、親切でやさしい感じいいの夫婦。魅力はたくさんあります。私も微力ながら、外に向けて情報発信しています。最近の社会情勢を見ると、都会生活の危うさが改めて露見したように思えます。不動産バブルも単に土地や建物を転売して利きやを稼ぐためにお金を借りて購入し、転売され続けたものは本来の価値とはかけ離れた値段になり、やがて買い手がなくなるトランプのババ抜きみたいなもの。農山村の暮らしは決して楽なものではありませんが、都会のように路上生活者もいないし、少なくとも飯は食っていけるのではと思います。半農半X(エックス)という言葉があります。自分で食える分の農業とその他に何らかの現金収入手段を持つことです。できるだけその現金収入手段は自分の“好きなこと”であるのが望ましいです。簡単な事ではありませんが…。世の中の仕組みは複雑そうで、実はいたってシンプル。シンプルな事を複雑にしているのが今の世の中だと思う、今日この頃です。緑のふるさと協力隊第15期生荻田英爾すくすく育ってね★谷川亜沙美ちゃん【平成20年1月10日生まれ】新日之影中雄司さん・みえ子さんの三女★橋本幸村くん【平成20年1月20日生まれ】神影社宅直也さん・友美さんの長男●掲載を希望される方(1才未満のお子さんを対象とします)は、役場企画開発課(87‐3910)までご連絡ください。ふるさとめぐり(集落紹介)31町史編纂事業(日之影町史1から11巻)で、それぞれの分野にわたり詳しくまとめてありますが、刊行されている町史の内容も含め、紙面の都合上掲載されなかったものを連載していきます。〜追川上1〜追川上は、大尾平(尾大平)・道野・畑野・百舌鳥山の4集落からなっている。日之影町全図には大尾平とあり、昭和47年の林道記念碑には尾大平とある。古老に聞くと、もともと尾平とも言っていたが、大が付くようになったのははっきりしていない。とも話されていた。又、道野・畑野も以前は道野尾・畑野尾と言って、尾が付いていたが、日之影町全図では尾が付いていない。これもいつ頃からこのようになったのかはっきりしないと言う人もいる。特に地名はその集落の生い立ち、歴史を物語るものが多いので、地図作成の場合は慎重に、集落住民の話を聞き、確実な標記をして後世に残す必要があると思った。追川上区は昭和20年の統計によると世帯数14戸、人ロ102人の集落であったが、平成20年6月の統計によれば、世帯数10戸人口27人、世帯数に比較して人口の極度に減少した過疎の区になっている。住民の生業は以前はほとんどが農林業であったが、現在は農林業専業の家は少なく、他に職を求める兼業の家が多い。集落も一軒家が二ヶ所、他の集落も2戸・6戸の区の構成である。大尾平には、享和二年・文化六年・天保十五年と書かれた木札のある天神宮がある。集落の人は、ハヤタカ天神と呼んでいる。どのような文字を書くのかはっきりしていない。祭神に夕力の発音があるところをみると、鷹・天神宮とあるのは菅原道真公も祭神になっているのではなかろうか。町内には、鷹を祭神にしているものが巣山神社、阿下に拝鷹天神がある。大尾平から少し離れたところに一軒家の道野がある。家に行く手前の右上に、明三十八年六月十八日に建立された庚申の青面金剛があり、台座に二人の邪鬼と、見猿・言わ猿・聞か猿の三猿の彫刻がある。日之影町全図の標記大尾平・林道記念碑の尾大平、再検討の必要があろう。詳しくは町史村の歴史を参照していただきたい。(執筆者)町文化財専門員小谷實男大尾平集落(町全図標記による)ハヤ(イ)タカ天神道野青面金剛像標識ひのかげ議会だより発行:日之影町議会編集:議会広報編集委員会鉄道2車両輸送委託料に770万円平成20年度一般会計補正歳入の主なものたばこ税等600万円の減額普通交付税2,500万円追加県補助金等(個性と工夫で頑張る地域づくり応援等)災害復旧債等で265万円追加歳出の主なもの温泉駅周辺施設整備事業1,245万円追加1,357万円追加町道維持補修費(9路線[注1])368万円追加現年発生土木災害復旧費635万円追加歳入歳出補正を4,102万円追加歳出総額が54億7,407万円となる9路線[注1]1.後梅横迫線4.日之影家代線7.日之影諸塚線2.谷下諸塚線5.二又上長川線8.運動公園線3.小ヶ倉九重線6.宮水、戸川線9.東深角松葉線所管事務調査総務文教常任委員会生活習慣病対策・福岡県久山町九大との連携で死亡者の70%以上が病理解剖されており、九大第2内科との共同事業により40才以上の健診を80%以上の高率で実施している。・福岡県筑後市高齢者に対して体力づくり事業と介護予防を柱に「健康のまち21」を策定。高齢者自らによるボランティアを中心とした「地域デイサービス事業」を展開している。経済建設常任委員会1大分県九重町「中山間地域の農林業の振興と被害防止策について」・「特定流域総合治山事業」湧蓋山一体を中心に平成18年から平成22年度までに約15億円の事業である。本町より緩やかな斜面であるが人工林から崩壊している状況をみると森林管理、植栽樹種の選定にも若干の問題があったのではないか。今後の森林の生かし方次第で災害の度合も変えられると考えたが、本町の雨量、地形、人工林等を考慮するとまだまだ治山ダム等の設置建設が必要と考える。2長崎県諫早市「有害鳥獣対策事業」イノシシ耕作放棄地が日本一のところであり、それを管理する環境対策、進入防止柵による防護対策、個体数の管理をする捕獲対策があり、農業委員会、JA、農業改良普及センターが連携して、有害獣の環境対策として牛の放牧をしている。本町の地形を考えると多少問題もあるが有害獣対策としてだけでなく耕作放棄他の解消、畜産業として自給飼料率の向上、労力の軽減、繁殖率の向上に貢献するものと思われる。高齢化が進むなかで農林業の振興対策として有効と考える。議会活動報告12月17日全議員により、平成19年の鹿川災害復旧現場の進捗状況調査を行った。総合開発特別委員会最終報告杉本道生・旧町立病院跡地耐震補強、リニューアル完了後、商工会が指定管理として運営、中央地区のコミュニティ施設として各種会合、健康増進事業、災害時の避難所等幅広く利用されており、中央地区の活性化の拠点施設として更なる有効利用策を考えるべきである。・平底運動公園本年7月に供用開始されたイベント広場の整備事業をもってほぼ完了した。多目的広場整備事業以来、各種スポーツ大会・団体等を中心に利用されている。イベント広場の利活用、管理棟の改善、駐車場の整備、歩道全体の砂利の混入等の課題も残っているが、施設の随時改善とあわせて創意工夫により、施設管理費の更なる経費削減に努力されることを望むものである。今後予想される大規模な災害事故等に備えて町民の安心安全を担保するという重大な責務を負う施設でもある「癒しの森運動公園」として広く町民に愛され親しまれることを切望するものである。運動公園については、事業の中に委員会の意見を少なからず反映することができたと考え、この特別委員会の所期の目的は概ね達成できたと考える。特別委員会を開催・土地利用一体型水防災事業特別委員会委員長谷川定士11月28日委員会を開催。町建設課から事業内容について説明を受けた。・高千穂鉄道財産審議特別委員会委員長甲斐喜夫事業内容調査のため12月11日委員会を開催一般質問甲斐喜夫社会教育の振興について【問】今後の交流学習、体験学習を通じた少年教育のあり方並びに20周年を通した高宮小と日之影小との交流、今日迄の評価と反省、今後の計画はどうするのか。【教育長】校長会と協議を重ね、小学校高学年と中学生を対象に町内の民泊等で生産活動を通した体験教育を実施。福岡県の高宮小との交流は社会性の基礎能力育成に効果。21年度迄は継続し、両校の保護者、PTAで協議を重ね、両校の交流活動を見守り、支援をしていく。学校教育の振に興ついて【問】学校統廃合問題についての今日迄の評価と反省、さらには今後の計画と本町独自のオリジナル性は…。【教育長】評価としては、基礎学力、社会性の基礎能力、学校の活気、財政負担の軽減等々効果あり。反省として、校区拡大によるPTA活動等の停滞気味の懸念。今後は近い将来、小学校一校としたい。平成21年度から小中学校教職員全員に小中学校兼務辞令をかけ、小中学校間での教育活動を補充、深化・総合させ、小中一貫の教育活動を名実ともに完成させたい。甲斐健司道路行政について【問】町道の舗装率と改修率はどうなっているのか【町長】町道253路線、延長432km、改良率28・4%舗装率62・7%。農道51路線、延長29km、舗装率90・4%。林道45路線延長152km、舗装率68・3%【問】今後の町道、農道、林道の改良改修について年次計画を立てるべきではないか【町長】本町は広大な面積を有し、地形は急峻であるため改良舗装の整備は思うように進まないのが現状であるが、これまで第4次長期総合計画、過疎計画等の計画に基づき整備計画を立て、国県の制度事業等を活用しながら進めてきた。今後もこの方針に沿って過疎計画等で財政状況を考慮しながら実施したい。【問】コミュニティバスは6月より運行されているがこの道順について町民は満足しているのか。見直しについては検討しているのか【町長】全ての集落に運行するという当初の目的は達成されている。ただ同じ集落内であっても地理的条件で対応しきれていないところがある。ダイヤ改正は宮崎陸運支局に変更登録申請を出し承認が必要であるので来年4月からのダイヤ改正に向けて対応したい。佐保満男どうなるデジタル放送【問】町内調査の進状況は【町長】NHK共聴が12で3組合が改修済、一般共聴14については9施設を調査、日之影、八戸中継局が来年夏開局の予定、その後町内全世帯の調査を実施する。【問】受信不可能地域の出る予測は【町長】山影等により、難視世帯の発生が予想されるが共聴施設の改修、受信点の変更、共聴施設の新設等含め解消を図りたい。様々な機会を通じて、要望活動をしていく。【問】下批杷町有林(杉伐採)跡地は景観を重視し自然木を植栽すべきだが【町長】自然木植栽が一番ベターで有ると考えている。天然更新を含め企業の活用も検討していく【問】傾山系の登山道の荒廃と案内標識の不足について【町長】日陰林道は来年度以降、黒仁田林道については森林管理局と相談をし対応したい。案内標識もセラピーと連動した統一的なサインの整備をしなければと考えている。【問】新百性山、ニツ岳山をPRすべきでは【町長】傾山系は高山植物の宝庫である。今後は専門雑誌等の利用とPRも強化して行きたい。教育行政【問】日之影町教育の日も定着して来たが教師、保護者、町民の受け止め方、成果と反省点は【教育長】保護者、町民の感心は年毎高まっている。学校・地域・家庭の精神的距離が縮まり我が子、我が孫の様な気持ちが町民の意識の中で芽生えて来た。時期と内容については今後検討していきたい。【問】携帯電話の児童生徒の所持率等は【教育長】親や兄姉の携帯を借りて友達に交信メールをしたことのある子供が中学生36%。小学高学年で5%いた。【問】携帯のリスク教育について【教育長】町教育委員会は校長会で協議し、児童生徒に指導するとともに保護者には「持たせない、使わせない」の啓発運動を行って来ている。学校、家庭が連携を密にして安全で健全な使い方を指導していく時代が来ていると考る。佐藤功地デジ難視聴地域対策について【問】本町内難視聴地域比率は?【町長】地デジ世帯カバー率は全国で93%。宮崎県で89・5%。本町は45%程度となっている【問】国県に対する要望活動とその動向は?【町長】町村会、県北広域行政、フォレストピア圏域、知事との膝詰めトーク、町単独での九州総合通信局への要望、地元選出国会議員への働きかけ等様々な機会を通じ地方の実情を訴えている。又、中山間地域での対策が取り残される事のない様、財政及び技術的支援について引き続き要望活動を実施したい。【問】個人負担軽減の具体的策は?【町長】国はデジタル化に向けた共同受信施設整備に係る経費の2分の1を補助するが21年度は3分の2に引き上げられる。NHKの補助制も今月中間に詳細が示されるので、各施設の改修費の精算を急ぎ一般家庭との公平性に留意し個人負担を決定したい。【問】難視聴地域住民への説明会開催予定は【町長】共聴組合への説明会、戸別聞き取り等行って来たが、今後受信点調査の結果や費用負担の決定をふまえて説明会を開催したい。介護療養床廃止の中止を求める陳情書介護療養床が廃止されると、医療難民、介護難民が各地であふれるとして、反対の意見が付されている。編集後記謹んで新春のお慶びを申し上げます。昨年は幸い、大きな災害等はありませんでしたが、原油の高騰、世界的な金融危機、景気後退と今後更に地方への影響が危惧されます。さてこの度の議会編成替えにより、新しく議会広報委員に選任されました。今後もより見やすく親しまれる広報づくりを目指して委員一同努力して参りたいと思います。町民の皆様の御意見、感想等も遠慮なくお寄せ下さい。よろしくお願い致します。編集委員長杉本道生編集副委員長甲斐健司編集委員木本孝良編集委員佐藤功住民税申告受付を行います2月12日(木)~3月16日(月)昨年と会場・時間が変更になっています。役場税務課では、平成21年度の住民税申告受付事務を下記の日程で実施します。なお、会場によっては午前午後を分けて行いますので、時間内においでください。また、税務署より確足申告書の用紙が送付されてきた方は、住民税の申告をしなければ、確定申告書作成ができない場合がありますので、各会場で住民税の申告を済ませるか、役場税務課にご相談ください。《役場内での申告受付について》役場内での受付は、大変混雑しますので電話予約の方のみ受け付けます。ご協力ください。平成21年度住民税申告日程(受付時間16:00~87-3901)月日実施時間地区名実施会場末市・高巣野椎東深角谷西深角椎谷営農研修館団七踊りの館平底・影待長谷川地区活性化センター徳富・長谷川一の水・中尾波瀬松の内・新畑・奥大菅・楠原・谷下・吐の内長谷川地区活性化センターさくら館鹿川鹿川営農研修館中川岩井川中尾・中崎・小崎中村・上下顔大楠竹の原西日之影・上日之影・東日之影・高校通り・日之影営林・下日之影・竹の瀬楠元・神影上・神影中・神影下・新日之影上・新日之影中・新日之影下袴谷・西宮水・仲畑・東宮水尾村・崎の原・仲畑・袴谷住宅中川営農研修館中央研修館中央研修館中央研修館福祉館平清水小菅戸川福祉館舟の尾・新町阿下・椛木稲荷町・駅前通り・中央通り・本町東町・八戸駅・八戸上・梁崎興地・河内田吹・星山・大山糸平・大平・二又鳥屋の平・樅木尾・下小原・今竹新町公民館黎明館黎明館小川の郷白仁田・戸の口・諸和久上・諸和久下・下鶴・川中・高橋・上高橋仲組公民館赤川・仲村・広瀬・煤市・川の詰・上川上・上川下・中の詰・藤谷・奥村せせらぎの里古園・大人上・大人西歌舞伎の館大人東・仁田野・大人下中・大迫住宅歌舞伎の館松の木・鶴の平・上小原田植え踊り館乙草・上栃の木・栃の木追川上・追川中・追川下追川公民館矢形的・大瀬・横迫・後梅山附ふれあいセンター予備日中央研修館予備日◎延岡税務署による確定申告受付及び申告相談は2月26日・27日。会場は高千穂町自然休養村センター。第8回宮崎県障がい者スポーツ大会出場者募集!一緒にスポーツを楽しみませんか!~Let'senjoydoingsports!~◎開催日平成21年5月10日(日)◎場所宮崎県総合運動公園ほか◎応募締切平成21年1月29日(木)◎申込先日之影町障がい福祉係まで◎参加資格1平成21年4月1日現在、13歳以上の者2身体、知的、精神それぞれの手帳の交付を受けた者、あるいはその取得に準ずる障がいのある者3県内に居住している者個種開催競技身体障がいの部知的障がいの部精神障がいの部場所人目団体種目陸上競技水泳卓球アーチェリーフライングディスクボウリンググラウンド・ゴルフ※身体障がいの部では、競技の中での出場できる種目が、障害区分によって決まっています。県総合運動公園陸上競技場県総合運動公園室内プール県総合運動公園体育館県総合運動公園武道館弓道場県総合運動公園運動広場宮崎エースレーン県総合運動公園木の花ドーム※内部障がい(ぼうこう又は直腸機能障がい)の方は、陸上競技、アーチェリー、フライングディスクに出場でます。※開催日、会場については正式決定通知前ですので12月時点での予定です。※お問い合わせは、宮崎県障害福祉課0985(26)7068又は宮崎県障害者スポーツ協会0985(27)7417まで大阪府豊中市津島洋記様佐保守敏様東京都世田谷区高橋潔様町内(高巣野)甲斐亮典様宮崎県宮崎市福岡県福岡市喬橋英憲様宮崎県延岡市甲斐和徳様徳島県徳島市佐藤公美様○ふるさと応援寄附代表水谷正彦様るーず・びーと東京都港区有井光子様千葉県千葉市東京都町田市氏川誠様埼玉県三郷市工藤春加様○一般寄附ありがとうございましたてこの制度に加入しています。す。なお、県内の産科病院はすべ分3万円を今回引き上げるもので制度です。この制度への掛金相当妊産婦に補償金3千万円を支払う性まひの赤ちゃんが生まれた場合、れるもので、通常の妊娠分娩で脳よう環境整備の一環として創設されは、安心して赤ちゃんが産める療補償制度」が開始されます。こ平成21年1月1日から「産科医38万円に引き上げられます出産育児一時金が35万円から乳児健診・幼児健診(保健センター)(福祉館他)老人大学・高齢者教室(役場前)飼えなくなった犬の引き取り25日心配ごと相談(町民センター)乳児学級(保健センター)心配ごと相談(町民センター)18日行政相談(町民センター)17日予防接種(保健センター)14日育児学級(保健センター)(役場前)10日飼えなくなった犬の引き取り(宮水小体育館)8日町民のつどい(仲組・見立せせらぎの里)5日巡回診療日4日心配ごと相談(町民センター)2日健康ウォーキング(役場前)(町民センター)1日日之影町PTA大会2月の主な行事椎谷小谷實男様高巣野高橋潔様(教育委員会12月受付)●奨学資金寄付高巣野高橋潔様●一般寄付東宮水宮田キミ子さん夫健一さん日向市高尾徳重さん妻明美さん迫川下高岡千津子さん夫文昭さん住所遺族名続柄故人名●香典返し(社会福祉協議会12月受付)ありがとうございました人のうごき◎人口男女合計出生死亡◎世帯数転入転出12月の交通事故発生状況○人身事故○死者○負傷者○物損事故○死亡事故「0」達成日数51日目乾椎茸入札速報(宮崎県経済連椎茸流通センター)品柄別箱数及び単価入札月日:平成20年11月21日箱数(箱)単価(円)概況今回前回今回前回香信系香菇系冬菇系特用系その他合計秋子主体の出品でした。業者在庫過剰気味により、全体的に保合い市況でした。町の話題第3回のひのかげイルミネーションまつり日之影の風物詩となっている第3回ひのかげイルミネーションまつり(七折中央公民館主催)が12月20日、旧町立病院跡の活性化センター周辺で行われました。会場では子ども達へのケーキのプレゼントや、婦人部の皆さんによる豚汁・ぜんざいのふるまい、ビンゴゲームや絵本の読み聞かせなど、たくさんの催しで一足早いクリスマスを楽しみました。映画鑑賞会レクダンスの皆さんと一緒に楽しいダンス高巣野サンルームにも干支のイルミネーション高齢者叙勲受賞おめでとうございます小谷實男さんに地域文化功労者表彰(文部科学大臣)12月1日高齢者叙勲が内閣府から発表され、元日之影町議会議員吉村文市氏(88歳)が、旭日単光章を受章され、12月22日町長及び議長から伝達されました。昭和34年2月町議会に初当選以来、昭和46年2月までの3期12年の永きにわたり在職され、地方自治の振興と地域の発展に熱意をもって取り組まれ、本町の発展に尽くされました。んでほしいものです。たんばりん標に向かって焦らずじっくりと歩迎える二人の子どもがいます。目今年我が家には新しい旅立ちを清める風習を思い出しました。に見立てた白砂(シラス)をまいてにニュースで見た都城地方の、雪られた気持ちになりました。年末一面うっすらと雪化粧で、心清め元日の朝、夜が明けるとあたりすが、よろしくお願いします。今年も取材等でお世話になりまおめでとうございます。あけまして編集後記トびロはでー日届すス之い。訪影た欲問町かしに青なか子年。っど団たものプ達サレはンゼ大タン喜ク地域文化の振興に功績のあった個人及び団体に対して文部科学大臣が表彰する地域文化功労者に小谷實男さん(椎谷:86歳)が選ばれ、12月9日役場町長室で伝達式が行われました。小谷さんは57年3月まで小中学校の校長を勤められ、58年4月から町文化財専門員に就任し、現在も会長としてご活躍されています。宮崎県県史編纂協力委員、県文化財保護指導委員等も務め、平成元年7月から平成13年3月まで日之影町史編纂委員として、町史全11巻のすべての編纂・執筆に精力的・献身的に携わり、現在は広報ひのかげに「ふるさとめぐり」の執筆をいただいております。これからも健康に留意され、ますますご活躍いただきたいものです。今年もサンタがやって来た!!ます。黒木さんを中心に毎年作られ利用者の三浦さん、柳田さん、清流園の玄関を飾る門松は、今年も立派な門松が出来ました!!町の風景
1 4490 広報ひのかげ 第513号 2008年1月発行 20080115 1月 m19_acv-hinokage_200801_0513_20210413_00 広報 https://hinokage.miyazaki-ebooks.jp/actibook_data/m19_acv-hinokage_200801_0513_20210413_00/iPhone/text/1.xml ActiBook [[4.8.7.0_SD]]_4.0.0.1 広報ひのかげ 第513号 2008年1月発行No.513ご成人おめでとうございます今月号の主な話題●新年あいさつP2●平成19年主な出来事P3●平成20年消防始式P4●トピックスP5●ふるさとめぐり(集落紹介)20P7●議会だよりP8~P11●町の話題P14謹賀新年町長津隈一成町民の皆様、明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、ご家族おそろいで輝かしい初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。年頭に当たり、今年が皆様にとって健康で明るく希望に満ちた年でありますようお祈り申し上げますとともに、日頃からの町政全般に対する温かいご理解とご支援に心から感謝申し上げます。昨年を顧みますと空梅雨の後、半夏生から長雨が続き、その後、台風4号・台風5号が来襲し、見立地区・鹿川地区において、甚大な被害を被りました。被災されました方々に、改めて心からお見舞いを申し上げます。そのような中にあって、本町は恵まれた自然環境を最大限活かした地域づくりを進めるため4月に全国初、九州では1箇所、森林セラピー基地として、地域振興や官民協働の推進体制を整え、グランドオープン致しました。こうした「自らの創意工夫により、優れた施策を実施し、地方自治の充実発展に寄与した市町村」として、11月に東京で開催された地方自治法施行60周年記念式典において、総務大臣から地方自治功労の団体表彰を受賞いたしました。また、明るい話題として、産業部門では、鳥取県米子市で開催されました全国和牛能力共進会で、諸和久の井植盛行さんの「たかひめ9号」が、全国チャンピオンとなり、内閣総理大臣賞を受賞されましたし、「高千穂ひのかげ栗」の、販売額が1億円を突破し、品質・単価とも日本一になりました。スポーツ部門では、日之影中学校の谷川浩太君、宮崎工業高校の黒木晃平君が県大会および全国大会で、輝かしい成績をおさめてくれました。更に、社会部門において、社会貢献に努められた山本教生さんが、夕刊デイリー明るい社会賞を、日之影中学校の伊東剛史君が、宮日中学生英語暗唱大会で最優秀賞を受賞されました。その他、団体・個人と多くの方々が活躍された年でありました。さて、新しい年を迎え、社会情勢が大きく変化する中ではありますが、本町の現状を的確に把握し、限られた財源の重点的・効率的な配分に努めながら「農林業等産業の振興」、「安全安心で利便性の富んだまちづくり」、「高齢者にとって優しい福祉のまちづくり」、「恵まれた自然環境を活かした交流のまちづくり」、「子供達を心豊かに育てる教育のまちづくり」を重点施策として、創意と工夫で、この難局を乗り越え住民福祉の向上を目指し、先頭に立って取り組む所存でございます。町民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げまして新年の挨拶といたします。議会議長甲斐徳仁謹んで新春のお慶びを申し上げます。町民の皆様方におかれましては、穏やかに新年をお迎えのことと思います。年頭にあたり町議会を代表致しましてご挨拶申し上げます。町民各位におかれましては、日頃より町議会に対しましてご理解・ご協力を賜り心から厚くお礼申し上げます。昨年は8月に台風5号が襲来し、本町に多くの被害をもたらし、特に見立・鹿川地区は過去にない大災害を受けました。被災されました方々に心からお見舞いを申し上げます。また、県道の崩壊により孤立した見立地区への消防団、県の防災ヘリ、職員、ボランティア等の支援協力、地元業者の方々による寸断された県道路の復旧等につきましても改めて感謝と敬意を申し上げます。一方、畜産、果樹、社会貢献、スポーツ等で日本一、県代表等多くの方々のご活躍により日之影町を有名にしていただきました。これも日頃からの努力の賜であり感謝申し上げます。『平成』となり早いもので20年目を迎えました。本町を取り巻く社会情勢も課題山積みではありますが、課題解決に向けて着実に確実に一つずつ町議会と行政が一体となり取り組まなければ町民の付託には応えることはできません。本年も更に町議会に対しましてのご理解とご協力をお願いし、重ねて町民各位のご健勝とご多幸を心より御祈念申し上げまして議会代表の挨拶といたします。平成19年主な出来事2月○黒木晃平君(宮崎工業高校3年)全国高校総合体育大会陸上競技円盤投げ第2位(8/6)10月○山本教生さん夕刊デイリー明るい社会賞受賞(10/5)○緑資源幹線林道宇目・須木線「日之影・南郷」区間開通式(10/9)○第9回全国和牛能力共進会鳥取大会日本一「宮崎県」第4区(繁殖雌牛群の部)に出場諸和久井植盛行氏出品牛「たかひめ9」農林水産大臣賞、内閣総理大臣賞受賞(10/14)○平底コミュニティセンター落成式(2/22)3月○日之影町教育委員会文部科学大臣表彰(英語教育の充実)(3/3)○平成18年度宮崎県SAP冬期大会優秀賞(プロジェクト発表の部)日之影町SAP会議理事長甲斐裕樹氏(3/15)○松の木地区コニュニティ施設(田植え踊りの館)落成式(3/21)○「深角団七踊り」県無形民俗文化財に指定(3/22)○八戸中学校閉校式典(3/25)○旭化成(株)延岡支社との「企業の森」調印式(3/29)○八戸中学校閉校日之影中学校へ統合(3/31)4月○森林セラピー基地グランドオープン(4/21)○全国スポ・レク祭開催地に決定(H21.10.17~20実施)(10/18)○岩本二三男さん精神保健福祉事業功労者知事表彰を受ける(10/18)○八戸小学校創立50周年記念事業(10/21)○ひのかげ渓谷まつり2007開催(10/27~28)11月○小谷實男氏宮崎県地域文化功労者教育長表彰を受ける(11/2)○西田晴貴君(日之影中学校2年)宮崎県中学校総合体育大会陸上競技400m第1位(11/5)○日之影町地方自治功労団体表彰(総務大臣表彰)を受ける(11/20)○宮崎県農村女性指導士に藤原洋子さん(新畑)、脇坂二美子さん(鹿川)認定(4/25)5月○大人歌舞伎保存会宮崎県地域づくり顕彰奨励賞受賞(5/9)○現代の名工竹細工職人「廣島一夫展」開催7月(5/16~21)○第1回がまだせ日之影町農林業振興大会(7/2)○谷川浩太君(日之影中3年)宮崎県中学校総合体育大会陸上400m第1位(7/24)8月12月○台風5号襲来(鹿川・見立地区に大きな被害)(8/2)○伊東剛史君(日之影中学校3年)第17回宮日中学生英語暗唱大会最優秀賞受賞(12/1)○日之影町国保病院狩野文夫先生着任(12/3)威風堂々平成20年消防始式平成20年日之影町消防始式が1月5日(土)、橋本典親団長以下264人の団員が出動して行われました。日之影小学校での機械器具点検、通常点検のあと、ラッパ隊を先頭に役場前まで市中行進し、日之影大橋下では一斉放水が行われました。続いて行われた表彰式では、日頃の功績や協力者への感謝を表し、消防行政に貢献いただいた団体及び個人に表彰状が手渡されました。地域防災には欠くことのできない消防団の皆さん、今年も頑張ってください。[第16部団員]西辰生[第4部団員]平川浩二[第4部団員]甲斐欣一[第4部団員]山室洋次[機動部団員]佐藤金蔵[第16部班長]甲斐寿治[第7部班長]戸高孝洋[第3部班長」甲斐秀則[第1分団副分団長]興梠寿○勤続15年◎宮崎県消防協会西臼杵支部長表彰[植田育宏本部付分団長夫人]植田典子[三宮正次本部長夫人]三宮美恵子○内助の功甲斐好英前日之影町消防団長◎宮崎県消防協会会長感謝状[第18部部長]高橋健[第13部部長]工藤久則[第12鄙部長]甲斐和幸[第10部部長]工藤英之[第2部部長]甲斐義久[機動部部長]飯干真次[第1分団副分団長]興梠寿○精績章[分団長]松本透[分団長]工藤俊夫○功績章◎宮崎県消防協会会長表彰[第5部団員]伊東利幸[本部付分団長]植田育宏○勤続章[分団長]高見一行○精績章(※県消防大会伝達)◎日本消防協会会長表彰[第17部部長]甲斐栄喜[第4分団副分団長]飯干賢二[第3分団副分団長]佐藤靖則[第1分団副分団長]興梠寿◎宮崎県知事表彰日之影町消防団表彰者[分団長]松本秀久[団長]甲斐好英(元階級)(勤続年数)○退職消防団員(勤続15年以上)◎日之影町長感謝状[第18部団員]橋本雅嗣[第18部団員]甲斐康弘[第18部団員]押方英隆[第16部団員]甲斐広次[第16部団員]西道[第13部団員]甲斐猛[第13部団員]戸高浩二[第12部団員]田鹿司[第12鄙団員]甲斐鉄也[第11部団員]菊池利彦[第11部団員]清水順一[第10部団員]池田尚弘[第10部団員]工藤庄吾[第4部団員]岩本尚格[第1部団員]橋本務[機動部団員]甲斐友康[第7部班長]山本恵[第7部班長]甲斐英樹[第5部班長]森本慎一○団員表彰[第18部団員]杉本泰章[第11部団員]甲斐造[第10部団員]松田博喜[第7部団員]新名好文[第17部班長]飯干誉[第10部班長]甲斐今朝光[第9部班長]山尾成人[第6部班長]甲佐勝弘○永年勤続20年表彰[第18部班長]丹波昌二[第17部班長]押方明弘[第9部班長]高見光一[機動部班長]甲斐貴士[機動部班長]山室猶基[第16部部長]甲斐徹[第13部部長]工藤久則[第10部部長]工藤英之[第3分団分団長]工藤俊夫○永年勤態25年表彰◎日之影町長表彰宮崎部○消防団雇用◎日之影町消防団長表彰[団員]一水英喜[団員]井川慶龍[団員]佐藤今朝人[団員]所谷章伸[班長]馬崎純一[班長]戸高泰英[班長]鳥飼日登美[班長]甲斐金盛[班長]甲斐勝[班長]戸高司[班長]黒木康典[班長]後藤長[班長]城尾一令[部長]飯干和男[部長]飯干栄「部長]上田英夫[部長]菊池芳文[部長]甲斐学[部長]佐藤孔亮[部長]矢[部長]星通本広嘉[部長]飯干喜次郎[部長]山室真一[部長]工藤朝海[部長]米良祥一郎[分団長]關秀次郎[分団長]飯干正幸大橋下での一斉放水品(株)典喜信之第58回日之影町成人式第58回日之影町成人式が1月4日、町民センターで行われました。今年成人を迎えた、昭和62年4月2日から昭和63年4月1日までに生まれた男女75人のうち44人(男22人、女22人)が出席し、成人証書を受け取りました。成人者を代表して藤原慎太郎さん(新畑)が「郷土を愛し、町内から離れて住む者も、お互い助け合い、力を合わせ町の発展のために尽力します。」と誓いの言葉を述べました。式後の新成人意見発表では、高橋愛可さんと本田正之さんが、成人者としての将来の目標・決意を発表しました。夕刊デイリー「明るい社会賞」受賞八戸中央通りの山本教生さん(80歳)が、町内では初めての平成19年度・第34回夕刊デイリー明るい社会賞を受賞されました。山本さんは、8年前に国道218号椛木バス停から新町バス停間と近くの山に桜の苗木250本を植栽したのをはじめ、3年前からは同国道沿いに、アジサイやマリーゴールド、サルビア、パンジーなど、四季折々の花を植栽・手入れをしながら、地区住民や通行者の心を和ませています。現在、差し穂をしていたアジサイの苗600本余りも元気に育っており、2月末には植栽する予定です。花いっぱいの町づくりを目指して。「体の動くかぎり頑張りたい。」とおっしゃっていました。宮日中学生英語暗唱大会第17回宮日中学生英語暗唱大会が行われ、県内37校133人の応募の中からテープ審査を通過した18人が出場し、日之影中学校3年生の伊東剛史君が第1位、同じく3年生の志賀栞さんが第2位に輝きました。先生と相談して選んだ絵本から伊東君は「TheBlueSeed(青い種)」という本を、志賀さんは「DowntheHill」という本を題材に、発音や表情に気をつけながら登場人物の台詞の声色を工夫したり、ジェスチャーを交えたりしながら発表しました。最優秀賞の伊東君には、春休みに米国ホームステイ研修が送られました。人権ポスターコンテスト平成19年度小学生人権ポスターコンテストで、高巣野小学校の甲斐祐朱さん(4年生)が延岡人権擁護委員協議会優秀賞を、飯干大地君(5年生)が同協議会奨励賞を受賞しました。12月19日には同校で表彰式が行われ、延岡人権擁護委員協議会長の林田ノブ子さんより表彰状と記念品が手渡されました。「自分を大事に友達を大事に」命をそまつにする出来事がたくさんあります。わたしは、自分の命も友達の命もどちらも大切だと思いながら、ポスターに表現しました。「さみしい思いをしていませんか」ばくは、友達がいじめなどでつらい思いをしてはいけないと思い、表現しました。TOPICS高橋愛可さん(東日之影)誓いの言葉を述べる藤原慎太郎さん本田正之さん(糸平)受賞式会場にて第1位伊東剛史君第2位志賀栞さん優秀賞甲斐祐朱さん奨励賞飯干大地君ひのかげの輪ま皆しさょんう、。風邪をひかないよう気をつけ星本紘志さん(30歳:星山)『あけましておめでとうございます』と思います。げんもん」をご紹介したい一人でも多くの「ひのかくものです。に友人・知人を紹介してい老若男女を問わずリレー式方が近況を報告しながら、このコーナーは、町内の西萬さん(71歳:西深角)『健康第一』しいですね。します。元気でやさしい子供に育ってほ今春、内孫・外孫が二人、小学校に入学フラワーパークだより9あけましておめでとうございます。去年の4月にみどりのふるさと協力隊として、日之影町に来て、とうとう年が明けてしまいしました。協力隊として日之影町にいられる時間は残り少ないですが、今年はどんな楽しいことがあるのかな、というようなわくわくした気持ちで、新しい年を迎えました。また、寒さも本番となり吐く息は白さが増すなか、朝、バイクで走っていると、霜で白くなって梅の剪定作業いる畑などの光景に驚かされます。さてフラワーパークでは、毎年、春に梅ちぎりをしています。梅の採れる時期に、フラワーパーク内にある梅を自分で採ってもらって、1kg100円で販売します。そこで今春に向けて梅の剪定をしました。梅の剪定はもちろん素人であり、何をどうしていいかわからず困っていました。しかし詳しい方に教えてもらいながら作業していくと、だんだん上手く出来るようになり、梅をきれいに剪定出来るようになりました。するとまるで盆栽をしているような気分になり、楽しくなってきました。自分で剪定した梅に美しい花が咲くのが、今から待ち遠しいです。梅の花の咲く頃には、皆さんもフラワーパークに花を見に来てください。そしてフラワーパークは、梅の花だけではなく、いろんな花があるので、花を楽しみに来てください。10月の大人歌舞伎に続いて1月の大人夜神楽にも参加させてもらうことになりました。毎晩、歌舞伎の館で練習しています。初めてなので太鼓のリズムになじめず戸惑つていますが、頑張りたいと思いフラワーパークの葉ぼたんます。緑のふるさと協力隊第14期生荒瀬圭司すくすく育ってね★鮫島司くん【平成18年11月24日生まれ】大迫住宅伸也さん・麻衣さんの長男★福川裕菜ちゃん【平成18年12月25日生まれ】楠原勝志さん・聖代さんの次女●掲載を希望される方(1才未満のお子さんを対象とします)は、役場企画開発課(87‐3910)までご連絡ください。ふるさとめぐり(集落紹介)20町史編纂事業(日之影町史1から11巻)で、それぞれの分野にわたり詳しくまとめてありますが、刊行されている町史の内容も含め、紙面の都合上掲載されなかったものを連載していきます。〜小崎〜地名の由来は定かではないが、口碑によれば、五ヶ瀬川と日向川に突き出したような出崎になっているのを川水流の小崎幸左衛門と言う人物が付けたと伝えられている。集落の存在は、道路記念碑文には天正二乙亥年開始セラレタル農村とあり、又、治乱記には小崎城の記述もあり(天正二年は一五七四年)今から四二三年前から存在したことが伺える。昭和20年の統計によれば、世帯数17戸人口133人の集落であったが、平成19年の統計によれば世帯数17戸人口56人になっていて、昭和20年は今から60年前になるが世帯数が変わっていないのも珍しく、人口から見れば過疎化の進んだ集落になっている。村人の生業は、以前は農林業が中心であったが、現在は専業の農休業の家は少なく兼業の家が多い。小崎は昔から水利の便が悪く、飲料水にも事欠くことが度々あったが、明治十六年(一八八三年)に水路開削の気運がおこったが意の如くならず、大正元年に竹の平榎迫谷に水源を求め大正五年に約10・3キロメートルの用水路を完成したと記念碑文にある。用水路開削によって畑作農業から稲作農業に転換する農家が多くなった。集落の堂山にあった祠堂が土砂崩れにより倒壊したので、祀られてあった仏木像9体、石像2体は公民館に祀られている。新日之影にある至徳山真楽寺は五ヶ瀬町の方から此の地に移され、大正二年から大正十年までは小崎にあった。寺跡と思われる場所が道路工事によって掘られ、その中から庚申塔や元文四年二月(一七三九年)の刻字のある墓石等が掘り出されている。しかしこれと真楽寺の関係は定かではない。日向川沿いの道路で車の離合に不便であった中崎城跡下の解決が久しく住民から願望されていたが、平成18年7月に神影大橋が竣工し、住民の願望が達成され日向川沿いの集落は便利になった。この他にも小崎大火、団兵衛とどろの話などあるが、機会があれば紹介したい。(執筆者)町文化財専門員小谷實男詳しいことは「町史資料編・村の歴史」を見ていただきたい。小崎集落疎水記念碑公民館に祀られている木像・石像真楽寺跡神影大橋ひのかげ議会だより平成19年度一般会計補正予算(第5号)【歳入補正】地方交付税分担金及び負担金使用料及び手数料国庫支出金県支出金財産収入諸収入町債【歳出補正】議会費総務費民生費衛生費農林水産業費商工費土木費消防費教育費災害復旧費公債費歳入総額歳出補正(普通交付税)(現年発生農地災害復旧費分担金等)(高齢者生活福祉センター使用料)(公共土木施設災害復旧費負担金等)(農山漁村活性化プロジェクト支援交付金等)(間伐木売払収入等)(公共施設被災共済金等)(現年発生単独災害復旧事業債等)(人件費)(無線インターネット施設整備工事請負費等)(管外保育運営費扶助費等)(人件費)(農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業費等)(観光施設修繕費)(道路維持費等)(消防施設補修経費等)(学校一般備品購入費等)(現年発生土木災害復旧費等)(長期債借入償還利子等)特別会計補正病院事業国民健康保険事業水道事業老人保健事業介護保険事業(人件費の補正)(医療給付費の増による補正)(繰入金と維持修繕費の補正)(事務費の補正)(保険給付費増による補正)行政報告書地方自治功労団体表彰総務大臣表彰を受賞平成19年11月20日東京国際フォーラムで開催された地方自治法施行60周年記念式典において「自らの創意工夫により、優れた施策を実施し、他方自治の充実発展に寄与した市町村」として表彰を受けた。教育委員の辞職について本町教育委員の馬場久吉氏から、病気に伴う一身上の都合により退職願いが提出され12月12日付けで受理、退職が同意された。委員会付託報告総務文教常任委員会日之影町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について大都市ではイザナギ景気を抜く好景気であると報じられているが、地方ではその実感が得られない、長引く林業の低迷、公共事業の依存度の高い本町では事業所の業務縮小や雇用解雇が進み本町の産業構造はますます厳しさを増している。一方職員給与は平成12年以降減額が続いており、今回人事院勧告を受け7年ぶりの増額改正案が上程、委員会では様々な角度から検証し過去の人事院勧告と環境が変化した現況下での相違については、職員と町民との意識乖離が否めない等と叱責ともとらえられる意見が委員多くから出された。しかしながら郡内最低、県下でも低水準にある給与体系の中で若年層職員は、本町の原動力であり、町民の期待は大なるものがある。町民目線での意識改革に努め奉職者としての基本を忘れる事なく、日々の努力を切望するものである。日之影町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、委員会の意見を重く受け止められる事を期待し、原案のとおり可決すべきものと決定した。経済建設常任委員会日之影町出水災害危険区域に関する条例の制定について平成5年、17年、18年と本町は未曾有の被害を受け、中でも中央地区は過去に無い大災害であった。地域住民の生命や財産はもとより安全安心な暮らしは。町民全ての願いであり、今回の条例が全国のモデル事業の先駆となり、真に自然を利用した河川との共生を図りながら、国、県と連携し進めるべきものと判断をした。よって本条例は全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定した。一般質問谷川定士農林作業担い手班設置とその対策につて【問】担い手班設置の考えは【町長】小糸山附農用地利用組合が結成されており、平成18年度は堆肥散布、田植え、収穫、乾燥、籾すり等約32ヘクタールの実績がある。高巣野興地地区は農機具共同保管庫建設、コンバイン、米乾燥機、畦塗り機等共同購入。尾村では中山間直接支払制度交付金により共同保管庫建設、今年度は竹の原でも米乾燥機を導入、来年度は鹿川でコンバイン、乾燥機導入。現在の受託組織がスケールアップしか集落営農に発展するための支援を推進したいと考えている。【問】支援策の手法等は【町長】地域の実態に応じた話し合い活動の支援、事務、経理の指導・助言等が可能と考えている。【問】担い手班の組織形態は【町長】集落ぐるみ型とオペレーター型の2つのモデルが考えられ、集落ぐるみ型は中核となる担い手が存在せず、育成も難しい集落に向いていると思われる。オペレーター型は、収穫物の販売を受託するタイプで集落外の農業も対象者となる。甲斐喜夫.新年度予算大綱について【問】政府は都会と地方の格差是正のため「地方再生戦略」を骨子とし、県は知事を中心に農畜産物の売り込み、切り込み隊長として宮崎県のPRに貢献しているが町長の「やる気」姿勢の予算編成の中で目玉となる事業はなにか【町長】本町の新年度予算の目玉となる事業は、八戸老人ホーム「清流園」の移転新築、乳幼児医療費助成事業の年齢引き上げ、特用林産物(椎茸)の支援、消防団OBの組織化、町内コミュニィティバスの運行等々。また、森林セラピー事業の更なる推進に努めていく。地域再生プラン(働く場、雇用の場づくり)について【問】企業誘致対策としての今日の実態と今後の対応【町長】株式会社もくみ、ミツワハガネ、ラサ工業、宮崎部品、清本鐡工等誘致活動行ったが立地条件整わず新たな誘致企業へは未実現。今後は「西臼杵雇用拡大協議会をたちあげ、郡の地域再生計画を策定し推進している。特に新規創造支援、飲食産業、加工産業、高千穂牛の生産に関連する事業、郡観光振興プロジェクト、森林セラピー基地としての森林体験型産業の創出等考えている。【問】オンリーワンの町づくり「一地区一資源一宝づくり運動」でできた共同体の今後の支援について【町長】「地域でできることは地域」でを基本とし、サポーター育成事業等をからませていく。【問】学校跡地、公的施設の有効利用策について【町長】八戸中跡地については福祉施設の活用。鹿川中跡地については、セラピーツアー、グリーンツーリズム、アグリホリデー事業等。高松中跡地については、民間等希望者には払い下げ、他の施設への転用、取り壊し等考えている。その他公的施設の利活用については意見等伺いながら十分検討していく。【問】元気の出る村づくり、地域資源活用促進としての加工場誘致について【町長】西臼杵地域再生計画で新規に業を起こす方々等希望があれば有効活用して欲しい。特に地域資源を活用した健康食品等々視野に入れ活動し、常にアンテナを高くして本町活性化の原動力になるよう努力していく。杉本道生高齢者福祉策【問】人材シルバーセンター事業も町民の多種多様なニーズに応え定着してきた。今後のPRと四輪駆動車購入により台風シーズン等災害防止活動として町道林道等の巡回はできないか【町長】平成14年から作業受託は3倍になった。福祉の向上に大きく貢献している。更にPRにつとめ人員確保に努める。四駆の購入と災害防止の見廻り事業は検討したい。道路整備対策【問】国交省が国道218号の日之影〜高千穂間で高速道路としての活用を想定したバイパスルートの調査を進め、この内約5キロのバイパス整備を前提にルートの選定を行っているとのことであるが、今後の見通しと町として地元を含めた対応について【町長】国交省も調査を続けており、地元の意向を聞きながら、今後のルートや整備個所を検討するとしている。地元に取り付け道が無いと町の発展はないので素案が出たら地元と協議をしたい。又許される範囲の情報も公開していく。【問】「教育の日」の今日までの総合的な評価と拡充策、更に中学校においける「教育の日」の時期、取り組み方等について検討、見直しの必要性を問う【教育長】町民の10・8パーセントが参観されるまでに定着して来た。本町教育振興に大きく寄与している。更に愛される学校運営活動をしていきたい。将来は「日之影町教育講演」の実施も考えている。現在小学校と同日に開催されている中学校の「教育の日」の開催時期については、校長会等で協議したい。佐藤功町長就任一年目を振り返って【問】就任一年を振り返って、反省点と総合評価について【町長】広報配布をしながら集落に出向いているが未だ不十分。今後更にきめ細かく回りたい。特別交付税、各種事業導入は長年付き合いの県当局御配慮の賜で今後も県庁内をくまなく回り住民福祉の向上に努める。【問】新年度に向けた新施策の構想及び財源対策について【町長】産業の振興「少子高齢化対策」を重点施策にし他、老人ホーム移転新築、町内バス運行体系見直しによる利便性の確保、消防団員OBの組織化等進める。財源は各種補助事業の精査、縮少も含めて検討し国県補助金、起債、基金繰り入れで対応し、新年度当初予算規模は46億円以内としたい。【問】携帯電話不感地帯の現況と対策また携帯電話鉄塔の無線インターネットとの併設利用について【町長】携帯電話の町内カバー率は世帯率78パーセント、面積率23パーセントで今後共要望活動を続けエリア拡大に努める。携帯電話基地局鉄塔に無線インターネットアンテナを設置してのサービスは可能でコスト削減にもつながる。利用者見通しを把握して検討したい。佐保満男限界集落(地区)の実態について【問】町内の実態を掌握されているか【町長】町内115の集落のうち、38地区が65才以上が半分を占めている。数年先は予断を許さない。【問】集落道の維持、管理への影響について【町長】少子、高齢化、過疎化が進み集落機能の低下が懸念され、今後の大きな課題と認識している。【問】道草刈りも一世帯だけで、何日もかかっている所も有る。数年先は出来るか疑問。対策を【町長】実態を踏まえて、適切な措置を図って行く。【問】見立紅葉祭も開催を断念した。対策を【町長】紅葉祭は、災害や人員不足での中止は残念。次年度の紅葉祭は、官民が一体と成り、共同体で実施する。その為の予算措置もした。【問】高齢者の飲料水の確保も支障が出ている。対策を【町長】飲料水は命をはぐくむ一番大切なもの。高齢者家庭に変わるメンテナンス、管工事組合等と共同契約も検討する。【問】「今後の町政のビジョンは」【町長】「全国水源の里」協議会に手をあげ有効な施策を図り提案しながら上流は下流を、下流は上流を支援する、森林セラピーで山村交流を図り豊かな水源の里つくりに努めて行く。【問】消防団員の確保と団の編成について【町長】消防OBを支援団として位置付けは出来ないか又団員確保を含め幹部会で報告したい。意見書採択道路整備の財源確保に関する意見書本県にとって真に必要な道路の整備、管理に必要な事業量を確保し、道路特定財源については地方への重点配分を図り、20年度以降も道路特定財源諸税の暫定税率を延長し地方道路整備臨時交付金制度を継続、東九州自動車道並びに九州横断自動車道延岡線の整備を促進。一般道の整備についての意見書有害鳥獣対策の抜本強化に関する意見書野生鳥獣による農林水産業被害が深刻化しており、有害鳥獣対策を抜本的に強化されるよう、強く要望する意見書非核日本宣言を求める意見書核兵器をもたず、つくらず、持ち込ませすの非核三原則を遵守し、政府が「核兵器廃絶の提唱、促進」と「非核三原則の厳守」を世界に呼びかける意見書割賦販売法の抜本的改正を求める意見書悪徳商法の被害が大きな社会問題となっている今日被害策の一環として、クレジットの過剰与信等による被害の防止が重要、そのため割賦販売法を抜本的に改正すべき意見書人事案件人権擁護委員の任期満了に伴い、後任に宮水の松田絹子氏が選任されました。(平成20年4月1日〜平成23年3月31日)固定資産評価審査委員会委員の任期満了に伴い、後任に新町の甲斐誠喜氏が選任されました。(平成20年3月11日〜平成23年3月10日)平成1第9年2回臨時会工事請負契約の締結にいて○町道中村・日隠線道路災害復旧工事5千029万5千円(上田土木有限会社)○綱ノ瀬川河川災害復旧工事7千245万円(木田建設株式会社)○綱ノ瀬川河川災害復旧工事5千271万円(有限会社栄高産業)行政報告地域再成計画の認定について雇用問題に取り組むため、地域再成計画を策定し9月20日付けで内閣総理大臣の認定を受けた。住民税申告受付を行います2月12日(火)~3月14日(金)昨年と会場・時間が変更になっています。役場税務課では、平成20年度の住民税申告受付事務を下記の日程で実施します。なお、会場によっては午前午後を分けて行いますので、時間内においでください。また、税務署よU確定申告書の用紙が送付されてきた方は、住民税の申告をしなければ、確定申告書作成ができない場合がありますので、各会場で住民税の申告を済ませるか、役場税務課にご相談<ださい。《役場内での申告受付について》役場内での受付は、大変混雑しますので電話予約の方のみ受け付けます。ご協力ください。平成20年度住民税申告日程(受付時間16:00~87-3901)月日実施時間地区名実施会場末椎市・高巣野谷椎谷営農研修館平底・影待長谷川地区活性化センター徳富・長谷川一の水・中尾長谷川地区波瀬活性化センター東深角西深角松の内・新畑・奥大菅・楠原・谷下・吐の内東深角公民館さくら館鹿川鹿川営農研修館中川中川営農研修館岩井川中尾・中崎・小崎中村・上下顔大楠竹の原西日之影・上日之影・東日之影・高校通り・日之影営林・下日之影・竹の瀬楠元・神影上・神影中・神影下・新日之影上・新日之影中・新日之影下桍谷・西宮水・仲畑・東宮水尾村・崎の原・仲畑・桍谷住宅中央研修館中央研修館中央研修館福祉館平清水小菅戸川福祉館舟の尾・新町阿下・椛木稲荷町・駅前通り・中央通り・本町東町・八戸駅・八戸上・梁崎興地・河内田吹・星山・大山糸平・大平・二又鳥屋の平・樅木尾・下小原・今竹新町公民館黎明館黎明館小川の郷古園・大人上・大人西歌舞伎の館大人東・仁田野・大